1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ネット銀行の代表格であるジャパンネット銀行のカードローン。このカードローンはカードレスになっており、ネットから口座への振込融資専門のサービスになっています。そのため、銀行の中では審査から融資までのスピードが速いのも特徴。即日キャッシングについても対応可能なんですが、ジャパンネット銀行の口座がなければいけないという条件があるのには要注意。他にも銀行では珍しい無利息期間があるのも嬉しいところ。ジャパンネット銀行の口座を持っている人は使う価値があるサービスです。

実質年率 限度額 申込資格 審査時間 即日融資
2.5~18.0% 最大1,000万円 20歳以上~60歳未満 最短60分
パート・アルバイト 専業主婦 仮審査 返済方式 総量規制
申込可 不可 なし 残高スライド元利定額返済方式 対象外

返済シミュレーション

借入金額 返済回数 返済回数 各回返済額 返済総額 利息
10万円 18.0% 47回 3,000円 139,611円 +39,611円
20万円 18.0% 73回 6,000円 300,727円 +100,727円
30万円 18.0% 120回 6,000円 581,469円 +281,469円
40万円 18.0% 140回 10,000円 787,411円 +387,411円
50万円 18.0% 173回 10,000円 1,109,531円 +609,531円

ジャパンネット銀行カードローンでは、その日中にお金が借りられるの?

結論、、、その日中にお金を借りることはできます。

ただし!即日キャッシングを利用するためには
以下の2つの条件が必要。

  • ジャパンネット銀行の口座を開設していること
  • 当日14:00までに申込みを済ませること

銀行口座を開設するのには申し込んで、書類を提出してから5~7日程度の時間がかかります。
(開設は平日のみ)

つまり、口座を持っていない場合には即日キャッシングは100%不可能となります。

また口座を持っている場合でも、当日14:00までに申し込まなければ、
その日中に審査結果の通知をもらうことはできません。

具体的にはこんな感じです。

お申込時間 審査結果メールの到着時間
月曜~金曜日の14時まで 原則当日中 10時~17時
月曜~金曜日の14時以降/土曜日・日曜日・祝日 翌日10時以降
(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合を除く)

既に口座を持っている人にとっては、充分その日中にお金を借りられる
可能性があるため、申込みするのはあり
です!

金利は・・・消費者金融並みです。

ホームページを見ると「金利は2.5%です!」と強調されていますが、
2.5%の金利が適応されるのは、限度額が1,000万円であるときのみ・・・

限度額100万円の場合には、金利は18.0%となるため、実際には消費者金融とは変わらない
ということだけは覚えておいてください。

具体的な金利はこのような感じ。

ご利用限度額 金利(%)
100万円未満 18.0%
100万円以上~150万円未満 15.0%
150万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~250万円未満 10.0%
250万円以上~300万円未満 8.0%
300万円以上~400万円未満 6.5%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.5%
600万円以上~700万円未満 5.0%
700万円以上~800万円未満 4.0%
800万円以上~900万円未満 3.5%
900万円以上~1,000万円未満 3.0%
1,000万円 2.5%

大々的に書かれている金利は限度額によって左右することを
しっかりと覚えておいてください。

利用限度額200万円までなら収入証明書は不要!

ジャパンネット銀行であれば、利用限度額200万円までなら、収入証明書は不要です。

収入証明書っていうのは、給与明細や源泉徴収票なんですが、
これを提出しなくて済むというのは、非常に楽!!

というのも、これらの資料は月に1回会社からもらえるのですが、
ローンに申し込むタイミングで、必ずしも持っているとは限りません。

・・・というか、普通持っていない。

ですから、この資料を提出せずに済むというのは、
申込み~契約までの流れをかなりスムーズにできます。

しかも、限度額200万円まで提出不要と認めてくれているのは、
ジャパンネット銀行以外ではみずほ銀行や三井住友銀行などのメガバンクくらい。

手軽に申込み~契約までできるのはありがたいですね。

ジャパンネット銀行カードローンはいくら返せば良いの?

ジャパンネット銀行カードローンの返済方法は「残高スライド元利定額返済方式」

わかりやすく説明すると、
借入残高に応じて最低返済額が変わっていく(スライドしていく)返済方式です。

しかも、ジャパンネット銀行ではAパターンとBパターンの2つがあり、
返済額に違いがあります。

  • 残高スライド元利定額返済方式(A)
    →返済額が少なめに設定されているため、余裕を持って返済できる。(=利息は多くなる)
  • 残高スライド元利定額返済方式(B)
    →返済額が多めに設定されているため、短期間で返済できる。(=利息が少なくて済む)

どちらを選ぶかは、あなた次第ですが、個人的には「B」を選んで、
できる限り利息の負担を減らすことをオススメします。

具体的な最低返済額は以下の通り。

残高スライド元利定額返済方式(A) 残高スライド元利定額返済方式(B)
約定返済日前日の
最終借入残高
約定返済額
(元本+利息合計)
約定返済日前日の
最終借入残高
約定返済額
(元本+利息合計)
10万円以下 3,000円 50万円以下 10,000円
10万円超30万円以下 6,000円 50万円超100万円以下 20,000円
30万円超50万円以下 10,000円 100万円超200万円以下 30,000円
50万円超80万円以下 15,000円 200万円超300万円以下 50,000円
80万円超100万円以下 20,000円 300万円超400万円以下 60,000円
100万円超150万円以下 25,000円 400万円超500万円以下 70,000円
150万円超200万円以下 30,000円 500万円超600万円以下 80,000円
200万円超250万円以下 35,000円 600万円超700万円以下 90,000円
250万円超300万円以下 40,000円 700万円超800万円以下 100,000円
300万円超400万円以下 45,000円 800万円超900万円以下 110,000円
400万円超500万円以下 50,000円 900万円超1,000万円以下 120,000円
500万円超600万円以下 55,000円  
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超1,000万円以下 80,000円

低い限度額で契約をしていると、金利は高くなり、利息も自ずと増えてきてしまいます。

「A」を選ぶ場合でも、お金に余裕があるときは多めに返済をして、
少しでも利息が増えてしまわないように気をつけてください。

どうやってお金を返していけば良いの?

ジャパンネット銀行カードローンの返済方法は以下の通り。

返済方法 利用可否 手数料 備考
インターネット返済 ×
口座振替 無料 ジャパンネット銀行の口座から
店頭窓口 ×
自社ATM ×
提携コンビニATM ×
提携銀行ATM ×
銀行振込 ×

そうなんです。
ジャパンネット銀行の返済方法は、口座引き落としのみ!

まぁ、お金を借りるときに口座を必ず作らないといけないので、
口座からの自動引き落としになっても、大きな問題はないはずです。

注意すべきは、口座にお金が入っていない、という状態を避けること。

ネット銀行の口座残高は、ついつい見落としてしまうことがあるため、
くれぐれも返済が滞ってしまわないように気をつけてください。

口座を持っていれば使う価値あり!

ジャパンネット銀行は口座を持っている人であれば、充分使う価値があるカードローンです。

口座を持っているだけで、即日キャッシングをすることもできますし、
限度額200万円まで収入証明書が不要、返済額も選べることができるのは強み。

また急ぎでない人についても、ネットバンクであるジャパンネット銀行の口座を作っておくと、
ネットショッピングをするときに何かと便利ですから、この機会で作るのも良いと思います。

まぁ、金利は消費者金融並みであったり、返済方法も1つしかないので、
「最優先にこの銀行を選ぼう!」とは言い難いのですが、選択肢の1つには入る銀行です。

ジャパンネット銀行カードローンの詳細情報

実質年率 2.5~18.0%
借入限度額 最大1,000万円
審査時間 最短60分
お試し審査 ×
即日融資 可能
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) 20.0%
総量規制 対象外
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
申込資格(年齢) 20歳以上~60歳未満
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦 不可
無人契約機 なし

会社概要

会社名 株式会社ジャパンネット銀行
本社所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-1
電話番号
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第624号
指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について