1. トップページ
  2. コンビニでキャッシングする方法!急ぎでも24時間借りられる会社は?

コンビニでキャッシングする方法!急ぎでも24時間借りられる会社は?

「マズい、給料日前で生活費が足りない・・。近くのコンビニで5万円借りられるかな?」
このような急ぎのときでも大丈夫。コンビニでキャッシングする方法はあります。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があるなら、カードをコンビニのATMに差し込んでお金を借りることができます。

また、クレジットカードを持っていない、もしくはカードにキャッシング枠がないなら、「消費者金融」や「銀行カードローン」を使う方法があります。とくに消費者金融なら最短1時間後には借りることができ、急ぎで借りたいときにも超便利です!

ここでは、コンビニでキャッシングをする方法を紹介します。

コンビニでキャッシングをする方法は2種類

コンビニでキャッシングをするには、次の2種類の方法があります。

  • キャッシング枠があるクレジットカードをコンビニのATMに差し込む。
  • 「消費者金融」や「銀行カードローン」を契約して、コンビニのATMでお金を借りる。

どちらの方法を使うと良いかは、人によって異なります。
これら2つについて説明していきます。

キャッシング枠付きのクレジットカードなら、コンビニATMで借りられる

コンビニで即キャッシングをするなら「ATMにクレジットカードを差し込む」のが早いです。

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という2種類の利用枠があります。

ショッピング枠は「普段の買い物で使える上限額」のこと。ショッピング枠が30万円と決まっていたら、クレジットカードを使って30万円まで買い物をすることができます。

キャッシング枠は「キャッシングとして使える上限額」のこと。クレジットカードにはキャッシング機能が付いていて、お金を借りることができます。キャッシング枠が20万円なら、20万円までお金を借りることができます。

また、クレジットカードでキャッシングをする場合の金利は「18.0%」が多いです。ちなみに、ショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも高く設定されていることが多いです。

クレジットカードのキャッシング枠を使うのは超簡単。コンビニのATMにクレジットカードを差し込めば、お金を借りることができます。

ただ、クレジットカードのキャッシング枠は普段あまり使わないことが多いため、申込みのときに付けたかどうかを忘れることが多いです(笑)管理人も実はそうでした。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているのか分からない場合、クレジットカード裏面に記載されているサポートセンターに電話すると良いです。オペレーターがキャッシング枠がついているかを教えてくれます。

持っているクレジットカードにキャッシング枠がない、もしくはクレジットカード自体を持っていない場合、クレジットカードですぐにお金を借りることはできません。

新しくクレジットカードを作ろうとしても、カード発行までに2週間~1ヶ月かかってしまいます。この場合は次に紹介する、消費者金融や銀行カードローンを使うのがおすすめです。

消費者金融や銀行カードローンを契約すれば、コンビニでキャッシングできる

コンビニでキャッシングをするもうひとつの方法として、「消費者金融」や「銀行カードローン」を契約する方法があります。

消費者金融は「一般の人に無担保でお金を貸す業者」のことを指します。例としてプロミス・アコム・アイフルなどがあります。

銀行カードローンは「銀行が一般の人に無担保でお金を貸すサービス」のことを指します。銀行が消費者金融に対抗するサービスとして始めたものです。例として三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」「みずほ銀行カードローン」などがあります。

消費者金融と銀行カードローンは、それぞれ特徴があります。

消費者金融は審査が通りやすく、借りるまでの時間は最短1時間

プロミスやアコムなどの消費者金融は「すぐに借りやすい」ことが大きなメリットです。

消費者金融でお金を借りるには、使うサービスを決めて申込みをします。申し込むと審査が行われ、審査が通るとキャッシングをすることができるようになります。

プロミス・アコム・アイフルは「大手の消費者金融」として人気のサービス。審査が通りやすく、申込みから融資までの時間は最短1時間ほどです。そのため急ぎのときにも超便利です。

申込み・契約をする場合、まずはインターネットの公式ページから申込みをします。すると審査が行われます。審査通過の連絡がきたら店舗に向かいます。

店舗はプロミス・アコム・アイフルとも2種類あり、「スタッフがいる有人店舗」と「無人の契約機が置かれている店舗」があります。消費者金融はどのサービスも有人店舗が少なく、無人契約機が多いです。

「スタッフがいなくてちゃんと契約できる?」と思うかもしれませんが、不明点は電話で確認すれば十分です。実は無人契約機のほうが人目も気にならないのでラクです。

契約を終えると「キャッシングをするためのカード(キャッシングカード)」が発行されます。これを契約機に併設されているATMやコンビニのATMに差し込めば、お金を借りることができます。

また、上の3社のうちプロミスだけは、「web完結」という契約方法があります。これは「インターネットで契約を完了させる方法」です。

自宅で申込みをして審査通過の連絡がきたら、店舗に行かずにインターネットで契約手続きをします。web契約は郵送物が一切ないので、家族バレする危険がありません。

web契約ではキャッシングカードが発行されません。この場合、自分の銀行口座への振込みでキャッシングをすることができます(「振込みキャッシング」といいます)。入金後はコンビニのATMでお金を下ろすだけです。

消費者金融の金利はプロミスが17.8%、アコムとアイフルは18.0%です。「消費者金融は金利が高い」というイメージがあるかもしれませんが、クレジットカードを使ってキャッシングするのと同じ金利です。

消費者金融は「30日間無利息サービス」がある!

金利が高いと思われがちな消費者金融ですが、実は上記のように、クレジットカードのキャッシングと変わりません。さらにプロミス・アコム・アイフルには「30日間無利息サービス」というサービスがあります!

これは「初めて借りた日もしくは契約日の翌日から30日間は、利息ゼロで借りることができる」というもの。このサービスを活用すればさらに利息を安く抑えることができます! ちなみにプロミスは「初めて借りた日の翌日から30日」、アコム・アイフルは「契約日翌日から30日」です。

30日間無利息サービスがあることで、実はクレジットカードのキャッシングよりもお得にキャッシングを使うことができます。

よく「消費者金融は危ない」といわれることがあります。ですが本当に危ないのは「無計画なお金の借り方」で、けして消費者金融そのものが危ないわけではありません。計画的に使えば、消費者金融は便利なサービスなのです。

銀行カードローンは金利が低く、お得に借りることができる

消費者金融のほかにお金を借りることができるサービスとして、「銀行カードローン」があります。銀行カードローンは低金利であることが大きなメリットです。

サービス名金利
みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」3.0~7.0%
みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」3.5~14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン4.6~14.6%
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%
新生銀行カードローンレイク12.0~18.0%
プロミス4.5~17.8%
アコム4.7~18.0%
モビット3.0~18.0%

上の表は大手の銀行カードローンと消費者金融の金利をまとめたものです。

金利は「4.5~17.8%」のように幅がありますが、一番高い「上限金利」を見ることが大切です。この例では17.8%が上限金利です。

上限金利が大切なのは、「どのサービスも初めて借りる人には、上限金利でお金を貸すのが一般的だから」です。新規の人は「きちんとお金を返してくれるか」が分からず、金融機関にとってリスクがあるのです。

これをふまえて表を見ると、全体的に消費者金融よりも銀行カードローンのほうが上限金利が低いことが分かると思います。

このように金利だけ見ると、「金利が低いから消費者金融よりも銀行カードローンで借りよう」と考えたくなります。ただ、銀行カードローンにはデメリットもあります。それは、「審査が通りにくく、時間がかかること」です。

銀行カードローンのホームページを確認してみると、「即日融資可能」と書かれているサービスがあります。ただ、実際に当日お金を借りることができるサービスは少なく、3~4日はかかることが多いです。さらに審査が通る可能性は消費者金融よりも低いです。

そのため急ぎで借りたい場合、銀行カードローンはリスクが高いです。消費者金融で借りるようにしてください!

銀行カードローンは低金利ですが、かわりに消費者金融は「30日間無利息サービス」があるサービスがほとんどです。そのため2つの間にすごく大きな差がつくわけではありません。

ただ、消費者金融はやはり信頼度では銀行カードローンに劣ります。

消費者金融は昔、強引な取り立てでニュースになったことがありました。今の消費者金融は強引な取り立ては一切行っていません。また、プロミスは「三井住友銀行ファイナンシャル・グループ」、アコムは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」と、大手銀行の傘下に入って信頼回復をはかっている業者もあります。

「消費者金融はどうしても不安・・」という場合は、銀行カードローンを使うと良いと思います。

コンビニで借りるなら、オススメはプロミスとアコム!

ここまでの話をまとめます。

キャッシング枠のあるクレジットカードがあるなら、「クレジットカードを使い、コンビニのATMでキャッシングをする」のがオススメです。

キャッシング枠のあるクレジットカードがない場合、管理人は「プロミス」「アコム」「アイフル」いずれかの消費者金融を使うことをオススメします。

消費者金融の3社のうち、イチオシは「プロミス」です!

プロミスはキャッシング開始までが最短1時間と早いです。また、30日無利息サービスが「最初に借りた翌日から30日間」なので、借りずに無利息期間が過ぎてしまうというムダがありません。

さらに、プロミスはコンビニの返済手数料を無料にできます! 使うコンビニがローソンかファミリーマートなら「ロッピー」や「ファミポート」を使うことで、手数料無料で返済をすることができます。

ロッピーやファミポートはチケット購入や料金の支払いをすることができる、タッチパネル式の機械です。

また、平日の14:50までに契約できるなら「web契約」もオススメ。

14:50までなら自分が口座を持っている銀行の営業時間内のため、電話・ネットで振込みキャッシングを依頼するとすぐに振り込んでもらえます(銀行口座が三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は例外で、土日・祝日含めて24時間すぐに振込み可能です)。

Web契約は書類の郵送が一切ないので、家族バレが不安な場合でも安心です。

プロミスはこのように細かい点まで配慮されています。そのため、ほかの消費者金融よりも優れたサービスといえます。

また、アコムもオススメのサービスです。

アコムの大きなメリットは「審査の通りやすいこと」。消費者金融はどのサービスも審査が通りやすい傾向にあります。ただ、その中でもとくにアコムは審査が通りやすいです。

審査の通りやすさを示す「審査通過率」という数字があります。

2014年と2015年のプロミス・アコム・アイフルの審査通過率の平均はそれぞれ、「41.9%」「48.0%」「45.3%」。アコムはプロミスやアイフルに比べて審査通過率が高く、「少しでも審査に通りやすいサービスがいい」というときにはオススメです。

また、アコムもプロミスと同じくキャッシング開始までに最短1時間。スピーディに借りたいときにもオススメできるサービスです。

アイフルは正直、上の2社と比べて際立つメリットがありません。ただ、逆に言うと「無難に使えるサービス」です。最短1時間でキャッシングができ、30日間無利息サービスもあります。

基本的にはプロミスやアコムをオススメしますが、自宅からアイフルが近いなら利用するのも良いと思います。

なるべく低金利で借りるなら、みずほ銀行カードローン

コンビニで急ぎで借りたい場合、基本は消費者金融が良いと思います。ただ、急ぎではなく低金利のサービスが良いなら、銀行カードローンをおすすめします。

銀行カードローンの中でもコンビニで使えて低金利なのは、「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行のカードローンは2種類に分かれています。

  • エグゼクティブプラン:金利3.0~7.0%
  • コンフォートプラン:金利が3.5~14.0%

の2つのプランがありますが、自分でこれを選ぶことはできません。みずほ銀行カードローンに申し込むと審査が行われ、その結果でどちらになるかが決まります。

プロミスやアコムの金利18.0%と比べると、金利が高いコンフォートプランでもお得にキャッシングを使うことができます。

さらにみずほ銀行カードローンは、コンビニATMの利用手数料が月4回まで無料。また、みずほ銀行のキャッシュカード(お金の引き出しや預け入れに使う一般的なカード)を使ってキャッシングをすることができます。

管理人は最初、消費者金融のカードを財布に入れておくのは何となく抵抗がありました。ですがみずほ銀行なら、普段から使うキャッシュカードでお金を借りることができます(別でキャッシング用のカードを作ることもできます)。

このようにメリットが多いみずほ銀行カードローンですが、デメリットは「みずほ銀行の口座を持っていないと時間がかかること」と「審査が厳しめなこと」です。

みずほ銀行の口座を持っていれば、最短当日中にカードローンを使えるようになります。ただ、もしみずほ銀行口座を持っていないなら、新規で口座を作る必要があります。

口座を開設してカードローンの契約完了までに、2週間~1ヶ月はかかります。また、銀行カードローンは上でもお伝えしていますが、審査が厳しめです。せっかく口座を作っても、審査落ちしてしまう可能性はあります。

そのため早めに、確実に借りたい場合はリスクがあります。よく考えて申し込みをおすすめします。

まとめ

ここでは、コンビニでキャッシングをする方法について紹介しました。

一番早くて確実なのは、「手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を使う方法」。コンビニにあるATMにクレジットカードを差し込めば、すぐにキャッシングをすることができます。

カードにキャッシング枠がついているかを忘れたら、カード裏に記載されている窓口に問い合わせると教えてくれます。

カードを持っていない場合で急ぎで借りるなら「消費者金融」。プロミスがイチオシです。申込みから利用開始まで最短1時間!

うときにはスマホやパソコンで申込みをして、審査が通ったら「自動契約機」に向かいます。カードを受け取ったら自動契約機に備え付けのATMやコンビニATMでお金を借りることができます。

また、プロミスは平日14:50までなら銀行の営業時間に間に合うため、「web契約」もオススメ(なるべく時間に余裕を持って申込みをおすすめします)。

自動契約機に行く手間を省くことができ、振込みキャッシングでお金を借りることができます。持っている銀行口座が三井住友銀行・ジャパンネットの場合は例外で、24時間振り込みをしてもらえます。

急ぎでないならみずほ銀行カードローンがオススメ。低金利で借りることができて、コンビニATM手数料も月4回まで無料です。

みずほ銀行のキャッシュカードをそのままキャッシングに使えて、周りの人にお金を借りていることがバレにくいです。

ただ、みずほ銀行口座を持っていないと、お金を借りるまでに2週間~1ヶ月かかります。

急にお金が必要になったときでも、このようにキャッシングをする方法はあります。あなたの状況に合った方法でキャッシングをしてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について