1. トップページ
  2. アコム
  3. アコムでばれずに借りるための6つのポイント

アコムでばれずに借りるための6つのポイント

アコムでお金を借りたい人には、「家族や親に借金がばれたくない!」という人もいるはず。アコムはばれずに利用することができます!

そのためには、「6つのポイント」に気を付ける必要があります。
「絶対にばれたくない!」という人は、読んでみてくださいね!

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

ばれないための6つのポイント

ばれないためのポイントは、次の6つです。全て重要です!

  1. 契約は店頭(窓口・むじんくん)で行い、カードと契約書の郵送をナシに。
  2. 申込み後の確認の電話(本人確認)は、自宅ではなく自分の携帯に。
  3. 在籍確認は前もって準備しておく。
  4. 郵送物(明細・ハガキ)をストップする。
  5. 借入れ・返済とも、ATMを使う。
  6. 期日を守って返済する。

ここから各ポイントを解説します。

ネットで申込みをして、契約は必ず「店頭窓口」か「むじんくん」で!

アコムの申込みは、

インターネット・店頭窓口・むじんくん・電話・郵送

の5つの方法があります。むじんくんはアコムの店舗にあるATMのような機械で、契約やさまざまな手続きをすることができます。

ほとんどの人は、インターネット・店頭窓口・むじんくん、のいずれかで申し込みをします。。電話と郵送はこの3つに比べると手間がかかるため少数派です。

このうち、バレたくない場合は、「ネットから申込み、店頭(窓口orむじんくん)で契約」がベストです。

店頭(窓口orむじんくん)

アコムはネットで申込みから契約まで、全ての手続きすることもできまが、ネットで契約まで完了させてしまうと契約書とカードが自宅に郵送されてしまいます。

契約書やカードが郵送されたら家族にバレる可能性が高くなってしまいます。

そのため、ネットで申込みをして、アコムの店舗の「店頭窓口」か「むじんくん」で契約するのが手間が掛からず、バレにくいというわけです。。

むじんくんは、駅前や●●など全国各地いたるところに設置されているので利用しやすいと思います。土日祝日含め、8:00〜22:00で営業していて、夜でも大丈夫。

店頭窓口は全国に39店舗しかなく、営業時間も平日9:30〜18:00と短いので少し利用しにくいかもしれません。

ネット申込みをせず、直接店頭窓口やむじんくんに行くこともできますが、書類を手書きで記入したり、審査までの時間を待たされたりと結構手間がかかります。

前もってネットで申し込めば、店舗に行くときにはすでに審査は終わっていますので、すぐに契約手続きをして、お金を借りることができます!

ちなみにプロミスやSMBCモビットなどは「web完結」というカードなし・郵送物なしの契約がありますが、アコムにはこれがありません。

そのため、ばれたくない方はネットでは「申込み」だけするのがおすすめです。

申込み後の確認電話(本人確認)は携帯に

アコムに申し込むと約10分後に「本人確認」という電話があります。申し込んだ方が本人であるかの確認と、仮審査が行われます。

審査結果の通知について

本人確認の連絡先は自分で決めることができるので、必ず「携帯」にします。自宅にすると家族が電話に出てしまい、ばれる可能性があるからです。

また、アコムに自宅の番号を知らせなければ絶対に自宅に電話は掛かってきません。

ただ、、自宅の電話番号(固定電話)を入力するほうがちょっとだけ審査に通る確率が高まると言われています。管理人は携帯しかなかったので携帯番号だけを入力しましたが、それでも審査は通りました。あまり神経質になる必要はないと思います。

自宅への電話連絡は絶対避けたい場合は、自宅番号の入力はしないでください。。

在籍確認は必ずある。前もって準備すべし

アコムに申し込み、本人確認が終わると、審査が行われます。審査では最後に「在籍確認」というものがあります。「会社にきちんと在籍して、収入がある方なのか」を確認するためのもので、職場に確認の電話が掛かってきます。

在籍確認は「佐藤(個人名)ですが、高橋さんいらっしゃいますか?」というように、個人名で会社に連絡がきます。間違っても「アコムの審査担当ですが・・・」みたいな事はありませんので、安心してくださいね(笑)

ここで、自分で電話に出れば良いのですが、会社の同僚が出でしまうこともあると思います。そのため、電話に出る可能性がある人には「クレジットカードを作ったので、その確認の電話があるかも」と伝えておくと良いでしょう。

前もって伝えるのが難しいなら、自分につないでもらうときに同僚に「クレジットカードの確認です」と伝えればスルーしてもらえます。

パート・バイト先でも「クレジットカードを作った」と伝えるのが良いと思います。

派遣社員は「派遣元」へ連絡が多い

また、派遣社員の場合「派遣元」と「派遣先」があります。在籍確認がくるのは、ほぼ「派遣元」です。ただ、審査はケースバイケースなので、なかには派遣先に連絡がくることもあります。

派遣元の会社には「私用の電話は受けられない」というところがあり、この場合も派遣先に電話がくることがあります。

派遣先の職場には、上で紹介した「クレジットカードの確認」と伝えておけばば大丈夫です。

このように、在籍確認は連絡がくることを先読みして、前もって同僚に伝えておくことをおすすめします。そうすればバレずに契約をする事ができるはずです。

書類で在籍確認がOKな場合もある(要相談)

在籍確認は電話で行われるのが基本です。ですが、どうしても「会社に連絡されると困る」という場合、アコムに相談すると「書類での在籍確認」を認めてもらえることがあります。

書類は「給与明細書」「健康保険証」「所得証明書」などが使えます。

これらには勤務先の社名が入るので、在籍の証明として使うことができます。給与明細書や健康保険証は会社で発行してもらえる書類です。所得証明書は市役所などで300円ほどで発行してもらえます。

書類での在籍確認が認められたら、書類をアコムにFAX(24時間・年中無休0120-32-2345)します。FAXは50円ほどかかりますが、最も簡単に提出できます。

いきなり送りつけても拒否されてしまうので気をつけてくださいね。

書類での在籍確認は、相談すれば誰もがOKしてもらえるわけではありません。まずはアコムに電話してみてほしいと思います。

管理人の経験では、会社で同僚が在籍確認の電話を取り、「佐藤さんっていう人から連絡です。なぜか個人名でしたよ?」と言われたとき、「ありがとう、クレジットカードを作ったから、その在籍確認だ!」と伝えたら、特に怪しまれませんでした。

まあ、内心どう思っていたかは分かりませんが(汗)あまり気にしなくて良いと思います。

在籍確認については別ページでも解説しています。こちらも参考にしてくださいね。
アコムの審査での在籍確認の前にしておくべき準備

契約後、明細・ハガキは電話でストップする

無事アコムとの契約が完了し、その後にお金を借りると、利用明細や案内ハガキが自宅に届きます。郵送物で親バレ・家族バレというのは良くあるパターンなのでこれはストップしてもらわないとまずいです。

郵送物を停止する手続きはサポセンへの電話やネット上のアコムの会員ページから簡単にできます。サポセンに電話するのがいちばん簡単で確実です。

うっかり忘れないよう、契約したらすぐにストップすると良いです。

ちなみに、郵送物は一目でアコムと分からないように「ACサービスセンター」という差出人名で送られてきます。

ACサービスセンターはアコムの別屋号です。一応気付かれにくいですが、家族が「ACサービスセンターって何だろう」と思って開封すると、ばれてしまいます。

実際にあった例では、アコムで借りた管理人の知人が「ACサービスセンターって何?」と家族に聞かれて無視したところ、逆に怪しまれ、家族にネット検索されてしまい、「ACサービスセンターはアコムだ」と分かり、ケンカに発展してしまったそうです(汗)

このように、差出人が「ACサービスセンター」になっていても油断できません!必ずストップしておきましょう。なお、郵送を止めても明細はアコムの会員ページで「web明細」として確認できます。

振込みで借りず、ATMだけで借りる

家族や親にばれないためには、お金の借り方も注意が必要です。

必ず「ATM」だけで借りるのがポイントです!要は「振込みで借りない」ということです。

振込みで借りると、通帳に履歴が記載されます。ここでも名義欄に「ACサービスセンター」と記載されます。これももし見られたらばれる可能性があります。

ATMでの借入れ・返済の場合、明細が発行され通帳に履歴は残りません。

また、使い勝手も良いです。アコム店舗のATMなら24時間年中無休・手数料無料で利用できます。コンビニや銀行のATMは1万以下の借入れ・返済なら108円、1万円を超える借入れ・返済は216円の手数料がかかりますが、近くで見つけやすいです。

「通帳を見られることはまずない」という方は良いですが、家族や親に見られるかもしれない場合、ATMの利用をおすすめします。

返済もATMで遅れずに!滞納すると督促の連絡がくる

ばれないためには返済もATMでする必要があります。

返済の場合、「振込み」と「引き落とし(口座振替)」は特に注意が必要です。

振込みでの返済は通帳に記載されてしまうのでやめておいた方が無難です。引き落としは通帳への記載と、「入金のし忘れ」が危ないです!

引き落としは銀行口座に残高が十分あれば、自動で返済されまが、口座にお金が入っていないと、引き落としがかからず気付かないうちに滞納になってしまいます。滞納すると自宅や会社に「今月の返済が遅れています。延滞されています。」と連絡がくるので、一気にばれる可能性が高くなってしまいます。

さらに、滞納期間が長くなると「ACサービスセンター」の差出人名で督促状も届きます。

きちんと期日を守って返済すれば大丈夫なので、気を付けてくださいね!

なお、1、2日の遅れならアコムも待ってくれることが多いです。

うっかり忘れることは誰しもあることだからです。すぐに返済すれば連絡は来ませんが、何度も遅れたり、大幅に遅れたりするとキッチリ自宅や会社に連絡がきます。

ポイントを押さえて返済をきちんとすれば、ばれない!

以上、アコムの利用がばれないための6つのポイントを解説しました。

どれも大切なので、ばれたくない方は全てチェックしてほしいと思います。

最後にもう一度ポイントを掲載しておきます。

  1. 契約は店頭(窓口・むじんくん)で行い、カードと契約書の郵送をナシに。
  2. 申込み後の確認の電話(本人確認)は、自宅ではなく自分の携帯に。
  3. 在籍確認は前もって準備しておく。
  4. 郵送物(明細・ハガキ)をストップする。
  5. 借入れ・返済とも、ATMを使う。
  6. 期日を守って返済する。

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について