1. トップページ
  2. 債務整理について

債務整理について

借りていたお金をどうしても返せなくなったとき最終手段・切り札と言っても良いのが債務整理です。
合法的に借金を「減額」or「帳消し」にすることができる唯一の方法です。

  • 収入が減ってしまい、返済がかなり苦しい状況になってしまったので何とかしたい・・・
  • 借金が払えなくなって滞納していたら一括請求通知が届いてビビった
  • 裁判所から訴状が届き、出廷しないと給料を差し押さえると言われた
  • 結婚することになったけど相手には借金は内緒。これを機に整理しておきたい。
  • 取り立てがひどくて、なんとかしたい

こういう状況に追い込まれたとき債務整理を考える人が多いのですが、借金が減額されるかゼロ(チャラ・帳消し)になるメリットがある反面、当然ながらデメリットもあります。

「債務整理なんてしちゃうと、財産が全て差し押さえされて、人としてまともな生活ができなくなるんじゃないの??」
という漠然とした不安を感じる人もいるはず・・・

ここでは債務整理とはどういうものなのか?と整理後には生活にどういう影響があるのか?について書いてみたいと思います。

債務整理には4つの種類がある

「債務整理」とは返せなくなった借金を整理することを言います。債務整理のには大きく4つの方法があって、どの方法でも借金を「減額」or「帳消し」にすることができるのですが、細かいところがいろいろと違いがあります。

どの方法も裁判所か弁護士・司法書士の力を借りてちゃんと法的な手続きが必要にです。

4つの種類は次の通り。

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 個人(民事)再生
  4. 自己破産

どういう違いがあるのか比較したほうがわかりやすいと思うので比較表を用意しました。
まずはこの表をじっくりと見てください。

  任意整理 特定調停 個人再生 自己破産
借金 減額 減額 減額 帳消し
財産の手放し × ×
ブラックリストに載らない × × × ×
資格制限のある職業に就く ×
官報に名前が載る × ×
海外旅行に行ける
クレジットカードが作れる × × × ×
ローンが組める × × × ×
破産者名簿に名前が載る × × ×

なんとなく違いが見えてきましたか?ここからもう少し具体的に説明していきますね。

1.任意整理

任意整理とは利息をカットして、月々の返済額を下げる方法です。

裁判所は通さずに、債務者(お金を借りている本人)か代理人(弁護士・司法書士)が金融会社と交渉して、返済する額を抑えてもらう方法。言ってみれば「和解」です。

これは、今それなりに収入があって、利息分をカットしてもらって月々の返済額を減らす事ができるなら完済できる人向きの方法です。

一応目安もあって、利息をカットした残金を3年(どれだけ遅くても5年以内)で返せるかどうかが任意整理ができるかどうかの分かれ目です

弁護士や司法書士に依頼する場合、費用は必要になりますが、交渉は全部やってくれるので気持ちは楽です。

減額されますが、チャラにはならないので借金は残っており、決められた期間内で返済を終わらせなければいけません。
ちなみに、4つ債務整理の中で一番多い解決方法がこの任意整理です。

2.特定調停

任意整理と仕組みはほぼ一緒。
違う点はお金を借りた人が簡易裁判所を間に入れて金融会社と交渉をすることになります。

例えるなら、「裁判所を利用した任意整理」という感じです。

費用が安く抑えられるのと、専門的な知識がなくても比較的簡単にできるのですが、裁判所に足を運んだり書類を作ったりと意外と手間がかかります。

3.個人再生

今後3年間で返済する金額を決めて、それ以上の金額を免除してもらう方法。
民事再生とも言います。

住宅ローンを除く借入総額が5000万円以下で、今後も継続的に収入が見込めるという条件で、最大で借金を1/5まで減らします。残りの金額は原則として3年で分割返済することになります。(住宅ローン以外の借金を大幅にカットという意味)

個人再生の一番の特徴は自宅を指し押させされない点にあります。
抱えている住宅ローンはそのまま払い続けていく必要はありますが、マイホームは自分のものです。
どうしても自己破産はできないという人はこの方法を使うことになります。

民事裁判。再生計画を提出し、各債権者の過半数の合意が必要となります。

4.自己破産

自己破産は、もう絶対に返済不可能と判断してもらって借金を帳消し・0円にしてもらう方法です。

財産は全て差し押さえられますが、借金は全額免除になります。返済する義務がなくなります。

借金は帳消しになりますが、完全にゼロからの再出発になる一番リスクの高い債務整理です。

以上が4つの債務整理の大まかな特徴になります。
なお、それぞれの申し立てする所や整理の結果などをまとめるとこのような感じになります。

申し立てする場所と債務整理した結果

  任意整理 特定調停 個人再生 自己破産
申し立てする所 貸し主 簡易裁判所 地方裁判所 地方裁判所
債務整理の成立条件 話し合い成立 調停成立 再生計画の承認 破産手続きの
開始決定
整理結果 減額して支払い 減額して支払い 減額して支払い 帳消し

ちなみに、自己破産を申請した件数が金融庁で発表されています。

総量規制の影響で借入額に規制が入り、年々自己破産をする人も減ってはいますが、
それでも年間で10万件近い自己破産者が出ています。

では、次にそれぞれの債務整理をすると、
今後の生活にどういう影響が出るのかをまとめました。

債務整理による生活への影響とは?

債務整理をすることで、今後の生活にどのような影響が出てくるのか?

当然のことながら、借金が帳消しになる自己破産は今後の生活にも大きく影響が出てきます。

ちなみに、債務整理をすることで3~5年間はクレジットカードを作ったり、
住宅・自動車などのローンを組めなくなります。

これは各カード会社やローン会社が明記していることではありませんが、個人信用情報に債務整理の
記録が残っていると、金融商品を利用できなくなるのは、業界内での暗黙の了解となっています。

カードが使えないと高額のものを購入することができなくなりますし、
ローンが組めないと家を購入したり、リフォームをすることもできなくなります。

今後の人生を考える上で、かなりの大きな障害となることだけは覚えておいてください。

まとめ(4つの債務整理を理解しておこう)

ここでは4つの債務整理について説明をしました。
大事なポイントをまとめましたので、最後にもう一度読んでください。

  • 債務整理はどうにも返済できなくなった債権者の最終手段
  • 任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法がある
  • 選ぶ方法によって、申請の届け出を出す場所や整理結果が違う
  • 債務整理後の生活に与える影響も4つそれぞれで違う

債務整理をすると最低でも3~5年間は生活に影響を与えます。
直近1~2年程度では問題はないかもしれませんが、3~5年となるとその影響を大きく感じるはずです。

しかし・・・債務整理をするというのは、そういうこと。

5年間は節制を心がけ、「自分はお金を返すことができなかった」
ということを自覚するようにしてください。

それがお金を借りた金融機関に対する謝罪になると管理人は勝手に解釈をしています。

でも、一番良いのは債務整理をしないこと。
最悪の事態に陥らないためにも、無理のない借入&返済をしてください。

とはいえ、、、万が一、借金を踏み倒すとどうなってしまうのか?次のページで説明します。
NEXT STEP→借金を踏み倒すとどうなる?

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について