1. トップページ
  2. SMBCコンシューマーファイナンス プロミス
  3. プロミスの解約(退会)は電話がおすすめ!借入枠を残すとローン審査に影響も

プロミスの解約(退会)は電話がおすすめ!借入枠を残すとローン審査に影響も

プロミスで借りたお金を返済し終わったら、解約(退会)しておくことをおすすめします。
プロミスの契約は住宅ローンや自動車ローンの審査に影響する可能性があるためです。
借入枠があるだけで、「お金をまた借りる予定があるのでは?」と思われやすくなります。

解約は電話と店頭窓口でできます。電話がスピーディにできるのでおすすめです。
ここでは解約のしかたと、解約の際に確認しておきたいポイントを解説します。

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

解約の方法は「電話」と「店頭窓口」、電話がおすすめ

プロミスの解約方法は2つ 「電話」と「店頭窓口」です。

電話が手続きが簡単なのでおすすめです。
また解約には手数料や解約金などの費用はかからず、ゼロ円でできます。

電話での解約の流れ

まずは電話での解約の流れです。
電話の営業時間は平日の9:00〜18:00です。時間が限られているので気を付けましょう。

<フローチャート図>
<電話(音声案内)>→<オペレーターによる本人確認>→<解約手続き>→<解約完了>

プロミスのフリーダイヤルに電話して、音声案内に従い、解約の番号を押します。
オペレーターにつながり、氏名や生年月日・登録の携帯番号などから本人確認が行なわれます。
確認が取れたら解約手続きが行なわれます。

オペレーターの方から、「次回のご利用のために契約を残しておきませんか?」というような案内が入ることがあります。ですが、そのまま解約したいということを伝えると、それほど強く押されずに解約できます。

管理人もあっさり解約できましたが、他の方もすぐ解約できたという方が多いです。

お金を借りる方には色々な方がいます。「せっかく返したのにまた借りるわけないわ!」と怒る方がいる可能性もあります。そのため、あまり強くおすすめしないのかもしれないですね(笑)

店頭窓口での解約の流れ。事前に持ち物をチェック!

次に店頭窓口の解約の流れもご紹介します。
店頭窓口の営業時間は平日10:00~18:00です。

一部土曜も営業している店舗もあります。
窓口は全国18カ所と少なめです。最寄りの店舗を確認してくださいね。
プロミスの店頭窓口(有人店舗)はスタッフに直接相談できるのがメリット!

<フローチャート図>
<必要なものを準備>→<店頭窓口に行く>→<解約手続き>→<解約完了>

店頭窓口も基本は同じ流れです。
店頭窓口に行き、「解約したい」と伝えると、スタッフの方が対応してくれます。
あとはスタッフの方が進めてくれるので、それに従えば完了です。

店頭窓口に行く場合は必要なもの準備していく必要があります。
必要なものは下の4つです。

  • 本人確認書類(免許証・保険証・パスポートなど)
  • 印鑑
  • プロミスのカード
  • 契約書(Web契約をしていてネット上で確認できる場合は不要)

このように準備するものが多いので、基本は電話解約がおすすめです。
スタッフの方に相談したいことがある方は店頭が良いと思います。

解約時に押さえておきたい4つのポイント

解約手続きはそれほど時間はかかりませんが、押さえておきたいポイントが4つあります。

  • カードの破棄
  • 解約証明書の発行
  • 契約書を返してもらうか、破棄してもらうか
  • 完済のときに多く返済した場合、お釣りを受け取る必要

それぞれ詳しく説明します。

カードの破棄

解約したらプロミスのカードも無効になります。
ハサミを入れて処分して大丈夫です。

心配な方は、ハサミを入れたあとにプロミスに返却すると良いです。
店頭ならそのまま渡せますし、電話の場合は郵送で返却します。

管理人は電話で解約したあとハサミを入れ、見えないようにしてプラスチックゴミで出しました。

解約証明書の発行

プロミスが解約をしたという証明が必要な方は、「解約証明書」という書類を郵送してもらうことができます。

住宅ローンや自動車ローンの審査の際にプロミスの借入枠を持っていると、審査が通らないことがあります。解約証明書を提出することで、今は借入枠を持っていないことの証明ができます。これでローン審査が通りやすくなる可能性があります。

解約証明書が必要な方は、電話や店頭窓口で「解約証明書を発行してほしい」と伝えると発行してもらえます。発行手数料などはかからず、無料で発行してもらえます。

気になる方は、念のためもらっておくと良いと思います。電話で解約の場合、郵送か窓口での受け取りになります。どちらを希望するかをオペレーターに伝えましょう。

契約書を返してもらうか、破棄してもらうか

解約の際、プロミスから契約書を返却してもらうことができます。

心配な方はこちらも返却してもらうと良いですが、特に気にしないという方はプロミス側で破棄してもらうこともできます。契約書を返却してもらう場合は、解約証明書と同じで、郵送か窓口受け取りかを選択します。

完済のときに多く返済した場合、お釣りを受け取る必要

プロミスの返済はATMを利用すると千円単位、もしくは万単位です。
毎月5千円などで返済していきますが、最後の返済だけは端数が出ます。

例として、最後の返済が5,342円だったとします。
これをATMで6,000円支払って完済したとします。
すると658円、余分に支払っていることになります。

借入れをもう一度する場合、この余りのお金は次回借入れの返済に充てられます。
解約する場合は返してもらうことができます。

返金は電話での解約の場合は銀行振込みか店頭での直接受け取りです。
店頭での解約の場合はその場で直接受け取れます。

銀行口座に振込みしてもらう場合、手数料はプロミスで負担してくれるので、返金が少なくなることはありません。

ちょっと面倒だと感じる方でまだ完済していない方は、最後の返済をぴったり支払うことをおすすめします。
振込み・窓口・口座引き落とし・ローソンやミニストップにある「ロッピー」、ファミリーマートの「Famiポート」で端数の金額の返済ができます。こちらでも解説しています。

使わないなら解約しておこう!

借りたかったお金を借りることができ、返済も終わったら、解約しておくのがおすすめです。
上でも少し触れましたが、解約しないと住宅ローンや自動車ローンの審査に影響する場合があるためです。

プロミスの借入枠を持っているだけで、借入れがなくても「また借りる予定があるのでは?」と考えられやすくなります。

そのため今後ローンを組もうと考えている方は、キッチリ解約して、解約証明書も念のためもらっておくことをおすすめします!

管理人も結婚を前にして改心して、借りていたお金を全額返済することができました。ローンも今後組むこともあるだろうなと思い、返済が終わったらすぐ解約しましたね。

安易に借りることも防げる

契約を残しておくと、「また必要になった時に、すぐに借入れができて安心」という考え方もできます。ですが、これはおすすめしません。

解約すると借りにくくなります。そのため、ちょっと借りたいと思った時に、自分にブレーキをかけることができます。契約を残すと、また借りて返済生活に逆戻りしてしまいやすいです。

タバコを吸っている方は似た経験がある方もいるかもしれません。

「禁煙しよう!」と思っても、タバコが手元に残っていたり、隣で吸っている方がいると「ちょっとだけなら・・」とつい吸ってしまいます。ですがタバコも捨て、タバコを吸う人には近づかないようにすると、禁煙することができます。

管理人はプロミスを解約して、プロミスを利用していた頃の飲み友達も、ちょうど結婚のタイミングであまり会わなくなりました。たしかに解約直後は借りたい気持ちもあったのですが、ブレーキがきいて借りていません。ちなみにタバコはやめられていませんが(汗)

解約しないと契約・借入枠は残ったまま

プロミスの会員規約をチェックすると、第4条で契約期間について書かれています。
http://cyber.promise.co.jp/APE00042.html

“第4条 (契約期間:借入期間)
本規約にもとづく契約期間は、契約が成立した日から起算して5年間とし、お客様は、契約期間中、利用限度額の範囲内で繰返し借入ができます。
契約期間の満了日から起算して30日さかのぼった日より前に、お客様または当社から契約を継続しない旨の意思表示がない場合、契約は、さらに5年間自動継続し、以後も同様とします。”

まとめると、「契約した日から5年が契約期間。契約満了日の30日前までに申し出なければ、契約は自動更新」ということです。

つまり、返済してそれで終わりと思っても、枠がずっと残った状態になります。
更新されても途中解約で解約金は発生しないので、解約しておきましょう。

解約したあと、再契約はできる?

解約したあとにどうしても必要になったら、再契約することができます。
再契約の際にはもう一度最初から申込み・契約になります。

そのため審査や在籍確認などがあります。

再契約の審査が厳しくなるかは、前回のプロミスの利用や他社の消費者金融サービスの利用履歴で変わります。滞納など、何らかのトラブルを起こしていた場合は再契約の審査が通りにくくなる可能性があります。

管理人は返済し終わったら一旦解約するのがおすすめです。
ですが、引き続き借りる予定がある方は、審査などの手間を省くためにも、そのまま契約を残しておくと良いと思います。

再契約するとポイントもリセット

また、再契約するとポイントもリセットされます。

プロミスはポイントサービスというサービスがあります。
無料で利用でき、ポイントを貯めてよりお得にプロミスが使えるサービスです。

このポイントも解約の時点でゼロになるので、再契約時はまた最初からです。

30日間無利息サービスも再契約時は適用されない

プロミスは「初めて利用する方」を対象に30日間無利息サービスというサービスがあります。
申込み時にメールアドレスとWeb明細を利用すると適用されるサービスです。
適用になった方もいるのではないでしょうか。

ですが、これはあくまで「プロミスを初めて利用する方」が対象のサービスです。
そのため再契約時は適用されません。

返済し終わったら解約までしっかりと!電話がおすすめ

プロミスは返済が終わっても契約・借入枠は残ったままになっています。
住宅・自動車ローンの審査に影響する可能性やつい借りてしまうことを避けるために、解約をおすすめします。

解約は電話がおすすめです。
カードは破棄、契約書や解約証明書は必要かを考えておくと良いです。

また、完済時に上回る形で返済をしている方は、超過分を返金してもらってくださいね。

どうしても必要になったら再契約は可能です。
完済したら解約まで手続きして、スッキリ終わらせましょう!

>>プロミスの詳細についてはこちら!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミスの公式サイト

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について