1. トップページ
  2. 銀行カードローンはどこを選べば良い?

銀行カードローンはどこを選べば良い?

消費者金融からお金を借りるのが不安な場合や、低金利でお金を借りたい場合は、銀行カードローンがオススメです。

銀行カードローンは、その名の通り銀行がお金を貸してくれるサービスのことです。消費者金融と比べて、低金利でお金を借りることができます。

また、消費者金融は「総量規制」というルールによって、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。しかし、銀行カードローンは「総量規制」の対象外のため、年収の3分の1以上のお金を借りることができるのです。

銀行カードローンは審査が厳しく、今日中にお金を借りることが難しいというデメリットもありますが、信頼性や、低金利、高限度額でお金を借りたい場合にはオススメです。

とはいえ、さまざまな銀行のカードローンがあるため、どこの銀行カードローンを使うのが良いのか悩んでしまうこともあるはずです。

そこで、このページでは各銀行カードローンのサービス内容に点数をつけ、どの会社を使うのが一番お得なのかを解説します。

銀行カードローンはどういう場合に使うべきか?

まず最初に、どのような場合に消費者金融ではなく、銀行カードローンを使うべきかをまとめました。

次のチェックポイントに1つでもあてはまるものがあれば、銀行カードローンを使うことをオススメします。

  • 消費者金融からお金を借りるのは不安
  • 低金利でお金を借りたい
  • 年収の3分の1以上のお金を借りたい
  • お金を借りるまでに時間がかかっても良い
  • 専業主婦だけど、お金を借りたい
  • 収入証明書の提出はしたくない

銀行カードローンの一番のメリットは、銀行からお金を借りることができるため、安心してお金を借りることができるという点です。

消費者金融にたいして、ネガティブなイメージを持っている場合、不安を感じる場合には、銀行カードローンが良いでしょう。

また、消費者金融と比べて、低金利&高限度額でお金を借りることができるのも魅力です。特に年収の3分の1以上のお金を借りたい場合は、銀行カードローンでしかお金を借りることができません。

一方で、銀行カードローンには「審査が厳しい」「今日中にお金を借りることが難しい」「家族や同僚にバレずにお金を借りにくい」などのデメリットがあります。

もし、急ぎでお金を借りたい場合は消費者金融を使うことをオススメします。
参考:消費者金融はどこを選べば良い?

では、銀行カードローンからお金を借りたい場合、どこの会社を選ぶべきなのか?

各銀行カードローンのサービス内容を比べてみた

どの会社が一番使いやすいかをわかりやすくするため、各銀行カードローンのサービス内容に点数をつけました。

点数の査定基準は次の通りです。

金利上限金利・下限金利の低さで査定(1~3点)
限度額限度額の高さで査定(1~3点)
即日融資即日融資ができるか?してもらえるのか?で査定(0~3点)
土日の契約・借入土日でも契約・借入がしやすいかで査定(0~3点)
自動契約機自動契約機の有無で査定(0~3点)
有人店舗申込み・契約ができる有人店舗の有無で査定(0~3点)
銀行口座が必要か?契約をするために、申し込む銀行の口座が必要かで査定(0~3点)
WEB完結WEB完結を使えるか?使いやすいサービス化で査定(0~3点)
(Web申込みの場合)
自宅への書類郵送
自宅への郵送物の有無で査定(0~3点)
書類での在籍確認書類での在籍確認ができるかで査定(0~3点)
収入証明書いくら借入を希望すると収入証明書が必要かで査定(1~3点)
専業主婦専業主婦でも借りられるか?借りやすいか?で査定(0~3点)
24時間振込が
反映される銀行
借入をするときに、24時間即日入金が反映される
銀行口座があるかで査定(0~3点)
借入方法借入方法が何種類あるか?お金を借りやすいか?で査定(1~3点)
返済方法返済方法が何種類あるか?返しやすいのか?で査定(1~3点)
最低返済額最低返済額がいくらからなのかで査定(1~3点)
おまとめローンおまとめローンとして使うことができるかで査定(0~3点)
無利息期間無利息期間の有無で査定(0~3点)

この査定基準をもとに点数をつけたのが次の表です。

 みずほ銀行CL楽天銀行CL三井住友銀行CL三菱東京UFJ銀行CLイオン銀行CLりそな銀行CL新生銀行CL
金利 3.5~14.0% 1.9~14.5% 4.0~14.5% 1.8~14.6% 3.8~13.8% 3.5~12.475% 4.5~18.0%
限度額 最大1,000万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円 最大800万円 最大800万円 最大500万円
即日融資
土日の契約・借入
自動契約機 × × ~21:00 ~19:00 × × ~22:00
有人店舗 × × ×
銀行口座が必要か? 必要 不要 不要 不要 必要 必要 不要
WEB完結 △(書類は届く) ○(SMBCダイレクト) × × ×
(Web申込みの場合)
自宅への書類郵送
あり あり △(WEB完結ならなし) あり あり あり あり
書類での
在籍確認
× × × × × ×
収入証明書 200万円以上 300万円以上 - 200万円以上 300万円以上 300万円以上 必要(金額不明)
専業主婦 × ◎(50万円まで) × ○(50万円まで) ○(50万円まで) × ×
24時間振込が
反映される銀行
× ◎(自社口座) ○(自社ネットバンク) × × × ×
借入方法 ネットバンク      
振込   
ATM
電話      
返済方法口座引落とし
ネットバンク  
ATM 
銀行振込   
最低返済額 10,000円~ 2,000円~ 2,000円~ 2,000円~ 3,000円~ 10,000円~ 3,000円~
おまとめローン × × × ×
無利息期間 × 30日間 × × × × 30日or180日間
合計点数 24点34点 38点 30点 24点 25点 25点

上記の点数をもとに、管理人オススメの銀行カードローンについて解説します。

三井住友銀行カードローンなら、今日中にお金を借りれてオススメ!

管理人のイチオシは三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンは「金利4.0~14.5%」「限度額最大800万円」など、業界屈指のハイスペックなカードローンです。

最大の特徴は「今日中にお金を借りられる」こと。

今日中にお金を借りられる理由としては、三井住友銀行カードローンにはローン契約機(自動契約機)があるからです。

実はほとんどの銀行カードローンには自動契約機はありません。そのため、今日中にお金を借りるのができないケースが多いのです。

しかし、三井住友銀行カードローンであれば、ネットから申込み、21:00までにローン契約機で契約できれば今日中にお金を手に入れることができます。

ポイントとしては、事前にネット申込みと審査を済ませておくこと。先に審査までを終わらせておけば、あとは20:00までに自動契約機に行ければOKです(手続きのことを考えて、自動契約機が閉まる1時間前に行くのがポイントです)。

ローン契約機を使って契約すれば、その場で「ローンカード」と「契約書」を発行してもらえます。自宅に郵送物が届けられずに済むので、郵送物による家族バレの心配もなくなります。

銀行ローンから、急ぎでお金を借りたい場合は、三井住友銀行カードローンを使うことをオススメします。

家族バレが心配な場合は「WEB完結」を使おう

三井住友銀行カードローンは「WEB完結」も使えます。

WEB完結」というのは、パソコンやスマホを使い、ネット上で申込みから契約までの手続きを全てできるサービスです。

また、「WEB完結」を使えば、自宅に「ローンカード」や「契約書」などの郵送物を届けられることなく、契約をすることができます。家族と一緒に暮らしている場合は、家族バレの心配もなくなり、とても便利です。

ただし、「WEB完結」を使うには「インターネットバンキング(SMBCダイレクト)」に登録していることが条件となります。

「SMBCダイレクト」は三井住友銀行の口座を持っていれば、ネットから10~15分程度で登録することができます。しかし、銀行口座を持っていない場合、銀行口座の開設に1週間~2週間ほど時間がかかってしまいます。

お金を借りるのを急いでいない場合は問題ありません。しかし、家族にバレず、かつ急ぎでお金を借りたい場合は「WEB完結」が使える他の会社を使うことをオススメします。

ちなみに、管理人がオススメする会社は「プロミス」です。

「プロミス」のWEB完結は「返済方法を口座振替にする」という条件だけで利用することができます。三井住友銀行の口座を持っていない場合は、プロミスを使うことをオススメしますよ。

三井住友銀行カードローンの審査は厳しい

最後に1つだけ伝えておきたいことがあります。

それは「三井住友銀行カードローンの審査は厳しい」ということです。

今日中にお金を借りたくても、審査に落ちてしまう可能性はとても高いです。

そのため「審査に落ちないか不安」「何が何でも今日中にお金が必要」という場合には、審査の通りやすい消費者金融に申し込んだ方が賢いです。

低金利・高限度額という魅力はありますが、必要性に応じて、申し込む会社を選ぶようにしてください。

三井住友銀行カードローンの詳細情報はこちら

低金利のキャッシング会社で選ぶなら「みずほ銀行カードローン」だが・・・

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利です。

実際に大手消費者金融と金利を比べてみたのが次の表です。

銀行カードローン金利消費者金融金利
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」3.0~7.0%プロミス4.5%~17.8%
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」3.5~14.0%モビット3.0%~18.0%
楽天銀行スーパーローン1.9~14.5%アコム4.7%~18.0%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%アイフル4.5%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン1.8~14.6%ノーローン4.9%~18.0%

このように銀行カードローンのほうが、はるかに低金利です。

そのなかでも低金利なのが「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローンには「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2つのプランがあります。

「エグゼクティブプラン」は金利3.0~7.0%、「コンフォートプラン」でも金利3.5~14.0%と低金利になっています。

この2つのプランは審査によって決まります。しかし、初めてみずほ銀行カードローンを使う場合、ほとんどが「コンフォートプラン」になります。初めて使う人に対して、いきなり超低金利でお金を貸してくれないということです。

また「エグゼクティブプラン」を使う条件として「200万円以上の借入が必要」となります。ですので、長期的に多額の借金をする場合でしか「エグゼクティブプラン」は使えないと考えておいてください。

ちなみに、みずほ銀行カードローンを使う場合には、みずほ銀行の銀行口座が必要となります。

みずほ銀行の口座を持っていない場合は、口座を作るところから始めなければいけません。口座を作るために直接、みずほ銀行の窓口に行ったとしても、審査結果は翌営業日となります。

つまり、みずほ銀行の口座を持っていない場合は、100%今日中にお金を借りることはできないということです。

他にも銀行カードローンですので審査に通りにくかったり、契約書などの書類が必ず郵送されたりもするなどデメリットが多いキャッシング会社なのです。

低金利は魅力ですが、かなり使いにくい会社です。初めて使う場合は「コンフォートプラン」になってしまうことを考えると、他の銀行カードローンと金利に大きな差もありません。

ですので、みずほ銀行カードローンを選ぶのであれば、他の銀行カードローンを選ぶことをオススメします。

専業主婦がお金を借りたいなら楽天銀行スーパーローン

専業主婦がお金を借りるには楽天銀行スーパーローンがオススメです。

そもそも、専業主婦は銀行カードローンからしかお金を借りられません。

というのも、消費者金融は収入のない専業主婦にはお金を貸してくれないのです。

一応、消費者金融にも「専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1まではお金を借りられる」というルールはあります。これを「配偶者貸付」と言います。

しかし、「配偶者貸付」というのは、配偶者に収入の確認をしたり、返済が滞ったりと、とても手間がかかります。それなのに回収できる利息は少ないため、大手消費者金融は「配偶者貸付」をやっていないのです。

これらの理由から、専業主婦がお金を借りたい場合は、銀行カードローンを選んで欲しいです。

そして、銀行カードローンのなかでイチオシは楽天銀行スーパーローンです。

専業主婦でも楽天銀行スーパーローンなら、限度額50万円までお金を借りることができます。また、借入希望額が300万円までなら収入証明書の提出がいりません。

さらに旦那さんへの「確認電話」「会社への電話連絡」「収入証明書の提出」もありません

ですので、旦那さんに内緒でお金を借りることもできるのです。(もちろん、旦那さんに内緒でお金を借りることはオススメしませんよ)

それ以外にも、契約には楽天銀行の口座は不要であったり、毎月の最低返済額が2,000円~であったりと、収入のない専業主婦にとっては、とても使いやすいカードローンです。

問題としては、楽天銀行スーパーローンを使うと「ローンカード」「口座振替依頼書」「契約書」が自宅に送られてきます。そのため、郵送物による家族バレの可能性はゼロではありません。

また「口座振替依頼書」は返送しなければいけません。最近では、ほとんどのキャッシング会社で書類の返送手続きがないことを考えると、ちょっと手間がかかります。

とはいえ、専業主婦がお金を借りる場合には、とても便利なキャッシング会社であることは間違いありません。

専業主婦でお金を借りたい場合は、楽天銀行スーパーローンを使うことをオススメします。

楽天銀行スーパーローンの詳細情報はこちら

サッと返せるなら新生銀行カードローン レイクの無利息期間を

短期間でお金を返せるなら「新生銀行カードローン レイク」をオススメします。

なぜなら、新生銀行カードローン レイクには「無利息期間」があるからです。

「無利息期間」というのは、一定期間内は利息が発生しないサービスのこと。

たとえば、30日間の無利息期間がある会社から10万円を借りた場合、30日以内で全額返すことができれば、返済額は10万円だけで良いのです。

本来は10万円+利息を支払う必要があることを考えると、無駄に利息を支払わずに済むのでお得と言えますね。

ですので、短期間でお金を返せる場合は、無利息期間がある会社を選んだほうがお得なのです。

そして、銀行カードローンのなかで無利息期間があるのが「新生銀行カードローン レイク」です。

新生銀行カードローン レイクには「全額30日間無利息」と「5万円まで180日間無利息」という2つの無利息期間から選ぶことができます。

30日間でお金を返せるのであれば「30日間の無利息期間」を、3か月ほどでお金を返せるのであれば「180日間無利息」を選ぶと良いですよ。

どちらにせよ、短期間で返済できるのであれば、新生銀行カードローン レイクを選ぶようにしてください。

ただし、新生銀行カードローンは、他の銀行カードローンよりも、かなり高金利です。

新生銀行カードローン レイクの金利は4.5~18.0%で、消費者金融の金利と変わりません。ですが、審査の通過率は銀行カードローンと同じくらい厳しいです。

つまり・・・単純に無利息期間を使うのであれば、無利息期間のある消費者金融を選んだ方が、審査も通りやすく、使いやすいということです。

消費者金融のプロミス、アコム、ノーローンでは無利息期間を使うことができます。また、今日中にお金を借りることができたりと、とても便利です。

ですので「どうしても銀行カードローンじゃなければ不安」「超短期間でお金を返すことができる」という場合のみ、新生銀行カードローン レイクを使うことをオススメします。

新生銀行カードローン レイクの詳細情報はこちら

まとめ

このページでは銀行カードローンについて解説をしました。

どの銀行カードローンを選ぶべきか、おわかりになりましたでしょうか?

銀行カードローンには低金利・高限度額という魅力があります。また、大手銀行が提供しているサービスなので、信頼性は抜群。「怖いお兄さんが取り立てに来るかも・・・」などの心配をすることなく、安心してお金を借りることができます。

ですが、消費者金融と比べると「審査に通りにくい」「今日中にお金を借りられないかもしれない」「家族や同僚にバレる可能性もある」「借入・返済方法が少ない」といったデメリットもあります。

そのため「どうしても消費者金融を使うのは嫌だ」「使いやすさよりも金利の低さが大事」「既にお金を借りたい銀行の銀行口座を持っている」という場合に、銀行カードローンを使うことをオススメします。

そして、どうしても銀行カードローンのなかから1社を選べない場合は、使いやすい三井住友銀行カードローンを使うことをオススメします。ぜひ、参考にしてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について