1. トップページ
  2. 貸金業者一覧
  3. 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

メガバンクである三井住友銀行が提供しているカードローン。金利4.0~14.5%、限度額は最大で800万円と業界トップクラスのサービス内容を誇っています。インターネットバンクであるSMBCダイレクトに登録がされていれば、ローンカードの発行をせずに利用できるので、こちらも非常に便利です!審査についてはかなり厳しい印象がありますが、通ってさえしまえば、使いやすさは文句なしですから、初めて利用する人にもオススメできるカードローンです。

実質年率 限度額 申込資格 審査時間 即日融資
4.0%~14.5% 最大800万円 満20歳~満69歳以下の方
パート・アルバイト 専業主婦 仮審査 返済方式 遅延利率
申込可 不可 なし 残高スライド方式 年19.94%

三井住友銀行カードローンの公式サイト

三井住友銀行カードローンの特徴

メガバンクである三井住友銀行のカードローンです。
知名度は抜群ですので、安心して使うことができます。

銀行カードローンということもあり、金利4.0~14.5%、限度額は最大800万円と、ハイスペックのサービスが魅力です。

ネットバンキング(SMBCダイレクト)の口座があれば「WEB完結」を使うこともできます。WEB完結はネット上で申込みから契約までを、すべてできます。しかも、自宅に郵送物が届けられないので、家族にバレずにお金を借りることができるのです。

そして、審査スピードは銀行カードローンのなかではかなり早いと言われています。

しかし、銀行カードローンということもあり、審査は厳しいです。
アルバイト、パート、学生では審査に通らないと考えてください。

また、収入のない専業主婦は100%お金を借りられません。他の銀行カードローンでは専業主婦でもお金を貸してくれるところもありますが、三井住友銀行カードローンはダメです。

そのほかにも、ネットバンキングがなければ、振込キャッシングをすることもできません。お金を借りるには、毎回コンビニや銀行ATMで借入の手続きをしなければいけないのです。

銀行カードローンとしては融資までのスピードも早く、管理人としてはイチオシです。しかし、消費者金融と比べると、不便な部分もたくさんある会社です。

このページでは三井住友銀行カードローンについて詳しく解説します。

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

まずは三井住友銀行カードローンのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • メガバンクのカードローンだから信頼性は抜群
  • 低金利&高限度額
  • ネットバンキング(SMBCダイレクト)があればWEB完結を使える

デメリット

  • 審査が厳しい
  • 専業主婦は審査に通らない
  • 書類での在籍確認ができない
  • 三井住友銀行の口座を持っていない場合、ネットバンキングの登録に1~2週間かかる
  • ネットバンキング(SMBCダイレクト)だけしか、振込キャッシングが使えない

三井住友銀行カードローンは、かなりハイスペックなサービスになっています。

しかし、様々なデメリットがあるため、お世辞にも「使いやすい」とは言えません。

そのため「銀行カードローンでなければ不安。でも、急いでお金は借りたい」という場合か、「三井住友銀行の口座(できればネットバンキング)を持っている」場合のみ、オススメできる会社なのです。

三井住友銀行カードローンの審査は厳しい!審査に落ちる可能性が高い

次に三井住友銀行カードローンの審査基準について解説します。

最初に伝えておくと、三井住友銀行カードローンの審査は厳しいです。
ある程度、お金に余裕がなければ審査には通らないと考えてください。

ホームページには貸付条件が次のように書かれています。

  • お申込時満20歳以上満69歳以下の方
  • 原則安定したご収入のある方
  • 三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

これだけを見ると、他の銀行カードローンや消費者金融と大きくは変わりません(他の会社の貸付条件はこちら)。しかし、ここで書かれている条件以上に、三井住友銀行カードローンの審査は厳しいことで有名なのです。

そもそも、銀行カードローンの審査は厳しいです。

銀行カードローンは「低金利・高限度額」でお金を貸すかわりに、返済能力の高い人にしかお金を貸さないようにしています。逆に言えば、返済が遅れることなく、きちんと利息を支払えるからこそ、低金利でお金を貸すことができるともいえます。

ですので、収入が少なかったり、勤続年数が少なかったりすると「収入が安定していない=返済能力がない」と判断されて、審査に落ちてしまうのです。アルバイトやパート、学生はほぼ審査に通過することはありません。

一方で、消費者金融は銀行よりも「高金利・低限度額」です。

また、年収の3分の1までしかお金を貸すことができないという制限(総量規制)も守らなければいけません。そのため消費者金融は多くの金額を貸すことができないのです。

そこで消費者金融は審査を通りやすくすることで、お金を借りる人を増やし、利息を得るビジネスモデルになっています。銀行カードローンは「量より質」、消費者金融は「質より量」というスタンスでお金を貸しているということです。

このように三井住友銀行カードローンは審査が通りにくい会社なのです。

今日中にお金を借りることはできても、審査に通らなければお金を手にすることはできません。

「どうしても今日中にお金を借りたい」という場合には、審査の通りやすい消費者金融を選ぶことをオススメします。

補足~専業主婦ではお金を借りることはできない~

専業主婦がお金を借りられるのは銀行カードローンだけです。
収入のない専業主婦は大手消費者金融からお金を借りることはできません。

しかし、銀行カードローンのなかでも三井住友銀行カードローンと、新生銀行カードローン レイクだけは、専業主婦への貸付を行っていません。

ですので、専業主婦がお金を借りる場合には、この2社以外の会社に申し込むようにしてください。
※参考:主婦でもお金を借りられる会社を紹介。専業主婦なら銀行カードローンを

WEB完結を使えば、家族にバレずにお金を借りられる

家族・親バレが心配なときでも、三井住友銀行カードローンは便利です。

三井住友銀行カードローンには「WEB完結」があります。

「WEB完結」とは、申込みから契約までの手続きを、ネット上で全てできるサービスのことです。店頭窓口やローン契約機に行くことなく、自宅にいながらお金を借りることができます。

さらに「WEB完結」は、自宅にローンカードや契約書など、郵送物が届けられません。
(普通のネット契約の場合は、後日ローンカード・契約書が郵送されます)

ですので、家族と一緒に暮らしている場合は、家族バレせずにお金を借りることができるので、とても便利なのです。

しかし、この「WEB完結」を使うためには条件があります。

その条件というのが「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を持っていること」が条件となっています。既にインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を持っている場合は、すぐにでもWEB完結を使うことができます。

また、三井住友銀行の口座を持っていれば、10~15分でインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を使えるようにできます。ですので、WEB完結を使いたい場合には、今すぐにインターネットバンキング(SMBCダイレクト)に申し込むようにしてください。

ただし、三井住友銀行の口座を持っていない場合、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)を使うために、銀行口座を開設しなければいけません。

口座開設には1週間~10日ほど時間がかかってしまいます。ですので、すぐにでもお金が必要な場合には、不向きです。

「家族にはバレたくない。でも、すぐにでもお金を借りたい」というのであれば、ネットから申込みをして、ローン契約機を使うようにしてください。

もしくは、消費者金融のプロミスであれば、返済方法を口座振替にするだけで、誰でもWEB完結が使えます。急ぎの場合は、プロミスを使うことをオススメします。

借入方法はネットバンキングからかATMのみ。振込キャッシングはできない

三井住友銀行カードローンの借入方法は「ネットバンキングからの振込」「提携ATMからの引き出し」の2通りです。

まず、「ネットバンキングからの振込」をする場合、お金を振り込んでもらえるのは三井住友銀行の銀行口座だけです。

他の銀行カードローンや消費者金融では、自分が希望する銀行口座であれば、どこでもお金を振り込んでもらえることを考えると、とても不便です。

次に「提携ATMからの引き出し」について。
これはローンカードを使ってお金を引き出すことができます。

使えるATMとしては「三井住友銀行」「コンビニ(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM)」「ゆうちょATM」「提携金融機関ATM」となっています。

提携金融機関には「みずほ銀行」「りそな銀行」「イオン銀行」「スルガ銀行」が使えるようになっています。しかし、これらの銀行からお金を引き出すときには、手数料がかかってしまいます。

このように2通りしかお金を引き出す方法がないのは、とても不便です。

しかも、ネットバンキングを持っていない場合は、提携ATMからしか、お金を借りることはできないので、とにかく使いにくい・・・

消費者金融のプロミスなら、ネットからどこの銀行口座にもお金を振り込んでもらえるため、サッとお金を借りたい場合には、とても便利です。また提携銀行もほぼ全てのコンビニ・銀行ATMを使うことができます。

お金を借りるときの使いやすさを考えるのであれば、消費者金融のほうが、はるかに使いやすいと言えますね。

返済方法について

三井住友銀行カードローンの返済方法は「自社・提携ATM」「振込」「口座振替」の3通りです。

それぞれの特徴をまとめると次のようになります。

返済方法 利用可否 手数料 備考
インターネット返済 無料 SMBCダイレクトのみ
口座振替 無料 三井住友銀行の口座を持っている人のみ
自社・提携ATM 無料 E-net・ローソンATM・セブン銀行・@BANKなど
銀行振込 有料 振込手数料などを負担する必要あり
店頭窓口 ×

ネット返済や口座振替を使うためには、SMBCダイレクトや三井住友銀行の口座が必要となります。口座を持っている場合は、口座振替を使うと、毎月自動的に引き落とされるので、楽に返済をすることができ、オススメです。

逆に言えば、口座振替を使うためには三井住友銀行の口座が必要となります。

プロミスやアコムなど、大手消費者金融は、特定の銀行口座なしでも口座振替ができます。それを考えると、三井住友銀行の口座だけしか使えないというのは不便といえます。

毎月の最低返済額が2,000円からと変わりました

では、三井住友銀行カードローンからお金を借りたら、毎月いくらずつ返していけば良いのか?

三井住友銀行カードローンでは「毎月これだけのお金は返してください」という金額が決められています。それを最低返済額と言います。

具体的な最低返済額は次のとおりです。

約定返済時における
当座貸越元金額
約定返済金額
2千円未満の場合 約定返済時における借入残高全額
(ただし、2千円を上限とします。)
2千円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円、
以後、当座貸越元金額が10万円
増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円、
以後、当座貸越元金額が10万円
増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円、
以後、当座貸越元金額が50万円
増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円、
以後、当座貸越元金額が100万円
増すごとに5,000円を追加

三井住友銀行カードローンの最低返済額は2,000円からです。あとは10万円借りるごとに、金額が変わっていきます。

実は、少し前までは三井住友銀行カードローンの最低返済額は10,000円でした。他の銀行カードローンや消費者金融よりも、かなり高い金額を支払わなければいけなかったのです。

ですが、2016年10月に最低返済額が変わりました。他の銀行カードローンや消費者金融と変わらない金額になったため、以前よりもお金を返しやすくなっています。

ちなみに、三井住友銀行カードローンの返済方式は「約定返済金額(残高スライド方式)」です。

これは借金の残額が減っていくと、最低返済額も少なっていく方式です。

たとえば、70万円借りた場合、最初の最低返済額は12,000円です。これが徐々に返済が進んでいき、借金の残額が50万円を切ると、最低返済額が10,000円に変わるのです。毎月の返済の負担が軽減されることになります。

ただし!最低返済額が少なくなるということは、それだけ返済期間も長くなります。つまり、支払う利息も増えるということです。

ですので、最低返済額が少なくなったとしても、お金に余裕があるタイミングで、少しでも多く返済をするようにしてください。そうすれば、トータルで三井住友銀行に支払う利息を減らすことができます。

くれぐれもダラダラと返済をし続けて、無駄に利息を支払わないように気を付けてください。

おわりに

このページでは三井住友銀行カードローンについて解説をしました。
おわかりになりましたでしょうか?

三井住友銀行カードローンは、低金利&高限度額ということだけでなく、審査スピードも速いです。そのため、サービススペックとしては他の銀行カードローン・消費者金融よりも、圧倒的に優れています。

しかし、審査が厳しい銀行カードローンのなかでも、特に審査にとおることが厳しいため、お金を借りられない可能性が、とても高いです。

ですので、三井住友銀行カードローンを使えるのは、高収入の正社員であることが前提だと考えておくべきです。

「どうしてもお金が必要で、審査に落とされるのは困る・・・」というのであれば、審査に通りやすい消費者金融を選ぶことをオススメしますよ。

三井住友銀行カードローンの公式サイト

三井住友銀行カードローンの詳細情報

実質年率 4.0%~14.5%
借入限度額 最大800万円
審査時間
お試し審査 ×
即日融資
担保・保証人 不要
遅延利率(実質年率) 年19.94%
返済方式 残高スライド方式
申込資格(年齢) 満20歳~満69歳以下の方
パート・アルバイト 申し込み可能
専業主婦 不可
無人契約機 あり

会社概要

会社名 株式会社三井住友銀行
本社所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
電話番号 0120-923-923
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金)第54号
指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
株式会社シー・アイ・シー

三井住友銀行カードローンの利用体験談・口コミなど

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について