1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. モビット

バレにくさNO.1 モビット

モビット

審査は最短30分(※)、今日中にお金を借りられる
WEB完結なら電話・郵送物一切なし、バレずにお金を借りられる

審査スピードが早いことで有名な消費者金融。WEB完結を使えば、ウェブからの操作で申込みから契約まで、すべて対応できる!

  • 即日融資OK
  • パートOK
  • アルバイトOK
  • 来店不要
  • 振振込融資OK
実質年率 限度額 審査時間 即日融資
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

※審査時間の最短30分・即日融資については申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に銀行口座を持っているなど、条件を満たせば、電話連絡なし・郵送物なし・利用の申し込みもウェブ(スマホ)だけで全て完了
  • 領収書、利用明細書の郵送もなし!(必要なら電子領収書をネットからダウンロード)
  • 審査が速い!最短30分。10秒簡易審査あり。
    ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 申し込み・必要書類の提出が全てスマホで完結するから楽チン!
  • 金利3.0%~18.0%、最大800万円まで利用可能。

モビットの公式サイト

審査スピードの早さで人気がある消費者金融。すぐに借りたい場合にはオススメ!

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。
テレビCMもやっているので知名度は高いです。

モビットの審査時間は最短30分。ローン申込機も21:00まで営業しているので、今日中にお金を借りたい場合には、とても便利な会社です。

しかし、同じ三井住友銀行グループであるプロミスと比べると、モビットはプロミスよりも劣っています。管理人ならプロミスを選びます。

例えば、上限金利はモビットは18.0%、プロミスは17.8%とプロミスの方が低いです。また、ローン申込機の営業時間もモビットは21:00までですが、プロミスは22:00までやっているので、プロミスの方が遅くまで契約することができるのです。

つまり、モビットよりもプロミスの方が便利ということです。

このページではモビットの特徴を説明するとともに、プロミスと比べたときに、どう違うのか?についても解説します。

モビットのメリット、デメリット

まず、モビットのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 審査は最短30分。今日中にお金を借りることができる
  • ローン申込機の営業時間は21:00までなので、夜遅くまで契約できる(土日も可)
  • WEB完結を使えば、家族・同僚にバレずにお金を借りられる
  • 大手消費者金融のなかでは利用限度額が高い(800万円まで)

デメリット

  • プロミスよりもサービス内容がワンランク下
  • ローン申込機では申込みはできない(ローンカードの発行のみ)
  • 総量規制の対象のため、借りられる金額は年収の3分の1まで
  • 銀行カードローンよりも金利は高い

モビットはとても使いやすく、今日中にお金を借りるにはとても便利な会社です。

モビットのメリット・デメリットについて詳しく解説をしていきます。

最短30分で審査終了。今日中にお金を借りることができる

まず、モビットは「満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」という条件を満たしていれば、審査に通ることができます。

モビットの審査スピードは早く、最短30分で審査をしてもらえます。
そのため、今日中にお金を借りたいときにはオススメです。

今日中にお金を借りる方法は次の2つ。

  • ネットから申込み、14:50までに審査と契約を終わらせる
  • ローン申込機で21:00までに契約を終わらせる

ネットから申し込むときには、14:50までに審査と契約を終わらせることができれば、今日中に指定の銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。

審査や契約までの時間を考えると、遅くても14:00までにはネット申込みを終わらせるようにしてください。

ちなみに、モビットは24時間即時で入金が反映される口座がありません。そのため、契約が15:00を過ぎてしまうと、銀行口座への入金は翌営業日の反映になってしまいます。気をつけてください。

もし、契約をするのが15:00を超えてしまう場合は、ローン申込機を使ってください。

ローン申込機ではローンカードが発行できます。カード発行後、ローンカードを使って提携コンビニや銀行ATMからお金を引き出せるようになります。(提携している銀行・コンビニATMについては後述します)

モビットのローン申込機の営業時間は21:00までです。契約をするための手続きの時間を考えると、20:30までにはローン申込機に行くようにしてください。

ここで注意して欲しいのが、モビットのローン申込機では、申込みはできません。

ローン申込機でできるのはローンカードの発行だけです。(プロミスやアコムなどの契約機では申込み・審査・契約・ローンカードの発行ができます)

そのため、モビットのローン申込機を使うときには、事前にネットや電話で申し込みと審査を済ませる必要があります。また、審査完了後の入会手続きで、カードの受け取り方法を「ローン申込機」と指定するようにしてください。

モビットから今日中にお金を借りたいときには、これらの2つの方法を使って、申込みから契約までを済ませるようにしてください。

補足:土日にお金を借りたいときにはネット申込み&ローン申込機を

モビットは土日でも審査・契約をすることができます。

土日にお金を借りたい場合には、ネットから申込みをし、ローン申込機でローンカードを発行してください。それ以外の方法では、土日中にお金を借りることはできません。

というのも、モビットには24時間即時で入金が反映される提携銀行がありません。(プロミスなら三井住友銀行やジャパンネット銀行がある)

そのためネットで申込み&契約をする場合だと、振込キャッシングになってしまうので、銀行口座への入金反映は、翌営業日になってしまうのです。これは金曜日の15:00以降でも同じです。

ですので、土日にプロミスに申込み、お金を借りたいのであれば「ネット申込み&ローン申込機でのカード発行」しか方法がないことを覚えておいてください。

WEB完結を使えば、家族や会社の人にバレない

「家族や、会社の同僚に、お金を借りるのがばれたくない」
そのような場合は、モビットの「WEB完結」がオススメです。

WEB完結を使えば、申込みから契約までの手続きを、全てネット上でできます。

さらに、モビットのWEB完結は、本人確認の電話もなければ、自宅に郵送物が届けられることもありません。そのため、家族にバレる心配がないのです。

また、「在籍確認」も書類で対応してくれます。

「在籍確認」というのは、キャッシング会社が、登録した勤務先で働いているかを確認する審査のことです。普通は、キャッシング会社から勤務先に電話で確認されます。

しかし、モビットのWEB完結では、在籍確認を電話ではなく、書類でやってくれます。

会社への電話連絡がなくなるため、同僚にお金を借りることはバレないのです。

ちなみに、書類で在籍確認をしてもらうときに必要な書類は「本人確認資料(免許証・パスポートなど)」「社会保険証(or組合保険証)」「収入証明書(源泉徴収票・給与明細書・確定申告書など)」の提出が必要となります。

具体的なWEB完結の流れは次の通りです。

  1. パソコン・スマホなどネットから申込み
  2. ネット上で必要書類を提出
  3. 審査
  4. 審査結果がメールで送られてくる
  5. 指定の口座にお金を振り込んでもらえる(WEB完結はカード発行はない)

このようにモビットのWEB完結を使えば、バレずにお金を借りることができます。

WEB完結を使うためには特定の銀行口座・社会保険証・収入証明書が必要

WEB完結を使えば、全てネット上で手続きができ、かつバレずにお金を借りることができます。

しかし、WEB完結を使うためには、次の3つの条件を満たす必要があります。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている
  • 収入証明書のいずれかの写しを提出できる

つまり、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行の銀行口座を持っていない場合は、WEB完結を使うことができません。これから各銀行の口座を作ろうとすると時間もかかってしまうため、今日中にお金を借りることもできなくなります。

また、「社会保険証」か「組合保険証」も必要です。

社会保険証がないアルバイト、パート、学生ではWEB完結を使うことができません。(自営業の場合のみ、国民健康保険証でも可能)

そして、収入証明書(源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書/直近2カ月分)のいずれかの写しも提出しないといけません。そのため書類がなくて、すぐに申込みができないこともありますね。

同じくWEB完結のサービスが使えるプロミスは「返済を口座振替にする」という条件だけでWEB完結を使うことができます。

そのため、WEB完結利用したいのであれば、プロミスの方が使いやすいサービスになっているのです。

モビットよりもプロミスの方が使いやすい

ここで同じ三井住友銀行グループの消費者金融である「モビット」と「プロミス」のサービスの違いをまとめたので、見比べてください。

項目モビットプロミス
借入条件20歳以上69歳以下20歳以上69歳以下
金利3.0~18.0%4.5~17.8%
限度額800万円500万円
審査スピード最短30分最短30分
WEB完結
WEB完結の
利用条件
特定の銀行口座があること
社会保険証があること
返済方法を口座
振替にすること
在籍確認書類でOK書類でOK
即時反映される
銀行口座
×三井住友銀行・
ジャパンネット銀行
即日キャッシング
土日借入
自動契約機
自動契約機数436店舗1,051店舗
自動契約機で
できること
ローンカード発行申込み、審査、契約、
ローンカード発行
自動契約機の
営業時間
21:00まで22:00まで
有人店舗×
無利息期間×○(30日間無利息)
最低返済額4,000円~借りた金額×3.61%~

両者を比べてみると、モビットがプロミスに勝っているのは「限度額」だけです。

しかし、モビット・プロミスとも消費者金融であり、総量規制の対象になっています。そのため年収の3分の1までしかお金は借りられないのです。限度額800万円という話は、年収が2,400万円はなければ関係ないのです。

また、少し前までは、モビットの審査時間は「最短30分」、プロミスは「最短即日」となっており、審査スピードで、プロミスに勝っていました。ただ、今はプロミスの審査時間も「最短30分」となってしまったので、モビットの長所がなくなりました。

つまり、モビットとプロミスを比べるのであれば、プロミスのほうが圧倒的に便利です。

「自宅の近くにモビットのローン申込機がある」「WEB完結が使える条件を満たしている」などの場合を除いては、プロミスを選ぶことをオススメしますよ。

借入・返済ができる提携銀行・コンビニATM

モビットからお金を借りる方法は次の2通りあります。

  • 指定の銀行口座にお金を振り込んでもらう(振込キャッシング)
  • 提携銀行・コンビニATMでローンカードを使って引き出す

振込キャッシングの場合は、インターネットか電話でモビットに連絡をすれば、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。

しかし、モビットへの借入の連絡が15:00以降になると、口座への入金は翌営業日の反映となり、その日中にお金を借りられないこともあります。

そのようなときは提携ATMでローンカードを使って、お金を引き出すことができます。

モビットが提携しているATMは次の通りです。

提携銀行 (利用明細がその場で発行)三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行
(利用明細は後日郵送)北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第四銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、スルガ銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、南都銀行、紀陽銀行、トマト銀行、もみじ銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行
提携コンビニ セブンイレブン(セブン銀行)、ファミリーマート(Famiポート)、ローソン、ミニストップ(Loppi)、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート(E-net)

このようにモビットのローンカードは主要な銀行・コンビニで使うことができます。また、全国各地の地方銀行でも使えるのは、大きなメリットと言えます。

また、ATMを使って借入・返済するときの手数料は次の通り。

ATM 目的 営業時間 手数料
1万以下 1万超
三井住友銀行 借入 9:00~21:00
(店舗により異なる)
無料
返済
その他銀行 借入 108円 216円
返済 108円 216円
コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
108円 216円
返済 108円 216円

三井住友銀行のATMであれば、手数料がかからないのでお得。

数百円単位の利息を気にするのであれば、借入・返済の手数料にも気を使うべきです。身近なところに三井住友銀行のATMがあるなら、そこを使うことをオススメします。

毎月いくら返していけば良いのか?

キャッシング会社からお金を借りると、毎月返済をすることになります。

モビットでは借りている金額に応じて「毎月これだけは返してね」という返済額が決まっています。これを最低返済額といいます。

モビットの最低返済額は次のとおりです。

最終借入後残高 返済額
~10万円以下 4,000円
10~20万円以下 8,000円
20万円~30万円以下 11,000円
30万円~40万円以下 11,000円
40万円~50万円以下 13,000円
50万円~60万円以下 16,000円
60万円~70万円以下 18,000円
70万円~80万円以下 21,000円
80万円~90万円以下 24,000円
90万円~100万円以下 26,000円

モビットでは最低4,000円は返済をしなければいけないことを覚えておいてください。

さらに、モビットでは借りた金額によって返済が変わるので、返済が進むにつれ、毎月の最低返済額も変わります。たとえば、次のような感じです。

最初50万円借入(残50万円)→最低返済額13,000円

25万円返済(残25万円)→最低返済額13,000円(変わらない)

追加で10万円借入(残35万円)→最低返済額11,000円(※追加融資で再設定となる)

32万円返済(残3万円)→最低返済額11,000円(変わらない)

追加で10万円借入(残13万円)→最低返済額8,000円(※追加融資で再設定となる)

このようにモビットでは借金の返済が進めば、毎月の最低返済額は少なくなります。そのため、月々の負担も軽くなります。

しかし、負担が軽くなったからといって喜んではいけません。

最低返済額が少なくなる=返済期間が延びる=利息も増える」という意味もあります。ですので、最低返済額で返し続けるのではなく、余裕があるときには多めに返済をして、返済期間が短くなるようにしてください。

そうすれば、最終的に支払う利息を減らすことができますよ。

返済方法は「口座振替」「提携ATM」「銀行振込」の3つ

モビットの返済方法は次の通りです。

返済方法 利用可否 手数料 備考
口座振替 有料 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座のみ
提携ATM 有料 営業時間・利用時間は設置場所で異なります
銀行振込 有料 モビット指定の預金口座へ振込
インターネット返済 ×
店頭窓口 × -

このように返済方法は「口座振替」「提携ATM」「銀行振込」の3パターンしかありません。

一番便利なのは、銀行口座から返済額が毎月引き落とされる「口座振替」です。

しかし、口座振替ができるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行だけ。これらの銀行口座を持っていない場合は、提携ATMか銀行振込で返済をするようにしてください。

提携ATMはモビットのローンカードを使えば、いつでも返済することができます。ただし、返済するときには手数料がかかってしまいます。

唯一、三井住友銀行のATMだけは手数料がかかりません。お近くに三井住友銀行のATMがある場合は、そこから返済をすることをオススメしますよ。

おわりに・・・

このページではモビットについて解説をさせていただきました。モビットのことを理解していただくことはできましたでしょうか?

モビットは消費者金融のなかでも審査スピードが早く、かつバレずにお金を借りることができると評判の会社です。

しかし、プロミスと同じ三井住友銀行グループになってからは、正直、プロミスよりもワンランク下の会社になってしまった印象があります。

自宅や会社の近くにモビットのローン申込機があるのであれば、使う価値はありますが、そうでない場合は、プロミスを優先的に選ぶことをオススメしますよ。

モビットの公式サイト

モビットの詳細情報

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お試し審査
即日融資 可能
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) 20.0%
総量規制 対象
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
申込資格(年齢) 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦 不可
無人契約機 あり

会社概要

会社名 株式会社モビット
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1
電話番号 03-5908-0241
貸金業者登録番号 関東財務局長(6)第01239号

モビットの利用体験談・口コミなど

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について