1. トップページ
  2. お金を借りるのに抵抗があります

お金を借りるのに抵抗があります

人からお金を借りることに抵抗があるのは普通です。
まっとうな人なら抵抗があって当然。
むしろお金を借りることに抵抗がない人の方がおかしいですね。

できることならお金を人から借りるのはやめておきたいもの。

お金を借りるのに抵抗はあるけど、どうしてもお金が必要。
やむを得ずどこかから借りなければならない・・・

こんな時はどこから借りるのが良いのでしょうか?

最初にを考えるべき借り先は「身内」です。
父母、兄弟、親戚などから借りれないかを第一に考えましょう。

お金に困ったら、まずは身内に相談をすべし!

身内だからこそお金を貸してと頼むことに恥ずかしさや抵抗が
あるかもしれません。迷惑をかけることにもなりますしね。

迷惑を掛ける、恥ずかしい、抵抗がある・・・
それでも、どうしてもお金が必要なときは
「正直に、ウソや言い訳をせず」身内に相談してみてください。

管理人は自分の経験もあり貸金業者からの融資を受けることに
絶対反対ではありません。

たしかに銀行や消費者金融に申し込めばお金を貸してくれます。特に今までに一度も融資を
受けたことがない人で、安定した収入があればほぼ間違いなく好条件でお金を借りることができます。

でも、第一の選択肢として銀行や消費者金融というのはダメ。
まずは身内。なんとか身内に頼み込んで借りる。これが第一です。

身内であれば利息を請求されることもないでしょうし、返済期間や毎月の返済額の相談にものってくれるんじゃないでしょうか?業者からの借金なんて無い方が良いに決まってます。だから最初は身内に頼み込むんです。

身内からはお金を借りることができない・・・、友人知人もダメだ・・・

こういう場合のみ、銀行や消費者金融から借りるのが一番現実的です。

借りたものはきちんと返す。
このことをちゃんと守ればカードローンや消費者金融はとても便利なサービスです。

お金を借りる、特に銀行や消費者金融からお金を借りる事に抵抗があるのは、利息が高そうとか、
怖い人に取り立てされるのでは?という漠然とした不安からだと思いますが、数年前に比べると
金利もかなり下がり利用しやすくなりました(⇒利息の計算方法はこちら)。

貸金業法(法律)により返済が遅れたときの督促、取立てついてやって良いこと、
ダメなこと(=法律違反)がちゃんと定義されています。

法律違反したら業者には必ずペナルティが与えられます。

家族に借りていることがわからないようなプライバシーへの配慮もありますし、利用明細書は
郵送されない設定にもできます(ネット上で利用明細を確認)。

条件はありますが30日間無利息というサービスもあります。

とても便利で使いやすいからでしょう、意外にも4人に1人以上の人がカードローンを
利用しているというデータもあります
(2013年にジャパンネット銀行が行ったアンケート結果)。

「みんなも利用しているから貸金業者からお金を借りる事は普通だよ!」と言うつもりはありませんが、漠然とした不安、なんか怖いという曖昧なイメージで判断するのでは無く、業者からお金を借りるということについて正しく知ってから利用する価値があるかどうかを判断しても良いんじゃないでしょうか。

あなたに「お金を借りることに抵抗がある」のなら普通の常識ある人です。
無茶な借り方もしないでしょう。冷静に判断してみてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について