1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. プロミスの返済金額・利息の計算方法のまとめ。前倒し返済やポイントサービスも活用を!

プロミスの返済金額・利息の計算方法のまとめ。前倒し返済やポイントサービスも活用を!

お金を借りたら毎月返済をする必要があります。管理人も初めてお金を借りるときには「毎月いくら払えばいいの?」というのは気になりました。

プロミスはなんせ「消費者金融」。何となく、「毎月ヒーヒー言いながら返さないといけないのでは?」そんなイメージがありました(笑)
ですが、それぞれの方の状況に合わせて返済できる仕組みになっています。管理人もちゃんと完済することができました!

ここではプロミスの返済金額や利息の計算方法を解説しています。これで返済金額がチェックでき、より安心して借入れできます。
また、手数料を無料にできたり、一定期間無利息になる「ポイントサービス」というサービスも合わせてご紹介しています。こちらもぜひ活用をおすすめします!

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

「毎月の返済金額」の計算式

プロミスの返済金額は借入れ金額に一定の割合(%)を掛けて計算されます。
借入れ金額に応じて計算式も下の表のように変わります。これを「残高スライド元利定額返済方式」と言います。

借入れ金額 返済額の計算式 返済回数
30万円以下 借入れ残高×3.61% 36回まで
30万円超~100万円以下 借入れ残高×2.53% 60回まで
100万円超 借入れ残高×1.99% 80回まで

例えば20万円の借入れの場合、

20万円×2.53%=7,220円

となります。
ここで、1,000円未満は切り上げになり「8,000円」が毎月の返済額です。
このように基本は毎月きりの良い金額の返済で、最後の完済のときだけ端数の返済になります。

これ以上ならいくら返済してもOK。前倒し返済がおすすめ!

上の計算式で出される金額は「最低の返済金額」です。プロミスが「毎月最低これくらいは払ってくださいね」と決めています。そして、この金額よりも前倒しで多めに支払いをしても、もちろん大丈夫です。
先ほどの例だと、20万円借りると最低8,000円支払えば良いのですが、1万円や2万円を返済しても良いということです。

前倒しで返済することにはメリットがあります。
それは「利息が少なくなる」ということです。

利息は「借り入れ金額が多く」「返済期間が長くなる」ほど多くなります。
前倒しで返済すると返済期間を短くできるので、その分利息も少なくなるのです。
余裕があれば前倒しで返済することをおすすめします!

「利息」の計算式

お金を借りると利息がつきます。利息も計算式を押さえておくと良いです。
利息の計算式は、プロミスだけでなく他の金融機関でも同じです。

利息=「借入れ金額」×「利率」÷「365日」×「利用日数」

例)「20万円」を「30日」、「年利17.8%」で借りる場合
プロミスの年利は4.5~17.8%となっていますが、多くの方は最高金利の17.8%が適用されます。
この場合の利息は、

20万円×17.8%÷365日×30日=2,926円(1円未満切り捨て)

となります。つまり、この場合の利息は2,926円ということになります。

前倒し返済をしないと、元金がなかなか減らない!

ここで前倒し返済のメリットが、より分かりやすくなります。

20万円借入れした場合の毎月の最低返済額は8,000円という計算でした。
「毎月8,000円の返済で20万借りれるんだ」と、一見良さそうに見えるかもしれません。
ですが正直なところ、プロミスからすると正直カモのお客さんなのです(汗)

先ほどの利息の計算から、返済の最初の段階は3,000円近くの利息がつくので、8,000円を払っても、元金は5,000円ほどしか減らないのです。

「20万円を8千円ずつ減らしている」のではなく、「20万円が利息で少し増えて、8千円で増えた分を相殺して減らしている」のが正しいイメージです。
8千円を長い期間かけて支払うので、完済までにたくさんの利息を払うことになるのです。
これを避けるために、頑張ってなるべく多めに返済することをおすすめします!

管理人も、借入れがあまり減らない状況をずるずると長く続けていました。ですが心を入れ替えてからは、なるべく前倒しで返済していました。衝動でお金を使うのをやめ、ボーナスもなるべく返済に充てました。そうしたら徐々に借入れが減り、完済することができました。「俺もやればできる!」と、妙なところで自信がつきましたね(笑)

「30日間無利息サービス」で最初は利息なし!

プロミスは初めて契約するときには「30日間無利息サービス」という嬉しいサービスがあります!これは、契約した翌日からの30日間は無利息で借入れできるサービスです。

<図>

サービスの適用には条件があり、

  • 契約の際に「メールアドレス」を登録すること
  • 明細を郵送ではなく「web明細(プロミスのホームページにて書面を確認)」にすること

この2つが必要です。
どちらも簡単にできるので、ぜひ利用してお得に借入れしましょう!

返済シミュレーションを活用しよう

<図>

「自分の場合、どういう返済プランになるんだろう」
そんなときには「返済シミュレーション」の活用をおすすめします。

プロミスのホームページでは数字を入れるだけで返済プランのシミュレーションができるようになっています。3つのパターンでシミュレーションができ、利用は無料です。

ご返済金額シミュレーション

「借入れ希望額」と「返済期間」でシミュレーション。
「20万円を24ヶ月借りたら毎月いくら?」という風に「毎月の返済額」を知りたい方に便利。

ご返済期間シミュレーション

「借入れ希望額」と「毎月の返済額」でシミュレーション。
「毎月20万円を1万円ずつ返済すると何ヶ月かかる?」という風に「返済期間」を知りたい方に便利。

お借入可能額シミュレーション

「毎月の返済額」と「返済期間」でシミュレーション。
「毎月1万円を24ヶ月間返済するといくら借りれる?」という風に「借入れできる金額」を知りたい方に便利。

3つのパターンのシミュレーションを活用すれば、あなたの場合どういった返済プランになるのかをチェックできます!計画的な借入れ・返済のために、ぜひ活用してほしいと思います。

使い方は数字の入力とワンクリックで簡単

返済シミュレーションの使い方は簡単です。
3種類の中で使いたいものを選んで数字を入力、「シミュレーション実行」ボタンをクリック。これで結果が表示されます。

<図>

返済時の手数料も要チェック!

プロミスでは様々な方法で返済できますが、返済には手数料がかかることがあります。
それぞれの返済方法で、手数料が異なります。

プロミスの返済方法は大きく分けて6つあります。

  1. 店頭窓口:プロミスの店舗の窓口。「お客様サービスプラザ」とも言います
  2. プロミスATM:プロミスの店舗や自動契約機に備え付けられているATM
  3. 提携ATM:プロミスが提携している銀行・コンビニのATM
  4. インターネット:プロミスの会員ページから返済
  5. 口座振替:お持ちの銀行口座から自動引き落とし
  6. 銀行振り込み:プロミスの返済用口座に振込

それぞれの返済方法の手数料と営業時間を下の表にまとめました。

ATM 営業時間 手数料
1万以下 1万超
プロミス店頭窓口
(お客様サービスプラザ)
平日10:00~18:00
(一部店舗は土日も営業)
無料
プロミスATM 7:00~24:00 無料
提携ATM 三井住友銀行 9:00~21:00
(店舗により異なる)
無料
その他銀行 9:00~21:00
(店舗により異なる)
108円 216円
コンビニ 24時間営業
(月0:00~7:00不可)
108円 216円
Loppi(ロッピー)
Famiポート
24時間営業
(月0:00~7:00不可)
無料
インターネット(※) 24時間
(月0:00~7:00・
第3日曜0:00~6:00不可)
無料
口座
引き落とし
三井住友銀行 5・15・25・末日から選択
8:30または18:30
無料
その他銀行 毎月5日
銀行振り込み 9:00~21:00
(店舗により異なる)
各銀行の
利用手数料

(※)インターネット返済には三井住友・三菱東京UFJ・ジャパンネット・みずほ・楽天銀行のいずれかの口座が必要

「ロッピー・Famiポート」「インターネット」「口座振替」が手数料無料で利用しやすくておすすめ!

この中で返済金額を気にする方におすすめの返済方法は

  • ロッピー・Famiポート
  • インターネット
  • 口座引き落とし

この3つです。これらは全て返済手数料が無料です!

ロッピーとFamiポート

ロッピーとFamiポートはコンビニにあるATMのような機械です。チケットの購入や料金の支払いなどをするものです。ロッピーはローソンかミニストップに、Famiポートはファミリーマートにあります。

コンビニにはATMもありますが、手数料がかかります。そのため手数料無料で使えるロッピーやファミポートがおすすめです。これら3つのコンビニは色々な場所にあるので、お近くで利用しやすいと思います。

使い方は、ロッピーやファミポートにプロミスのカードを差し込んで画面をタッチして進めると、「申込券」という券が発行されます。これをレジに持っていけば返済できます。
詳しくは「プロミスのATMでお金を返済する(手数料とATM営業時間のまとめ)」で解説しているので、必要に応じてチェックしてくださいね。

インターネット返済

インターネットでの返済は24時間できるので、ネットに抵抗がない方にはおすすめです。
プロミスの会員ページがあるので、そこから返済手続きをします。
ただし、「三井住友銀行」・「三菱東京UFJ銀行」・「ジャパンネット銀行」・「みずほ銀行」・「楽天銀行」の金融機関の口座を持っていないと利用できないので気を付けましょう。

口座引き落とし

口座引き落としは毎月決まった日に引き落とされるので、忘れやすい方、返済手続きが面倒という方に便利です。契約の際に返済方法として選ぶと最初から引き落としになります。また、利用の途中からでもインターネットや電話で手続きができます。

引き落としについては「プロミスの口座引き落としは手数料無料!「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」ならさらに便利」でじっくりと解説しています。

「ポイントサービス」の活用で手数料無料または無利息に!

もうひとつプロミスをお得に利用できるサービスがあります。それが、「ポイントサービス」というものです。

ポイントサービスは無料で申込みができ、申し込むとポイントが貯まります。貯めたポイントは「提携ATM手数料無料サービス」と「無利息サービス」に利用でき、銀行やコンビニATMでの返済手数料を無料にしたり、一定期間無利息で借り入れができるようになります。

例えば、提携ATM手数料無料サービスは40ポイントで最大約2ヶ月間、銀行やコンビニの借入れ・返済手数料が無料になります。

ポイントサービスは「申込みだけで100ポイント」もらえて、」収入証明書類の提出で160ポイント」、「ネットの会員ページに月に1度ログインすれば毎月10ポイント」もらえます。
これだけでも270ポイント以上になり、申込み直後から提携ATM手数料無料サービス6回分以上のポイントがすぐに貯まります(笑)ぜひ活用してほしいと思います!

詳しくはこちらで解説しています→「プロミスポイントサービス」のページへ

金額をチェックして、計画的に返済を!

プロミスの返済金額や利息は計算式で計算することができます。前倒しで返済すると、利息を減らすことができてお得です。また、返済シミュレーションで返済計画をチェックしてみると、今後の返済の参考になります。

返済のときにかかる手数料も、小さく見えて意外と大きな金額になることもあります。「ロッピー・Famiポート」「インターネット」「口座振替」での返済なら手数料無料で使いやすくて便利です。ポイントサービスも合わせて活用するとさらにお得になります。

返済金額をチェックして、計画的に返済してくださいね。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について