1. トップページ
  2. 土日祝日にお金を借りる事ができる消費者金融・カードローン

土日祝日にお金を借りる事ができる消費者金融・カードローン

土曜日・日曜日・祝日などでお金が必要になった・・・そのような超急ぎの時でも、その日のうちにお金を貸してくれる(即日融資してくれる)キャッシング会社はあります。

特にどうしても今日中にお金を借りたいのであれば、消費者金融を選んでください

しかし、すべての消費者金融が土日祝でもお金を貸してくれるわけではありません。“会社選び”や“借りる手順”を間違えたらアウトです。その日のうちにお金を借りることはできません。

このページでは土日祝日に即日キャッシングできる業者と、どのような手順で手続きをすれば、今日中にお金が手に入るのかを解説します。

日・祝日に確実に即日融資してほしいなら、プロミス、モビット、アイフルの3社がおすすめ。どうしても銀行カードローが良いなら、新生銀行カードローン レイクです。

これらの会社を選ぶポイントは土日祝も審査をしてくれて、自動契約機も全国に多数設置されているからです。まずはオススメの会社とその理由について解説します。

プロミス←土日祝でも22:00までOK

土日祝日でも夜22:00まで自動契約機が営業。ネットで申込みをし、審査通過後に自動契約機でカードを受け取れば、その場でお金を借りる事ができる。また、プロミスは書類での在籍確認(在籍確認の電話なし!)に対応。会社の人にバレたくない人にも安心。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座があれば土日祝でも365日24時間いつでも1分で振込キャッシングも可能!
はじめての人は30日間無利息と消費者金融の中で、いちばん高スペック。オススメ!

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短即日
アルバイト 収入証明書 自動契約機
不要
(50万円以下)
22:00まで
コンビニATM
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

モビット

モビットで土日祝にお金を借りるなら、WEBから申し込み→自動契約機(21:00まで営業)でカードの受け取りしかありません。

平日であればWEB完結の電話連絡なし、電話連絡なし、来店不要、郵送物なし、キャッシングカードなし(振込融資)が可能バレずにお金を借りたい人にはばっちり。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査
アルバイト 収入証明書 自動契約機
○(※) 21:00まで
コンビニATM
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

※安定した収入がある方

新生銀行カードローン

土日祝日でお金を借りられる銀行カードローンを選ぶなら新生銀行カードローン レイクです。レイクは元消費者金融だったこともあり、土日祝日でも夜21:00まで使える自動契約機があります。(審査も21:00までOK)また他の銀行と違い、無利息期間サービスがあるので、パッと借りて、サッと返したい人にとっては利息を支払わずに済むので便利!金利は他の銀行よりも高いですが「土日祝日に急遽お金が必要!」という人で、銀行カードローンから会社を選びたい人にはオススメですよ!

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短即日
アルバイト 収入証明書 自動契約機
原則不要 21:00まで
コンビニATM
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

土曜日・日曜日・祝日に即日融資してもらう方法は2つ

土日祝日に、当日中にお金を借りる方法は2つあります。

ひとつは、審査完了後に無人契約機に行って、カードを受け取り、その場でキャッシングする方法。時間に間に合えば、確実に今日中にお金を借りることができます。これが王道。

ふたつめは、提携している銀行口座に振込キャッシング(振込融資)してもらう方法。土日祝でも1分くらいで振込されます。ただし、こっちは条件があって、 三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行に口座を持っている人はこれも選択肢になります。

  1. 【確実】審査完了後に無人契約機に行って、カードを受け取り、その場でキャッシングする
  2. 【条件あり】提携している銀行口座に振込キャッシング(振込融資)してもらう

それぞれを、くわしく解説していきます。

1.【確実】無人契約機でカードを受け取り、その場でお金を借りる

自動契約機の外観

消費者金融も銀行カードローンも、平日であれば審査完了後に、自分が指定した銀行口座に1分くらいで振込融資してくれます。

しかし、土日・祝日の場合は銀行が休みなので、入金は翌週の月曜日になってしまいます。(ただし、提携している銀行の場合、24時間365日スグに入金されるところもあります。※後述)

ですから、土日・祝日に即日キャッシングをするときの王道は、審査が終わったら無人契約機に行き、そこで契約を済ませ、カードを受け取り、その場でお金を借りるという方法です。

この方法でお金を借りるとき、ポイントになるのが次の3つです。

  • 土日祝日でも審査をしてくれるか
  • 近くに自動契約機があるか
  • 何時までなら当日中にお金を借りられるか

土日祝日でも審査をしてくれて、自動契約機が全国にある業者を一覧にしました。

会社名 自動契約機
の営業時間
特徴
プロミス 9:00~22:00 書類での在籍確認OK
初めての人は30日間無利息
モビット 9:00~21:00 書類での在籍確認OK
アイフル 8:00~22:00 書類での在籍確認OK
アコム 9:00~22:00 初めての人は30日間無利息
新生銀行
カードロー レイク
通常/8:45~21:00
毎月第3日曜日/8:45~19:00
レイクの契約機でカード発行可能。 無利息期間あり
三井住友銀行
カードローン
9:00~21:00 ネット申込み・ローン契約機での契約で

※自動契約機がどこにあるかについては、公式サイトの中で確認することができます。

まずはネット(スマホ)から申し込みをする

申込み方法は色々ありますが、いちばん手軽で早くて確実なのがネットからの申込みです。

今このページを見ているパソコンかスマホから申し込みをしてください。

携帯(スマホ)からの申込み画面

なぜなら、いきなり自動契約機に行って申し込みをすると、そこで申込書に記入しなければいけないのですが、これが本当にメンドクサイからです。

また、そこから審査結果が出るまで少なくとも30分、たいていの場合は1時間ちかく待つことになります。あの閉鎖された空間で1時間過ごすのはかなりキツイものです。

であれば、ネットから申し込みを済ませ、審査結果が出るまではゆっくりと待ち、結果が出てから自動契約機に向かうほうがよっぽど気分が楽です。

もし万が一、審査に落ちてしまった場合は、自動契約機に行かなくてもよいのも大きなメリットです。

スマホやPCを使ったネット申し込みなら5~10分くらいでかんたんに完了します。いちばん手軽に終わらせるなら断然ネットからの申し込みです。

書類は「本人確認資料」を携帯(スマホ)から提出しよう

申込みを終えると、次は本人証明ができる書類を提出することになります。具体的には次の書類です。

本人確認資料

本人確認書類 運転免許証・健康保険証・パスポート
※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書

これらの書類を郵送で提出すると時間がかかりすぎてしまうので、メールorネット上で書類をアップロードすることをオススメします。

ちなみに、メールやネット上でアップロードするときには、必要書類をスキャンするか、携帯(スマホ)の写真を撮り、そのデータを送ればOKです。

また、スマホから書類を提出するときは、次のようなアプリからも提出できます。

スマホからの資料提出

特に土日祝日にお金を借りたい場合は、いち早く審査を受けるためにも、メールorネット上でのアップロードでの書類提出は必須です。(提出先のメールアドレスやアップロード方法は申込み後に教えてもらえるので安心してください)

尚、どの消費者金融も50万円以下の借入れであれば、収入証明(給与明細や源泉徴収票)の提出は必要ありません。本人確認だけで審査が進んでしまいます。正直びっくりするくらい手軽で簡単です。

審査について

申込み&書類提出が終わると、次は「審査」となります。

審査では申込みで登録した内容と、提出した書類をもとに審査がおこなわれます。

また審査には「在籍確認」があります。

「在籍確認」とは、申込みのときに登録した勤務先で、本当に仕事しているかを確認するための審査です。キャッシング会社から勤務先に直接電話がかかってきます。

ここで気になるのが「土日祝日で会社が休みのときにはどうなるのか?」ということ。

会社が休みだとキャッシング会社から電話があっても誰も出ないので、確認することができません。この時、どうするのかというと、次の2つのパターンに別れます。

  1. 指定された書類を提出することで在籍確認の審査をしてくれる
  2. 後日(勤務先の営業日)に在籍確認の電話をすることを条件に、審査OKとしてくれる

まず、書類で「在籍確認」をしてもらう方法について。

書類で在籍確認をしてくれるのは「プロミス」「モビット」「アイフル」「アコム」の4社だけです。それ以外は行っていません。

書類で在籍確認を希望する場合には、申込み後にかかってくる本人確認の電話で「書類で在籍確認をして欲しい」と伝えてください。在籍確認のために提出が必要な書類は次の通りです。

在籍確認の書類

  • 在籍会社のものと分かる直近1ヶ月・2ヶ月の源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書
  • 在籍会社から配給された全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証
  • 会社の社員証

これらの書類を提出すれば、在籍確認の審査をしてもらうことができます。スムーズに審査を終えるためにも、申込む前に用意しておくことをオススメします。

次に「後日、勤務先の営業日に電話をすることを条件にお金を貸してくれる」という方法についてです。

この方法については、残念ながら100%対応してもらえるとは言えません

というのも「在籍確認」は、あなたの返済能力を調べるためには欠かすことができない審査です。

そのため、「後日審査する」とした結果、嘘の勤務先が登録されており、貸したお金を返済してもらえない可能性が出てくるからです。

何度もお金を借り、きちんと返済することができているなど、信頼性が高い場合には「後日審査」ということも認められるらしいです。しかし、基本的には「後日審査」というのはやってもらえる可能性は低いと考えておいた方が良いでしょう。

ですから、最初から書類で在籍確認をしてくれるプロミス、モビット、アイフル、アコムから選ぶ方が、土日・祝日にお金を借りたい場合はスムーズです。

自動契約機でカードを受け取り、その場でお金を借りる!

無事審査にパスしたら、あとは近くの自動契約機に行くだけです。

アコムの自動契約機

自動契約機はほとんどの消費者金融が21時まで、プロミス、アイフル、アコムは22時まで営業していますので、間に合うように出向いてください。

自動契約機で契約内容を確認し、サインすませるとキャッシング用のカードをその場で受け取れます。このカードを使えば、併設されているATMからお金を引き出すことができます。

この流れで、申し込み当日にお金を借りることができます!

東京、大阪など大都市であれば、消費者金融の自動契約機はどこにでもあります。しかし、地方に住んでいる人は少し注意が必要です。自動契約機が近くになければその日のうちにお金を借りることができないからです。

例えば、アイフルやモビットは他の消費者金融と比べると自動契約機の数が少なめです。近くにあれば問題ないのですが、遠いとそこまで行くのが大変です。

逆に、プロミスは全国各地に自動契約機が設置されているので、土日祝日でもお金を借りやすいというメリットがあります。

今日中にお金が必要なのであれば、自動契約機がどこにあるかについても確認しておきましょう。公式サイトから設置場所が確認できます。

2.【条件あり】提携している銀行口座に振込融資してもらう方法

キャッシング会社によっては「提携金融機関(提携銀行)」がある会社があります。

この提携金融機関の口座を持っていると、土日祝日でも、24時間365日いつでも10秒ほどで、お金を振り込んでもらうことができます。そして、即時に口座に入金が反映されるのです。

例えば、プロミスなら三井住友銀行とジャパンネット銀行があります。

プロミスの提携銀行

プロミスの場合、どちらかの銀行口座を持っていたら、土日祝日でも審査終了後にスグ(1分以内)にお金が振り込まれるのです。(振込キャッシング・振込融資といいます)

具体的に「提携金融機関」があるキャッシング会社をまとめたのが次の表です。

キャッシング会社名 即日融資可能な提携金融機関
プロミス 三井住友銀行・ジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行
ノーローン 楽天銀行
楽天銀行スーパーローン 楽天銀行
ジャパンネット銀行カードローン ジャパンネット銀行

既にこれらの「提携金融機関」の銀行口座を持っている場合は、土日祝日でも自宅に居ながら、スグにお金を振り込んでもらえるので、超便利なのです。

逆に、これらの銀行口座を持っていない場合は、土日祝の振込キャッシングはできません。諦めてください。

素直に、王道の「ネットで申し込み→審査結果を待つ→自動契約機でカードを受け取りその場でお金を借りる」という方法でお金を借りてください。これが確実です。

土日・祝日にお金を借りたいなら、消費者金融を選ぼう

土日・祝日にスムーズにお金を借りたいなら、消費者金融を選んでください。

上でも説明したとおり、土日・祝日にお金を借りるためには「借りる手順」が大切です。この借りる手順ができないと、お金を借りることはできません。

具体的に押さえておくべきポイントは次の3つです。

  • 土日・祝日でも審査、契約をしてくれる
  • (全国各地に)自動契約機がある
  • 書類で在籍確認をしてくれる

この3つの条件を満たしているのが、消費者金融なのです。

また、消費者金融は銀行カードローンよりも審査に通りやすく、かつ融資までのスピードが早いです。

まず、審査の通りやすさについて。

消費者金融のなかには「審査通過率」を公表している会社があります。

「審査通過率」は、初めて申込みをした人が、どれくらい審査に通るかの割合のこと。具体的な審査通過率はアコムが48.2%、プロミスが43.1%、アイフルが46.1%となっています。

一方、銀行カードローンの審査通過率は低いです。唯一、審査通過率を公表している新生銀行カードローン レイクでも33%しかありません。アコムと新生銀行カードローン レイクを比べると15%も審査通過率が違うのです。

そのため、審査に通る(=お金を借りられる)確率は消費者金融のほうが圧倒的に高いのです。

次に融資までのスピードについて。

申し込んだその日のうちに審査をしてくれて、お金を貸してくれるのは消費者金融しかありません。

消費者金融であれば、最短で審査に30分ほど、契約までに1時間ほどの時間があれば、お金を借りるための手続きを終わらせることができます。これは土日・祝日でも同じです。

逆に銀行カードローンは、当日中には審査&契約が終わらない会社がほとんどです。大体3日~2週間ほど時間がかかってしまいます。

また、銀行カードローンは契約のために銀行口座を開設しなければいけないことも多いです。そのため、銀行カードローンはどうしても融資までの時間が読みづらいのです。

そのため、土日・祝日中にお金を借りたいのであれば、消費者金融を選んだほうが確実なのです。

土日・祝日にお金を借りるならプロミスがイチオシ

では、消費者金融のなかでは、どの会社を選ぶべきなのか?

管理人がオススメするのはプロミスです。

具体的に土日・祝日でお金を借りるときの各消費者金融のサービス内容を比べてみました。

会社名土日祝の
営業時間
24時間対応の
銀行口座
書類での
在籍確認
WEB完結無利息期間
プロミス9:00~22:00まで三井住友銀行
ジャパンネット銀行
モビット9:00~21:00まで××
アイフル8:00~22:00まで××
アコム9:00~22:00まで楽天銀行×

このように土日・祝日で使うときにはプロミスが最も使いやすいのです。

プロミスは土日・祝日でも営業している自動契約機があります。また、24時間365日いつでも入金される提携銀行もありますので、どちらの方法でもお金を借りることができます。

また、ネット上で申込みから契約まで、すべての手続きができる「WEB完結」を使うことができたり、30日間の無利息期間があったりと、サービス面においては他の消費者金融よりも頭一つ抜きでた存在なのです。

ちなみに、プロミスとよく比べられるのが「モビット」です。

モビットはプロミスと同じ三井住友銀行グループのキャッシング会社です。

審査スピードには定評があり、プロミス同様、書類での在籍確認やWEB完結を使うことができるので、どちらの会社を選んで良いか悩む人も多いようです。

しかし、モビットとプロミスを比べると、明らかにプロミスの方が上です。

具体的には、

  • 営業時間はプロミスの方が1時間長い
  • モビットには24時間対応してもらえる銀行口座がない
  • モビットの「WEB完結」は使うための条件が厳しい
  • モビットよりもプロミスの方が自動契約機の数が圧倒的に多い(プロミス:1,051店舗、モビット:436店舗)
  • モビットには無利息期間がない

これらの理由から、管理人としてはモビットよりもプロミスをオススメしています。

ちなみに、アコムは審査通過率が高く、24時間すぐに入金してもらえる提携銀行(楽天銀行)もあります。そのため、楽天銀行を持っている場合は、アコムを選んでも良いです。

しかし、アコムは書類での在籍確認を認めてくれないケースもあります。

プロミス・モビット・アイフルに問い合わせた時には「書類で在籍確認ができます」と回答してもらえました。しかし、アコムは「原則は電話での在籍確認となりますが・・・」と言葉を濁したような回答しか得られませんでした。

もし、アコムから書類で在籍確認を認めてもらえず、かつ土日・祝日は会社が休みだとすると、お金を融資してもらえるのは、翌月曜日になることもあります。

このようなことを考えると、アコムよりもプロミスを使ったほうが、土日・祝日よりも確実にお金を借りることができるのです。

銀行なら無利息期間がある新生銀行カードローン レイクがオススメ!

土日祝日でお金を借りられる銀行カードローンは「三菱東京UFJ銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」「新生銀行カードローン レイク」の3社。

土日でも借りられる銀行カードローン

この3社を比べてみると、

会社名金利限度額土日の審査結果無利息期間
三菱東京UFJ銀行
カードローン
4.6%~14.6%最大500万円 土祝:~18:00
日:~17:00
×
新生銀行カード
ローン レイク
4.5%~18.0%最大500万円  ~21:00
三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5%最大800万円~21:00×

となります。それぞれに一長一短があるのですが、管理人のイチオシは・・・新生銀行カードローン レイクですね。

この3社のなかでの新生銀行カードローンレイクの魅力は

  • 土日祝日でも夜遅く(21:00)までやっている自動契約機がある
  • 審査も夜遅くまで対応してくれる
  • 無利息期間があるので、パッと借りて、サッと返したい人にも使いやすい
  • 元消費者金融のサービスだったこともあり、他の銀行よりも審査のハードルが低い

などの理由から新生銀行カードローン レイクをオススメします

ちなみに三井住友銀行カードローンでも悪くはないのですが、この銀行の審査は厳しいので、レイクと比べると若干使いづらいのです。(金利の低さで選ぶなら良いですけどね)

そして、三菱東京UFJ銀行カードローンも悪くはないのですが、土日祝日の営業時間が18:00(日曜日は17:00)までということで、夜遅くに急遽お金が必要になったとしても使えないのが大きなデメリットと言えます。

ですので「どうしても銀行カードローンが良い!」という人は、まずは新生銀行カードローン レイクに申し込むことを最優先に考えることをオススメします!

終わりに:土日・祝日にお金を借りるなら消費者金融を使うべし!

このページでは土曜日・日曜日・祝日にお金を貸してくれる会社と、お金を借りる方法について解説しました。おわかりになりましたでしょうか?

土日・祝日にお金を借りる方法は2つです。

1つ目が「審査完了後に無人契約機に行って、カードを受け取り、その場でキャッシングする」です。

確実にその日のうちにお金を借りるなら、無人契約機でカードを受け取る方法がベストです。

2つ目が「提携している銀行口座に振込キャッシング(振込融資)してもらう」です。

プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀行に口座を持っていれば、土日祝でもネットだけで振込キャッシングができます。これらの銀行口座を持っている場合のみ、検討してください。

どちらのやり方を選ぶにしろ、審査の柔軟さ・スピード、融資までの時間を考えると消費者金融から選ぶことをオススメします。

消費者金融のなかでも、オススメはプロミスです。

理由は、初めての人は30日間無利息、書類での在籍確認に対応、自動契約機が全国に設置されてる、土日も22時まで営業していると、どこからどうみても一番使いやすいからです。

どうしても銀行カードローンじゃないとダメだというのであれば、新生銀行カードローンレイクも良いです。しかし、審査・融資までのスピードと、土日祝であることを考えると消費者金融の方がスムーズに進むのは間違いありません。

土日・祝日にお金を貸してくれる会社は限られています。くれぐれも選ぶ会社、お金を借りる手順を間違えないように気をつけてください。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について