1. トップページ
  2. 学生がお金を借りる方法。審査基準についても解説

学生がお金を借りる方法。審査基準についても解説

「次のバイト代が入るまでマジで生活がキツイ」「卒業旅行に行きたいけど、就活で貯金を全部使っちゃった」など学生はお金がなくなることがよくあります。そのような時、学生でも「消費者金融・銀行カードローン」や「学生ローン」からお金を借りることができます。

しかし、いざ借りようと思ったとき「どうやってお金を借りれば良いのか?」「親にばれるのではないか?」など不安になります。

このページでは金欠の学生がお金を借りる方法、親バレを避けるにはどうすれば良いか?について解説します。また学生ローンとキャッシング会社のどちらからお金を借りるべきなのかも説明します。

管理人のイチオシはプロミス。プロミスなら今日中にお金を借りることができますし、親バレの危険もないため、とても使いやすいです。

お金を借りたいなら「消費者金融・銀行カードローン」か「学生ローン」を

「友人と旅行に行きたいけどお金がない」「就活用にスーツを買わないといけないのに金が無い」「パチンコで負けて、家賃や光熱費が払えない」など、学生時代は金欠の悩みがつきません。

こうした金欠のときには親や友達を頼ることができれば良いのですが、そうはいかないときもあります。

このような場合は、キャッシング会社からお金を借りる方法があります。

パッと思いつくのが「消費者金融・銀行カードローン」と「学生ローン」です。
管理人は消費者金融・銀行カードローンをオススメします。

消費者金融・銀行カードローンというと「え?大丈夫なのか?」と不安もあると思いますが、実際はとても安心で安全です。まったく聞いたことがないような金融会社から借りる方がよっぽど危険です。また、消費者金融は学生ローンと比べると圧倒的に便利です。

学生ローンよりも消費者金融・銀行カードローンのほうが審査・融資スピードが早く、使いやすい!

消費者金融・銀行カードローンは自動契約機があり夜遅くまで契約することができます。

そのため今日中にお金が借りたいときもスピーディに対応してくれます。たとえばプロミス・アコムならネットから申込みをして、自動契約機で契約をすれば当日22:00までお金を借りることができます。

また、消費者金融や銀行カードローンはコンビニATMなどで24時間いつでもお金を引き出すことが可能です。それ以外にも郵送物をなしにできるWEB完結や、30日間の無利息期間サービスもあります。

ハッキリ言って「とてもスピーディで、とても使いやすい」のです。

少し前までは、学生に対して消費者金融や銀行カードローンはお金を貸してくれませんでした。しかし、最近では学生にも積極的にお金を貸してくれます。

これに対して、「学生ローン」はサービス的にちょっと劣ります。わざわざ使うメリットがありません。

学生ローンは不便・・・

「学生ローン」とは、その名のとおり大学生・専門学生など学生だけを専門にお金を貸してくれる会社のことをいいます。

消費者金融よりもほんの少しだけ金利が低いというメリットがありますが、便利さでいうとダメダメです。

圧倒的に消費者金融・銀行カードローンのほうが使いやすいです。(金利が安いといっても、10万円借りたときの利息は数十円~数百円レベルの差です。)

学生ローンには使いづらい次の3つの理由があります。

お金の借り方は振込キャッシングのみ、土日も不可

まず、学生ローン会社からお金を借りる方法は「振込キャッシング」しかありません。

そのため消費者金融や銀行カードローンのように、提携銀行・コンビニATMから24時間ローンカードでお金を引き出すことはできません。また24時間入金が反映される銀行がありません。

銀行の営業時間である15:00を過ぎると自分の銀行口座に入金されるのは翌営業日。たとえば、金曜日の16:00に振込依頼をしたら、入金は翌週の月曜日の朝になってしまいます。

土曜日、日曜日に申込んだ場合、入金は最短でも次の月曜日になってしまいます。
すぐにお金を借りたい場合、これはとても不便です。

即日融資を受けるなら15:00までに契約を終えなければいけない

次に、今日中にお金を借りるのも、かなり難しいことです。

先ほど説明したとおり、学生ローンには24時間入金が即時反映される銀行がありません。また、夜遅くまで契約できる「自動契約機」もありません。

そのため今日中にお金を借りたいのであれば、遅くとも14:30までに「申込み・書類提出・審査・契約」の手続きを済ませなければいけないのです。(銀行の営業時間である15:00以降に手続きをすると、お金を手に入れられるのは翌営業日になります)

融資までのスピードが早い消費者金融であれば、ネットから申込み、自動契約機を使えば、22:00までお金を借りることができます。学生ローンは今日中にお金を借りたい場合も使いづらいのです。

来店契約しなければ、契約書が100%送られてくる

最後に契約書の送付について。
学生ローンは、来店契約をしなければ100%契約書が郵送されます

先ほど説明しましたが消費者金融であれば「WEB完結」や「自動契約機での契約」をすれば契約書などの郵送物の送付を防ぐことができますが、学生ローンではそれができません。

特に親と同居の場合は、契約書が見つかり親バレすることも考えられます。ばれたくない場合も、学生ローンを使うのはオススメできません。

さらに学生ローン会社のお店は、ほとんどが東京に集中しています。ネットから申し込むこともできますが、その場合は、契約書が郵送されてしまうのです。

これらの理由から、学生ローンよりも消費者金融や銀行カードローンをおすすめします。名前の知れた大手消費者金融・銀行カードローンの方が安心感があるのも良いですよね。

20歳以上で安定した収入があれば学生でもお金を借りられる

では、消費者金融・銀行カードローンからお金を借りるための条件(審査基準)はどうなっているのでしょうか?

結論は「20歳以上で毎月5万円以上の収入があり、同じバイト先で3ヶ月以上働いていること」です。

ほとんどの場合、お金を借りられる条件を「20歳以上で安定した収入があること」としています。

20歳以上であることが絶対です。19歳以下だと消費者金融・銀行カードローンからお金は借りられません。また、アルバイトなどで収入があることも絶対です。無職だと借りられません。

ここで「安定した収入ってアルバイトでも良いの?」と気になります。

大丈夫です。バイトで収入があれば審査基準をクリアしています。実際に管理人がプロミスに直接電話で聞いてみたところ「アルバイトをしれいればご利用いただけます」という回答をもらいました。

つまり、20歳以上でアルバイトをしている学生なら、基本的には誰でもお金を借りられる、というわけです。

次に「安定した収入」について、もっとくわしく解説します。

「安定した収入」とは毎月5万円以上の収入があり、同じバイト先で3ヶ月以上働いていること

「安定した収入」でポイントとなるのは「月収」と「勤務期間」です。

要するに、毎月いくら稼いでいて、そのバイト先で何ヶ月以上働いているか、ということです。

残念なことに、どのキャッシング会社も「安定した収入」について、具体的な金額や勤務期間の条件を開示していません。しかし、「月に4、5万円の収入があり、同じバイト先で3ヶ月以上勤務している人」は10万円なら借りられる可能性が高いと推測できます。

消費者金融は年収の3分の1までしかお金を借りられないルールがあります。これを「総量規制」と呼びます。総量規制のルールにより、10万円を借りるためには最低でも年収30万円は必要となります。

ただ、年収の3分の1ギリギリまでお金を貸してくれるのかというと、そうではありません。現実的には年収の5分の1くらいまでしか借りることができません。

というのも、アルバイトでお金のない学生に年収の3分の1までお金を貸しても、返済できない可能性が高いからです。

そのため、借りたい金額の5倍の収入は必要だと考えておくべきです。
10万円借りたいのであれば、年収50万円以上(月に4,5万)は欲しいということです。

また消費者金融・銀行カードローンが「安定した勤務期間」と判断するのは3ヶ月以上働いていることです。

3ヶ月未満だと、まだまだ働き始めたばかりで「すぐに辞めてしまう=収入がゼロになる」可能性が高いからです。ころころバイト先を変えて、収入が不安定な友達にはお金を貸そうとは思いませんよね?それと同じことです。

もし月10万円以上お金を稼いでいたとしても、それが日払いのバイトであったり、リゾートバイトのように1、2ヶ月の短期バイトだったりすると、「安定した」とはみなしてもらえず、審査に通りにくくなります。

このように「安定した収入」とは、毎月4~5万円以上お金を稼ぎ、同じバイト先で3ヶ月以上働いていることになります。これを満たしていれば、学生でも消費者金融・銀行カードローンからお金を借りることはできます。

学生は最大でも10~20万円しかお金を借りられない

次に「いくらまでお金を借りられるのか?」についてです。

総量規制のルールにより消費者金融では年収の3分の1までしかお金を借りることができません。学生でも年収500万ほどあれば100万円を借りることはできますが、そんな人はほぼいないでしょう。

また銀行カードローンも年収の3分の1ギリギリまでお金を貸してしまうと、返してもらえない可能性があるため、最大でも年収の5分の1くらいまでしかお金は貸してくれないと考えておくべきです。

特にアルバイトの学生だと、毎月の勤務日数により収入が大きく変動します。そのため月給の正社員のように「毎月20万円の収入がある」といえないため、キャッシング会社はお金を貸すことに慎重になるのです。

このような理由で学生が借りられる金額は10万円~20万円くらいまでと考えておくとよいのです。

学生でも保証人は不要!

ここで「学生だと親が保証人になる必要はないの?」「お金を返せないと連帯保証人が責任を取ることになるの?」と疑問がでてきます。

大丈夫です。消費者金融・銀行カードローンからお金を借りるときに保証人、連帯保証人は不要です。

わざわざ親に承認を得なくてもお金は借りられますし、連帯保証人が返せなかった借金を立て替えることもないので安心してください。

逆にいえば、借金はすべて自己責任ということ。お金を借りるときにはきちんと返せるだけに限るようにすべきですね。

親バレせずにお金を借りる方法

学生がお金を借りるときに、一番心配なのが「親バレ」です。
特に実家暮らしの学生の場合は秘密にしておきたい気持ちが大きくなります。

親バレせずにお金を借りるにはで次の2つに気をつけます。

  • 自宅の電話ではなく携帯電話の番号を入力する
  • 「Web完結」か「自動契約機・店頭窓口」を使い、カードや契約書の郵送を防ぐ

それぞれについて解説します。

自宅の電話番号ではなく携帯電話の番号を入力する

キャッシング会社に申し込みをする時、自分の連絡先として電話番号の入力を求められます。

ここで自宅の電話番号を入力すると、その番号に電話が掛ってしまいます。これは入力した電話番号で本人と連絡が取れるかを確認するためです。

わざわざ親バレするような危険をおかす必要はありません。ここは必ず携帯電話の番号を入力してください。

電話番号は「携帯電話(スマホ)」の番号を登録!自宅電話は「なし」を選択!

ただ、これはあまり心配することはありません。キャッシング会社からの電話は全て「個人名」でかかってくるからです。例えば次のような感じです。

「もしもし、佐藤(キャッシング会社の仮名)ですけど、藤沢たかひろさんはいらっしゃいますか?」

このように個人名を名乗り、キャッシング会社だとバレないように配慮してくれます。

「Web完結」か「自動契約機・店頭窓口」でカードや契約書の郵送を防ぐ

親バレでもう1つ危険なのは「郵送物」です。

キャッシング会社からは「ローンカード」「契約書」「利用明細書」などが送られてきます。

もちろん、キャッシング会社もバカではないので会社名で郵送物を送ってくることはありません。たとえば、アコムであれば「ACセンター」という名前で郵送されてきます。どの会社もバレない工夫をしてくれています。

しかし、誰宛のもの関係なく届いた郵送物を勝手に開封してしまう親もいます。これが原因でお金を借りることがばれてしまう可能性もあるのです。管理人の親は、私の郵送物を勝手に開ける癖があります(涙)

では郵送物が家に届かないようにするにはどうすれば良いかというと、 2つの方法があります。

1.WEB完結を使う

1つ目の方法は、「WEB完結」を使うことです。

WEB完結とは、申込みから契約までをすべてネット上で終わらせることができるサービスです。これを使うと、部屋から一歩も外に出ることなくお金を借りることができるのですが、さらに、郵送物もゼロになるのです。

WEB完結が使える会社は「プロミス」「モビット」「三井住友銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」の4社だけ。(おすすめは断然プロミスです。理由は後述します)

2.自動契約機・店頭窓口で契約する

自動契約機の外観

2つ目の方法は、ネットで申込みをして、契約は自動契約機・店頭窓口で行う方法です。

自動契約機や店頭窓口で契約すればローンカードや契約書を、その場で手に入れることができます。当然、書類が届けられることはないので、親バレの心配もありません。

「自動契約機に入っていくのを目撃されないかな・・・」と心配になるかもしれませんが、自動契約機は街中のいたるところにあります。雑居ビルの中に入っていることもあるので、そうした場所であれば、誰かに見られることは、ほぼありません。

もし本当に心配であれば隣町まで足をはこんでください。電車や車で、隣町にある自動契約機なら家族・友人などに見られる可能性もグッと下がります。実際に、管理人の住んでいるところでは車で10分ほどの隣町に10個以上の自動契約機があります。

このように「WEB完結」や「自動契約機・店頭窓口」を使えば、書類が家に届けられることはなくなります。これで親バレすることなくお金を借りることができます。

学生におすすめは「プロミス」「アコム」「アイフル」

さて、ここまでの説明を踏まえて、学生はどの消費者金融・銀行カードローンを使うべきか?
管理人のオススメは「プロミス」「アコム」「アイフル」です。

プロミス ←親バレしないWEB完結あり!無利息期間もあるので使いやすい!

学生にはプロミスがイチオシです。学生でも審査に通りやすく、ネットから申込めば今日中にお金を借りることもできます。また、WEB完結が使えるため、親バレ対策もばっちり。初めて使う場合は、30日間の無利息期間があるため、パッと借りてサッと返したい人は利息の心配もいりません。学生にとってはかなり使いやすい会社です。

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短即日
無利息期間 土日の申込み・契約 自動契約機
○(30日間) 22:00まで
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

アコム ←自動契約機で契約すれば郵送物なし。知名度が抜群だから安心して使える!

一人暮らしなので自宅に郵送物が届けられても問題ない、または、自動契約機で契約するのであれば、アコムもオススメ。三菱東京UFJフィナンシャルグループの消費者金融なので安心して使うことができます。またネットから申込み、自動契約機(むじんくん)で契約をすれば、22:00までお金を借りられます!楽天銀行の口座を持っていると24時間365日リアルタイムで入金が反映されます。安心できる会社が良い場合はオススメです!

実質年率 限度額 審査時間
4.7%~18.0% 1万円~500万円 最短30分
無利息期間 土日の申込み・契約 自動契約機
○(30日間) 22:00まで
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

アイフル ←1,000円単位でお金を借りられる!

アイフルも人気の消費者金融です。自動契約機(でんわBOX)まで行き、カードや契約書を受け取れば親バレの心配もありません。自動契約機は8:00~21:45まで営業。朝一でお金を借りたい人や、夜遅くからでもお金を借りたい人にはオススメです。またアイフルではネットから申込み限定で「配達時間えらべーる」が使えます。このサービスは、その名のとおり6つの指定時間帯から都合の良い時間を選んで、カードを郵送してもらえるサービスです。しかも本人限定配送をしてくれるため、親にカードが渡される心配がないのも嬉しいですね!

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~18.0% 最大500万円 最短30分
アルバイト 収入証明書 自動契約機
不要
(50万円以下)
21:45まで
コンビニATM
セブン銀行ローソンファミリーマートミニストップサークルK

管理人のイチオシはプロミスです!

そもそも銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいです。収入が少ないアルバイトの学生は、少しでも審査に有利な消費者金融を選ぶのがコツです。

また消費者金融であれば「WEB完結」や「自動契約機・有人店舗での契約」が使えるので郵送物をゼロにすることができます。親バレの心配もありません。特にプロミスのWEB完結は「返済方法を口座から自動引き落としにする」という条件だけで使えるため、他よりも使いやすいといえます。

プロミスを初めて利用するときは30日間の無利息期間もあります。30日以内に返済すると利息はゼロ。金欠の学生にはとてもありがたいです。WEB完結による親バレへの対策、今日中にお金を借りられることによりプロミスがいちおしです。

それ以外では、自動契約機での契約に抵抗がない場合、アコム・アイフルもオススメ。

アコムは「初めてのアコム♪」というテレビCMでもおなじみ。三菱東京UFJフィナンシャルグループの消費者金融のため信頼性は抜群です。

ネットから申込み、自動契約機(むじんくん)で契約をすれば22:00までお金を借りることもできますし、30日間の無利息期間があるため、パッと借りてサッと返したい人は、利息を支払うことなく使うことができます。

また、アイフルの場合、自動契約機が8:00~21:45まで営業しています。ですので、朝一でお金を借りたい人や、夜遅くにお金が必要になった人でも、すぐに契約をすることができます。

さらにアイフルには「配達時間えらべーる」というネット申込み限定のサービスがあります。このサービスは6つの指定時間帯から、都合の良い時間を選び、ローンカードを送ってもらえるサービスです。しかも、申込者本人に必ず渡される「本人限定配送」をしてくれるので、親バレすることがないので安心です。

管理人のイチオシはプロミスに変わりはありませんが、自宅・学校の近くにアコムやアイフルの自動契約機があるのであれば、この2社を使うのもありです。

毎月いくらずつ返していけば良いの?

次に、借りたお金は毎月どれくらい返済すればよいのか? についてです。借りたお金は返さなければいけません。

キャッシング会社では借りた金額に応じて「毎月最低これだけは返してね」という最低返済額が決められています。この金額さえ返済できれば問題ありません。

代表的な消費者金融・銀行カードローンの最低返済額をまとめたのが次の表です。

会社名 借入額
1万円5万円10万円30万円
プロミス1,000円2,000円4,000円11,000円
アコム1,000円3,000円5,000円13,000円
アイフル5,000円5,000円5,000円13,000円
三井住友銀行カードローン10,000円10,000円10,000円10,000円
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」10,000円10,000円10,000円10,000円

学生におすすめのプロミスは10万円借りたときの月々の最低返済額は4,000円と無理のない金額に設定されています。アコムも5,000円です。

消費者金融の多くが「5,000円以下」ですが、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンのように「10,000円~」というところもあります。

就活や内定に響くことはない

キャッシング会社からお金を借りると「お金を借りると就職活動で不利にならない?」「内定を取り消されることはないの?」と不安を抱くかもしれません。

大丈夫です。お金を借りていても、就活で不利になったり、内定を取り消されたりすることは絶対にありません。

その理由は、あなたがお金を借りていることを就職を希望する企業が調べることはできないからです。

お金の貸し借りの情報は「個人信用情報」に記録されますが、就活生がお金を借りているかを調べるために見ることはできません。

例えばプロミスでは次のように書かれています。

このようにキャッシング会社は、お金を借りた人の「支払い能力を調査する目的のみ」でしか、個人信用情報を調べられないようになっているのです。

このように、企業の採用活動のために個人信用情報が使われることはありませんので安心してください。

おわりに

ここまで学生がキャッシング会社からお金を借りる方法について説明しましたが、理解できたでしょうか?

学生でも20歳以上で、アルバイトなどで安定した収入があればお金は借りられます。
どうしても金欠で困っているなら、ここで解説したポイントに気を付けてお金を借りてください。

そして、最後に1つだけ伝えるなら、お金を借りるときは、自分が返せるぶんだけ借りるようにしてください。安易な気持ちでどんどんお金を借りると、学生のうちから借金で苦しむことになります。

管理人は、学生がこのサイトを見てお金を借りた結果、借金で首が回らなくなるようなことになって欲しくありません。きちんと返せるだけのお金だけを借り、できるかぎり無駄遣いをしないように気をつけてください。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について