1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. プロミスの金利は4.5%~17.8%!毎月の返済額を解説

プロミスの金利は4.5%~17.8%!毎月の返済額を解説

プロミスの金利は4.5%~17.8%。他の消費者金融と比べても低金利で、
管理人も最初は低金利であることに惹かれてプロミスを選びました。

ただ、、、、誰でも金利4.5%でお金を借りられるわけではありません。

金利はプロミスから借りた金額によって違うため、
10~30万程度の借入では金利は17.8%となってしまいます。

金利はお金を返すときにとても大事なポイントになりますので、このページでは
プロミスの金利の仕組みと、実際に返す金額について解説します。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

プロミスは金利4.5~17.8%!金利は借りた金額で決まる!

プロミスは金利4.5~17.8%でお金を借りることができます。
これは他の消費者金融と比べても若干低金利です。

会社名 金利
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 4.7%~18.0%
ノーローン 9.5%~18.0%
ココエイ 7.7%~18.0%

ここで「金利4.5%なら、利息も少なくて済むな~」と思う人もいるかもしれませんが、誰でも金利4.5%でお金を借りられるわけではなく、金利は借りたお金やこれまでの取り引き実績によって変わります。

プロミスの場合、1万円~30万円以内の借入での金利は17.8%。
新規契約だと必ず17.8%になるのです。

では、具体的にいくらお金を返せば良いのか?
返済額について説明をしていきます。

注意!利息は金利だけでなく、返済期間も関係する

そもそも利息は以下の計算式で決まります。

利息=借りたお金×年利÷365日×借りた日数

プロミスで10万円借り、1年(365日)で返すとすると、
100,000円×17.8%÷365日×365日=17,800円

1年間の返済で17,800円を支払うことになります。

では、同じ条件で1ヶ月(30日)で返すとすると、
100,000円×17.8%÷365日×30日=1,463円

と利息は約10分の1にあたる1,463円だけになるのです。

つまり・・・返済額を考えるときには、金利よりも返済期間が大事!!!

返済期間が長ければ長いほど利息は増え、返済の負担も大きくなってしまいます。
ようはできるだけ早く返したほうがお得!ってこと。

金利の低さよりも知っておくべきポイントですよ!

具体的なプロミスの返済額はいくらになるの?

実際にプロミスにはいくら返済をしていけばよいのか?
プロミスの返済金額は借入れ金額に一定の割合(%)を掛けて計算されます。

これを残高スライド元利定額返済方式と言い、具体的に返す金額は
以下のように計算することになります。

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高×2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高×1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

この表は返済期間が一番長いとき(最低返済額)の返済額の計算方法になります。

具体的に借りる金額ごとに毎月の最低返済額がいくらになるかをまとめました。

最低返済額借入額
1,000円~27,000円まで
2,000円~55,000円まで
3,000円~83,000円まで
4,000円~110,000円まで
5,000円~138,000円まで
6,000円~166,000円まで
7,000円~193,000円まで
8,000円~221,000円まで
9,000円~249,000円まで
10,000円~277,000円まで
11,000円~300,000円まで
8,000円~316,000円まで
9,000円~355,000円まで
10,000円~395,000円まで
11,000円~434,000円まで
12,000円~474,000円まで
13,000円~513,000円まで
14,000円~553,000円まで
15,000円~592,000円まで
16,000円~632,000円まで
17,000円~671,000円まで
18,000円~711,000円まで
19,000円~750,000円まで
20,000円~790,000円まで
21,000円~830,000円まで
22,000円~869,000円まで
23,000円~909,000円まで
24,000円~948,000円まで
25,000円~988,000円まで
26,000円~1,000,000円まで
22,000円~1,100,000円まで
24,000円~1,200,000円まで
30,000円~1,500,000円まで
40,000円~2,000,000円まで
50,000円~2,500,000円まで
60,000円~3,000,000円まで
70,000円~3,500,000円まで
80,000円~4,000,000円まで
90,000円~4,500,000円まで
1,00,000円~5,000,000円まで

※プロミスの返済額は1,000円単位です。端数は全部切り上げになります。

途中で最低返済額が下がっている箇所もありますが、
これはプロミスの設定している掛け率の都合によるものです。

決して、管理人の計算ミスではありません(笑)

最低返済額がわかれば返済計画のイメージも付くので、お金を借りるときの不安も少し解消されますね。

他の消費者金融と最低返済額を比べてみた

では、プロミスの返済額は高いのか?安いのか?
他の大手消費者金融と比べてみました。

30万円を金利18.0%(プロミスは17.8%)で借りたときの最低返済額

会社名金利最低返済額返済回数返済総額
プロミス 17.8% 11000円36回387,289円
アコム 18.0% 13000円29回370,864円
アイフル18.0%13000円30回385,927円
SMBCモビット18.0%11000円36回388,683円

このように最低返済額で比較するとプロミスやSMBCモビットは安いですね。ただ、総返済額で考えるとアコムやアイフルの方がお得ということになります。

逆にプロミスやSMBCモビットの最低返済額を13,000円にアップしたときの返済総額も計算をしてみました。

各社の最低返済額をあわせたときの返済総額

会社名金利最低返済額返済回数返済総額
プロミス17.8%13000円29回369,954円
アコム18.0%13000円29回370,864円
アイフル18.0%13000円30回385,927円
SMBCモビット18.0%13000円29回370,993円

プロミスの最低返済額をアコムやアイフルと同じ金額(13,000円)にすることで、
返済総額も他の会社より安くできることがわかります。

つまり・・・毎月、最低返済額を支払うのは家計的には負担が少なくて済みますが、
総額で考えると多く利息を支払わなければいけないので損をすることになるのです。

返済期間は短く&追加返済は積極的に!

プロミスから借りたお金を返すときには以下の2つを意識してください。

  • 返済期間はできるだけ短くする
  • 追加で返済できるときは積極的に返す

返済期間をできるだけ短くするのは先ほど説明したとおりです。
最低返済額で返済をし続けると、返済総額は多くなります。

プロミスの場合、返済期間によって総額が以下のように変わります。

期間(回数)返済額返済総額利息
36ヶ月11,000円387,289円87,289円
32ヶ月12,000円377,633円77,633円
29ヶ月13,000円369,954円69,954円
24ヶ月15,000円358,508円58,508円
21ヶ月17,000円350,416円50,416円
18ヶ月20,000円341,844円41,844円
14ヶ月25,000円332,836円32,836円
12ヶ月29,000円328,131円28,131円
11ヶ月30,000円327,145円27,145円
10ヶ月35,000円323,274円23,274円
6ヶ月60,000円314,090円14,090円
4ヶ月100,000円309,210円9,210円

毎月の返済額を増やせば、返済総額は少なくなるということです。

毎月の返済額を多くすることに加えて、もう1つやって欲しいのが「追加返済」です。
追加返済というのは毎月の返済額以外にプラスしてお金を返すこと。

そもそも知っておいて欲しいのが、返済したお金は「利息」と「元金」の2つに分けられます。

プロミスから30万円借りた場合、1万円返したから借金は残り29万円・・・とはならず、返済額の一部は利息に充てられるのです。

仮に30万円を最低返済額(11,000円)で返した場合、

回数返済額元金利息残高
1回目11,000円6,550円4,450円293,450円
2回目11,000円6,648円4,352円286,802円
3回目11,000円6,746円4,254円280,056円
4回目11,000円6,846円4,154円273,210円
5回目11,000円6,948円4,052円266,262円
6回目11,000円7,051円3,949円259,211円
7回目11,000円7,156円3,844円252,055円
8回目11,000円7,262円3,738円244,793円
9回目11,000円7,369円3,631円237,424円
10回目11,000円7,479円3,521円229,945円
11回目11,000円7,590円3,410円222,355円
12回目11,000円7,702円3,298円214,653円
13回目11,000円7,816円3,184円206,837円
14回目11,000円7,932円3,068円198,905円
15回目11,000円8,050円2,950円190,855円
16回目11,000円8,169円2,831円182,686円
17回目11,000円8,291円2,709円174,395円
18回目11,000円8,414円2,586円165,981円
19回目11,000円8,538円2,462円157,443円
20回目11,000円8,665円2,335円148,778円
21回目11,000円8,794円2,206円139,984円
22回目11,000円8,924円2,076円131,060円
23回目11,000円9,056円1,944円122,004円
24回目11,000円9,191円1,809円112,813円
25回目11,000円9,327円1,673円103,486円
26回目11,000円9,465円1,535円94,021円
27回目11,000円9,606円1,394円84,415円
28回目11,000円9,748円1,252円74,667円
29回目11,000円9,893円1,107円64,774円
30回目11,000円10,040円960円54,734円
31回目11,000円10,189円811円44,545円
32回目11,000円10,340円660円34,205円
33回目11,000円10,493円507円23,712円
34回目11,000円10,649円351円13,063円
35回目11,000円10,807円193円2,256円
36回目2,289円2,256円33円0円
累計387,289円300,000円87,289円0円

このように返済額の一部が利息の支払い充てられるのです。

ここで注目して欲しいのが、返済を始めたときは、返済額のほとんどが利息に充てられてしまうということ。つまり、何度も返済をしても全然元金は減っていかないので、借金も残ったままになるということです。これはキツイですね。

そこで元金を減らすためにやって欲しいのが追加返済です。
毎月の返済にプラスして、追加返済をすれば元金を減らすことができます。

プロミスでは元金に対して利息が発生するので、元金を減らせば減らすほど、利息は減り、トータルでの返済額も少なく済むのです!

そのため管理人としては、もしお金に余裕があるなら、
返済期間を短くし、最低返済額以上の金額を返すことをオススメします。

ちなみに追加返済をするには、プロミスコールに「追加で返済をしたい」という旨を伝え、
専用の口座情報を聞き、その口座に振込むだけです。

余裕があるときには積極的に追加返済!
これが返済の負担を少なくできる方法だと覚えておいてくださいね。

プロミスの金利は低いが、他の会社と大きな差があるわけではないです

このページではプロミスの金利について解説しました。
ポイントをまとめると

  • プロミスの金利は他の会社よりも若干低い
  • 新規契約のときには金利17.8%でお金を借りることになる
  • 実は金利よりも返済期間の方が大事
  • プロミスの最低返済額は13,000円からOK
  • 毎月の返済額を増やしたり、追加返済をすることで、返済総額を減らすようにすべし

以上が知っておいて欲しいポイントになります。

プロミスは他の会社と比べると、金利には大きな差はないのですが、それでも返済する金額は若干少なくて済みます。あとはどれくらいの期間で返済をしていくか次第。

毎月の返済額が多くなると生活は少し大変になるかもしれませんが、数千円程度であれば、ちょっと節約をすれば充分作れるお金だと思います。借金をパパッと返してしまうためにも、できるだけ返済期間を短くできるようにしてくださいね。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について