1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス

今日中にお金を借りたいならプロミスがイチオシ!

プロミス

30日間無利息!審査は最短30分!即日融資にも対応!

初めてキャッシングをする方、まだプロミスを使っていない方はメチャお得なので第一候補として考えてください。

  • 即日融資OK
  • パートOK
  • アルバイトOK
  • 来店不要
  • 振振込融資OK
  • 無利息期間あり
実質年率 限度額 審査時間 即日融資
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分
  • 今日中にお金を借りることができる!(自動契約機を使えば22:00まで契約できる)
  • WEB完結を使えば、家族・親にバレずにお金を借りることができる
  • 書類で在籍確認もしてもらえるので、会社への電話連絡なしで審査を受けられる
  • 30日間の無利息期間があるため、サッと返せる場合にはメチャお得!
  • 1,000円単位で借入OK!無駄に多く借りる必要はありません。
  • 自分の銀行口座への振込キャッシングは三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら24時間瞬時に対応してくれます。土日祝日、夜中でもOK!
  • 主婦でもパート・バイトなどで安定した収入があれば借入可能。
  • スマホなら専用アプリから必要書類を簡単に送れる!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

プロミスなら今日中にお金を借りられる。急ぎの場合にとても便利

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの消費者金融です。

創業は1962年と古く、テレビCMも放送されているので知名度は高いです。

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方」という条件を満たしていれば、パート・アルバイト・学生でもお金を借りることができます。

プロミスの最大の特徴は「すぐにお金を借りられる」ことです。

消費者金融のなかでも、融資スピードはかなり早いです。14:00までに申込みと審査を終わらせることができれば、今日中に銀行口座にお金を振り込んでもらえます。また自動契約機は22:00まで営業しているので、夜遅くにお金が必要になったときでも、借入をすることができるのです。

また、プロミスには「WEB完結」があります。「WEB完結」は申込みから契約まで、すべてネット上でできるので、自宅にいながらお金を借りることができます。

さらにWEB完結は自宅に郵送物が届けられないため、家族・親バレをする心配はありません。誰かにバレることなく、安心してお金を借りることができます。

このようにプロミスは大手消費者金融のなかでも、管理人がイチオシしている会社です。
このページではプロミスについて詳しく解説します。

プロミスのメリット・デメリット

まず最初にプロミスのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 今日中にお金を借りることができる(自動契約機を使えば夜22:00までOK)
  • 「WEB完結」を使えば、自宅に郵送物を送られずに契約できる
  • 書類で在籍確認をしてもらえる
  • 初めて使うときには30日間の無利息期間があるので、利息を少なくできる
  • 消費者金融だから、銀行カードローンよりも審査にとおりやすい
  • 他の消費者金融と比べると上限金利が若干低い

デメリット

  • 銀行カードローンと比べて金利が高い
  • 総量規制の対象のため、年収の3分の1までしかお金を借りられない
  • アコムやアイフルと比べると審査通過率が若干低い

このようにデメリットよりもメリットのほうが多い会社です。

管理人としては「今日中にお金を借りたい」「家族・会社の同僚にバレたくない」「すぐにお金を返すことができる」場合には、プロミスを選ぶことをオススメします。

では、プロミスを使うための条件はどうなっているのか?
次で説明をしていきます。

プロミスの審査基準

プロミスの貸付条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方」です。

いくら収入があっても、20歳未満ではお金を借りることはできません。

また「安定した収入」というのは「収入が借りたい金額の5倍以上あり、同じ職場で3ヵ月以上働いていること」を目安として考えてください。

プロミスから10万円借りたいときには「年収50万円以上で、同じ職場で3か月以上働いている」という条件を満たしていれば、審査に通ることはできます。

この審査基準を満たしていれば、パートやアルバイト、学生でも審査に通り、お金を借りることができます。もちろん、配偶者の扶養に入っている場合でも大丈夫です。
参考:プロミスの審査について。プロミスの審査は最短30分で審査結果がわかる!

プロミスでお金を借りるまでの流れ

次は、プロミスからお金を借りるまでの流れを説明します。
大まかな流れは次の通りです。

  1. プロミスに申込む
  2. 本人確認の電話がかかってくる
  3. 資料の提出をする
  4. 審査(このタイミングで在籍確認も)
  5. 審査結果の連絡がくる
  6. 契約(口座振込を希望する場合は、ここで入金してもらえる)
  7. ローンカードが届く(終了)

申込から契約までの流れで、大事なポイントを2つ解説します。

プロミスへの申込み方法は5つ

プロミスに申込む方法は5つあります。
「ネット申込み」「電話」「FAX」「店頭窓口」「自動契約機」です。

一番簡単な方法は「ネット申込み」です。パソコン・スマートフォンから24時間365日いつでも申込むことができるので、とても便利です。

来店して申し込む場合は営業時間に気をつけてください。「店頭窓口」なら18:00まで、「自動契約機」なら22:00までです。手続きがあることを考えると、遅くてもお店が閉まる1時間か1時間半前には、来店してください。

提出するのは「本人確認資料」だけ

プロミスの審査を受けるためには「本人確認資料」の提出が必要です。

本人確認資料とは「免許証」「パスポート」「健康保険証」のいずれか1点です。
免許証があるならば、免許証を提出するのがベストです。

書類の提出方法は「メールで書類の画像データを送る」「ホームページorアプリから、画像データをアップロードする」のどちらかでOKです。

わざわざ書類のコピーを郵送しなくても良いので、とてもスムーズに書類の提出をすることができます。もちろん、郵送もできますが、その場合は、審査までに時間がかかってしまうので、画像データをネット上で送るようにしてください。

ちなみに、「プロミスからの借入希望額が50万円超える」もしくは「借入希望額が、他社から借りている金額と合わせて100万円を超える」場合は、「収入証明書」を提出することになります。

収入証明書というのは「給与明細」や「源泉徴収票」などを言います。

先ほど紹介した2つの条件に該当する場合は、スムーズに審査を受けるためにも、申込み前に資料を準備しておくようにしてください。
参考:プロミスはネットで必要書類が提出できる!提出する書類内容もお伝えします

今日中にお金を借りるための2つの方法

急ぎでお金が必要な場合、プロミスなら今日中にお金を借りることができます。

今日中にお金を借りる方法は次の2通りです。

  • ネット申込みをして、お金を口座に振り込んでもらう
  • 自動契約機か店頭窓口(有人店舗)で契約をする

それぞれの方法について解説します。

ネット申込みをして、お金を口座に振り込んでもらう

ネット申込みの場合は、とにかく時間との勝負です。
遅くとも14:00までに申込みを済ませ、14:30までには審査を終わらせてください。

というのも、銀行口座にお金を振込んでもらう場合、15:00を超えると、口座への反映は翌営業日になってしまうからです。金曜日の15:00を超えると、口座への反映は翌月曜日の朝になってしまいます。

ですので、午前中にはネット申込みと書類提出を済ませる。そして、14:00までに審査結果を聞き、15:00までにお金を振り込んでもらうのが理想です。

ネット申し込みが14:00ギリギリになってしまうと、15:00までの振込が間に合わない可能性もあるので気を付けてください。

ちなみに、プロミスには、三井住友銀行か楽天銀行の口座を持っていれば、365日24時間いつでも即座にお金を振り込んでもらえる「瞬フリ」というサービスもあります。

「瞬フリ」を使えば、15:00以降でも、即時で入金をしてもらうことができ、今日中にお金を手に入れることができますよ。
参考:プロミスで今日中にお金を借りる方法(即日キャッシング・カード発行)

自動契約機か店頭窓口(有人店舗)で契約をする

直接、自動契約機か店頭窓口(有人店舗)に来店して、契約するのもありです。

管理人がオススメするのは自動契約機です。

プロミスの自動契約機は22:00まで営業しているので、遅くとも21:00までに、契約機に行くことができれば、今日中にお金を借りることができます。

一方で、店頭窓口は18:00にはお店が締まってしまうため、手続きの時間を考えると17:00までにお店に行かないといけません。ですので、自動契約機のほうが遅くまで対応してくれるので便利です。

ちなみに、来店契約をするときには、事前にネット申込みをしておいてください。

ネット申込みをしておけば、来店後の手続きの手間を省くことができます。また、ネット申し込みをしておけば、来店前に審査結果も聞くことができます。ですので、契約機内で過ごす時間も短くできて、効率的です。

今日中にお金を借りたい場合は「ネット申込み&自動契約機で契約」という手続き方法をオススメします!
参考:プロミスの自動契約機での契約・借入・返済方法

補足:土日でもお金を借りることができる

プロミスは土日でもお金を借りることができる数少ない会社の1つです。

土日でお金を借りるには、

  • ネット申込みをして、三井住友銀行か楽天銀行の口座に振り込んでもらう(瞬フリ)
  • ネット申込みをして、自動契約機で契約する

この2つの方法のどちらかです。

ただし、「瞬フリ」を使う場合でも、ネット申込みが土日の16:00以降になると、審査結果は翌日連絡されることになります。もし、16:00以降に申込むのであれば、自動契約機で契約するようにしてください。
参考:プロミスは土日でも利用可能!契約・審査・借入・返済OK!

周りの人にばれずにお金を借りるときにもプロミスはオススメ

プロミスは家族や会社の同僚などにバレずにお金を借りることができます。
バレずにお金を借りるには次の2つをやってください。

  • WEB完結で自宅に郵送物が届かないようにする
  • 書類で在籍確認をしてもらい、会社への電話連絡をなくす

それぞれについて詳しく解説します。

WEB完結で自宅に郵送物が届かないようにする

プロミスには「WEB完結」というサービスがあります。

WEB完結とは、申込みから契約までをすべてネット上でできるサービスのこと。これを使えば、わざわざ自動契約機や店頭窓口に行かなくても、自宅で簡単に契約ができます。

さらに、WEB完結は自宅への郵送物を“なし”にすることができます。

普通、ネット申込みと契約をすると、契約後に「契約書」と「ローンカード」が自宅に郵送されてきます。これは他の会社も同じです。

一人暮らしなら、自宅に郵送物が届けられても、家族にバレることはありません。しかし、家族と同居している場合、郵送物が自宅に届けられると、家族にバレてしまう危険がでてくるのです。

プロミスのWEB完結を使えば、自宅への郵送物をなくせるため、家族バレの心配はなくなります。ですので、家族バレが嫌な場合は、プロミスはとても便利なのです。

ちなみにWEB完結は「モビット」「三井住友銀行カードローン」「三菱東京UFJ銀行カードローン」でも使えます。しかし、これら3社は特定の銀行口座を持っていないと使えないため、とても不便です。

プロミスのWEB完結は、返済方法を「口座引き落とし」にするだけで、とても使いやすいというのも1つの特徴です。
参考:プロミスのWEB契約でバレずにお金を借りよう!

書類で在籍確認をしてもらい、会社への電話連絡をなくす

プロミスは書類で在籍確認をしてもらうことができます。

キャッシング会社の審査には「在籍確認」があります。在籍確認とは、申込みのときに登録した勤務先で、きちんと働いているかを、キャッシング会社が電話をして確認する審査のことです。

当然、キャッシング会社もバカではありません。お金を借りることがバレないように、会社名(プロミス)ではなく、個人名で電話をかけてくれます。ですので、同僚にお金を借りることがバレることはありません。

ただし、「どうしても会社に電話をかけて欲しくない」という場合、プロミスは書類で在籍確認をしてくれます。

在籍確認で使える書類は、「社員証」「給与明細」「社会保険証」などです。

書類で在籍確認をしてもらう方法は、ネット申込み後にプロミスから電話がかかってきます。そこで「書類で在籍確認をしてほしい」と伝えるだけ。これだけで同僚にバレる心配はなくなります。

家族や会社の同僚にバレたくない場合は「WEB完結」と「書類での在籍確認」をするようにしてください。

参考:
プロミスを家族や同僚にばれず利用する方法
プロミスの在籍確認を解説!絶対バレない、その理由とは?
プロミスは在籍確認なしでお金を借りられる!在籍確認の内容も説明

プロミスが使える提携銀行・コンビニATMの手数料と営業時間

プロミスからお金を借りる方法は「口座振込」「ローンカードから引き出し」の2通り。
参考:プロミスでお金を引き出す方法を解説!引き出し方は3種類!

「口座振込」をしてもらうには、ネットか電話で申し込みをすれば、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。

ローンカードを使う場合は、「プロミスATM」か「提携コンビニ・銀行ATM」からお金を引き出すことができます。提携している銀行・コンビニATMは次の通りです。

提携銀行ATM 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、セブン銀行、イオン銀行、横浜銀行、東京スター銀行、第三銀行、福岡銀行、熊本銀行
※・キャッシングのみ利用可能な銀行
親和銀行、広島銀行、八十二銀行
提携コンビニATM ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマート、ゼロバンク

提携ATMでは借入だけでなく、返済もできます。
次に各ATMの営業時間と、手数料についてもまとめました。

ATM 目的 借入・返済の単位 営業時間 手数料
1万以下 1万超
プロミスATM 借入 千円 7:00~24:00 無料
返済 千円
提携ATM 三井住友銀行 借入 千円 9:00~21:00
(店舗により異なる)
無料
返済 千円
その他銀行 借入 108円 216円
返済 千円 108円 216円
コンビニ 借入 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
108円 216円
返済 千円 108円 216円

このようにプロミスのローンカードがあれば、お近くの銀行・コンビニでいつでもお金を借りることができます。特にコンビニは24時間借入・返済ができるので、とても便利です。

ただし、コンビニATMと、三井住友銀行以外の銀行ATMでは1万円単位でしかお金を引き出せないのと、借入・返済に手数料がかかるので注意してください。

自宅や会社の近くにプロミスか三井住友銀行のATMがあれば、手数料無料で借入・返済ができますので、そちらを優先的に使うことをオススメします。

参考:
プロミスのATM手数料はプロミスATM・三井住友銀行ATMで無料!
プロミスの提携コンビニATMは24時間営業がメリット。Loppi(ロッピー)・Famiポートなら返済手数料無料!
プロミスの借入れ・返済の単位は、プロミスATM・三井住友銀行ATMで千円単位。返済は全て千円単位。
プロミスの提携銀行ATMは三井住友銀行なら手数料無料、セブン銀行はほぼ24時間利用可能!

毎月の返済額は1,000円からOK。毎月の返済負担も少ない

プロミスからお金を借りたときには、毎月いくらずつ返せば良いのか?
プロミスでは「毎月この金額だけは返済してね」という最低返済額が決められています。

最低返済額は借りたお金によって変わります。具体的にまとめたのが次の表です。

借入額最低返済額
10,000円1,000円
50,000円2,000円
100,000円4,000円
300,000円11,000円
500,000円13,000円
1,000,000円26,000円
1,500,000円30,000円

借りた金額によって決まる最低返済額だけ返すことができれば大丈夫です。

しかし、注意をしなければいけないことがあります。それが「利息」です。
プロミスからお金を借りると、利息が発生します。

たとえば、10万円借りたときの利息は以下の通りです。

返済期間 最低返済額 総返済額 利息
1ヶ月 101,463円 101,463円 1,463円
6ヶ月 18,000円 105,254円 5,254円
12ヶ月 10,000円 109,894円 9,894円
24ヶ月 5,000円 119,578円 19,578円
32ヶ月 4,000円 126,316円 26,316円

このように利息は返済期間が長くなれば、長くなるほど増えていきます。

先ほど、「最低返済額だけお金を返すことができれば大丈夫」とお伝えしましたが、「最低返済額で返す=返済期間が長くなる=利息も多くなる」ということにもなります。

ですので、毎月の返済するのも厳しいような場合は、最低返済額でも大丈夫です。ただし、お金に少しでも余裕があるのであれば、最低返済額以上のお金を返すようにしてください。

そうすることで、無駄な利息を支払わずに、返済を楽にすることができます。

参考:
プロミスにおける金額ごとの返済額
プロミスで10万円借りたときの利息と返済額
プロミスの金利は4.5%~17.8%!毎月の返済額を解説

無利息期間があるから、短期間ですぐに返せる場合に便利

借りたお金をすぐに返せる場合でも、プロミスはオススメです。

プロミスには30日間の「無利息期間」があります。

無利息期間というのは、その名のとおり「この期間内は利息が発生しない」というサービスです。プロミスの場合だと、初めてお金を借りたときから、30日間は利息が発生しないということです。

つまり、プロミスでお金を借りて、30日以内で全額返すことができれば、利息を1円も支払う必要もなく、お金を借りることができるというわけです。

ちなみに大手キャッシング会社のなかで、無利息期間が使えるのは「プロミス」「アコム」「アイフル」「ノーローン」「新生銀行カードローン レイク」の5社だけです。

このなかで、アコムやアイフルは、契約から無利息期間がスタートします。お金を借りてなくても、無利息期間がスタートしてしまうということです。たとえば、契約して10日後にお金を借りた場合、無利息期間は20日間と短くなってしまうのです。

プロミスであれば、初回借入から無利息期間がスタートします。契約して10日後にお金を借りたとしても、30日間の無利息期間のままなので、アコムやアイフルよりも便利です。

「給料日が入ったら、すぐに全部返せる」という場合は、ぜひプロミスの無利息期間を使うことをオススメします。
参考:プロミスの30日間無利息サービスは便利か!?他社とも比較してみた

おわりに・・

このページではプロミスの特徴について解説をしました。プロミスについて理解できましたでしょうか?

管理人はプロミスがイチオシです。

消費者金融であるプロミスは、銀行カードローンよりも審査に通りやすく、融資までのスピードも速いです。今日中にお金を借りたい場合や、夜遅くにお金を借りたい場合でも、とても便利。

また、WEB完結や書類での在籍確認もできるため、家族や会社の同僚にバレる心配がほとんどありません。

このような理由から、プロミスは消費者金融のなかで最も使いやすい会社だといえます。

どこの会社からお金を借りるか悩んでいるのであれば、プロミスを使うことをオススメします。

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

プロミスの詳細情報

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
お試し審査
即日融資 可能
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) 20.0%
総量規制 対象
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
申込資格(年齢) 20~69歳
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦 不可
無人契約機 あり

会社概要

会社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
本社所在地 東京都中央区銀座四丁目12番15号
電話番号 03-3543-7100
設立 1962年(昭和37年)3月20日
貸金業者登録番号 関東財務局長(12)第00615号
指定信用情報機関 日本貸金業協会
(社)日本クレジット協会
日本消費者金融協会(JCFA)
(社)日本経済団体連合会
(株)日本信用情報機構
(株)シー・アイ・シー

プロミスについて詳しい情報

プロミスの利用体験談・口コミ

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について