1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. 総量規制がプロミスに与えた影響

総量規制がプロミスに与えた影響

2010年6月より施行された総量規制。
プロミスは消費者金融なので総量規制の対象となります。

では総量規制によって、どのような影響を受けることになるのか?
このページでは総量規制がプロミスに与える影響について解説します。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

総量規制がプロミスに与えた3つの影響

2010年6月から施行された総量規制。

主に消費者金融が対象となっているルールで、
当然プロミスも対象となっています。

総量規制というのは簡単に説明すると、
「借金まみれにならないように、借りられる金額に制限を設ける」というルール。

このルールができる前は、好きなだけお金を借りることができていましたが、
総量規制の施行以降は年収の1/3までしかお金を借りられなくなりました。
(詳しくはこちらをご確認ください)

では、総量規制がプロミスにどのような影響を与えたのか?
具体的には以下の3つの影響がありました。

  1. 借りられる金額が年収の1/3までとなった
  2. 安定した収入のない人が利用できなくなった
  3. 借入額に応じて、収入証明書の提出が必要になった

それぞれの影響について簡単に説明していきます。

1.借りられる金額が年収の1/3までとなった

まずは総量規制で最も知られているルールです。

規制によってプロミスから借りられる金額は
最大でも年収の1/3までとなってしまいました。

つまり、年収が300万円の人は最大でも100万円。
年収が100万円の人は33万円までしかお金を借りられません。

お金を借りたい人にとっては、なんとも不都合なルールです。

また銀行は総量規制の対象外であり、借入額に制限がないので、
プロミス的にもかなりの大打撃を被ったはずです。

実際に総量規制後に消費者金融の数は一気に減っています。

<図>

それだけ業界としては大打撃となるルールだったのでしょう。

とはいえ、この規制ができたのは「借金のしすぎによって、返済で首が回らなくなる人を減らすため」という目的があったので、一応お金を借りる人のことを考えたルールであることには違いないんですけどね。

2.安定した収入のない人が利用できなくなった

次に、このルールによって、安定した収入がない人は
お金を借りることができなくなりました。

実際にプロミスの借入条件を見てみると、

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した
収入がある場合お申込みいただけます。

となっています。

つまり、仕事をしていない専業主婦やフリーターなどの方は
プロミスを利用することができなくなってしまいました。

ここでちょっと知識がある人は、「でも、配偶者に収入があればお金を借りられるのでは?」と配偶者貸付によってお金を借りられるかも?と思うかもしれません。

しかし、プロミスでは配偶者貸付を認めていません。

というのも配偶者貸付は配偶者の給与の確認、書類の確認など、非常に手間がかかるにも関わらず、利用者は数万円程度しかお金を借りない傾向が強く、企業としては手間のわりにはほとんどないそうです。

そのためかプロミスは配偶者貸付を認めておらず、
申し込んだとしても、ほぼ100%審査に落ちてしまうのです。

総量規制はこうした配偶者貸付にも影響を与えたのです。

3.借入額に応じて、収入証明書の提出が必要になった

最後に、借入額に制限がかかったことで、
借入額が大きな人については、収入確認できる書類の提出が必要となりました。

具体的には以下の2つの条件に当てはまる人は
収入証明書の提出が求められます。

・プロミスからの借入希望額が50万円以上の場合
・プロミスへの借入希望額が他社から既に借りている金額とあわせて100万円以上となる場合

50万円以上お金を借りたい場合には、安定した収入があるかを
確認させろってことですね。

もちろん、どちらの条件でも年収の1/3以上の借入はできませんので、
そこに引っかかってしまったら審査に落ちることになります。

以上のように総量規制によってプロミスをはじめとした消費者金融を
利用するのが、かなり不便になってしまったと言えますね。

プロミスのおまとめローン(借り換えローン)も総量規制の対象なの?

では、総量規制は消費者金融の全てのサービス(商品)に影響を与えるか?
というと、そういうわけでもありません。

実は、総量規制にも例外というのがあります。
具体的には、

  • 緊急の医療費の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付け
  • 顧客に一方的有利となる借換え

などは総量規制の対象外・・・つまり、年収の1/3を越えた金額を借りることができます。

さらに言うならば、プロミスがサービス提供している
「おまとめローン(借り換えローン)」は例外として認められます。

おまとめローンは「顧客に一方的有利となる借換え」に当てはまるため、
総量規制の対象とならないのです。

ですので、もし複数社からお金を借りていて、
返済に首が回らないようになっている場合は、
プロミスのおまとめローンを検討するのも悪くはありません。

ただ、管理人的にはプロミスよりも東京スター銀行のおまとめローンの方が
サービス内容が良いので、そちらを優先的に選ぶことをオススメしますけどね。

まとめ(総量規制は決して悪いものではない!)

このページでは総量規制がプロミスに与えた影響について書きました。

プロミスの利用を考えている人にとっては、
「総量規制=悪」のように見えたかもしれません。

が、実際には必ずしもそうとは言いきれません。

確かに総量規制が施行されたことで、プロミスから借りられるお金には
制限ができてしまいました。

ただ、このルールによって自分が返せない以上のお金を借りることはなくなり、借金で首が回らなくなることはなくなりました。

実際に自己破産をする人も減っています。

<図>

総量規制にはお金を借りたい人にとっても
本質的にはメリットがあるルールと言えるのです。

プロミスをはじめ、金融会社を利用するときには、
きちんと返せるお金の範囲内で貸し借りをするようにするべきですよ。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について