1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. プロミスで10万円借りたときの利息と返済額

プロミスで10万円借りたときの利息と返済額

消費者金融からお金を借りようとしている人の多くが
10万円ほどの借入を希望しています。

ここで気になるのが10万円借りたときに利息はいくらになるのか?
毎月いくら返済をすれば良いのか?ということ。

先に知っておいて欲しいのが10万円ほどの借入では
利息をむちゃくちゃ高く払うことにはなりません。多くても数千円程度。

そこで、このページではプロミスで10万円借りたときの利息と
実際の返済額について解説します。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

プロミスで10万円借りる場合の金利は17.8%!

消費者金融を使う人の多くが10万円ほどの少額の借入を希望しています。

実際に日本貸金業協会が出している統計情報では、
以下のような調査結果が報告されています。

新たな借入として必要だった金額

新たな借入として必要だった金額

専業主婦(主夫)における新たな借入として必要だった金額

専業主婦(主夫)における新たな借入として必要だった金額

これはお金を借りようとしたけど、結局は借りなかった人が、
「もともとはいくら借りようしていたか?」という統計です。

結果、全体の29.5%の人が10万円以内の借入を希望していました。
専業主婦/主夫の人に限定すると45.2%もの人が10万円以内を希望しています。

ということで、プロミスを利用する人の多くも
10万円以内の借入を希望していることが予想されます。

では、10万円借りるときにはどれだけの利息を支払わないといけないのか?

プロミスの場合、10万円以内の借入では金利は17.8%となります。
これを元に利息を計算すると、、、

例:10万円を3ヶ月(90日)で返す場合の利息
100,000円×17.8%÷365日×90日=4,389円

10万円を3ヶ月で返すときには約4,500円ほどの
利息を支払えばOKということです。

利息は返済期間(=回数)が鍵!いつまでに返せるかも考えよう!

ここで大事なポイントとなるのが、利息は返済期間(回数)に応じて
支払う金額が大きく変わってくるということです。

例えば、10万円を1ヶ月(30日)と3ヶ月(90日)で返す場合の利息の違いを比べてみると、

1ヶ月(30日)/100,000円×17.8%÷365日×30日=1,463円
3ヶ月(90日)/100,000円×17.8%÷365日×90日=4,389円

たった2ヶ月の違いで約3,000円も多く利息を支払うことになるのです。
そこで返済期間に応じて、利息がどれだけ違うかをまとめました。

10万円借りたときの返済期間と利息

返済期間利息返済総額毎月の支払額
1ヶ月1463円101,463円101,463円
2ヶ月2,230円102,230円51,115円
3ヶ月2,980円102,980円34,327円
4ヶ月3,734円103,734円25,933円
5ヶ月4,492円104,492円20,898円
6ヶ月5,254円105,254円17,542円
7ヶ月6,018円106,018円15,145円
8ヶ月6,786円106,786円13,348円
9ヶ月7,558円107,558円11,951円
10ヶ月8,334円108,334円10,833円
11ヶ月9,114円109,114円9,919円
12ヶ月9,894円109,894円9,158円
13ヶ月10,683円110,683円8,514円
14ヶ月11,474円111,474円7,962円
15ヶ月12,268円112,268円7,484円
16ヶ月13,065円113,065円7,067円
17ヶ月13,865円113,865円6,698円
18ヶ月14,667円114,667円6,371円
19ヶ月15,478円115,478円6,078円
20ヶ月16,289円116,289円5,815円
21ヶ月17,109円117,109円5,576円
22ヶ月17,927円117,927円5,360円
23ヶ月18,748円118,748円5,163円
24ヶ月19,578円119,578円4,982円
25ヶ月20,405円120,405円4,816円
26ヶ月21,239円121,239円4,663円
27ヶ月22,079円122,079円4,521円
28ヶ月22,916円122,916円4,390円
29ヶ月23,758円123,758円4,268円
30ヶ月24,605円124,605円4,154円
31ヶ月25,459円125,459円4,047円
32ヶ月26,316円126,316円3,947円
33ヶ月27,173円127,173円3,854円
34ヶ月28,033円128,033円3,766円
35ヶ月28,900円128,900円3,683円
36ヶ月29,765円129,765円3,605円

※プロミスで10万円借りたときの返済期間は最長で36回です。

1ヶ月で返済すれば利息は1,463円で済むのに、36ヶ月に分けて返済をすると
29,765円も利息が発生することになるのです。

約28,000円も違う・・・この違いは大きいですね。

つまり、できるだけ利息を少なくしたいのであれば、返済期間(回数)を短くするのがとても大事だと覚えておいてください!

・・・とは言え、上記の表はあくまでも利息だけを計算したもの。

実際にプロミスは1,000円単位で返済することになるので、実際の返済額や返済回数はもう少し違います。

10万円借りたときに支払う金額と利息について

プロミスでは最低返済額を以下のように決めています。
(最低返済額とは最低限返さないといけない金額のこと)

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ) ~80回

つまり、10万円借りたときには100,000円×3.61%=3,610円

プロミスの返済は1,000円単位ですので、100,000円借りたときの最低返済額は4,000円となるということです。

最低返済額が4,000円でそれ以上については、あなたの判断で追加して返済することができます(1,000円単位で増やせます)。

ということで、毎月の返済額を軸に返済回数・利息をまとめました。

実際に返す金額・期間・利息はコレ!!!

毎月の支払額返済回数返済総額利息
101,463円1回101,463円1,463円
52,000円2回102,216円2,216円
35,000円3回102,950円2,950円
26,000円4回103,728円3,728円
21,000円5回104,476円4,476円
18,000円6回105,149円5,149円
16,000円7回105,744円5,744円
14,000円8回106,508円6,508円
12,000円9回107,531円7,531円
11,000円10回108,218円8,218円
10,000円11回109,043円9,043円
9,000円13回110,088円10,088円
8,000円14回111,417円11,417円
7,000円17回113,209円13,209円
6,000円20回115,720円15,720円
5,000円24回119,490円19,490円
4,000円32回125,864円25,864円

10万円を借りたときには返済期間は最長で32回となり、
最低返済額は4,000円となります。そのときの利息は25,864円です。

最低返済額(4,000円)で返すと毎月の負担は軽いですが、
それだけ利息が増えてしまうので、トータルでは損をすることになります。

返済額を倍の8,000円にするだけで利息も半額以下となるので、返済できるのであれば、最低返済額ではなく少しでも多い金額で返していくことをオススメしますよ。

10万円を借りるのにはプロミス?他の会社?どちらが良いのか?

10万円以内の借入をする場合、プロミスと他の消費者金融のどっちが得なのか?
ようは返済額が少なくて済むのか?ということが気になる人もいますよね?

そこでまずはプロミスと他の大手消費者金融とで最低返済額を比べてみました。

10万円を金利18.0%(プロミスは17.8%)で借りたときの最低返済額

会社名金利最低返済額返済回数返済総額
プロミス 0.178% 4,000円32回125,864円
アコム0.18%5,000円24回119,429円
アイフル0.18%5,000円25回123,709円
SMBCモビット0.18%4,000円32回126,260円

最低返済額で見るとプロミスやSMBCモビットの方が少なく済みます。
とはいえ、返済総額で比べるとアコムやアイフルの方が安いですよね。

では、次に返済額をアコムやアイフルとあわせた場合、返済総額を比べてみました。

最低返済額を他社とあわせたときの返済総額の比較表

会社名金利最低返済額返済回数返済総額
プロミス0.178%5,000円24回119,490円
アコム0.18%5,000円24回119,429円
アイフル0.18%5,000円25回123,709円
SMBCモビット0.18%5,000円25回119,772円

返済額を全て同じ金額にした場合も、ほんの少しだけアコムの方がお得ですね。

とはいえ61円程度の差でしかないので、あとは以下のポイントも踏まえて会社を選べばOK。

・最低返済額をいくらで返済したいか?
→4,000円が良いならプロミス

・使いやすい場所にどちらの銀行・自動契約機があるのか?
→銀行は三井住友銀行ならプロミス、三菱UFJ銀行ならアコム

・あなたが持っている銀行口座はどこの口座か?
→三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っているならプロミス、楽天銀行ならアコム。(銀行口座によって選ぶ会社が違うのは、提携している銀行口座に入金依頼をすると365日24時間口座に入金を反映してもらえるためです)

利息の部分で比べると、正直どっちでも良いとと思っています(笑)
ですので借入・返済がしやすい会社を選ぶようにしてください。

端数の返済はどうすれば良いの?

返済をし続けると一番最後の返済は端数を払うことになります。

返済計画表

口座振替やネット返済であれば問題はないのですが、提携銀行/コンビニATMの多くが端数(小銭)を支払うことはできません。

その場合、1,000円単位で返済をし、超過分は後日返金されるようになっています。

上記の場合だと、残金は9,043円ですが10,000円を返済し、あとから差額の957円を返金してもらうということですね。

差額を返金してもらう方法は、以下の2つ。

  • 銀行口座に振り込んでもらう
  • プロミスのお客様サービスプラザ(店頭窓口)で受け取る

このタイミングで受け取らない場合は、次の借入れ残高から相殺することもできます。

ちなみに口座に振り込んでもらうためには、プロミスに電話する必要がありますので、それも覚えておいた方が良いでしょう。

ただ・・・わざわざ返金してもらうのは手間ですからね。そもそも口座からの自動引き落としにするか、ネット返済 or Loppi・Famiポートできっちり返済した方が楽ちんですよ。

返済に送れたら遅延損害金を支払うことになるので要注意!

万が一、返済が1日でも遅れた場合には
返済額にプラスして遅延損害金というものを支払わないといけません。

ようは返済が遅れたことへのペナルティですね。

プロミスの遅延損害金の利率は20.0%。
損害金は以下の内容で計算することができます。

遅延損害金=借入残高×遅延損害金利率÷365日×遅れた日数

つまり、10万円を借りていて1週間返済が遅れた場合だと、

100,000円×20.0%÷365日×7日=383円

ということになります。

「なんだ、たった400円ほどか・・・」と思うかもしれませんが、1週間程度であれば損害金は少ないですが、返済が遅れれば遅れるほど、損害金はどんどん大きくなっていきます。当然、借りている金額が多いと、それだけ損害金も増えます。

さらに1ヶ月以上返済が遅れると、個人信用情報に履歴が残るだけでなく、プロミスから返済の連絡が頻繁に来るようになります。最終的には裁判所から督促状が届き、訴訟を起こされる可能性も出てきてしまうのです。

そうなると損害金が多い・少ないということ以上に、あなたの生活に大きな支障が出てくることになります。とにかく返済は遅れない!これは絶対守るようにしてください。

まとめ(10万円を借りならプロミスでもアコムでもOK!)

このページではプロミスで10万円借りるときの金利や返済額について解説しました。
ポイントをまとめると、

  • 消費者金融から借りたい人の29.5%が10万円以下の借入を希望している
  • プロミスで10万円借りたときの最低返済額は5,000円~
  • プロミスで10万円借りて最低返済額で返すと返済総額は125,864円になる
  • 10万円借りたときの返済総額はアコムの方が若干少ない(61円だけ)
  • 10万円だけの借入であっても返済に遅れたら遅延損害金が発生する

プロミスは審査スピードも早く、郵送物なしでも契約&借入ができる便利な会社です。

10万円を借りたときに発生する利息は他の会社と比べてもほとんど変わらないことから、自宅や会社の近くなど使いやすい場所に三井住友銀行やプロミスの自動契約機がある人は、プロミスを選ぶことをオススメします。

また三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っている場合、プロミスからは土日祝日関係なく、最短10秒で口座にお金を振り込んでもらえるので、これらの口座を持って言う人にもプロミスは使いやすいですよ!

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • SMBCモビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • SMBCモビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について