1. トップページ
  2. 年収がいくらあればキャッシングの審査に通ることができるか?

年収がいくらあればキャッシングの審査に通ることができるか?

「キャッシングでお金を借りたいけれど、収入はバイト代の月5万円、つまり年収60万円。これでも審査に通って借りられるの?」

大丈夫です!年収が低くてもキャッシングの審査に通り、お金を借りることはできます

キャッシング会社でお金を借りるには、収入の「高さ」よりも「毎月収入が入ってくること(安定性)」や「年収に対していくら借りたいのか」が重視されるためです。

ここでは収入が低くてもキャッシングでお金を借りられる仕組みと、収入に不安がある場合にお金を借りやすいキャッシング会社を紹介しています。確実に審査に通ってスピーディにお金を手にするために、ぜひ読んでみてくださいね。

年収が低くても借りることができる

年収が低くてもキャッシングの審査は通り、お金を借りることができます。これはお金を貸してくれる金融機関が、「年収に見合った額」を貸してくれるためです。

たとえば正社員であれば、月の手取り給料が18万円、年収240万円の収入があれば、お金を借りることができます。この場合、審査が通りやすいプロミスやアコムなどの消費者金融では、最高で80万円まで借りることができます。当面のお金をやり繰りするには、かなり十分な金額ではないでしょうか。

また、大学生で月5万円のバイト収入がある場合、年収は60万円です。こうした収入でも、お金を借りることはできます。この場合、同じくプロミスなどで借りるなら最高で20万円まで借りることができます。

学生にとってはかなり大きな金額だと思います。また、派遣社員やパートの収入でもキャッシングの審査は通ります。

このように、キャッシング会社でお金を借りるには、高収入である必要はありません。年収に合わせて、貸してもらえる金額が決まるのです。

借りられる金額の目安になる「総量規制」

では、年収に対していくら借りることができるのか?

キャッシング会社は「消費者金融」と「銀行」に分かれます。消費者金融はプロミスやアコムなど、銀行は三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などがあります。

このうち消費者金融でお金を借りる場合、借りることができる上限は「年収の1/3まで」です。つまり年収300万円の人が消費者金融で借りることができるのは、100万円が上限ということです。

これは総量規制という法律で、「消費者金融は、借りる人の年収1/3を超える額を貸してはいけない」というルールになっています。

消費者金融が制限なくお金を貸してしまうと、借りた人が大きな借金に困り、トラブルに発展する可能性があります。こうしたことが起こるのを防ぐために、消費者金融が貸すことができる金額は法律で決まっているのです。

ただ、消費者金融に初めて申し込む場合、年収1/3の金額をすぐに貸してくれることはありません。

初めてキャッシングでお金を借りる人は、消費者金融にとって「本当にお金を返してくれるのか分からないお客さん」です。そのため様子を見るために、まずは50万円以下の範囲内でお金を貸してくれることが多いです。

そして返済を続けていると、「この人はきちんと返済をしてくれる人だ」という信頼が生まれます。そして消費者金融は年収1/3までの範囲内で、より大きなお金を貸してくれるようになります。

以上のことをふまえると、初めて消費者金融で20万円を借りたいときには、最低でも20万円の3倍にあたる年収が60万円必要です。

ただ、年収60万円では、20万円を借りるのに余裕のある収入とはいえません。

そのため目安として、「借りたい金額の5倍の年収」が必要だと考えてください。20万円借りたければ、年収で100万円以上あれば借りることができる可能性は高いです。

銀行は総量規制の対象外

消費者金融は上のように、年収1/3の金額を上限として、お金を借りることができます。

これに対して銀行がお金を貸してくれるサービスである「銀行カードローン」は、総量規制の対象外となっています。つまり、年収1/3を超える額でも借りられる可能性があるのです。

たとえば年収300万円の人は、消費者金融では100万円までしか借りることができません。ただ、銀行カードローンであれば100万円を超える額も借りることができます。

ただ、銀行は消費者金融よりも審査が厳しいです。管理人も年収の1/3ギリギリまで借りた経験がありますが、ハッキリ言って返済はメチャ大変です。

銀行は審査で「大きなお金を貸しても返済してくれる人なのか」をしっかりと見極めるため、簡単には貸してくれません。そのため、「銀行ならたくさんお金を借りられる」と安易に考えないほうが良いです。

管理人は、「普段の生活のために数万円~30万円くらいお金を借りたい」という場合には、消費者金融のほうが確実に借りることができて、使いやすいと考えています。

銀行カードローンは「どうしても年収1/3を超えるお金が必要な場合」や「収入がない専業主婦(下で解説)」に向いているサービスです。

審査に通るには収入の「安定性」が重要

キャッシング会社に申込みをすると、審査が行われます。年収は審査で重視されるポイントですが、単純に「年収60万円は低いから駄目、年収600万円は高いから大丈夫」のように判断されることはありません。

キャッシング会社は、「収入が安定しているか」と「収入に対していくら借りたいのか」をチェックします。

特に「安定した収入があること」はキャッシング会社の申込み条件になっていて、とても重視されます。

たとえば公務員や正社員は、毎月決まった収入が入ってきます。そのためキャッシング会社はこうした人を「収入が安定している」と考えます。

ちなみに公務員は国の職員です。一般企業のように倒産してしまったり、リストラされたりするリスクがとても低いため、キャッシング会社は公務員を「一番安定している」と考えます。

企業の正社員は「中小企業より大企業に勤めているほうが、より安定している」と見なされます。

これに対してアルバイトやパート、派遣社員は、働いた時間分だけ収入を受け取ります。つまり毎月働いているものの、公務員や正社員よりも月によって収入が変動しやすいです。そのため、「正社員より不安定」と見なされます。

たとえば企業の正社員とパートの人がいたとして、2人とも2年前に「クレジットカードの支払いを滞納した経験」があるとします。この場合、正社員のほうがパートよりも審査に通る可能性は高いです。

アルバイトやパートなどでも審査は通ります。ただ、過去に滞納などの経験があると、審査に落ちやすくなります。

「収入に対していくら借りたいのか」も大切

収入が高くても、審査に通らない場合があります。それは「借りたい額が大きいとき」です。

たとえば年収60万円で借りたい金額が10万円なら、借りることができる可能性は高いです。これは借りたい金額に対して、収入に余裕があるためです。この例の場合、借りたい金額は年収の1/6です。

一方、年収300万円で借りたい金額が100万円の場合、借りることができない可能性があります。

この例では借りたい額が年収の1/3で、消費者金融が貸すことができるギリギリの金額です。借りたい金額に対して収入に余裕がないため、審査に落ちることがあるのです。

プロミスの申込み画面

キャッシング会社の申込みをするときには「お借り入れ希望額(借りたい金額)」を入力する欄があります。確実に借りるなら、この欄にはなるべく「年収の1/5」以下の数字を入れると良いです。

申込みで嘘の年収を入力してはいけない

プロミスの年収入力欄

キャッシング会社の申込みフォームには必ず、年収を入力する欄があります。

ここで「年収が低いと審査に通らないかもしれないから、嘘の年収を入力しておこう」と考えることがあるかもしれません。ただ、これは絶対にダメです!実際の収入とかけ離れた金額を入力すると、必ずバレます

キャッシング会社のスタッフは、たくさんの申込者を審査しています。嘘の年収を入力していると、ほかの情報と噛み合ない点が出てきます。そして、「収入証明書類」という書類の提出を求められることになります。

収入証明書類は「どれだけ収入があるかを示す書類」です。

例としては「会社の給与明細」や、市役所などで発行してもらえる「所得証明書」などがあります。これらの書類には正確な収入が記載されているため、提出を求められると嘘がバレることになります。

また、収入証明書類を求められた場合に提出をしないと、当たり前ですが審査は通りません。

このように年収に嘘をつく不正な申込みをしてしまうと、キャッシング会社の審査に落ちるだけでなく、「ブラック」と判定されてしまいます。そしてキャッシングだけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも通らなくなってしまいます。

そのためキャッシング会社に申し込むときには、必ず正確な年収を入力するようにしましょう。

勤続年数が1年に満たない場合は、「見込み年収」を書く

今の仕事を始めてから1年以内の場合、自分の正確な年収が分からないことがあると思います。この場合は月の給料を12倍して、「見込みの年収」を入力しましょう。ボーナスは支給されるか分からないため、含めないほうが良いです。

このように入力することで、審査は通ります。ただ、借りられる上限金額である「限度額」は、低めに設定されることが多いです。

見込みの年収は、正確な年収ではありません。消費者金融は総量規制によって年収1/3を超える金額を貸すことはできません。そのため見込み年収より低めの額に限度額を設定することで、年収1/3を超える額を貸すことを避けるのです。

借りたい金額が大きい場合は、「収入証明書類」が必要になる

借りたい金額が大きいときにも、「収入証明書類」が必要になります。

消費者金融だと「50万円を超える金額を借りたい場合」もしくは「他社含めて100万円を超える額を借りたい場合」に収入証明書が必要です。これは貸金業法という法律で決まっているため、各消費者金融で共通です。

銀行カードローンの場合、収入証明書類が必要になる限度額は、銀行によって異なります。

たとえば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は希望額が200万円を超える場合に収入証明書類が必要です。

消費者金融も銀行も、大きなお金を貸すときには慎重になります。収入証明書類は「本当に返済できるだけの収入があるのか」を確認するために、必要になります。

会社員で収入証明書類が必要になった場合は、「会社の給与明細」を用意すればOK。

直近の賞与(ボーナス)明細も、あれば用意したほうが良いです。給与明細がない場合は、市役所などの市町村役場で、「所得証明書」という書類を発行してもらいましょう。この場合、300円の費用がかかります。

審査に通るか心配な場合は、アコムがイチオシ!

審査に通るか心配な場合は、「アコム」がオススメです。

アコムは消費者金融・銀行含めて、トップクラスに審査に通りやすいサービスです。

消費者金融と銀行を比べると、消費者金融のほうが圧倒的に審査に通りやすいです。そして大手消費者金融であるアコム・プロミス・アイフルの3社で「審査通過率」という数字を比べると、次のようになります。

会社名2015/32015/62015/92015/122016/3平均
アコム47.3%48.9%48.5%48.5%47.9%48.2%
プロミス40.6%43.1%44.1%43.5%44.4%43.1%
アイフル44.5%44.1%47.2%47.5%47.5%46.1%

このようにアコムは消費者金融の中でも、さらに審査が通過しやすいのです!なるべく確実に借りるなら、アコムをオススメします。

ちなみに2社目はアイフルではなく、プロミスをオススメします。審査通過率は3社の中で一番低いのですが、「WEB完結」というサービスがあります。

これがメチャクチャ良くて、家族バレせずに借りることができます。「学生で親にバレたくない」「パートでダンナに内緒で借りたい」などの場合には、マジで使えるサービスです。

年収ゼロの専業主婦でも借りることができるが、条件は厳しい

キャッシング会社のうち、「銀行カードローン」では、収入のない専業主婦でもお金を借りることができます。ただし、旦那に収入があることが条件。

自分に収入がなくても旦那の収入があれば、専業主婦でも返済能力があると考えてもらえるのです。

専業主婦が銀行カードローンに申し込むときには、「ダンナにバレたくない・・」という悩みがあるもの。

ただ、銀行カードローンの申込み画面では「世帯年収」を入力する必要はあるものの、「旦那の収入証明書類」を提出する必要はありません

自分の本人確認書類(免許証・健康保険証・パスポートなど)を用意すれば、家族に内緒でお金を借りることができます。

また、専業主婦の場合は各銀行とも30万円や50万円など、限度額が低めにおさえられていることが多いです。

会社名収入証明書類金利限度額口座開設旦那への連絡
楽天銀行
カードローン
不要1.9~14.5%50万円不要なし
三菱東京UFJ銀行
カードローン
不要1.8~14.6%30万円不要なし
みずほ銀行
カードローン
不要9.0~14.0%30万円必要
(開設に2週間〜1ヶ月)
なし
イオン銀行
カードローン
不要3.8~13.8%50万円必要
(開設に1ヶ月)
なし
ジャパンネット銀行
カードローン
不要2.5~18.0%200万円必要
(開設に1~2週間)
あり
じぶん銀行
カードローン
不要2.4~17.5%30万円不要なし

上の表は専業主婦が借りることができる銀行カードローンをまとめたものです。

この中でオススメなのは「楽天銀行カードローン」です。全ての条件でバランスが取れていて、楽天銀行の口座開設が必要ないため、なるべく早くお金を借りたい場合にも良いです。

ジャパンネット銀行カードローンは急ぎではなく、ダンナに連絡が入っても大丈夫であれば良いと思います。

ただ、「家族に内緒で借りたい」という場合が多いのではないでしょうか。そのため専業主婦の場合、まずは楽天銀行カードローンを第1候補として考えることをオススメします。

消費者金融では専業主婦がお金を借りることはできない

キャッシングの審査は基本的に消費者金融より銀行のほうが厳しいです。それなのに、なぜか専業主婦が借りられるのは銀行のみ。これは消費者金融が守るべき法律である「総量規制」が関係しています。

総量規制では、「消費者金融は、契約者本人の年収1/3までしか貸してはいけない」と決められています。例外として配偶者に収入があれば、配偶者の年収1/3を上限としてお金を借りることができます。この場合、「旦那の同意書」と「戸籍謄本(婚姻関係を証明する書類)」を提出する必要があります。

つまり、ダンナがお金を借りることを認めてくれていて、結婚していることが事実なら、消費者金融でもダンナの年収1/3までお金を借りることができます。これを「配偶者貸付(はいぐうしゃかしつけ)」と呼びます。

ただ、法律では認められているものの、プロミスやアコムなどの大手消費者金融では、配偶者貸付を行っていません。

これは管理人の考えですが、消費者金融でお金を借りたい専業主婦は、ダンナに内緒で借りたい人が多いはず。「ダンナの同意書なしでお金を貸してくれない?」という相談が多くて、消費者金融の対応が大変なのだと思います。

こうした理由で、専業主婦は消費者金融で借りることができません。ただ、銀行カードローンは総量規制の対象外で、銀行が自分でルールを決めています。そのため「専業主婦でも貸しますよ」とうたっている銀行なら、専業主婦でもお金を借りることができるのです。

まとめ

ここでは、年収が低い場合のキャッシングについて紹介してきました。

年収が低くて審査が不安でも、お金を借りることはできます。借りることができる金額は消費者金融の場合、年収の1/3が上限です。ただ、実際に借りることができるのは、最初は年収の1/5と考えておきましょう。

審査に通過してスピーディかつ確実に借りるには、消費者金融の「アコム」がオススメ。審査が通りやすいので、年収に不安を感じていても大丈夫です。また、専業主婦は銀行カードローンのうち、「楽天銀行カードローン」がオススメです。

収入が少ないときにキャッシングでお金を借りることができると、とても便利です!自分に合ったサービスで、計画的にキャッシングを利用してくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について