1. トップページ
  2. キャッシング会社の審査時間について。夜遅くまで審査してもらえる会社は?

キャッシング会社の審査時間について。夜遅くまで審査してもらえる会社は?

キャッシング会社からお金を借りるときは審査を受けなければいけません。

では、キャッシング会社は何時まで審査をしてくれるのか?

仕事で忙しかったり、夜遅くにお金を借りたくなったりした場合には、いつまで審査をしてもらうことができ、お金を借りることができるかが気になるはずです。

結論を伝えると、キャッシング会社の審査時間は9:00~21:00が一般的です。

つまり、9:00~21:00までに申込みを済ませることができれば、今日中に審査結果を知ることはできます。

しかし、「審査結果が聞ける=お金を借りられる」というわけではありません。審査はできても、契約&融資までしてもらえなければ、今日中にお金を手に入れることはできないのです。

このページではキャッシング会社の審査時間はどれくらいかかるのか?今日中にお金を借りたい場合には、何時までに手続きを終わらせれば良いのか?について解説をします。

なお、すぐにお金を借りられる会社を知りたい場合は「今日お金を借りたい!大急ぎでキャッシングする方法」のページを読んでくださいね。

審査時間は最短30分~1週間!?

キャッシング会社の審査時間は会社によって違います

大手消費者金融・銀行カードローンが発表している審査時間は次の通りです。

会社名審査時間
プロミス最短30分
アコム最短30分
アイフル最短30分
モビット10秒簡易審査
ノーローン最短20分
三菱東京UFJ銀行最短30分
三井住友銀行最短30分
楽天銀行通常当日~2営業日
みずほ銀行最短即日
りそな銀行(プレミアム)最短即日
りそな銀行(クイック)最短2時間
新生銀行カードローンレイク①最短即日
イオン銀行カードローンBIG14時までの申込みで最短即日
ジャパンネット銀行最短1時間
東京スター銀行最短即日
オリックス銀行最短2~3日程度

このように審査時間が最短30分の会社もあれば、2・3営業日かかってしまう会社もあります。

とはいえ、公式HPで公表されている審査時間はあくまでも“最短”での話です。

各会社の申込み状況によって、審査時間が遅くなることもあるので、いつでも最短の審査時間で審査をしてもらえるとは限りません。

実際に、口コミサイトなどを見ると消費者金融は30分~1時間程度銀行カードローンだと1~3営業日程度は時間がかかることが多いようです。

また、「みずほ銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」「東京スター銀行カードローン」などは、契約するために銀行口座の開設が必要となっています。そのため、審査スピードが早くても口座開設のために時間がかかってしまうというケースもあります。

急ぎで審査を受けたい場合には、審査スピードが早いだけでなく、契約をするための条件も確認する必要があることを覚えておいてください。

基本的な審査時間は9:00~21:00

キャッシング会社は何時から何時まで審査をしてくれるのか?

多くのキャッシング会社の審査時間は9:00~21:00となっています。

そのため、21:01以降に申込みをしても、審査結果を聞けるのは翌9:00以降となってしまいます。もちろん、今日中にお金を借りることもできませんので、急ぎでお金を借りたい場合は、21:00までには審査が終わるように申込みをする必要があります。

さらに大事なポイントとして「審査してもらえる時間=お金を借りられる時間」ではないことを覚えておいてください。

21:00までに審査を終えたとしても、今日中にお金を借りられるわけではないのです。

というのも審査後にある「契約」を終えて、はじめてお金を借りることができるからです。そのため、お金を借りるときには審査時間だけでなく、「何時まで契約することができるのか?」ということにも気をつけなければいけません。

また、お金を手に入れる方法にも気をつけてください。

お金を手に入れる方法は「銀行口座に振り込んでもらう」か「ローンカードを使って、ATMからお金を引き出す」かの、どちらかの方法しかありません。

つまり、銀行口座に振り込んでもらえなかったり、ローンカードを発行できなかったりすると、今日中にお金を手に入れることはできないのです。

具体的には、銀行口座に振り込んでもらう場合、14:50までに審査&契約を済ませる必要があります。

というのも、お金を振り込んでもらうのが15:00を過ぎてしまうと、口座への入金は翌営業日にしか反映されません。お金を手に入れられるのも翌営業日になってしまうということです。

そのため、審査&契約が金曜日の15:00を過ぎた場合、銀行口座に入金が反映されるのは翌週の月曜日になってしまうので要注意です。

キャッシング会社のなかには、24時間いつでも即時に入金が反映される銀行口座を持っているところもあります。たとえば、プロミスなら三井住友銀行やジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀などです。

しかし、これらの24時間すぐに入金が反映される銀行口座を持っていないキャッシング会社は、14:50を超えてしまうと、口座への入金反映が翌営業日になってしまうということを覚えておいてください。

そして、ローンカードを使ってATMからお金を引き出す方法について。

キャッシング会社のなかには自動契約機を使って、その場でローンカードを発行できる会社があります。ローンカードがあれば、コンビニや銀行のATMからお金を引き出すことができます

自動契約機があるのは、プロミス、アコム、モビット、アイフル、新生銀行カードローン レイク、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどです。

これらの会社であれば、夜遅くまでローンカードを発行することができ、ローンカードを使って今日中にお金を手に入れることができます。

逆に自動契約機がない会社だと、すぐにローンカードを手に入れることができず、今日中にお金を手に入れることができないのです。

つまり、急ぎでお金を借りたい場合は、審査時間だけでなく「契約時間」と「お金を手に入れる方法」の2つにも気をつけなければいけないのです。

各会社の審査時間と融資してもらえる時間をまとめてみた

ここで、各会社の審査時間と、何時まで契約することができ、お金を手に入れることができるのかをまとめました。

""
会社名審査時間24時間反映される
銀行口座
自動契約機 土日での
審査・契約
プロミス最短30分三井住友銀行・
ジャパンネット銀行
9:00~22:00
アコム最短30分楽天銀行9:00~22:00
アイフル最短30分×9:00~21:45
モビット10秒簡易審査×9:00~21:00
ノーローン最短20分×9:00~21:00
三菱東京UFJ銀行最短30分×平日:9:00~20:00
土/祝日:10:00~18:00
日:10:00~17:00
三井住友銀行最短30分×9:00~21:00
楽天銀行当日~2営業日楽天銀行××
みずほ銀行最短即日×××
りそな銀行最短即日×××
新生銀行カード
ローン レイク
最短即日×9:00~21:00
イオン銀行
カードローン
14時までの申込みで
最短即日
×××

審査時間が最短30分の会社は多いですが、審査後に夜遅くまで契約でき、お金を借りられる会社は多くありません。今日中にお金を借りたいのであれば、何時までお金を借りることができるかもチェックして会社を選ぶようにしてください。

効率的に審査&契約の手続きをしたいなら、インターネットから申込みを

キャッシング会社の店頭窓口や自動契約機から直接申し込んでも、すぐに審査結果がわかり、お金を借りられるわけではありません。

店頭窓口や自動契約機などでも、審査に時間がかかります

そして、審査結果を聞くまでは、その場で待たなければいけないため、時間をムダにすることになります。

そこで、少しでも効率的に手続きを済ませたいのであれば、事前にインターネット(スマホ・パソコン)から申込みをするようにしてください。

というのも、ネットから申込みをすれば、店頭窓口や自動契約機に行く前に審査結果を知ることができます。お店や自動契約機で審査結果がわかるまで待つ時間を省くことができるので、効率的に手続きを進めることができるのです。

さらに「どうしても今日中にお金を借りたい」という場合には、「ネット申込み&自動契約機で契約」という方法で手続きをしてください。

今日中にお金を借りるにはネット申込み&自動契約機で契約を

「今日中にお金を借りたい」という場合は、ネット申込みをして、自動契約機で契約することをオススメします。

まず、ネット申込みについて。

どのキャッシング会社も、ネット申込みは365日24時間いつでも受け付けています。

また、先ほども説明したとおり、直接店頭や自動契約機に行く前に申込み~審査までを終わらせることができるので、効率的に手続きをすることができるというメリットがあります。

次に自動契約機での契約について。

大手消費者金融や、一部の銀行カードローンには自動契約機があります。

自動契約機は、夜遅くまで申込み~契約ができ、ローンカードが発行できます。(プロミスやアコムの自動契約機なら22:00まで、モビットなら21:00まで営業しています。)

ローンカードさえ手に入れば、あとは近くの銀行・コンビニATMから24時間いつでもお金を引き出すことができます。今日中にお金を借りたいときには、とても便利です。

具体的には次のように行動してください。(自動契約機が22:00まで営業している会社の場合)

  1. 20:00までにネット申込みを済ませる
  2. 21:00までに審査を終わらせる
  3. 21:30までに自動契約機に行く
  4. 22:00までに自動契約機で契約をし、ローンカードを発行する

このように申込み~契約までできれば、今日中にお金を借りることができます。

ただし、この時間設定はギリギリの時間を書いています。ですので、できるだけ早めにネット申込みをし、審査結果を聞けるのがベストです。時間に余裕をもって行動することを心がけてください

ちなみに銀行口座への振込でも、今日中にお金を借りることはできます。

銀行振込でお金を借りる場合、平日の14:00までに審査を終わらせることが条件となります。

審査結果の連絡が14:00を過ぎてしまうと、銀行口座への入金は翌営業日になります。銀行口座に入金が反映されず、その日中にお金を手に入れることはできないので気をつけてください。

なお、14:00までに審査を終わらせるためには、遅くても13:00までには申込みをして、審査を受けておくことが必要となります。申込みが13:00を過ぎてしまう場合は「ネット申込み&自動契約機での契約」という方法を選ぶようにしてください。

さらにキャッシング会社によっては午前中に申込みをしなければ、今日中に銀行口座にお金を振り込んでくれない会社もあります。ですので、申込みをする前には、銀行口座への振込で今日中にお金を借りることができるかを確認してください。

最後に、急ぎでお金を借りたい場合にオススメの会社はプロミスです。

プロミスは審査スピードが早いことで有名です。また、自動契約機は22:00まで営業しているため、夜遅くにお金が必要となった場合でも、お金を借りることができます。

三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも瞬時にお金を振り込んでもらえるのも大きな魅力です。

今日中にお金を借りたいのであれば、プロミスを選ぶことをオススメしますよ。
参考:今日お金を借りたい!大急ぎでキャッシングする方法

審査に時間がかかってしまう4つの理由

お金を借りるためには、できる限り早く審査を終わらせることが大事です。

審査では「この人にお金を貸しても、きちんと返してくれる」ということがわかれば、スムーズに審査を終えることができます。逆に言えば「この人は返済できない可能性がある」という疑いをもたれてしまうと、審査には時間がかかってしまいます。

具体的には次4つのどれかにあてはまると審査に時間がかかってしまいます。

  • 登録された情報に嘘がある
  • 借入希望額が大きい
  • 過去に返済遅延などを起こしている
  • 個人信用情報に何も記録されていない

それぞれについて簡単に解説をしていきます。

登録された情報に嘘がある

申込みをしたときに登録した情報に嘘があると審査に時間がかかってしまいます。

理由は簡単で、嘘つきは信頼できないからです。たとえば、いつも嘘をついたり、約束を破るような人にはお金を貸そうとは思いませんよね?それと同じです。

キャッシング会社の審査では「個人信用情報」を参考に、情報に誤りがないかを確認します。

「個人信用情報」というのは、あなたの個人情報と、これまでにどのような金融商品を使ってきたかが記録されている情報のことです。

金融商品というのはキャッシングだけでなく、クレジットカード、各種ローン・保険などのことです。

これらの情報が「信用情報機関」と呼ばれる機関によって管理されており、キャッシング会社は申込者の「個人信用情報」を確認することができるのです。

万が一、情報に誤りがあった場合は、申込者に対して直接連絡をして、正しい情報の確認がされます。このような確認作業が発生すると、審査にも時間がかかってしまうのです。

くれぐれも申込みをするときには、入力ミスをしないように気をつけてください。

ちなみに、明らかに嘘の情報を登録しているとバレた場合には審査に落ちます。そして、嘘の情報を登録しても、すぐにバレますので、嘘の情報を登録することだけは絶対しないようにしてくださいね。

借入希望額が大きい

申込みをしたときに、借入希望額を登録します。

この借入希望額が高すぎる場合にも、審査に時間がかかってしまいます。

その理由は「毎月返済することができるか?」「本当に完済することはできるのか?」を見極めなければいけないからです。

具体的には「借入希望額が年収の3分の1近くの場合」や「借入希望額が50万円を超える場合」には審査に時間がかかってしまいます

そもそも消費者金融は年収の3分の1までしかお金を借りることができません。そのため、年収の3分の1以上の借入を希望しても審査には通りません。

さらに、ギリギリ年収の3分の1の金額を希望してきた場合にも「本当に毎月返済をすることができるのか?」を確認しなければいけません。

たとえば、年収300万円(月収25万円)の人がプロミスから90万円の借入希望を出してきた場合で考えてみたいと思います。

プロミスでは「毎月この金額だけは返してね」という金額が決まっています。これを最低返済額と言います。

プロミスから90万円借りた場合の最低返済額は900,000円×2.53%=22,770円となります。1,000円単位での返済になるので、毎月支払う金額は23,000円です。

毎月の給料が25万円あったとしても、家賃8万円、光熱費3万円、携帯代1万円、食費5万円、交際費3万円とお金が掛かった場合、残りの5万円から返済にあてなければいけなくなります。

これにローンや保険の支払いなどが加わると、毎月の借金返済はかなり厳しいということがわかります。

そのため、個人信用情報などを参考にして、きちんと返済できるかを見極めなければいけないので、審査に時間がかかってしまうのです。

そして、もう1つ。

キャッシング会社では一定の金額よりも多くの借入希望額で申し込んできた場合には、収入証明書の提出を求めてきます。

具体的な金額としては、消費者金融では50万円以上の借入で、銀行カードローンでは200~300万円以上の借入を希望すると、収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書とは、給与明細や源泉徴収票などです。

収入証明書の提出が必要な場合、そもそも書類の準備に時間がかかります。さらに、キャッシング会社も収入証明書に書かれている情報に誤りがないかの確認もしなければいけないので、審査には時間がかかってしまうのです。

借入希望額が大きい=返済されないと、キャッシング会社も大きな損になる」ということなので、審査にも時間がかかってしまうのです。

「どうしても、その金額が必要」という場合はしょうがないですが、もし少額でもよい場合には、できる限り少なめの借入希望額で申し込むようにしてください。

過去に返済遅延などを起こしている

これまでお金を借りたことがある場合で、返済が遅れたことがある場合にも、審査に時間がかかってしまいます。

というのも、過去に返済遅延を繰り返している人は、今後も返済が遅れてしまう可能性が高いからです。

たとえば、映画のDVDを1週間だけ借りると約束したのに、返してもらえたのが1ヶ月後だった場合、次もDVDを貸してあげようとは思えませんよね。

キャッシング会社の審査でも同じで、返済が遅れたことがある場合には、審査に通りにくくなるのです。

このような返済遅延の記録も「個人信用情報」に記録されています。

これまでに何度返済が遅れたのか?何日後に返済することができたのか?などが確認されます。

そして、何度も返済遅延があった場合には「本当に安定した収入があるのか?」を確認するために収入証明書の提出が求められることもあります。

収入証明書の提出が必要となると、さらに審査に時間がかかってしまうことになるのです。

個人信用情報に何も記録されていない

最後に「個人信用情報」が真っ白な場合も、審査に時間がかかります。

“真っ白”というのは、何も記録が残っていない状態のことです。

普通の人であれば、個人信用情報に何も記録が残っていないということはありえません。

というのも、ほとんどの人がクレジットカードを作ったり、ローンや保険に入ったりしているからです。

では、記録が“真っ白”になるのは、どういうときか?

それは、過去に債務整理をしたことがある場合に、個人信用情報の記録がなくなります

債務整理というのは、裁判によって借金を減額or帳消しにする方法のことです。

債務整理をすることで、借金の減額や帳消しにすることはできますが、最低5年間はクレジットカードを作れなかったり、ローンや保険に加入することができなくなります。

つまり、その5年間は個人信用情報には何も記録することができなくなるのです。

本来であれば、個人信用情報には何かしらの記録がされているのですが、その記録がないということは、債務整理をした可能性が非常に高いことを意味します。

それを確認するためにも、個人信用情報が“真っ白”の場合は、審査に時間がかかってしまうのです。

このようにキャッシング会社の審査では「返済することができない可能性がある」と疑われることがあると、審査に時間がかかってしまうのです。

くれぐれも、審査に時間がかからないようにするために「嘘の情報は登録しない」「借入希望額はできる限り少なくする」「今後の審査のためにも返済遅延や債務整理はしない」といったことに気をつけるようにしてください。

まとめ

このページではキャッシング会社の審査時間について解説をしました。おわかりになりましたでしょうか?

キャッシング会社の審査は基本的には9:00~21:00という時間帯でおこなわれます。21:00よりも遅くなると、審査結果がわかるのは翌営業日になってしまいますので、気をつけてください。

また、審査時間は「最短30分」と書かれていますが、これはあくまでも“最短”での話です。30分で審査が終わることはほとんどありません。

特に銀行カードローンは審査に時間がかかることで有名です。もし、急ぎでお金を借りたいのであれば、審査スピードの早い消費者金融に申込みをすることが最低条件だと考えておいてください。

どうしても今日中にお金を借りたい場合は、今すぐにWEB申込みをすることが大切です。そして、少しでも早く審査を受けることが大事です。あとは夜遅くまでやっている自動契約機を使い、契約とローンカードを発行することができれば、今日中にお金を借りることができます。

この場合も、夜遅くまで自動契約機があるのは消費者金融だけです。

つまり、今日中にお金を借りたいのであれば消費者金融を使うことが大切ということです。あとは、審査スピードが早いプロミスモビットに申込みをすれば、今日中にお金を借りられる可能性はグッと高まります。

これらの点に気をつけながら、キャッシング会社を選ぶようにしてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について