1. トップページ
  2. アコム
  3. アコムの金利は3.0~18.0%。利息と返済金額の計算も解説

アコムの金利は3.0~18.0%。利息と返済金額の計算も解説

「今月は会社の送別会。出費が多すぎてヤバい。アコムでお金を借りたいけど、金利が高そう。毎月の返済額や利息は実際いくらになるの?」

アコムの公式ホームページには、金利は3.0~18.0%と書かれています。ただ、初めてアコムで借りる場合、金利は18.0%になります。

ですが、18.0%といっても高いのか低いのか、分からないことがあると思います。ここでは、アコムの金利や利息、毎月の返済額について解説します。

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

アコムの金利は3.0~18.0% 初めて借りる場合は18.0%

アコムでお金を借りると「利息」がつきます。アコムはお金を貸すことで、借りた人から利息を受け取っています。これがアコムの利益になっています。

利息は「金利」で決まります。金利が高いほど、利息も高くなります。

お金を借りる場合、利息はなるべく少ないほうがいいですよね。アコムの金利は「3.0~18.0%」。できれば3.0%で借りたいところです。ですが初めて借りる場合、金利は18.0%になります。

アコムで初めてお金を借りるのは、アコムからすると「きちんと返済してくれるか分からないお客さんにお金を貸すこと」です。

アコムはリスクを負ってお金を貸してくれるかわりに、金利を最大の18.0%と決めて貸してくれます。

ちなみにほかの大手消費者金融の金利を見てみると、プロミスは4.5~17.8%、アイフルは4.5~18.0%です。初めて借りる場合はそれぞれ17.8%、18.0%になります。

プロミスの金利が少しだけ低いですが、金利の面では大手消費者金融はほぼ同じといえます。

利息の計算方法

アコムの3.0~18.0%という金利の数字は、「年利」を示しています。年利は、「1年間借りたときの利率」のことです。アコムやプロミスなどの消費者金融で「金利」というときは、年利のことをさします。

たとえば10万円を年利18.0%で1年間借りるとします。すると、1年間で
100,000円×18.0%=18,000円
の利息がつくことになります。

また、3ヶ月や半年間(6ヶ月)借りる場合の利息も、年利から計算することができます。この場合、1年間の利息の「日割り」になります。利息は次の式で計算できます。

利息=借りるお金×金利(年利)÷365日×借りる日数

たとえば、30万円を18.0%で90日借りるとします。このときの利息は

300,000円×18.0%÷365日×90日=13,315円(1円未満切り捨て)

となります。
また、30万円を18.0%で180日借りるとします。このときも同じように計算すると、

300,000円×18.0%÷365日×180日=26,630円

となります。

ここで、90日借りたときと180日借りたときを比べると、利息に約13,000円の差があります。

13,000円というと、夜の町に1、2回遊びに行けるくらいの金額。つまり、「同じ金額を借りるとしても、なるべく早く返済したほうが得!」なのです。

もちろんなるべく早く返済をしようとして、無理をしすぎるのは良くありません。ただ、無理のない範囲でなるべく早く返済するのが、アコムを賢く使うコツです!

契約した日から30日間は利息ゼロ!

アコムは初めて借りる人限定のキャンペーンとして「30日間無利息キャンペーン」というものがあります。これは、「契約翌日から30日間は、利息ゼロで借りることができる」というサービスです。

たとえば10万円を金利18.0%で借りたとします。30日借りるときの利息は、

100,000円×18.0%÷365日×30日=1,479円

本来なら、ちょっと豪華なランチ1食分くらいの利息がつくことになります。ですが、10万円をアコム契約日の翌日から30日以内に返せば、この利息はつきません。

また、30日の間に10万円のうちの7万円を返済したとします。すると31日目以降からは利息がつきますが、利息がつくのは、残っている3万円に対してだけです。

無利息期間中になるべく返済しておくと、利息を少なくことができます。

このように、1ヶ月以内に全額、もしくはある程度の金額を返済できる場合、アコムはとてもお得にお金を借りることができます!

また、無利息キャンペーンで気を付けたいこととして、「30日のカウントの仕方」があります。「初めてお金を借りた日から30日」ではなく、「契約日の翌日から30日間」です。

毎月いくら返せば良いの?

ここまで、お金を借りたときにつく利息について説明してきました。これと合わせて「毎月の返済額」も、気になることがあると思います。

アコムは「毎月最低これだけは返してくださいね」という金額の計算方法を決めています。計算方法は次の表のようになります。また、最低限支払う金額を「最低返済額」といいます。

借りる金額 最低返済額 返済回数
1~30万円 借りる金額×4.2% 最大31回まで
30万円超~100万円未満 借りる金額×3.0% 最大51回まで
100万円~800万円 借りる金額×3.0% 最大51回まで
借りる金額×2.5% 最大60回まで
借りる金額×2.0% 最大80回まで

たとえば10万円借りるときの最低返済額は、
100,000円×4.2%=4,200円 → 5,000円(千円未満切り上げ)
10万円を借りると、5,000円が毎月の最低返済額です。

次の表は50万円までの、借りる金額に対しての最低返済額をまとめました。早見表として参考にしてほしいと思います。

借りる金額 最低返済額
1万円 1,000円
5万円 3,000円
10万円 5,000円
15万円 7,000円
30万円 13,000円
35万円 11,000円
40万円 12,000円
50万円 15,000円

30万円の最低返済額よりも、35万円・40万円のほうが返済額が低くなっています。

これは計算式が変わるためです。借りる金額が30万円までは「借りる金額×4.2%」が最低返済額ですが、30万円を超えると「借りる金額×3.0%」になり、かける割合(%)が小さくなるので数字が逆転しています。

利息を少なくするにはなるべく多く返す&追加返済を積極的に!

上の早見表を見ていると、

「5万円を借りても、返すのは毎月3,000円だけでいいんだ!」
「毎月5,000円なら余裕で払える!これで今、10万円手に入るのか!」

と、思ってしまいがちです。
管理人は昔、こう思って消費者金融でお金を借りました(汗)

最低返済額を毎月返していけば良いのは、たしかに間違っていません。ただ、「返済がなかなか終わらない」という落とし穴があります。

たとえば10万円借りて、ひと月めに最低返済額の5,000円を返済したとします。ここで、「返さないといけない金額は残り95,000円か」と思うのは間違い!「利息」を考える必要があります。

10万円を借りて、最初のひと月めに5,000円を返済すると、「10万円を1ヶ月間(30日とします)借りていた」ことになります。つまり、10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円 の利息がつきます。

5,000円を返済すると、先に利息の1,479円の支払いが行われます。そして残った3,521円(5,000円—1,479円)が、「元金(がんきん)」という、もともと借りた10万円の返済に使われます。

このように、返済をしてもその金額全てが元金を減らすのに使われるのではありません。返済金額は先に利息にあてられ、残った分が元金を減らすために使われるのです。

次の表は10万円を金利18.0%で、最低返済額の5,000円を支払っていく場合のシミュレーションです。アコム公式ページにある無料の「返済シミュレーション」で計算できます。

回数返済金額元金利息残高
150003521147996479
250003573142792906
350003626137489280
450003680132085600
550003734126681866
650003789121178077
750003845115574232
850003902109870330
950003960104066370
105000401998162351
115000407892258273
125000413886254135
135000420080049935
145000426273845673
155000432567541348
165000438961136959
175000445454632505
185000452048027985
195000458641423399
205000465434618745
215000472327714022
22500047932079229
23500048641364365
2444294365640
累計11942910000019429-

最低返済額を返済していけば、アコムから督促がくることはありません。ただ、借金状態が長く続くことになります。もちろん10万円を借りるだけなら、それほど返済は大変にはなりません。ですが返済途中に追加で借りると、毎月の返済はそれだけキツくなります(汗)

おすすめは

  • なるべく最低返済額以上の金額を返すようにする。
  • お金に余裕があるときは前倒しで追加返済する。

この2点に気をつけて返済すること。

借金から解放されるには、返済金額をなるべく少なくしたり、返済日ギリギリまで返済を引き延ばすのは逆効果。頑張って早めに返済していくことが近道です。早く返せばそれだけ借金の期間は短くなりますし、利息も少なくてすみます。

また、最低返済額は元金が減りにくいとはいえ、返済しやすい金額になっています。そのため、「今月はお金がちょっと苦しい・・」というときには、最低返済額だけの支払いにしておくのもアリだと思います。

返済をきちんとしていると、金利を引き下げてもらえることがある

「アコムは審査に通りやすいけど、銀行カードローンと比べて金利が高いのが気になる」と、金利が高いことが気になる場合もあるかもしれません。

実はアコムは金利を下げてくれることがあります。

アコムをはじめ消費者金融は、お金を貸したときの利息で利益を出しています。そのため、「より多くお金を貸したい」と考えています。少しでもお金を借りてもらうために、きちんと返済をしてくれる人の金利を下げて、お金を借りやすくしてくれるのです。

実際にアコムに「金利は下げてもらえるのか?」と問い合せてみたところ、「お客様によって、金利を下げさせてもらうことはあります」と答えてもらいました。

さらに、金利が下がる条件や、どれぐらい金利が下がるのかについて聞いたところ「お客様の状況を総合的に判断して決める」とはっきりとは教えてもらえませんでした。

ここでわかるのが「初めてお金を借りるときには金利は下がらない」ということです。アコムから何度かお金を借りたり、返したりしないと金利は下げてもらえません。

そのため、初めてお金を借りて金利を重視するのであれば、銀行カードローンを選んだ方が良いです。

そして、金利を下げてもらうための条件ははっきりしていませんが、少なくとも「この人なら追加でお金を貸しても、きちんと返済してくれる」とアコムに判断してもらうことが大事といえます。

そのため次の3つを守れていることが最低条件と考えてください。

  • アコムから定期的にお金を借りている
  • これまでに返済を遅れたことがない
  • 他社から借りている場合、他社への返済もきちんとできている

この条件を守っていれば金利を下げてもらえる可能性があります。

これまでに何度もアコムからお金を借りていて、返済も遅れたことがないのであれば、一度アコムに金利が下げられるかを問い合わせてみることをオススメします。

おわりに

ここでは、アコムの金利について解説してきました。
ポイントをまとめておきます。

  • アコムの金利は3.0~18.0% 初めて借りる場合は18.0%
  • 30日無利息キャンペーンを活用するとお得に借りることができる
  • 計画的に借りるために、計算式で利息と返済金額の確認を
  • 利息を少なくするためには最低返済額よりも多く返済&追加返済を

金利18.0%という数字は、一見高く見えるかもしれません。ですが、最低返済額は返済しやすい金額になっていて、無理なくお金を借りることができるサービスといえます。

多めに返すことができるときは前倒しでドンドン返済して、利息を少なくするのがオススメです!また、返済が大変な月は、最低返済額のみの支払いでやり過ごすのも良いと思います。

利息と、最低返済額はきちんとチェックして、賢くアコムを活用してくださいね。

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について