1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは結構サービス内容が充実しています。金利3.8~13.8%というのはメガバンクと比較しても低金利、限度額も最大800万円までとなっています。・・・とはいえ、初回申込みでは確実に即日キャッシングができないのはデメリットです。

実質年率 限度額 申込資格 審査時間
3.8%~13.8% 10万円~800万円
(10万円単位)
満20歳以上~65歳未満 -
パート・アルバイト 専業主婦 仮審査 即日融資
申込可 - なし -

イオン銀行カードローンの公式サイト

イオン銀行カードローンのメリット

お金を借りるならお得なサービスで借りたいもの。ここからはイオン銀行カードローンのメリットを紹介します。

金利が「3.8~13.8%」と低い

一般的に、金利が低いほうが利息が小さくなり、お金をお得に借りることができます。

イオン銀行カードローンはほかのサービスに比べて金利が低いです。主な銀行カードローン・消費者金融の金利をまとめました。

金融機関金利
イオン銀行カードローン 3.8~13.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
楽天銀行カードローン1.9~14.5%
みずほ銀行カードローン3.0~14.0%
プロミス4.5~17.8%
アコム3.0~18.0%
アイフル4.5~18.0%

金利は「3.8~13.8%」のように「下限金利(一番低い金利)」と「上限金利(一番高い金利)」が書かれています。

銀行カードローンの中では、イオン銀行カードローンの金利は上限が少し低いものの、ほかのサービスと同じくらいといえます。

プロミス・アコム・アイフルなどの消費者金融とイオン銀行を比べると上限金利が低く、お得にお金を借りることができます。

また、イオン銀行カードローンの金利は、借りる金額に応じて低くなります。

限度額(借りられる上限金額)が90万円以下の場合、金利は一番高い「13.8%」になります。

つまり借りたい金額が90万円以下なら、金利は13.8%ということです。

イオン銀行カードローンのデメリット

イオン銀行カードローンにはデメリットもあります。メリットとデメリット両方を知ったうえで、検討してください。

イオン銀行口座でも、24時間すぐに振込みをしてもらえない

プロミスやアコム、楽天銀行カードローンでは、指定の銀行口座を持っていると、24時間すぐにお金を振り込んでもらえて超便利です。

たとえばプロミスならジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座、アコムと楽天銀行は楽天銀行の口座が指定口座です。

カードの郵送で家族バレする可能性がある

イオン銀行カードローンは、契約を終えるとカードが自宅に郵送されます

そのため家族バレを避けたいときには注意が必要です。ただ、カードはイオン銀行の封筒で届くため「借金をしようとしている」とは分かりにくいです。

またイオン銀行では、明細は郵送されません。

ほかの消費者金融や銀行カードローンのサービスでは、振込みキャッシングでお金を借りると明細が郵送される場合があります。

ですがイオン銀行では最初から「WEB明細(インターネットの会員ページで明細を確認する方式)」になっています。

明細が必要なら月216円(税込)を払うと送ってもらえます。

つまりイオン銀行カードローンを家族バレせずに使うには、契約後にあるカードの郵送を何とかバレずに乗り切りましょう。そのあとは明細でバレることはありません。

審査での在籍確認は会社に必ず連絡がいく

イオン銀行カードローンは申込みをすると審査があります。

審査では「在籍確認」という会社への確認電話があります。「佐藤と申しますが藤沢様はいらっしゃいますか?」のように連絡がきます。

プロミスやアコムなどの消費者金融では、在籍確認を電話ではなく給与明細や社会保険証などの「在籍を証明する書類」で認めてもらえることがあります。

ですがイオン銀行カードローンの在籍確認は、書類で認めてもらうことはできません

ただ、書類での在籍確認が認めてもらえなくても、連絡がくるのは「イオン銀行」です。

そのため、同僚に「借金をするのでは?」と怪しまれる可能性は低いです。

毎月の返済額はいくら?

イオン銀行カードローンの返済は「残高スライド方式」という方式です。

これは「借りた金額の残り(残高)に応じて、決まった金額を返済する方法」のことを指します。

借りている金額(残高)最低返済額
3万円以下1,000円
3万円超5万円以下2,000円
5万円超10万円以下3,000円
10万円超~20万円以下5,000円
20万円超~50万円以下10,000円
50万円超~100万円以下15,000円
100万円超~150万円以下25,000円
150万円超~200万円以下30,000円
200万円超~300万円以下35,000円
300万円超~500万円以下40,000円
500万円超~600万円以下50,000円
600万円超~700万円以下60,000円
700万円超70,000円

このように、借りている金額に応じて返済額が変わります。

つまり返済していくと、返済額も少なくなります。たとえば30万円を借りると、毎月の最低返済額は10,000円で良いことになります。

返済を続けて残高が10万円になったら、毎月の返済は3,000円ですみます。

30万円を借りて毎月の支払いが10,000円なら、きちんと計画を立てて借りれば無理なく返済できると思います。

ただ、ここでいう返済額とは「最低返済額」のこと。

つまり「毎月最低でもこれだけは返済してください」という金額です。最低返済額を毎月支払えば、イオン銀行から督促がきたり、個人信用情報(クレジットカードや消費者金融などの利用履歴)に傷がつくことはありません。

ただし支払う額が少ないことで借りる期間は長くなるため、利息は大きくなります。

そのためオススメはなるべく「前倒し返済」をすること。

最低返済額よりも多い金額を毎月返済すると、その分だけ元金を早く減らすことができ、借金の完済時期も早くなります。さらに、支払う利息も少なくなります。

イオン銀行カードローン申込みの流れ

イオン銀行カードローンでお金を借りるには、インターネットで申込みをする必要があります。

また、「イオン銀行の口座を持っているかどうか」で申込みの流れが変わります。

イオン銀行の口座を持っている場合

イオン銀行の口座を持っている場合、インターネットのイオン銀行のホームページから「インターネットバンキング」の画面にログインします。

インターネットバンキングのマイページにはカードローンの申込みボタンがあります。申込みボタンを押して必要項目を入力すると、審査が行われます。

そして審査が通過すると、お金を借りることができるようになります。

ただ、すでに手元にある「イオン銀行のキャッシュカード」でお金を借りることもできます。

カードの種類による利用可能なATMの違い

  イオン銀行ATM 提携ATM
イオン銀行キャッシュカード ×
イオン銀行ローンカード

イオン銀行のキャッシュカードは「イオン銀行ATM」のみでお金を借りることができます。

ローンカードはイオン銀行ATMのほかに、イオン銀行と提携しているローソン、ファミリーマートなどのコンビニ、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行などの「提携ATM」でもお金を借りることができます(提携ATMについては下で説明)。

イオン銀行の口座がない場合

イオン銀行の口座がない場合、口座を作る必要があります。

最初に口座を作るのではなく、先にスマホやパソコンでイオン銀行のホームページにアクセスして「カードローンの申込み」をします。

審査が通ったら、イオン銀行の口座を作ります。審査通過後、自宅に口座開設についての書類が郵送されます。これを記入して返送すると口座を作ることができます。

もしくは「イオン銀行の店頭窓口」で口座を開設することもできます。

審査が通ったら各地のイオンにあるイオン銀行に行きます。

そして「イオン銀行カードローンに申込んだため、合わせて口座を開設したい」と伝えると、スタッフが対応してくれます。

カードが届くまでに振込みキャッシングで借りることはできない

イオン銀行カードローンでお金を借りるには、契約を終えたあとにローンカードが届くまで待つ必要があります。

カードが到着するまでの間、「振込みキャッシング」でお金を借りようと考えることがあるかもしれません。

ですがカードが届くまでは、振込みキャッシングでお金を借りることはできません。

イオン銀行の口座がすでにある場合は、今持っているキャッシュカードがローンカードになります。そのためイオン銀行のATMで、すぐにお金を借りることができます。

ですが口座がない場合、ローンカードと合わせて作った口座のキャッシュカードも郵送されます。

振込みには自分の口座情報が必要になるため、振込みキャッシングでお金を借りることはできません。

必要書類

準備する書類は基本的に「本人確認書類」と「収入を確認できる書類」です。

「本人確認書類」は「運転免許証」か「パスポート」のうち、いずれか1通。(氏名・住所・生年月日が記載されており、有効期限内のものに限る)

収入を確認できる書類は次のうち、いずれか1通を用意してください。

  • 源泉徴収票(前年度)
  • 直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分
  • 住民税の課税決定通知書

お金を借りる方法は「ネット」か「ATM」の2種類

イオン銀行カードローンでお金を借りる方法は大きく分けると「インターネット」と「ATM」の2種類があります。

営業時間や手数料、借りる単位がそれぞれで異なるため表にまとめました。

なお、イオン銀行ATMはイオン銀行が設置している紫のATMです。

銀行ATM・コンビニATMはそれぞれ、イオン銀行と提携しているファミリーマートやローソンなどのコンビニ、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行などの銀行にあるATMを指します。

借入れ方法営業時間手数料借りる単位
インターネット24時間平日8:45~18:00:108円~
自分の銀行口座で異なる
千円
イオン銀行ATM9:00~21:00
(店舗により異なる)
無料千円
コンビニATM24時間平日8:45~18:00:108円 
それ以外:216円
千円
銀行ATM9:00~21:00
(店舗により異なる)
平日8:45~18:00:108円~
銀行ごとに異なる
千円

イオン銀行と提携しているコンビニ・銀行もまとめておきます。

ちなみにイオン銀行カードローンはセブンイレブンでは使えないので気をつけてください。

コンビニATM ミニストップ
ファミリーマート
ローソン
銀行ATM ゆうちょ銀行
三菱東京UFJ銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
りそな銀行

返済方法は2つ

イオン銀行カードローンの返済方法は「約定返済方法」です。具体的には次の2つです。

  • イオン銀行普通預金口座からの引き落とし
    (約定日前日までに返済額を口座に入れておくこと)
  • ATMからの返済(毎月1日~約定日にイオン銀行指定ATMから入金を)

この2つのうち、管理人が一番良いと思うのは「口座引落し」です。

返済をし忘れる心配がなく、返済する手間も省けます。

「自分のペースで返済したい」というときや追加で返済をするときには、他の返済方法も使うと良いです。

ATMから返済をする場合、返済日当日の振込みは「14時まで」にする必要があります。これ以降に返済すると「翌日扱い」になり、1日滞納になってしまいます。

もちろん1日の遅れくらいならイオン銀行も見逃してくれる可能性が高いですが、遅れないほうが良いですよ。

イオン銀行カードローンの公式サイト

イオン銀行カードローンの詳細情報

実質年率 年3.8%~13.8%
借入限度額 最大800万円
審査時間 -
お試し審査 ×
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) ご返済予定日の翌日より:14.5%
申込資格(年齢) 満20歳以上~65歳未満
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦 -
無人契約機 なし

会社概要

会社名 株式会社イオン銀行
本社所在地 東京都江東区 枝川1-9-6
設立 2006年5月15日
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第633号
指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について