1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

ネット銀行である楽天銀行が提供しているカードローン。金利1.9%~14.5%、限度額800万円までとなかなかの高スペックを誇っています。魅力は300万円までは収入証明書が原則不要であること。手続きがかなり楽になるのはメリットと言えます。また、楽天銀行の口座を持っていれば、お金が口座にリアルタイムで反映されます。楽天銀行の口座を持っている人にはかなり使いやすいですね。パート・アルバイト・専業主婦への融資実績もあるので、低所得者でも利用できるカードローンです!

実質年率 限度額 申込資格 審査時間 即日融資
1.9%~14.5% 最大800万円 満20歳~60歳以下 通常当日~2営業日
パート・アルバイト 専業主婦 仮審査 返済方式 総量規制
申込可 なし 残高スライドリボルビング返済方式 対象外

楽天銀行スーパーローンの公式サイト

専業主婦にオススメ!300万円までは収入証明書の提出が不要

楽天銀行は国内最大の550万口座が開設されているネット銀行です。

2000年に設立されたイーバンク銀行が、2010年楽天に買収され、今の銀行名に変わりました。

楽天銀行スーパーローンの特徴としては、金利1.9~14.5%。利用限度額も最大800万円と、銀行カードローンのなかでも、かなりハイスペックなサービスです。

借入希望額300万円までは収入証明書の提出がいらないため、免許証やパスポートだけ提出すれば、お金を借りることができます。

また、楽天銀行の口座を持っていると、審査に通りやすくなり、24時間いつでも即時振込をしてくれるのも便利なポイントといえます。

特にオススメしたいのが専業主婦の方です。

楽天銀行スーパーローンは、専業主婦でもお金を借りることができる、数少ない銀行カードローンの1つです。限度額50万円までお金を借りることができます。さらに、旦那さんの収入証明書・確認の必要がないので、家族バレする心配もありません。

ですので、楽天銀行の口座を持っている場合や、専業主婦でお金を借りたいと考えている場合には、オススメできる会社です。

このページでは楽天銀行スーパーローンについて解説をします。

楽天銀行スーパーローンのメリット・デメリット

まずは楽天銀行スーパーローンのメリット・デメリットについてまとめました。
具体的には次の通りです。

メリット

  • 総量規制の対象外
  • 銀行カードローンのなかでもトップクラスの低金利
  • 300万円まで収入証明書の提出が不要
  • おまとめローンとしても使うことができる
  • カードローンの利用で楽天ポイントも貯まる
  • 口座開設を同時に申込むと30日間の無利息期間が使える

デメリット

  • 今日中にお金を借りるのは難しい(契約には即日~2営業日)
  • 申込みはインターネットだけ
  • 有人店舗・無人契約機がない
  • 消費者金融と比べると審査は厳しい
  • 返済方法は口座引き落としのみ

銀行カードローンのなかでは優れたサービス内容の会社です。

ですか、インターネット中心に手続きをしなければいけないのと、お金の借入・返済をする方法が少ないため、使いづらい会社ともいえます。

ネット銀行のカードローンということもあり、インターネットを使い慣れている方に向いている会社なのです。

審査・契約は即日~2営業日。今日中にお金を借りられない可能性が高い

楽天銀行スーパーローンは、今日中にお金を借りることができるのか?

結論を言うと、今日中にお金を借りるのは難しいです。

今日中にお金を借りたい場合には、プロミスやモビットがオススメです。即日融資をしてもらえる消費者金融に申込むようにしてください。

楽天カードローンの審査~契約までの「最短即日~2営業日」となっています。

経験上、こうして遅い審査時間(楽天銀行なら2営業日)が書かれている場合は、即日融資をしてもらえない可能性が高いです。

また、楽天銀行スーパーローンの申込み・契約方法は、インターネットだけです。

今日中にお金を借りたい場合は、指定の銀行口座に振込をしてもらうことになります。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも即時で振込をしてもらえます。しかし、楽天銀行以外の銀行口座に振り込んでもらう場合、15:00を過ぎてしまうと、口座への入金反映は翌営業日になってしまいます。

土日の申込みだと、銀行口座に反映されるのは、翌週の月曜日になります。

消費者金融のプロミスやモビットや、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行カードローンであれば、自動契約機があります。

自動契約機は夜遅くまで営業しており、その場で契約・ローンカードの発行ができます。そのため、今日中にお金を借りることができます。しかし、楽天銀行スーパーローンには自動契約機がないため、今日中にお金を借りるのはかなり難しいです。

今日中にお金を借りたいのであれば「午前中に申込みを済ませる」「14:00までに審査・契約を終わらせ、お金を振り込んでもらう」という2つの条件をクリアしなければいけません。

この条件を考えると、今日中にお金を借りたい場合は、審査・融資までのスピードが早く、自動契約機があるプロミスや、モビットを使うほうが良いですよ。

家族や同僚にバレずにお金を借りるのは難しい・・・

楽天銀行スーパーローンを使う場合、家族や同僚にバレる可能性があります。

というのも、楽天銀行スーパーローンでは契約をすると、自宅に書類が郵送されます。

郵送されてくる書類は「ローンカード」「口座振替依頼書」「契約書」の3つです。

1人暮らしであれば、自宅に郵送物が届けられても、家族にバレることはありません。しかし、家族と一緒に暮らしている場合は、書類を見られて、バレてしまう可能性があります。

郵送物が届けられるときには「楽天銀行」の封筒に入れられて送られてくるので、外から見ただけではカードローンを利用することはわかりません。しかし、なかには郵送物を勝手に開けてしまう家族もいるので、家族バレのリスクはあります。

また、楽天銀行スーパーローンの審査には「在籍確認」があります。

「在籍確認」とは、あなたが勤務先できちんと働いているかを確認する審査です。

楽天銀行から勤務先に直接電話がかけられ、働いているかの確認がされます。この「在籍確認」によって、同僚にカードローンの利用がバレる可能性があります。

もちろん、電話をかけるオペレーターは「楽天銀行」と名乗って電話をしてくれます。

そのため、お金を借りることはほぼバレません。しかし、最近は個人宛に会社に電話がかかってくることは少ないので、勘の良い人なら、あなたがお金を借りることを察するかもしれないのです。

実は、キャッシング会社のなかには「在籍確認」を書類で対応してくれる会社があります。たとえば、プロミスやモビットなどです。

プロミスやモビットでは「社員証」や「直近の給与明細」などの書類で在籍確認をしてくれるのです。

しかし、楽天銀行スーパーローンでは書類での在籍確認をしてくれません。必ず会社に電話がかかってきてしまうのです。

もし、会社の同僚に100%バレたくないのであれば、プロミスかモビットの「WEB完結」を使うことをオススメします。

楽天会員の場合、借りる金額に応じてポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンでは、申込み&利用に応じて、楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天スーパーポイントは、楽天市場において1ポイント=1円として使うことができたり、ANAマイルに1ポイント=0.5マイルで交換できたりと、とても便利なポイントサービスです。

具体的には、楽天銀行スーパーローンと同時に新規入会をすると1,000ポイントもらえます。しかも今なら、銀行口座を同時に開設すると1,500ポイントになります。

さらに、楽天銀行スーパーローンでは、入会月の翌月末時点での利用残高に応じて、ポイントをもらうことができます。

具体的には次の表の通りです。

ご入会月の翌月末時点のご利用残高進呈内容
20万円以上30万円未満500 ポイント
30万円以上50万円未満1,000 ポイント
50万円以上80万円未満2,000 ポイント
80万円以上100万円未満3,000 ポイント
100万円以上200万円未満10,000 ポイント
200万円以上300万円未満12,000 ポイント
300万円以上400万円未満15,000 ポイント
400万円以上800万円以下30,000 ポイント

つまり、最大3,1500円相当のポイントがもらえるということです。

・・・とはいえ、30,000ポイントをもらうためには、400万円以上のお金を借りないといけません。400万円借りて、30,000円分のポイントがキャッシュバックでは、お得とは言いづらいですね。

しかも、「ポイントの有効期限は、付与日の月末から15日間までの期間限定のポイント」と、小さく書かれていました・・・短期間で使い切らないといけないので、正直微妙なサービスと考えた方が良いですね。

申込み方法はネットのみ!電話・店舗での申込みはできない

ここで、楽天銀行スーパーローンを使うための申込みの流れを解説します。

申込みの流れは次の通りです。

楽天スーパーローンの申込みの流れ

最大のポイントは、申込みがインターネットからしかできないということです。

他のキャッシング会社では、電話・有人店舗・自動契約機などで申し込むことができるので、ネットからしか申し込めないのは不便と言えます。パソコンやスマホの操作が苦手な場合には、あまりオススメすることができません。

また、楽天銀行の口座を持っていない場合は、口座振替依頼書を返送しなければいけません。

最近は、ほとんどのキャッシング会社で、書類の返送はありません。それを考えると、楽天銀行スーパーローンは、少々手間のかかる会社といえます。

必要書類は本人確認資料だけ。300万円まで収入証明書は不要

楽天銀行スーパーローンの審査・契約をするときに提出するのは「本人確認資料」だけです。

本人確認資料とは「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などです。これらの書類のコピーを1つ提出すれば、契約をすることができます。

しかも、楽天銀行スーパーローンなら、基本的に借入希望額が300万までは「収入証明書」の提出をする必要はありません。

収入証明書というのは「給与明細」「源泉徴収票」などのことです。

消費者金融では「50万円以上の借入」もしくは「他社とあわせて100万円を超える借入」で収入証明書の提出が必要となります。

ですので、50万円以上~300万円以下のお金を借りたい場合、楽天銀行スーパーローンは書類を用意する手間が省けるというのはメリットといえます。

専業主婦でも借りることができる!限度額は最大50万円

楽天銀行スーパーローンは専業主婦にイチオシのキャッシング会社です。

専業主婦でお金を借りたいなら、楽天銀行スーパーローンを選んでください。

そもそも、キャッシング会社のなかでも専業主婦にお金を貸してくれるところは多くありません。プロミス、アコム、モビットなどの大手消費者金融や、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローン レイクなどでは、専業主婦にお金を貸してくれないのです。

そのような会社が多いなかで、楽天銀行スーパーローンは限度額50万円までお金を借りることができます。

しかも、本人・旦那さんの収入証明書の提出はいりません。「免許証」や「パスポート」のコピーなど、本人確認資料だけで、契約をすることができます。

また、旦那さんの会社への「在籍確認」もないので、旦那さんにバレることなく、お金を借りることができます。

ここで、他のキャッシング会社とサービス内容を比べてみたので見てください。

カードローン名 金利 限度額 配偶者の
収入証明書
口座開設 配偶者への
連絡
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 50万円 不要 不要 なし
じぶん銀行カードローン 2.4~17.5% 30万円 不要 不要 なし
東京三菱UFJ銀行
カードローン
1.8~14.6 30万円 不要 不要 なし
みずほ銀行カードローン
わたし応援ローンMyWing
9.0~14.0% 30万円 不要 必要(開設に
2週間~1ヶ月)
なし
イオン銀行
カードローンBIG
3.8~13.8% 50万円 不要 必要(開設に
1ヶ月)
なし
ジャパンネット銀行
カードローン
2.5~18.0% 200万円 不要 必要(開設に
1~2週間)
あり

楽天銀行スーパーローンは、申込みをするときに口座開設をする必要もありません。

お金を借りたいと悩んでいる専業主婦の方は、楽天銀行スーパーローンを選ぶことをオススメします。

借入方法は「ネットキャッシング」「電話」「提携ATM」

楽天銀行スーパーローンで、お金を借りる方法は「ネットキャッシング」「電話」「提携ATM」の3通りです。

楽天銀行口座があると、24時間すぐに振込んでもらえる

「ネットキャッシング」は、パソコンかスマホを使って、あなたが指定する口座にお金を振り込んでもらう方法です。「電話」は専用ダイヤルに電話をかけて、同じく指定の口座にお金を振り込んでもらいます。

ここでポイントとなるのが、楽天銀行の口座を持っているか?ということです。

楽天銀行の口座があり、そこにお金を振り込んでもらうと、365日24時間いつでも即時入金が反映されます。

逆に、楽天銀行の口座以外にお金を振り込んでもらう場合、振込依頼が15:00を超えてしまうと、入金の反映は翌営業日になってしまいます。

具体的にまとめたのが次の表となります。

登録口座 振込サービス受付期間 振込時間
楽天銀行 24時間365日 即時
その他金融機関 平日 0:10~14:45 当日中
9:00~15:00ごろ
14:45~23:50 翌金融機関営業日中
9:00~15:00ごろ
金融機関休業日 0:10~23:50 翌金融機関営業日中
9:00~15:00ごろ

楽天銀行以外の銀行座に振り込んでもらう場合、金曜日の15:00を過ぎてしまうと、入金は翌月曜日の9:00以降となります。くれぐれも注意をしてください。

とはいえ、他の銀行カードローンのなかには、振込キャッシングの場合、自社の銀行口座でなければ、対応をしてくれないというところがあります。

たとえば、みずほ銀行カードローンや、三菱東京UFJ銀行カードローンなどがそうです。

このように自社の銀行口座にしかお金を振り込んでくれない会社と比べると、楽天銀行スーパーローンは、他の銀行口座でもお金を振り込んでくれるので、使いやすい会社と言えますね。

コンビニATMで借りるときの手数料が0円!

楽天銀行スーパーローンでは、契約後に送られてくるローンカードを使えば、提携ATMからお金を引き出すことができます。

具体的な提携ATMは次の通りです。

提携ATM みずほ銀行、E-net(ファミリマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、ミニストップなど)、ローソンATM、PatSat、イオン銀行、セブン銀行、三井住友銀行、北都銀行、東京都民銀行、東京スター銀行、栃木銀行、愛知銀行、名古屋銀行、高知銀行、富山銀行、大光銀行

大手メガバンク、コンビニATMでお金を借りることができるので、とても便利です。

実は、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン銀行カードローンなどは、他のメガバンクのATMでの借入をすることができません。コンビニATMしか提携をしていないところばかりです。

その点、楽天銀行スーパーローンは、みずほ銀行や三井住友銀行など、メガバンクのATMでもローンカードを使ってお金を借りることができるのは、大きなメリットといえます。

さらに!コンビニATMでお金を借りる場合、手数料が0円です。

借入・返済ともに手数料がかからないので、気軽にお金を借りることができるのも、かなり大きなメリットですよ。

返済方法は「口座引き落とし」だけ

楽天銀行スーパーローンの返済方法は「口座引き落とし」だけです。

「ネット返済」「提携ATMからの返済」「振込返済」などはできません。毎月自動的にお金が引き落とされてしまいます。

引き落とし先の銀行口座は、楽天銀行だけでなく、楽天銀行以外の口座でも使うことはできます。毎月1、12、20、27日から返済日を選ぶことができます。

「口座引き落とし」は、毎月自動的に返済がされていくので、きっちり返済することができます。しかし、自分がどれだけお金を返すことができているのか?などを忘れてしまいやすく、借金をしている感覚も薄まってしまいます。

楽天銀行スーパーローンを使う場合は、ネット上の会員ページなどから「あと、どれくらい借金があるのか?」などを、随時確認するようにしてください。

毎月いくらずつ返済をしていけば良いのか?

楽天銀行スーパーローンには「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」という2つの返済方式があります。

この2つの返済方式のうち、どちらを選ぶかによって、毎月いくらずつお金を返していけば良いのかが変わります。なお、毎月返さなければいけない返済額を「最低返済額」といいます。

それぞれの返済方式について、簡単に説明をすると、

残高スライドリボルビング返済

最低返済額は少なく、無理なく返済をしていくことができます。借金残高に応じて、最低返済額も変わっていきます。その代わり、返済期間も長くなり、最終的な利息は増えます。新規で申し込む場合は、必ずこの返済方式になります。

元利込定額返済

どれだけ返済をしても、毎月の最低返済額は変わりません。スライドリボルビング方式よりも最低返済額は高いです。しかし、その分だけ借金を減らしていくことができるため、返済期間は短くなり、最終的に支払う利息も減らすことができます。2回目以降の利用で選べる返済方式です。

それぞれの返済方式ごとの最低返済額をまとめたのが、次の表です。

残高スライドリボルビング返済

ご利用残高毎月のローン返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円以内5,000円
30万円超50万円以内10,000円
50万円超100万円以内15,000円
100万円超150万円以内20,000円
150万円超200万円以内30,000円
200万円超250万円以内35,000円
250万円超350万円以内40,000円
350万円超400万円以内45,000円
400万円超500万円以内50,000円
500万円超600万円以内60,000円
600万円超700万円以内80,000円
700万円超800万円以内100,000円

元利込定額返済

ご利用限度額毎月のローン返済額
50万円以内1万円以上
50万円超~100万円以内2万円以上
100万円超~150万円以内2万5千円以上
150万円超~250万円以内3万5千円以上
250万円超~300万円以内4万円以上
300万円超~500万円以内5万円以上

初めて楽天銀行スーパーローンを使う場合は「残高スライドリボルビング方式」になることが決まっています。

この返済方式は、借金が少なくなると、最低返済額も少なくなります。そのため毎月の負担は軽くなるというメリットがあります。

しかし、毎月の返済額が少なくなると、それだけ返済期間が延び、最終的に支払う利息は増えてしまいます。ですので、最低返済額が少なくなったとしても、常に多めにお金を返していくことをオススメします。

また、2回目以降の借入については「元利込定額返済」を選べるようになります。

毎月の最低返済額は1万円以上と、少々高いですが、それでも確実に借金を減らしていくことができます。2回目以降は「元利込定額返済」を選ぶことをオススメします。

ちなみに、毎月の返済だけでなく、お金に余裕があるときには、いつでも返済をすることができます。これを「随時返済」といいます。

随時返済は「口座引き落とし」ではなく、「ネット返済」「提携ATM」「振込返済」などの方法で返済ができます。

随時返済をすることで、返済期間を短くすることができ、支払う利息も少なくすることができます。

ですので「今月お金に余裕がある」という場合には、お近くの銀行・コンビニATMなどから、できる範囲での返済をすることをオススメしますよ。

まとめ

このページでは楽天銀行スーパーローンについて解説をしました。おわかりになりましたでしょうか?

楽天銀行スーパーローンは「低金利」「300万円まで収入証明書が不要」などの特徴があります。特に専業主婦がお金を借りる場合には、イチオシの会社です。

一方で、今日中にお金を借りるのが難しかったり、申込み・返済の方法が限られているなど、使いにくさも目立つキャッシング会社でもあります。

楽天銀行の銀行口座があれば、使いやすいのですが、銀行口座を持っていない場合には、優先的に選ぶべき会社ではありません。

ですので、「楽天銀行スーパーローン=専業主婦がお金を借りるときに選ぶべき会社」と考えるのがベストですよ。

楽天銀行スーパーローンの公式サイト

楽天銀行スーパーローンの詳細情報

実質年率 1.9%~14.5%
借入限度額 最大800万円
審査時間 通常当日~2営業日
お試し審査 ×
即日融資 可能
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) 20.0%
総量規制 対象外
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
申込資格(年齢) 満年齢20歳以上~60歳以下
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦
無人契約機 なし

会社概要

会社名 楽天銀行株式会社
本社所在地 〒140-0002 東京都品川区東品川4-12-3 品川シーサイド楽天タワー
電話番号 0120-776-910
設立 2000年1月14日
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第609号
指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について