1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. アルバイトでもプロミスから借りられるか?審査に通過・落ちる条件

アルバイトでもプロミスから借りられるか?審査に通過・落ちる条件

プロミスでは利用条件を「安定した収入がある方」としているため、
アルバイトの方でもお金を借りられるようになっています。

ただし、アルバイトは簡単に辞めることもできてしまうので、
審査に落ちてしまう人もいないわけではありません。

そこで、このページではアルバイトの人がプロミスを利用するときに審査に通過する方法や、いくら借りることができるのか?などの利用条件について解説します。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

アルバイトでもプロミスからお金を借りられる!

まず最初に知っておいて欲しいのが、プロミスはアルバイトの方でも利用することができます。
というのも、プロミスではお金を借りられる人の条件を以下のように決めています。

「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方」

実際に公式HPでも以下のように書かれています。

プロミスの借入対象

ですので「アルバイトだから借りられないのかな・・・」と不安を感じている人は安心してください。

ちなみにアルバイトをしていても20歳未満だと残念ながら
お金を借りることはできません。

限度額は収入の1/3まで!50万円を超える時には収入証明の書類が必要

次にアルバイトの人がプロミスからお金を借りる場合、
いくらまでお金を借りることができるのか?

結論、プロミスからは収入の1/3までお金を借りることができます。

この金額はアルバイトに限らず、プロミスを利用する全ての人が
年収の1/3までしか借りられないようになっています。

これは貸金業法によって決められており、プロミス・アコム・SMBCモビットなどの消費者金融会社は必ずこのルールを守らないといけないようになっています。(総量規制について詳しくはこちら)

ですので、現在アルバイトで年収150万円稼いでいる人は50万円まで。
年収が100万円の人は30万円までならプロミスからお金を借りられるということです。

ただし!既に他の会社からお金を借りている場合、他の会社から借りている金額とあわせて「年収の1/3まで」しかお金を借りることはできません。

つまり、年収150万円の人が既にA社から30万円借りている場合は、
150万(年収)×1/3(総量規制)-30万円(他社からの借入)=20万円

というように最大でも20万円までしかお金を借りることができないのです。

アルバイトの人のみならず、プロミスからお金を借りるときには総量規制によって、借りられる金額に制限があることを知っておいてください。

ちなみにプロミスから借りる金額が50万円を超える場合、もしくは他社との借入合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書というのは源泉徴収票や確定申告書などですが、これらは確定申告などをしなければ手に入れることができないため、50万円を超えるお金を借りるのは最低でも1年以上アルバイトをしていないと不可能だと考えておいてください。

アルバイトでプロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人

アルバイトでもプロミスからお金を借りることはできますが、そのなかでも審査に通りやすい人と落ちやすい人がいます。それぞれについて説明します。

審査に通りやすい人

アルバイトでの収入が多い

アルバイトと言っても収入が多い人は審査が有利です。具体的には年収で100万円以上。月に8~10万円以上の収入があるのが理想。もちろん、それ以下でも審査に通過はできるかと思いますが「収入の多さ=返済の安心感」ということで評価は高いです。

同じアルバイト先での勤続年数が長い

消費者金融はアルバイトに対して短期的に働いているイメージを持っています。そのためアルバイトを始めてから1~3か月程度の人は収入が安定しているとは考えられず、審査に落とされることもあります。逆に長く務めている人、具体的には同じ勤務先で1年以上働いている人は収入が安定していると考えられ高評価となります。(これまでのバイト先で1年以上働いており、そのバイト先を辞めて、すぐに新しいバイト先で働いているが、まだ1ヶ月しか経っていない・・・という場合は勤続年数が短いと判断され低評価となるので要注意)

審査に落ちやすい人

既に他の会社からお金を借りている人

他社からお金を借りている人は、返済をしてもらえない可能性が高いため審査に落ちやすい傾向にあります。ちなみに他の会社というのは消費者金融だけに限りません。自動車ローンを組んでいる人や、学生で奨学金を借りている人についても「借金がある」とみなされ、審査に落ちてしまうことがあります。

個人信用情報に傷がついている人

過去に消費者金融から借りたお金の返済が遅れていた、債務整理をしたことがある、クレジットカードの支払い(引き落とし)が滞ったことがある、などの情報は個人信用情報として記録が残っています。これらの情報は半公的の個人情報信用機関によって管理されており、金融会社は情報を知ることができます。当然、過去に返済遅延などのトラブルを起こしている人は審査に落ちやすいです。

以上がプロミスの審査に通りやすい人・落ちやすい人の特徴です。

これらはアルバイトの人だけに限らず、正社員でも派遣社員でもほぼ同じような条件となっていますので気を付けておくと良いですよ。

プロミスが選ばれる3つのポイント

ここまでアルバイトの人がプロミスを利用するときに借りられる金額や、審査について解説をしましたが、結論を言うのであれば、、、管理人はアルバイトの人はプロミスを使うことをオススメできます。

オススメできるポイントとしては以下の3つです。

審査スピードが早く今日中にお金を手に入れられる

まず、プロミスは今日中に契約を終わらせ、お金を手に入れたい人にオススメの会社です。プロミスは最短即日で契約&借入をすることができます。ネットから申込みをし、14:30までに契約を終わらせるか、夜の21:30までに自動契約機に行き、その場で契約を終わらすことができれば今日中にお金を手に入れることもできます。管理人的には審査から借入までのスピードの早さが他の銀行や消費者金融よりも早いと感じています。

契約方法が多種多様で人にばれない!

消費者金融などからお金を借りるときに一番心配になるのが「周りの人にお金を借りることがバレないか?」ということ。プロミスではインターネット上で申込みから契約まで全てを終わらせることができたり(郵送物なし)、あなたの口座へお金を振り込んでくれるので、普通に銀行からお金を下ろすのと同じようにプロミスからお金を借りられます。また会社への電話連絡(在籍確認)も書類で対応してくれる柔軟さもあるため、ほぼ100%周りにバレずにお金を借りることができます。

プロミスは三井住友フィナンシャルグループ!安全性は抜群!

最後にプロミスは三井住友フィナンシャルグループの1つであるSMBCコンシューマーファイナンスが提供しているサービスです。メガバンクのグループ会社がやっているサービスなので、その安全性・信頼感は抜群!当然、不当な金利でお金を貸してきたり、自宅に押しかけて借金を回収にくるなどのことは200%ありえません!どこからお金を借りるのが安全なんだろう?と不安に感じる人でも、安心して利用できる会社ですよ!

まとめ(アルバイトでもプロミスからお金を借りられます!)

ここではアルバイトの人がプロミスからお金を借りられるのか?ということについて解説しました。ポイントをまとめると、、、

  • アルバイトの人でもプロミスからお金を借りられる
  • ただし、アルバイトでも短期のアルバイトしかしていない人や、20歳未満の人は条件を満たしていないので借りられない
  • 借りられる金額は年収の1/3まで(他社からも借りている場合は、他社からの借入と併せて1/3まで)
  • 年収が多く、同じ勤務先での勤続年数が長い人は審査に通過しやすい
  • 逆に既に借金がある人や、過去に返済遅延などのトラブルを起こした人は審査に通過しにくい

管理人の感覚としては、アルバイトの人にとってはプロミスは使いやすい会社だと思っています。実際に公式HPなどにも「安定した収入があればアルバイトでもOK!」ということが書かれていますので、よっぽどのことがない限り、審査に落ちることはないと思います。

・・・とはいえ、私の周りにいるアルバイトで生計を立てている人というのは、お金に余裕がある暮らしをできているわけではありません。プロミスからお金を借りてピンチを乗り越えるのは良いと思いますが、お金の借りすぎには要注意!

返済で首が回らなくなる、、、ということがないように、お金を借りるときには返済についても考えながら、計画的にプロミスを使うようにしてくださいね。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • SMBCモビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • SMBCモビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について