1. トップページ
  2. キャッシングで審査に必要な書類は?基本は免許証のみでOK

キャッシングで審査に必要な書類は?基本は免許証のみでOK

キャッシング会社の審査には書類を提出する必要があります。

借りたいお金が「50万円以下」の場合、用意するのは「本人確認書類(免許証・パスポート・健康保険証など)」のみでOK。免許証が一番確実で、これだけで申込みできます。

また、消費者金融で50万円を超える額、銀行では100万円や200万円を超える額を借りたいときには「収入証明書類」が必要です。

ここでは、キャッシング会社の申込みに必要な書類について詳しく解説します。

必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」

キャッシング会社で審査を受けるための必要書類は2種類あります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

この2つです。

必ず「自分の書類」が必要です。家族や友人の書類を用意して、他人名義で申し込むことはできません。

必ず必要な「本人確認書類」

どの消費者金融や銀行でも必ず必要になるのが「本人確認書類」です。本人確認書類は「申込みをしたのが本人であることを証明する書類」です。

本人確認書類の例 ・運転免許証・健康保険証・パスポート・住基カード・個人番号カード・在留カード・外国人登録証明書・特別永住者証明書

本人確認書類はこのように種類があります。提出に使える書類は、キャッシング会社によって異なります。

どの金融機関でも使えて一番確実なのは「運転免許証(有効期限内のもの)」。免許証がない場合は、パスポートや健康保険証を使う人が多いです。

借りたい金額が大きい場合は、「収入証明書類」が必要

本人確認書類に加えて、「収入証明書類」という書類が必要になることがあります。収入証明書類は、「会社や事業から収入があることを証明する書類」です。

50万円や100万円など、借りたい金額が大きい場合、それだけ返済も大変になります。

お金を貸す側である消費者金融や銀行からすると、「お金を貸したとして本当に返してくれるの? 返せるだけの収入があるの?」ということが気になるはず。

そのため十分な収入があることを示すために、キャッシング会社に収入証明書類を提出する必要があります。

収入証明書類が必要になる条件は、プロミスやアイフルなどの消費者金融なら「50万円を超える額を借りたい場合」です。(他社でも借金をしているときは、「他社含めて100万円を超える額を借りたい場合」)

また、銀行カードローンで収入証明書類が必要になる条件は、サービスによって異なります。

三菱東京UFJカードローンは200万円を超える額を借りたいときに収入証明書類が必要です。

収入証明書類取得できる場所費用
所得証明書市役所・区役所などの市町村役場300円
課税証明書市役所・区役所などの市町村役場300円
確定申告書税務署もしくは国税庁のホームページ。前年度のもの無料
給与(賞与)明細書会社で毎月発行(直近の2~3ヶ月分があると良い)無料
源泉徴収票会社(総務部など)で発行(再発行は不可)無料
税額決定通知書市区町村から自宅に送られる(再発行は不可)無料

収入証明書類は上のようなものがあります。取得しやすいのは「所得証明書」か「課税証明書」です。

この2つは市役所などの役場に行けば、すぐに発行してもらうことができます。300円で発行してもらうことができますが、市町村によっては350円など、費用が少し変わる場合があります。

キャッシング会社に申し込むときには、本人確認書類と収入証明書類以外のものは必要ありません。印鑑や担保の用意は不要です。キャッシングは手軽に申込みできるため、人気となっています。

主な消費者金融・銀行カードローンの必要書類のまとめ

次に主な消費者金融・銀行カードローンの必要書類を紹介します。

  本人確認書類 収入証明書類 収入証明書類が
必要になる限度額
プロミス 免許証
パスポート+住民票
健康保険証+住民票
在留カード+特別永住者証明書
源泉徴収票
確定申告書
給与明細書
市民税・県民税額の通知書
所得証明書
50万円超
アコム 免許証
個人番号(マイナンバー)カード
健康保険証
在留カード
特別永住者証明書
アイフル 免許証
パスポート
個人番号(マイナンバー)カード
住基カード
在留カード
特別永住者証明書
モビット 免許証
パスポート
健康保険証
ノーローン 免許証
パスポート+住民票
個人番号(マイナンバー)カード+住民票
住基カード+住民票
健康保険証+住民票
在留カード
特別永住者証明書
泉徴収票
確定申告書
給与明細書
市民税・県民税額の通知書
所得証明書
年金証書
年金通知書
三菱東京UFJ銀行
カードローン
免許証
パスポート
個人番号(マイナンバー)カード
健康保険証
※テレビ窓口(無人契約機)では免許証のみ
源泉徴収票
住民税決定通知書
納税証明書
確定申告書
200万円超
三井住友銀行
カードローン
免許証
パスポート
個人番号(マイナンバー)カード
住基カード
源泉徴収票
給与明細書
所得証明書
確定申告書
みずほ銀行
カードローン
運転免許証
パスポート
種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住基カード
在留カード
特別永住者証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書
課税証明書
納税証明書
200万円超
新生銀行
カードローンレイク
運転免許証
パスポート
種健康保険証
印鑑証明書
住民票
住基カード
在留カード
特別永住者証明書
源泉徴収票
住民税決定通知書
課税証明書
納税証明書
100万円超
楽天銀行
カードローン
免許証
パスポート
健康保険証
源泉徴収票
課税証明書
給与明細書
課税証明書
確定申告書
300万円超
イオン銀行
カードローン
運転免許証
パスポート
種健康保険証
印鑑証明書
住民票
在留カード
特別永住者証明書
源泉徴収票
確定申告書
給与明細書
市民税・県民税額の通知書
所得証明書
300万円超

書類不要の金融機関は闇金!借りてはいけない!

本人確認書類を用意できない場合、「書類不要で審査を受けられないかな?」と思うことがあるかもしれません。ですが、書類不要で審査をしてくれる会社はありません!

ただ、ネットで検索すると、「書類ナシで融資OK!」とうたっている業者が出てきます。これは間違いなく、ヤミ金です・・。

落ち着いて考えてみると、書類不要ということは「どんな人か分からない人にお金を貸す」ということです。これを大丈夫といっている業者は、明らかにおかしいのです。

ヤミ金をうっかり利用してしまうと違法な金利と取り立てで、あなたの人生は台無しになってしまいます。「書類不要」とうたっていても、絶対に借りないようにしましょう

また、消費者金融・銀行とも、「クレジットカード番号」を申込みのときに求めてくることはありません。お金を借りて返済するために、クレジットカードの決済は必要ないですよね。不要な情報を求めてくるのは、明らかに怪しいです。

さらに、本人以外の家族や友人についての書類を求めてくることも、基本的にはありません。これも悪用される可能性があるため、提出してはいけません。

ただし「専業主婦」は、旦那の収入証明書類が必要になる場合はあります。

申込みのときに準備しておくと良い書類

以上のように、キャッシング会社の申込みには基本的に「本人確認書類」と「収入証明書類」を用意しておけば良いです。

ただ、キャッシング会社に提出する必要はないものの、準備しておくと申込みがスムーズになる書類を、3つ紹介しておきます。

  • 会社の名刺
  • 銀行の通帳orキャッシュカード
  • 他社の取引明細(他社でお金を借りている場合)

会社の名刺

キャッシング会社に申し込むときには、「勤務先の情報」を入力する必要があります。

会社の名刺を用意しておくと、「勤務先の住所」「勤務先の電話番号」「【株式会社】が前か後、どちらにくるのか」をすぐに入力することができます。

銀行の通帳orキャッシュカード(できれば通帳がオススメ)

申込みをした当日にお金を借りたい場合、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらう「振込みキャッシング」で融資してもらうことがあります。

つまり申込みのときに「自分の口座番号を入力する必要がある」ということ。銀行の通帳かキャッシュカードを用意しておけば、番号を覚えていないときにすぐに入力できます。

できれば「通帳」を用意しておくと確実です。支店名もすぐに分かるので、「何支店だったかな?」ということがありません。

他社の利用明細を確認

現在、他社でもお金を借りている場合、他社での利用明細(取引明細)を確認しておきましょう。

キャッシング会社の申込み画面には、「他社での借金」について入力する欄があります。必要になるのは「借入れ件数(何社から借りているか)」と「借金の総額」です。

これらの数字は嘘を入力せずに、正しく入れましょう。

「借金は少なく見せたほうが印象が良いだろう」と考えて嘘の数字を入力してしまうと、それだけで審査落ちになる可能性があります。そのため明細を用意して、正しい数字を確認しておきましょう。

会社への在籍確認でバレたくないなら、「在籍証明書類」が必要

もうひとつ補足的な書類として、「会社への在籍証明書類」というものがあります。これは審査のときにある「在籍確認」を、会社にしてほしくないときに用意すると良い書類です。

在籍確認は「本当に会社に籍があるのか」「勤務先情報が正しいものであるか」を確認するために、消費者金融や銀行が行っているものです。

お金を借りたい人の中には無職の人がいて、審査に通るために嘘の勤務先を入力することがあるのです。

在籍確認は会社に電話があり、「佐藤と申しますが藤沢様はいらっしゃいますか?」のようにかかってきます。キャッシング会社は社名を名乗らず個人名で連絡がきます。そのため、同僚に借金をしようとしていることがバレることはありません。

ただ、中には「消費者金融の在籍確認では?」と勘付く人がいます。

このような同僚バレを防ぐためにプロミス・モビット・アイフルでは、「在籍証明書類の提出」で在籍確認をしてもらうことができます。在籍証明書類は「会社への在籍を示す書類」で、次のようなものがあります。

在籍証明書類の例 会社で発行される収入証明書(直近1~2ヶ月の給与明細書や源泉徴収票)
会社で発行された保険証(社会保険証)or組合保険証
会社の社員証

書類で在籍確認をしてほしい場合、申込み後に連絡がくる「本人確認の電話」で、「在籍確認を書類で対応してほしい」と伝えましょう。スタッフが在籍証明として使える書類を指示してくれるので、ネットなどで提出すればOKです。

ちなみに「銀行カードローン」は、書類で在籍確認をしてもらうことができません

銀行は審査が厳しいため、在籍確認が必須です。同僚バレが気になるなら、消費者金融で借りるのがオススメです。

提出方法は「ネット」か「無人契約機」が簡単

用意した本人確認書類や収入証明書類を、どのようにキャッシング会社へ提出するのか?多くの場合、「インターネット」か「無人契約機」を使うのが簡単です。

インターネットで提出する場合、まずは必要書類をスマホのカメラで撮影しておきます。

次にキャッシング会社に申し込むと、「書類提出用の画面」をメールで教えてくれます。提出用画面のURL(リンク)が記載されているので、パソコンやスマホでこの画面を開きます。

そして撮影した画像を、書類提出画面にアップします。

これで提出完了です。やってみると分かりますが、超簡単。これが一番オススメの方法です。スマホを使うと撮影から提出まで全てできるので良いですよ。

プロミスのアプリ

また、最近は「スマホアプリ」を使って本人確認書類をアップできる会社もあります。アプリを使うと、撮影から提出がさらに簡単になります。

プロミスやアコムなどには無料アプリがあるので、ダウンロードして使うと良いです。

無人契約機で提出することもできる

ネットでの提出が難しく感じる場合は、「無人契約機」を使うと良いです。無人契約機は「タッチパネル式でATMのように使える、契約専用の機械」です。

  無人契約機を設置しているキャッシング会社
消費者金融 プロミス・アコム・モビット・アイフル・ノーローン
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン・三井住友銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク

無人契約機は壁や仕切りで囲まれたブースになっていて、人目を気にせず契約できるようになっています(下の図は新生銀行カードローン レイクの無人契約機)。

プロミスのアプリ

無人契約機に必要書類を持っていき、申込み手続きを始めます。音声案内に従って画面をタッチして進めていくと、必要書類をスキャンするように指示されます。コピー機を使うように書類をスキャンすれば、提出完了です。

無人契約機で書類を提出する方法も、ネットと同じく簡単です。

ただ、ネットで出すときと異なり、審査は書類を提出してから始まります。そのため審査が終わるまで、無人契約機のブース内で待つ必要があります

また、来店する時間が遅かったり、審査で詳しい確認が必要になったりすると、翌日以降に審査結果の連絡が持ち越されることがあります。

ネットで提出すると、こうした無駄な待ち時間がありません。そのためできれば、ネットを使ってアップすることをオススメします。

郵送や窓口でも提出できるが、手間がかかる

必要書類の提出は、「郵送」や「店頭窓口(スタッフに直接提出する)」でできる場合もあります。

ただ、郵送の場合はとても時間がかかります・・。書類を送るだけでも、封筒や切手を用意して、ポストに行く必要があります。

さらに「書類がキャッシング会社に届くまでの時間」、「キャッシング会社のスタッフが書類を確認して、自分に連絡をくれるまでの時間」が必要と、とにかく面倒。オススメしません。

スタッフが直接対応してくれる店頭窓口は、スタッフに直接確認しながら書類を提出できます。そのため安心なのですが、各キャッシング会社とも有人店舗は少ないです。

家の近くに有人店舗がない場合があるため、ネットや無人契約機のほうが確実です。

まとめ

ここでは、キャッシング会社の申込みに必要な書類を紹介してきました。

キャッシングで借りたい金額が50万円以下の場合、免許証やパスポートなどの本人確認書類のみで申込みすることができます。

免許証が一番確実で、パスポートや健康保険証を使うのが一般的です。提出するときにはネットか無人契約機が便利です。

また、申し込むときには、名刺・銀行の通帳orキャッシュカード・他社の利用明細も用意しておくとスムーズです。申込み画面で止まることなく項目を入力できます。

申込みには必ず書類が必要です。確認して準備してから申込みをしてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について