1. トップページ
  2. アコム
  3. 学生でもアコムは申込みOK!親バレ・バイト先への在籍確認をクリアする方法も解説

学生でもアコムは申込みOK!親バレ・バイト先への在籍確認をクリアする方法も解説

アコムでは学生でもお金を借りることができます!
申込みには「20歳以上でバイトなどで毎月収入があること」が必要です。

ここでは学生の申込みで気を付けたい「親バレしない方法」「バイト先への在籍確認(収入があるかの確認電話)を乗り切る方法」「奨学金を受けていても借りることができるか」などを解説します。学生でアコムに申込みたい人は読んでみてくださいね。

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

アコムは学生にも便利なサービス

アコムの申込み条件は「20歳以上で安定収入があること」です。

安定収入はバイトや派遣バイト(家庭教師やヤマダ電機などでの販売スタッフ)で認めてもらえます。未成年やバイトをしていない人は申込みできません。

「アコムって消費者金融だし、大丈夫なの?」と思う人がいるかもしれません。

ですが、アコムは「三菱UFJファイナンシャルグループ」の企業です。

つまり、「怪しい会社」ではありません(笑)きちんとした体制で運営されている「大手消費者金融」です。いわゆる「闇金(ヤミ金)」「街金」とは違うので安心してくださいね。

「アコムは危ない」といわれるのは、「お金を借りるサービス」だからです。

服や旅行、パチンコなど、買いたい物・やりたいことにお金を使いすぎてしまう人は多いのです。管理人もそうでしたが・・(汗)

借りすぎは危険ですが、きちんと計画的に利用すれば便利なサービスです。

年間収入(バイト代など)の1/3が借りられる上限

アコムで借りることができる金額は「年間収入(バイト代)の1/3」が上限です。

これはアコムなどの消費者金融が従っている「貸金業法」という法律で決められています。

貸金業法には「総量規制」というルールがあり、「消費者金融は借りる人の年収の1/3までしか貸してはいけない」ということになっています。

たとえばバイト代が毎月5万円の人は、年収60万円です。
この1/3、つまり20万円がアコムで借りることができる上限です。

ただ、初めての申込みのときには、上限いっぱいまで借りることはできません。

アコムで初めてお金を借りるのは、アコムからすると、「知らない人にお金を貸すこと」です。

アコムは「きちんと返済してくれるか分からない人に、いきなり多くは貸せない」と考えています。そのため、最初は10万円などの低めの額から貸してくれます。

返済をきちんとしているとアコムが信頼してくれて、15万円や20万円も貸してくれるようになります。上限額を増やしてくれることを「増額」といいます。

学生が初めてお金を借りるときの金利は18.0%

また、アコムのホームページには金利(年利)は「4.7~18.0%」と書かれています。
申し込む人ごとに金利が決まるため、このような表記になっています。

学生で初めてアコムに申込む場合、金利は「18.0%」に設定されます。

たとえば10万円を借りる場合、金利18.0%での1年間の利息は18,000円です。金利4.7%だとしたら1年間の利息は4,700円です。

このように金利が低いほうが利息も少なくなり、借りるときに得です。

ですが、初めてアコムで借りる場合は「アコムのお得意様」ではないため、低い金利では貸してくれません。そのため上限の「18.0%」になります。

返済をしっかりしているとアコムから連絡があり、金利を下げてくれることがあります。ですが、そのためにはたくさん借りて返済も遅れずにする必要があります。

返済シミュレーションを活用しよう

申し込む前に、アコムのホームページにある「返済シミュレーション」を活用すると、「借りても返済できそうか」を確認することができます。

無料で使えて、毎月の返済額や返済回数が何回になるかを簡単に計算できます。
http://www.acom.co.jp/simulation/index.html

例として、「10万円」を「金利18.0%」で「1年間(毎月1回、12回返済)」で借りるとします。これで「毎月の返済額」を計算できます。

返済シミュレーション1

この場合は「9,167円」でした。
この額から、自分に返済できそうかを考えてみると良いです。

また、「返済回数」を計算することもできます。
「10万円」を「金利18.0%」で「毎月5,000円返済」で借りるとします。

返済シミュレーション2

この場合、「24回」と計算されました。
2年間で返済し終わるということですね。

このように、返済シミュレーションを使うと、借りたあとの返済がイメージできるようになります。計画的に借りるのに役立つので、活用してみてくださいね。

また、アコムは「前倒し返済」もできます。

余裕があるときには多く返済すると、より早く返せます。管理人も経験がありますが、いつまでも借金に縛られるのは大変です。なるべく早く返すと良いですよ!

親にバレないように借りることもできる!

アコムは親にバレないように借りることもできます。

ただし、バレないためには下の5つの対策をする必要があります。

  • 「契約」は必ず店頭(窓口・むじんくん)でする。
  • 連絡先は自分の携帯にする。
  • 案内ハガキはアコムに電話してストップする。
  • 借入れ・返済はATMを使う。
  • 返済は遅れないようにする。

アコムでお金を借りるためには、

「申込み」→「審査(貸して良い人かをチェックする段階)」→「契約」

という流れで手続きをします。契約が終わるとお金を借りることができます。

「申込み」はネット(スマホやPC)で良いですが、「契約」は必ずアコムの店舗でする必要があります!ネットで契約すると書類とアコムのカードが郵送されてしまい、親に見られる可能性があるためです。

ハガキもアコムに電話して「郵送物は必要ないです」と伝えましょう。

また、お金を借りるときや返済はPCやスマホを使うこともできますが、銀行口座への振込みで借りることになります。このとき、振込みをした記録として「利用明細」が自宅に郵送されるため、親バレの可能性があります。

郵送物を電話でストップすれば大丈夫ですが、念のためPC・スマホを使った振込みでの借入れ・返済をしないほうが確実です。

代わりにおすすめなのが「ATM」です。

アコムの店舗やコンビニ・銀行にあるATMでお金の借りたり、返済ができます。コンビニはセブンイレブンやローソン・ファミリーマートなど、主なところは全て対応しています。

銀行は三菱UFJ銀行・イオン銀行・三井住友銀行などのATMでアコムのカードが使えます。

また、返済が遅れると自宅に連絡が入ったり、「早く返済してください」という督促状(とくそくじょう)が自宅に届いて親バレする可能性があります。忘れず返済してくださいね。

申込むと「審査」がある

アコムに申込みをすると「審査」というものが行われます。
審査に通過すると、お金を借りることができるようになります。

アコムは貸したお金を返してもらわないと成り立ちません。

「貸してもきちんと返してくれる人なのか」を判断するために、審査が行われます。

学生の場合、これまでに料金の滞納をしたことがなく、一定のバイト収入があれば審査は通ることが多いです。審査時間は最短30分ほどで、申込み・契約手続きなどを含めてトータル1時間ほどでお金を借りることができます。

アコムがどのような審査をしているのかは、正確にはアコムしか分かりません。
ですが、以下の点に当てはまっているかは必ずチェックされます。

  • 収入は多いほうが審査に通りやすい。
  • 働いているバイトの期間が長いほうが良い。
  • 今までに電気・水道・ガス・携帯などの料金支払いで滞納がない。

アコムは「安定収入があり、きちんと返済してくれる人」にお金を貸したいと考えています。

電気・水道・ガス・携帯などの料金の支払い情報は、「信用情報」と呼ばれています。

信用情報は「信用情報機関」という会社に管理されていて、消費者金融やクレジットカード会社が確認できるようになっています。

今までに料金の支払いで滞納があると、信用情報に滞納の記録が残ります。

「信用情報に傷がつく」という言い方をすることもあります。信用情報に傷がつくと、アコムの審査に通らなくなってしまいます。

審査での「バイト先への在籍確認」をクリアする方法

審査では「在籍確認」というものが行われます。

これは、「申込みのときに入力したバイト先で本当に働いているか」を確認するために行われます。人によっては嘘のバイト先を入力することがあるので、その対策としてアコムが行っています。

在籍確認はバイト先に「佐藤ですが伊藤さんいらっしゃいますか」というように電話があります。プライバシー保護のため、アコムとは名乗らずに個人名でかかってくるので安心してくださいね。

ここで

「はい。私です」→本人がバイト先で出たので確認OK。
「伊藤は今外出しております」→バイトしていることが分かるので確認OK。
「少々お待ちください」→バイト先で本人が電話に出るので確認OK。
「伊藤というものはおりません」→バイト先にいない。NG。

と判断されます。

ただ、バイト先に個人名で連絡がくるのは、周りのバイト仲間や店長から不審がられやすいです。勘の良い職場の人なら「消費者金融の在籍確認では?」と思ってしまいます。

そのため、先に「クレジットカードを作ったので、その確認がくるかもしれないです」と伝えておくと良いです。

クレジットカードにも在籍確認があります。クレジットカードなら多くの人が持っているので、怪しいと思われることは少ないです。

また、「どうしてもバイト先への在籍確認は嫌だ」という場合、アコムに相談すると指定の書類を提出することで在籍確認のかわりにしてもらえます。

指定される書類の例として、最近の1~3ヶ月分の給与明細書があります。バイトの給与明細書には店の名前や会社名が記載されているので、在籍の証明として使えるのです。

ただ、これは特別対応で、誰もが認めてもらえるわけではありません。アコムに電話して相談してみてくださいね。

奨学金を受けていてもアコムで借りることができる

奨学金制度を利用していても、アコムでお金を借りることができます。

申し込む人が奨学金を受けているかどうかは、アコムは知ることができないためです(下で補足)

ただし、奨学金の返済を滞納している場合は、アコムの審査も通らなくなります。

奨学金制度の信用情報の仕組み

料金支払いの信用情報を管理している「信用情報機関」には種類があります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)

アコムが確認することができる信用情報は、「JICC」と「CIC」が管理している情報です。

主に銀行が登録している「JBA」の情報は確認することができません。奨学金制度は「日本学生支援機構」という団体が提供しています。

日本学生支援機構はJBAに加盟しており、JBAの情報を確認できないアコムは奨学金の利用について知ることはできません。ただ、滞納などの「金融事故」の情報だけは、JICC・CIC・JBAの3社で共有しています。

そのため、奨学金を滞納した場合はアコムもチェックすることができるようになっています。

アコムの利用は就活に影響する?

アコムでお金を借りていても、就活(就職活動)に影響はありません。

アコムを使っているかどうかは、信用情報を調べられない限り分からないためです。

信用情報を調べるには「本人の同意」が必要です。応募した企業が勝手に応募者の信用情報を調べることはできないので、安心してくださいね。

ただ、アコムはきちんと返済しないと就活どころか人生に影響が出てしまいます。気をつけてほしいと思います。

スマホ・PCで申込み、店頭(窓口・むじんくん)で契約がスムーズ

アコムを親バレせずに申し込みたい場合、
「スマホ・PCで申込み」→「店頭(窓口・むじんくん)で契約」という方法がおすすめです!

店頭で契約する理由は、「カードと契約書の郵送で親バレするのを防ぐため」です。ネットで契約まで行うとカードと契約書が郵送されますが、店頭契約ならその場で受け取れます。

アコムのスタッフがいる店舗は全国でも39店舗と少なく、営業時間も平日18時までと短いです。そのためATMのような形をした機械の「むじんくん」がおすすめです。

むじんくんは店舗数が多く、土日・祝日含めて22時まで営業しています。

21時までに向かえば契約をその日のうちに終えて、合わせて設置されている「アコムATM」ですぐに借りることもできます!

また、申込みも店頭でできますが、スマホやPCでしておくほうが早いです。

店舗で申し込むと、その場で審査のために30~40分待たされます。ネット申込みなら先に審査を終えることができ、店頭では契約手続きだけです!

申込みのあとアコムから携帯に連絡があり、場合によっては実家の電話番号・学校名・両親の名前や勤務先・収入などを聞かれることがあります。

このときは答えても自宅に連絡されることはありません。親バレの心配はないので安心してくださいね。

申込みについては別ページでも解説しています。合わせてチェックしてほしいと思います。
※参考:アコムのむじんくんでの契約は当日最短で借りたい方におすすめ!土日もOK

必要な書類は「免許証」か「保険証」でOK

アコムの申込みに必要な書類は、基本は「免許証」のみです。
免許証がない人は保険証かパスポートで大丈夫です。

また、アコムから「収入証明書類」の提出を求められることがあります。

「バイトの収入が本当にあるのか」の確認のために求められます。

この場合はバイト先の「給与明細書」や「源泉徴収票」を提出する必要があります。

提出はインターネットでの画像のアップロード、もしくはFAXで行います。念のため、給与明細書を準備しておくと良いと思います。

必要書類は以下のページでも詳しく解説しているので参考にしてくださいね。
※参考:アコムの必要書類「本人確認書類」と「収入証明書類」について解説!

バレないために借入れ・返済は「ATM」で!

上でお伝えしましたが、親バレを防ぐためにはATMを使うことをオススメします。
アコムのカードをATMに入れれば借入れ・返済ができるので簡単に使えます。

ATM 営業時間 借入れ手数料 借入
単位
店舗数
1万円以下 1万円超
アコムATM 24時間 無料 無料 約1,100
コンビニATM 24時間 108円 216円 合計
約63,000
銀行ATM セブン銀行
ATM
0:10~23:50
(土日祝含む)
108円 216円
その他銀行
ATM
9:00~21:00
(店舗により異なる)
108円 216円

※全てのATMでシステムメンテナンスで毎週月曜1:00~5:00は利用不可

管理人はアコムの店舗にある「アコムATM」か、アコムと提携しているコンビニの「コンビニATM」がおすすめです。

アコムATMは24時間手数料無料で借りることができ、近くに店舗があれば使いやすいです。コンビニATMは手数料がかかりますが、すぐに見つかるので使いやすいです。

下の表に提携のコンビニ・銀行をまとめました。

提携コンビニ セブンイレブン(セブン銀行)・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス
提携銀行 都市銀行
三菱UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・セブン銀行
地方銀行
熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・広島銀行・福岡銀行・北海道銀行・北陸銀行・八十二銀行
※八十二銀行は返済はできず、借入れのみ

まとめ(アコムは学生でも使えて便利なサービス!)

以上、学生のアコムの申込みについて解説してきました。
ポイントをまとめます。

  • 20歳以上、バイトで安定した収入があれば申込みできる。
  • 借りることができる上限は年間収入の3分の1まで。
  • 対策することで親バレせずに借りることができる。
  • 在籍確認は先にバイト先に伝えて準備を。
  • スマホ・PCで申込み、契約は店頭(窓口・むじんくん)でする。

管理人も学生時代がありました・・(遠い目)
そのころはやりたいことや買いたいものがたくさんあり、「お金がもっとあったらな」とよく思っていました。

アコムで借りたいと思うときは、つい借りることだけに目がいってしまいがちです。ですが、そのあとの返済のこともしっかり考えて借りてほしいと思います。

上手く活用すればアコムは学生にも便利なサービスです。
ぜひやりたいことに役立ててくださいね!

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について