1. トップページ
  2. キャッシングの限度額はいくら?消費者金融は借りるまで当日最短1時間

キャッシングの限度額はいくら?消費者金融は借りるまで当日最短1時間

キャッシングでお金を借りるときに気になるのが限度額。

「給料日前でピンチ!生活費として5万円借りたいけど、いくらまで借りられる?」

借りることができる金額は「自分の年収」と「使うサービス」によって変わります。

借りたい金額が「年収の1/3以下」の場合、プロミス・アコムなどの「消費者金融」で借りると良いです。希望の額を最短1時間で借りることができます!

年収の「1/3を超える金額」を借りたいなら、「銀行カードローン」で借りるのがオススメ。銀行は大きなお金を借りるのに向いています。ただ、審査が厳しく、時間がかかりやすいというデメリットはあります。

ここではキャッシングの限度額について詳しく紹介します。お金を借りる前に知っておくことで、希望の額を早く手にすることができます。

キャッシングでいくら借りることができるのか?

プロミスやアコムなど、キャッシング会社のホームページを見ると、「限度額1~500万円」のように書かれています。

これを見ると、「500万円も貸りられるの?」と思うかもしれません。ですが、これは違います。最初から500万円などの大きなお金を借りることはできません。

最初にキャッシングで借りることができる金額は、50万円以内が多いです。

お金を貸してくれる金融機関は、初めてお金を借りる人が「本当に借りたお金をきちんと返してくれるのか」を気にしています。

そのため最初は500万円などの大金を貸してくれることはなく、50万円以内の少額から貸してくれるのです。

ちなみに、限度額が50万円だとしても、必ず50万円全額を借りないといけないわけではありません。50万円の中で3万円や10万円など、自由に借りることができます。また、利息はもちろん「借りた分にだけ」発生します。

限度額と極度額の違い

お金を借りるときの「上限額」を意味する言葉に、「極度額」と「限度額」という2つの言葉があります。

極度額:キャッシング会社が貸してくれる最大金額
(契約極度額・ご契約額・借入極度額・契約限度額と呼ばれることもある)

限度額:実際に借りることができる上限金額
(利用可能額・融資可能額・利用限度額・借入限度額と呼ばれることもある)

極度額は「最大でここまで貸す用意があります」という金額です。ただし、最初からこの金額を借りられるわけではありません。

極度額がいくらになるかは、「総量規制」という法律が関係しています。

プロミスやアコムなどの消費者金融は、貸金業法という法律を守って営業されています。総量規制は、貸金業法で決められている規則のひとつです。

総量規制の内容は「消費者金融は、年収の1/3を超える金額を貸してはならない」というものです。

たとえば、年収600万円の人がいるとします。この人が消費者金融で借りることができる最大の金額は、年収の1/3にあたる200万円です。

これが多くの場合「極度額」になります(ただ、他社サービスでもお金を借りていたり、住宅ローンがあったりすると、総量規制で計算できる金額よりも極度額が低くなります)。

これに対して、「あなたは実際にこれだけ借りることができますよ」という金額が「限度額」です。上の例だと「極度額は200万円、限度額は50万円」のように決められます。

50万円までは実際に借りることができます。そしてきちんと返済を続けると、消費者金融が極度額である200万円までの範囲内で、80万円や100万円を貸してくれるようになります。

銀行が提供しているキャッシングサービス「銀行カードローン」は、消費者金融とは異なり、総量規制が適用されません(これを「総量規制の対象外」といいます)。

そのため極度額はなく、限度額のみが設定されます。ただややこしいですが、極度額という言葉が、限度額と同じ意味で使われることがあります。

限度額は審査によって決められる

実際に借りることができる限度額は、キャッシング会社の「審査」で決められます。

キャッシング会社は、申込みをした人に対して「お金を貸しても大丈夫か」を判断するために審査を行っています。

人によって生活状況はさまざまです。年収300万円の人もいれば、アルバイトやパートで年収100万円の人もいます。審査を通して、それぞれの人に合った限度額が決められるのです。

限度額は次の3点を元にして決められます。

総量規制(消費者金融のみ)

ひとつめのポイントは総量規制です。消費者金融の場合、限度額が年収の1/3を超えることはありません。

属性スコアリング

属性スコアリングは「申込みをしたときの登録情報に点数をつけて、限度額を決める判断材料にする方法」です。

キャッシングのサービスに申し込むときには、独身か既婚か・勤務先・仕事の年収・勤続年数などを入力します。たとえば、アルバイトよりも正社員のほうが点数が高いです。

また、正社員の中でも、中小企業の社員よりも大手企業の社員や公務員のほうが点数が高いです。年収は高いほど、勤続年数は長いほど点数が高くなります。

このようにさまざまな項目について点数がつけられ、総合的なスコアが計算されます。このスコアが、限度額の大小に影響します。

個人信用情報

個人信用情報は、クレジットカードの支払い情報やローンの申込みに関する情報のことを指します。

信用情報機関という会社が信用情報を管理していて、信用情報機関に登録している業者は、個人の信用情報を確認することができます。

キャッシング会社は「お金を貸すサービス」です。申し込もうとしている人がどのようなお金の使い方をしているかは、確認しておく必要があるのです。

信用情報でクレジットカード料金の滞納があったり、過去にローンを滞納したりしていると、キャッシング会社がマイナス評価をします。

そして限度額が低くなったり、場合によってはそもそも借りることができなかったりします。

借りたい金額によって選ぶキャッシング会社は変わる

キャッシング会社はさまざまなところがありますが、大きく「消費者金融」と「銀行」に分かれます。

消費者金融の例は、プロミスやアコムなどです。消費者金融は審査が通りやすく、多くの人がお金を借りやすいサービスです。

ただ、消費者金融は上で紹介した総量規制(貸すことができる金額は、貸す人の年収の1/3以内)を守る必要があります。

そのため、借りることができる金額は銀行よりは少ないです。とはいえ、たとえば年収300万円なら100万円まで借りることができます。そのため多くの場合は十分だと思います。

これに対して銀行が提供するキャッシングサービス「銀行カードローン」は、金利が低く、借りることができる金額が大きいです。

さらに、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行がサービスを提供しているため、信頼性があります。ただ、審査は通りにくい傾向にあります。

さらに借りるまでに1~2週間、長いと1ヶ月かかる場合があります。

基本は消費者金融がオススメ!

管理人は、借りたい金額が年収の1/3以内なら、消費者金融で借りることをオススメします。

この理由は、消費者金融なら「審査が通りやすく、当日に借りることができる」「使いやすい」「30日間無利息サービスがある」ためです。

お金を借りたいときは急ぎの場合も多いはず。プロミス・アコム・アイフルなどでは申込みをした当日、最短1時間後に借りることができます。

また、コンビニやスマホでパッと借りたり、返済したりすることができます。返済は引落しにすることもできます。

このように消費者金融はとてもスピーディにお金を借りることができ、使いやすいです。銀行カードローンはすぐに借りるのは難しいことが多いので、こうはいきません。

管理人はプロミスとアコムを主に使っていました。

プロミスは「マズい、今日の飲み会のお金が足りない!今すぐ何とかしないと!」と思ったときにサッと借りることができるので、本当に助かりますよ。

さらに消費者金融では、初めて借りるときに30日間利息ゼロで借りることができます。「30日間無利息サービス」のような名前で、各社が行っています。

「消費者金融は利息が高い」というイメージがあるかもしれませんが、1ヶ月だけ借りるなら利息はゼロです!

また、通常の金利がかかる場合でも、たとえば3万円を1ヶ月(30日)借りたときの利息は「450円」です(一番高い金利18.0%で借りた場合)。

もちろん借りる額と期間によって利息は増えますが、意外と小さな額に感じると思います。

また、最近の消費者金融はイメージも改善されています。その理由は、消費者金融が大手銀行の傘下に入ったためです。

プロミスは三井住友銀行グループ、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの企業となっています。そのため安心して使えるサービスになっていて、消費者金融は計画的に使えばとても便利なのです。

銀行カードローンは金利が低く、お得に借りることができる

銀行カードローンは年収の1/3を超える額を借りることができるのに加えて、金利が低いというメリットがあります。また、銀行カードローンは銀行のサービスなので、信頼性が高いです。

ただ、メリットがあるにしても、管理人が銀行カードローンをオススメするのは「年収の1/3より大きな額を借りたいときだけ」です。

銀行カードローンの中には、即日融資をうたっているサービスがあります。

ただ、こうしたサービスでも多くの場合、その日借りることはできません。さらに銀行カードローンは審査が厳しいです。「審査が通るまで待っていたのに、結局審査落ちして借りることができなかった」なんていうこともあり得ます。

お金を借りたいときは「どうしても借りたい」「急ぎで借りたい」場合が多いです。こうした場合、銀行カードローンの審査の遅さと通りにくさは大きなデメリットです。

そのため管理人は、「すぐに・確実に借りやすい」という点を重視して、消費者金融をオススメします!

主な消費者金融・銀行カードローンの限度額を比較してみた

以下の表は主な消費者金融、銀行カードローンの限度額をまとめたものです。

サービス名 限度額(最大) 金利 利息
90日 180日 365日
みずほ銀行カードローン
「エグゼクティブプラン」
1000万円 3.0~7.0% 1,726円 3,452円 7,000円
みずほ銀行カードローン
「コンフォートプラン」
1000万円 3.5~14.0% 3,452円 6,904円 14,000円
三菱東京UFJ銀行
カードローン「バンクイック」
500万円 4.6~14.6% 3,600円 7,200円 14,600円
三井住友銀行カードローン 800万円 4.0~14.5% 3,575円 7,150円 14,500円
新生銀行カードローンレイク 500万円 12.0~18.0% 4,438円 8,876円 18,000円
プロミス 500万円 4.5~17.8% 4,389円 8,778円 17,800円
アコム 800万円 4.7~18.0% 4,438円 8,876円 18,000円
アイフル 800万円 4.5~18.0% 4,438円 8,876円 18,000円

上の表を見ると、たしかに銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く、利息も小さいです。ですが、すごく大きな差があるわけではありません。

こうした数字からも、銀行より消費者金融を利用するほうが良いことが分かります。

消費者金融でイチオシなのはプロミス!借りるまで最短1時間

キャッシングで借りたい金額が年収の1/3以下なら、消費者金融がオススメ。その中でも特にイチオシなのは「プロミス」です!

プロミスは申込みからお金を借りるまでの時間が「最短1時間」と、とても早いです!

さらに、手続きや書類のやり取りが全てネット(スマホ・パソコン)で行える「WEB完結」も便利。家族にバレずにお金を借りることができます。

また、初めて利用するときには30日間無利息サービスで、「借りた日の翌日」から30日間が無利息になります。

アコムやアイフルなどでも30日間無利息サービスはあります。ただ、これらは「契約した翌日」から30日間です。つまり、アコムやアイフルでは、すぐに借りないと無利息期間が短くなります。ですがプロミスなら初めて借りるタイミングがいつであっても、そこから30日なのでムダがありません。

プロミスはお金を借りることができる点ではほかのサービスと同じです。

ただ、細かなところで配慮が行き届いたサービスといえます。そのため借りたい額が年収の3分の1以下なら必ず利用するべきです!

アコムも審査が通過しやすく、オススメのサービス

基本的にはプロミスが良いですが、店舗が近くにあればアコムも良いです。

審査が通りやすいのがメリットで、「審査通過率47.9%」は業界トップ!
審査に不安がある場合にオススメのサービスです。

アコムがプロミスに劣る点としては、郵送物が一切なくネットだけで契約できる「WEB完結」がないこと。

ネットで契約すると、カードと契約書が郵送されるため、家族バレの可能性があります。さらにアコムは30日無利息サービスが「契約日の翌日から30日間」です。

ただ、「一人暮らしなので自宅に郵送物が届いても大丈夫」「契約を終えたらすぐにお金を借りる」という場合には、プロミスと同等のサービスとして使えます。

希望額が年収の1/3を超えるなら、銀行カードローン

借りたい額が年収の3分の1を超える場合、消費者金融で借りることはできません。そのため、銀行カードローンを使います。

銀行カードローンの中でオススメなのは「みずほ銀行カードローン」。

銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低めです。

ただ、その中でもみずほ銀行カードローンは、とくに低金利なサービスです。みずほ銀行は金利によって「エグゼクティブプラン(金利3.0~7.0%)」と「コンフォートプラン(金利3.5~14.0%)」が分かれています。

どちらのサービスを使えるかは、審査によって決まります。

さらに月4回まではATMの利用手数料が無料。

また、みずほ銀行のキャッシュカードを持っていると、キャッシング用のカードを新たに発行しなくても、キャッシュカードでお金を借りることができます。

ただ、みずほ銀行カードローンの申込みは、みずほ銀行の口座を持っていることが条件。

口座を持っていないと口座開設から始める必要があるため、急ぎの場合には向いていません。口座を持っている場合は、最短当日にお金を借りられるようになります。

審査はプロミスなどの消費者金融に比べると厳しめなので、審査落ちしてしまう可能性はあります。あくまでも年収の1/3より多い金額を借りたいときに利用するのが良いと思います。

金利が高くても良いなら「新生銀行カードローンレイク」が早い

また、「金利は高くて良いけれど、年収1/3を超える金額を借りたい」という場合は、「新生銀行カードローンレイク」がオススメ。

レイクはもともと消費者金融でした。

ですが今は、新生銀行のカードローンサービスになっています。銀行カードローンになってからは総量規制の対象外となったため、年収3分の1を超える額を借りることができます。

さらに消費者金融のように、最短1時間で借りることができます!

ただし、審査は消費者金融に比べると通りにくいです。また、ほかの銀行カードローンと比べると金利が高いです。

「とにかく早く、大きな金額を借りたい」という人に適したサービスです。

専業主婦は銀行カードローンを必ず選ぶべき!

収入がない「専業主婦」の場合、消費者金融でキャッシングの申し込みをすることはできません。

消費者金融では申込みの条件が「20歳以上で安定収入がある人」となっています。つまりパートやアルバイトで良いので、毎月の収入が必要です。

これに対して銀行カードローンでは、申込み条件に「専業主婦でも申込み可能」としているサービスがあります。たとえばみずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどです。

専業主婦で「収入がないけれど旦那にナイショでお金を借りたい!」という場合には、銀行カードローンを選んでください。

希望の限度額が大きいときは「収入証明書類」が必要な場合がある

消費者金融も銀行カードローンも、基本的には免許証・健康保険証・パスポートなどの「本人確認書類」だけで申込みをすることができます。

ただ、借りる金額が大きいときには本人確認書類とは別に、「収入証明書類」という書類が必要です。収入証明書類は名前のとおり「本当に収入があることを証明するための書類」です。

消費者金融も銀行も、大きなお金を貸すときには慎重です。

収入証明書類はキャッシング外車が「本当に返済するだけの収入があるのか」を確認するために必要とされます。

収入証明書類の例としては、会社で発行される「給与明細書」や「源泉徴収票」、市町村の役場で取ることができる「所得証明書」などがあります。

どのくらいの希望額から収入証明書類が必要になるかは、キャッシング会社によって異なります。

プロミスやアコムなどの消費者金融の場合、「希望の限度額が50万円を超える場合」と「希望の限度額と、他社で借りている金額の合計が100万円を超える場合」には収入証明書類が必要です。

銀行カードローンでは、新生銀行カードローンレイクは「希望の限度額が100万円を超える場合」、みずほ銀行カードローンは「希望の限度額が200万円を超える場合」に収入証明書類が必要です。

限度額は引き上げ・引き下げをすることができる

限度額は最初に決められた額から、変動することがあります。

たとえば希望の限度額は50万円だったけれど、消費者金融が最初に設定した限度額が30万円だったとします。

この場合、一定期間返済をきちんと続けた上で依頼をすると、限度額を引き上げてもらうことができます。これを「限度額の増額」といいます。

一定期間の目安は半年(6ヶ月)ほど。増額を希望するときには増額申請の手続きをします。そして申込み後にあらためて審査が行われ、増額をしてもらうことができます。

今の限度額が30万円で、50万円への増額を希望した場合、新しい限度額が50万円になるかは審査の内容によります。

審査でもし「この人に50万円を貸すのは危険だ」と判断されれば、40万円への増額などにとどまる可能性があります。

また、返済を続けていると、金融機関側から「増額をしませんか」と営業電話がくることがあります。この場合、金融機関から「もっと借りませんか」と提案してきているため、審査が通りやすいことが多いです。

また、限度額が減額されることもあります。

滞納を頻繁にしていると、お金を貸す金融機関は不安になってしまいます。そのためペナルティとして、限度額を下げられてしまうことがあります。

また、あまりにも返済しないと限度額をゼロにされてしまうこともあります。減額は自分ですることもできます。限度額に余裕があると、つい使いすぎてしまうことがあるもの。

「気を付けるようにしても、枠があると使ってしまう」という場合は、電話で「減額したい」と伝えれば、限度額を下げてもらうことができます。

まとめ

ここでは、キャッシングで借りることができる限度額についてお伝えしてきました。

自分の年収を確認して、希望額が年収の3分の1以内なら、消費者金融で借りるのがオススメです。

プロミスなら最短1時間で借りることができ、バレずにスマホやパソコンだけで手続きできる「WEB完結」、30日間無利息で借りることができる「30日間無利息サービス」など、便利でお得なサービスが充実しています。

希望額が年収の3分の1を超えるなら、選択肢は銀行カードローンのみです。

オススメのサービスはみずほ銀行カードローンや新生銀行カードローンレイク。

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座を持っていないとお金を借りるまでに2週間~1ヶ月ほどの時間がかかります。

また、レイクは最短1時間で借りることができますが審査が通りにくいため、気を付ける必要があります。

以上のように、サービスによって借りることができる金額が違います。希望する額を借りることができるサービスに申し込んで、キャッシングを使ってくださいね!

なお、プロミスで最短で借りる方法は、次のページで紹介しています。合わせて参考にしてくださいね。

>今日中にお金を借りたいならプロミスがイチオシ!
http://xn--e-e8tteqa7kg1c8727but7g.net/company/promise/

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について