1. トップページ
  2. アコム
  3. アコムの返済のまとめ。おすすめの返済方法は「口座引落し」と「インターネット」

アコムの返済のまとめ。おすすめの返済方法は「口座引落し」と「インターネット」

アコムでお金を借りたら返す必要があります。

ただ、初めて借りる場合、「どうやって返済するの?」と、分からないことがあると思います。また、「返済が遅れると取り立てがあるの?」という点も気になるところだと思います。

アコムは大手の消費者金融。そのため返済方法はネット(スマホ・パソコン)や口座引落し、ATMなど充実しています。また、返済の遅れは1~2日、数回くらいなら大丈夫。

ただ、大幅な遅れが何度もあると、アコムから電話連絡がきたり、遅延損害金(ちえんそんがいきん)という余分な利息を払う必要があったりします。

ここではアコムの返済方法を中心に、返済日や一括での返済、滞納した場合について解説します。

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

アコムの返済方法は5種類

アコムの返済方法は次の5種類があります。

  • 口座引落し:自分の銀行口座から、毎月自動で返済金額が引き落とされる返済方法。
  • インターネット(スマホ・パソコン):アコムの会員ページを使って返済する方法。
  • 店頭窓口:アコムスタッフがいる有人店舗の窓口で返済する方法。
  • ATM:アコムの有人店舗・むじんくんにあるATMや、アコムと提携しているコンビニ・銀行のATMで返済する方法。
  • 銀行振込み:アコムの返済専用口座に振込みで返済する方法。

これらについての営業時間と返済手数料をまとめました。

返済方法 営業時間 返済手数料
1万円以下 1万円超
口座引落し(口座振替) 毎月6日に引落し 無料 無料
インターネット(スマホ・パソコン) 24時間 無料 無料
店頭窓口 平日9:30~18:00
(一部店舗は19:00まで)
無料 無料
アコムATM 24時間 無料 無料
提携
ATM
セブン銀行ATM 0:10~23:50 108円 216円
イオン銀行ATM 0:10~23:45 108円 216円
その他銀行ATM 9:00~21:00
(店舗により異なる)
108円 216円
コンビニATM 24時間 108円 216円
銀行振込み 9:00~21:00
(店舗により異なる)
銀行の
振込手数料
銀行の
振込手数料

※アコムATM・インターネット・提携ATMでの返済は毎週月曜日1:00~5:00は利用不可(システムのメンテナンスのため)。インターネット返済は毎月第3日曜日 0:00~5:30も利用不可。

ただ、色々な返済方法があるといっても、どの方法が良いか分からないと思います。そこで次に、管理人オススメの返済方法を紹介します。

オススメの返済方法は「口座引落し」か「インターネット」

返済方法 営業時間 返済手数料
1万円以下 1万円超
口座引落し(口座振替) 毎月6日に引落し 無料 無料
インターネット(スマホ・パソコン) 24時間 無料 無料

上の5つの返済方法の中で便利なのは「口座引落し」か「インターネット」です!

口座引落しなら、返済忘れの心配ナシ&返済の手間もナシ

「口座引落し」は自分の口座を登録すると、その口座から毎月自動で返済が行われます。返済日は決まっていて、「毎月6日」です(6日が土日祝日にあたる場合は翌営業日)。

口座引落しの場合、返済手数料は無料。

自動で引き落とされるので返済に行く手間もなく、忘れる心配もありません。そのため一番使いやすい返済のしかたです。

ただ、前もって口座に入金しておかないと、引落しがされずに「滞納」になってしまいます。毎月6日までには口座にお金を入れておきましょう。

また、返済を引落しにするにはアコムに手続きが必要です。銀行のインターネットバンキングを使えるようにしておき、アコムの会員ページで口座を登録します。

そして、銀行のインターネットバンキングの画面で、アコムの支払いの登録をします。

手続き完了までに2~3ヶ月かかるため、それまではインターネットやATMなどで忘れず返済する必要があります。

インターネットなら、24時間スマホ・パソコンで返済できる

インターネットの場合、スマホやパソコンを使って24時間返済をすることができます。とくにスマホなら、家でも外出中でも返済できます。

上でお伝えした口座引落しの場合、毎月6日にお金が自動で引き落とされてしまいます。

ですが「自分のペースで返済したい」、「自分のお金の都合がつくタイミングで返済したい」ことがあると思います。このようなときにはインターネット返済がオススメです。

ネット返済の返済手数料は無料です。

返済方法によっては手数料として108円や216円がかかります。一見小さな額でも、10回返済すれば1,080円や2,160円。これはランチ1~2食分の金額です。

手数料は積み重なると意外と大きいのです!ですがネット返済なら、無駄な出費ゼロで返済できます。

ちなみにインターネットで返済すると、通帳には「PE DFacネットフリコミ」と記載されます。

インターネット返済を使うには、自分の銀行口座がインターネット返済に対応しているかの確認が必要です。対応銀行は次の通りです。

※詳細:インターネットバンキングが可能な金融機関一覧(アコム公式ページ)

利用明細が郵送されるので、バレたくないなら「web明細」を!

口座引落しやインターネットで返済をすると、利用明細が自宅に郵送されます。アコムの郵送物は「ACサービスセンター」という差出人名で送られます。そのため一応、家族にバレにくくなっています。

ただ、奥さんが「ACサービスセンターって何?」と気付くことがあります。このときにアコムで借りていることがバレる可能性があります。

そのためアコムでお金を借りることができるようになったら、会員ページで「web明細」というものに早めに切り替えておくことをオススメします!web明細は「郵送ではなく、インターネットで確認できる明細」です。

アコムの会員ページには「書類の受け取り方法」を設定できるページがあります。ここで、受け取り方法を「web明細(アコムのホームページで確認)」にしておきます。これで自宅への郵送物をストップすることができます。

ATMは「自動で引き落とされるのは困る」「ネットが苦手」という場合にオススメ

3つめにオススメの返済方法がATMです。

基本は口座引落しやインターネット返済が便利だと思います。ただ、「自動で引き落とされるのは困る。

自分の都合が良いタイミングで返済したい」、「スマホやパソコンの操作がよく分からないから、インターネット返済は使いたくない」ということがあると思います。この場合には、ATMでの返済がオススメです。

ATMなら、アコムのカードを差し込むだけでパッと返済をすることができます。ATMは操作が分かりやすく、誰でも簡単に使えます。

ATMは3種類あります。

  • アコムATM:アコムの有人店舗・むじんくんに設置されているATM
  • コンビニATM:アコムと提携しているコンビニに設置されているATM
    (セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなど)
  • 銀行ATM:アコムと提携している銀行に設置されているATM
    (三菱東京UFJ銀行・イオン銀行など)

提携のコンビニと銀行は以下の通り。コンビニは主なお店は全て対応しています。

提携コンビニ セブンイレブン(セブン銀行)・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス
提携銀行都市銀行

都市銀行
三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・セブン銀行

地方銀行
熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・広島銀行・福岡銀行・北海道銀行・北陸銀行・八十二銀行
※八十二銀行は返済はできず、借入れのみ

また、3種類のATMそれぞれで、営業時間と手数料が異なります。

返済方法 営業時間 返済手数料
1万円以下 1万円超
アコムATM 24時間 無料 無料
提携
ATM
セブン銀行ATM 0:10~23:50 108円 216円
イオン銀行ATM 0:10~23:45 108円 216円
その他銀行ATM 9:00~21:00
(店舗により異なる)
108円 216円
コンビニATM 24時間 108円 216円

一番便利なのは「アコムATM」です!ブースに囲まれた契約機「むじんくん」ではなく、むじんくんに併設されている機械です(むじんくんで返済はできません)。

アコムATM は24時間営業で返済手数料も無料なので、近くにあればオススメです。また、アコムATMは全国に約1,100台あり、都市部だけでなく地方都市の駅前などでも見つけやすいです。

コンビニATMは24時間営業でどこにでもあるのがメリット。手数料がかかりますが、家や職場の近くで返済できます。

ATMはアコムATMとコンビニATMだけで十分便利だと思います。

銀行ATMは返済したいときに近くにあれば使えば良いと思います。管理人はよく出かける街中にあるアコムATMと、家の近くのコンビニで返済していました。

アコムの返済ができる銀行ATMは、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行があります。これらは店舗の数が多いので、「今すぐ返済したい」というときに役立つかもしれません。

ATMでは明細がその場で発行されるため、家族にバレにくい!

上でお伝えしましたが、口座引落しやインターネットの場合、「web明細」にしないと明細が郵送されてしまいます。

これに対してATMは全て(アコムATM・コンビニATM・銀行ATM)明細がその場で発行されて、郵送されません。

そのため、郵送物が家族に見つかってバレる心配がありません。郵送物での家族バレを確実に防ぐなら、借りるのも返すのもATMがオススメです!

返済日は3パターン

返済方法と合わせて返済日も知っておくと良いです。
返済日は3つのパターンに分かれます。

  • 35日ごとに返済。
  • 毎月の返済日を指定して、その日までに返済。
  • 口座引落しは毎月6日。

35日ごとに返済か、返済日を自分で決めるかは、自由に選ぶことができます。口座引落しの場合は返済日が決まっていて「毎月6日」です。6日が土日・祝日の場合は翌営業日になります。

35日ごとの返済の場合、1度返済をしたときの次の返済日は「返済をした翌日から数えて35日目」です。ひと月以上の日数があるので、返済をギリギリまで先延ばしにしたいときにはオススメです。

返済日を自分で指定する場合は、毎月指定日までに返済します。このときには30日もしくは31日ごとに返済日がくるので、35日返済よりも早く返済日がやってくることになります。

ただ、利息は指定日での返済のほうが小さくなります。

35日の返済期限ギリギリで返済すると35日分の利息がかかりますが、30日で返済すると、5日分の利息を減らすことができます。

また、指定日の前に返済するのはもちろん大丈夫ですが、次回返済日の15日以上前に返済すると、返済したお金が「前月分の扱い」になってしまいます。

たとえば「毎月20日を返済日と決めて、次回返済日が8月20日」だとします。8月5日以前(5日を含みます)に返済すると、次回返済日は8月20日のままです。8月6日以降(6日を含みます)に返済すると、次回返済日は9月20日になります。

また、返済日が土日・祝日にあたる場合、返済日は翌営業日になります。

滞納したらどうなる?

「アコムは消費者金融。滞納するとコワいお兄さんが取り立てにくるのでは?」という不安があるかもしれません。

ただ、こうした取り立てはありません。貸金業法という国の法律で、暴力や脅迫のような口調での取り立ては禁止されているためです。

アコムは消費者金融ですが、「三菱UFJフィナンシャルグループ」の企業です。

つまり、「三菱東京UFJ銀行と同じグループ」ということ。アコムは強引な取り立てをして三菱東京UFJ銀行のブランドイメージを傷つけることはしないのです。

では滞納をするとアコムはどんな対応をしてくるのか?

1~2日の滞納を数回程度なら、アコムは何も言ってきません。これはアコムが「うっかり忘れることは誰しもある」と考えているためです。

ただ、大幅な遅れや何度も滞納を繰り返していると、アコムも黙っていません。自宅や携帯に電話をしてきたり(丁寧な口調でかけてきます)、督促のハガキを送ってきたりするなどの対応をしてきます。

さらに、遅れた分のペナルティとして「遅延損害金(ちえんそんがいきん)」という余分な利息が発生します。

アコムの遅延損害金の利率は20%です。
遅延損害金は「借りた金額×金利÷365日×滞納した日数」で計算できます。

たとえば10万円借りて2ヶ月(60日)滞納したとすると、
10万円×20%÷365日×60日分=3,287円(1円未満切り捨て)
の遅延損害金が発生します。

また、滞納すると個人の料金支払いに関する情報である「個人信用情報」に滞納記録が残ってしまいます。

記録は5年間は保存され、その間は新しい消費者金融を使いたいと思っても使えませんし、クレジットカードを作ったり、住宅・自動車ローンを組んだりすることもできません。

アコムは安心して使える大手消費者金融です。ただ、だからといって借りたお金を滞納して良いわけではありません! 結局のところ自分があとで困ることになるので、必ず返済日を守って返済することが大切です。

一括返済はインターネットでするのがオススメ

お金に余裕ができたときは、アコムで借りているお金を一括で返済することもできます。

この場合は「インターネット」「銀行振込み」「有人店舗の店頭窓口」で返済します。ATMは千円単位でしか返済できず、端数をピッタリ支払うことができません。

インターネットで返済する場合、会員ページで残りの返済金額(残高)を確認することができます。この金額を支払えば一括返済完了です。この方法が手数料もかからず簡単で、一番オススメです。

銀行振込みで返済する場合は、振込み手数料がかかります。アコムの返済用口座は、アコムのフリーダイヤルに連絡すると教えてくれます。

アコムスタッフがいる有人店舗は、小銭を使ってスタッフに直接返済できるので確実です。全国に39店舗と少ないですが、近くにあれば足を運ぶと良いと思います。

返済金額はいくら?

最後に返済金額についてです。

アコムの毎月返済するべき最低の金額を「最低返済額」といいます。最低返済額は借りる金額に一定の割合(%)をかけて計算します。

借りる金額 最低返済額 返済回数
1~30万円 借りる金額×4.2% 最大31回まで
30万円超~100万円未満 借りる金額×3.0% 最大51回まで
100万円~800万円 借りる金額×3.0% 最大51回まで
借りる金額×2.5% 最大60回まで
借りる金額×2.0% 最大80回まで

たとえば20万円を借りると、毎月の最低返済額は20万円×4.2%=8,400 → 9,000円(千円未満切り上げ)が返済金額です。

以下では借りる金額に対する最低返済額です。借りるときの参考にしてほしいと思います。

借りる金額 最低返済額
3万円 2,000円
5万円 3,000円
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円

最低返済額を毎月支払っていれば、アコムから連絡がくることはありません。ただ、最低返済額で返済していると、利息は大きくなります。

利息を減らして早く完済するためには、お金に余裕があるときに前倒しで返済し、最低返済額よりもたくさん返すことが大切です!

返済額については別ページでも詳しく解説しています。
>「アコムの金利は3.0~18.0%。利息と返済金額の計算も解説

アコムの返済に関するまとめ

このページでは、アコムの返済について紹介してきました。返済方法、返済日、返済金額について知っておくと、お金を借りたあとも困ることなくアコムを利用できます。

返済方法は口座引落しかインターネットがオススメです。ネットが苦手な場合や自動で引落しされたくない場合は、ATMを使うと良いです。ATMはアコムATM、コンビニATMが便利です。

返済日は毎月の返済日を指定するか、35日ごとで選べます。引落しの場合は毎月6日です。

最低返済額は計算で確認することができます。「毎月最低これだけは返さないと」と分かっていると、返済計画も立てやすくなります。余裕があれば前倒しで返済することをオススメします。

返済について前もってしっかりと確認して、アコムを有効活用してくださいね。

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について