1. トップページ
  2. 今日お金を借りたい!大急ぎでキャッシングする方法

今すぐにお金を借りたい人は、この3社から選ぶべし!

どうしても今日中にお金が必要・・・やばい(涙)」このように今日中にお金を借りなければいけないピンチのときには、消費者金融を選んでください。

なかでもオススメはプロミス・アコム・モビットの3社。この3社のいずれかに申し込めば、今日中にお金を手にすることができます。

また、会社の選び方とあわせて「お金を借りるための手順」も大切なポイントです。手続きの手順を間違えると、今日中にお金を借りることはできません。

このページでは「3社から、どこを選ぶべきか?」「今日中にお金を借りるための手続き方法」について解説をします。どうしても今日中にお金を手にしたい場合は、必ず読むようにしてください。

日中に急ぎでお金を借りたい場合は、プロミス・アコム・モビットの3社がオススメです。

これらの会社は審査・融資スピードが早くて、夜遅くまで営業している自動契約機があるからです。まずは、この3社をオススメする理由について解説をします。

プロミス ←イチオシ!2分で申込みが完了!

今日お金を借りたい人に一番人気なのがプロミスです。プロミスはネットで14:50までに契約することができれば、当日中にお金を借りることができます。また自動契約機を使えば22:00まで契約することも可能。三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日いつでも瞬時にお金が振り込まれるのも魅力!2分で申込みができますので、すぐにお金を借りたい人にイチオシの会社です。

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~14.5% 1万円~500万円 最短即日
WEB契約 無人契約機 有人店舗
14:50まで 22:00まで 18:00まで

アコム ←楽天銀行の口座があれば24時間365日すぐに入金!

知名度が抜群のキャッシング会社。ネットからなら14:50までに契約ができれば、当日中にお金を借りられます。さらに楽天銀行の口座があれば、24時間365日いつでも入金をしてもらうこともできます。また、むじんくんを使えば22:00まで契約をすることができるのも魅力。アコムのむじんくんや店舗が会社や自宅の近くにある人にはオススメです。ただし、アコムは書類で在籍確認(会社への直接連絡)をしてもらえないことも多く、土日祝日の借入は難しいです。また、ネットで契約まですると、100%カードが郵送されるため、家族バレの心配もあります。

実質年率 限度額 審査時間
4.7%~18.0% 最高500万円まで 最短即日
WEB契約 無人契約機 有人店舗
14:50まで 22:00まで 18:00まで

モビット ←WEB完結!バレるのが不安な人にオススメ!

モビットの一番の魅力は「WEB完結」です。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座があれば申込みから融資までを全てネットでできます。また、会社への本人確認の電話や、書類・カードの郵送なども全部なし!バレずにお金を借りたい人にはオススメです。またWEBなら14:50まで、ローン申込機なら21:00まで契約でき、今日中にお金を借りることも可能。ただし、24時間いつでも瞬時に入金される提携銀行がないため、今後もお金を借りる可能性があり、振込キャッシングを希望する人には不便です。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査
WEB契約 無人契約機 有人店舗
14:50まで 21:00まで ×

今日中にお金を借りる3つの方法

まずは今日中にお金を借りる方法について解説をします。

今日中にお金を借りるには次の3つの方法があります。

  • 自動契約機で契約し、ローンカードを発行してもらう
  • 有人店舗で契約をし、ローンカードを発行してもらう
  • ネット上で契約し、銀行口座にお金を振り込んでもらう(振込キャッシング

この3つの方法です。それぞれについて簡単に解説します。

確実なのは自動契約機を使う方法!自動契約機なら夜遅くまでOK

自動契約機

一番確実にお金を借りられるのが「自動契約機で契約をし、ローンカードを発行する方法」です。

「自動契約機」というのは、多くのキャッシング会社にある、無人の契約機のこと。街中でプロミスやアコムの自動契約機を見かけたこともあるはずです。

「自動契約機」では申込み・審査・契約をすることができます。契約を終えると、その場でローンカードを発行することができ、ローンカードを使って近くの銀行・コンビニATMから直接お金を引き出すことができます

では、どうして自動契約機が一番確実なのか?
その理由は自動契約機が夜遅くまで営業をしているからです。

プロミス・アコム・アイフルなら22:00まで、モビットなら21:00まで営業をしています。そのため、日中契約が間に合わなかった場合や、夜遅くに急遽お金が必要になった場合でも、確実に契約することができ、ローンカードを使って、お金を手にすることができます。

土日・祝日でも営業している会社も多いため、お休みの日にお金が必要になった場合でも、すぐにお金をかりることができます。

逆に、銀行口座にお金を振り込んでもらったり、有人店舗で契約したりする場合は、夜遅くまで対応してもらうことはできません(後述します)

夜遅くにお金が必要になった場合や、日中に審査・契約を終わらせることができなかった場合は、自動契約機まで行けば、確実に当日中にお金を手にすることができますよ。

有人店舗は18:00までなのでオススメしません

キャッシング会社のなかには有人店舗で申込み・審査・契約ができる会社もあります。

具体的にはプロミス、アコム、アイフルなどには有人店舗があります。

有人店舗を使うメリットは、直接お店の人に相談しながら、契約までの手続きをすることができる点です。いざというときには気軽に質問することができ、安心感があります。(一応、無人契約機にも質問するための電話が設置されています)

しかし、有人店舗の場合、ほとんどの会社の営業時間は18:00までです。

有人店舗の場合、審査・契約に1時間ほどかかってしまうため、遅くても17:00までには店舗まで行かなければいけません。

普通に会社員として働いている場合、17:00までにお店に行くのは、かなり厳しいですよね。ランチのタイミングなどで会社を抜け出したとしても、契約に時間がかかってしまったら、仕事に支障をきたすことになります。

さらに有人店舗は土日・祝日は営業していません。そのため、お休みの日にお金を借りることはできないのです。

一応、有人店舗でも今日中にお金を借りることはできますが、18:00までに手続きを済ませなければいけないことを考えると、夜遅くまで営業をしている自動契約機を使う方が確実です。

振込キャッシングなら14:50までに審査・契約を終わらせること

最後に、あなたの銀行口座にお金を振り込んでもらう方法です。この方法を「振込キャッシング」といいます。

「振込キャッシング」のメリットは、わざわざ自動契約機や有人店舗まで行かなくて済むことです。自宅や会社にいながら、お金を借りることができるので、かなり時間と手間を省くことができます。

しかし、「振込キャッシング」の場合、今日中にお金を借りるためには14:50までに契約を終わらせなければいけません

14:50を過ぎてしまうと、銀行口座に入金が反映されるのは、翌営業日になってしまいます。

たとえば、金曜日にお金を借りようと思っても、契約の手続きが14:50を過ぎてしまうと、銀行口座に入金が反映されるのは翌週月曜日の朝9:00になってしまいます。これでは意味がありません。

さらにいえば、14:50までに審査・契約を終わらせるためには、遅くても午前中には申込みを済ませて、審査を受けることが条件となります。

午前中にお金が必要になり、申込むことができれば問題はありません。しかし、お昼以降にお金が必要になった場合は、審査・契約の手続きが14:50までに間に合わないかもしれません。

そのため「確実に今日中にお金を借りることができる」とは言えないのです。

一応、消費者金融のなかには24時間365日いつでも即時に入金が反映される銀行口座がある会社もあります

具体的にはプロミスは「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」、アコムは「楽天銀行」です。それぞれの銀行口座を持っていれば、すぐに入金が反映されるため、契約が14:50を過ぎても当日中にお金を手にすることはできます。

しかし、すぐに入金が反映される銀行口座を持っていないのであれば、自動契約機を使ったほうが確実に当日中にお金を手に入れることができると覚えておいてください。

効率的に今日中にお金を借りるには「ネット申込み&自動契約機での契約」

確実に今日中にお金を借りたいなら、自動契約機を使うようにしてください。

そのうえで、さらに効率よくスピーディーにお金を借りるのであれば「ネットから申込みをして、自動契約機で契約する」という方法をオススメします。

ネット申込み

やり方は、とても簡単です。まずは、パソコンやスマホからネット申込みをしてください。どの会社もネット申し込みは24時間365日いつでも受け付けています。

ネット申込みをするメリットとしては次の5つです。

  • パソコンやスマホがあれば、いつでもどこからでも申し込むことができる
  • 簡単に申込み項目に入力できるので、5分もかからずに申込める
  • ネット上で必要な書類を提出することができるので、すぐに審査を受けられる
  • 自動契約機内で過ごす時間を短縮することができる
  • 審査に通らなかった場合、わざわざ自動契約機に行かずに済む

やはり、一番のポイントは自動契約機に行く前に、審査結果を知れることです。自動契約機に行ったら、あとは契約の手続きだけをすれば良いので、とても効率的にお金を借りることができます。

具体的な申込みから契約までの流れは次の通りです。

申込みから契約までの流れ

この方法であれば、自動契約機が22:00まで営業しているプロミスを使う場合、審査を20:00までに終わらせ、21:00までに自動契約機に行くことができれば、当日中にお金を借りることはできます。

夜遅くギリギリまでお金を借りることができますので、効率的かるスピーディーにお金を借りたい場合は「ネット申込み&自動契約機での契約」という流れで、手続きをしてください。

今日中にお金を借りたいときには消費者金融を使うのが鉄則

今日中にお金を借りるときには、申込みをする会社の選び方も重要なポイントとなります。

そして、今日中にお金を借りたいのであれば、消費者金融を選んでください。

お金を借りるときには、審査・融資までのスピードが大切です。審査や融資に時間がかかってしまうと、今日中にお金を借りることはできません。

消費者金融は銀行カードローンよりも審査・融資スピードが早く、当日中にお金を借りやすいです。

サービス面を比べると銀行カードローンは消費者金融よりも低金利・高限度額です。そのため、借りる金額や返済額(利息)のことを考えると、銀行カードローンのほうがお得です。

また、消費者金融には年収の3分の1までしかお金を貸すことができないルールもあります。これを「総量規制」と言います。一方、銀行カードローンは「総量規制」の対象外ですので、基本的には年収に関係なく、お金を貸すことができます。

これでは消費者金融は銀行カードローンと比べて圧倒的に不利。。。

そこで消費者金融は銀行カードローンと差別化をはかるために、審査・融資スピードを早くしているのです。

消費者金融と銀行カードローンのサービス比較

実際に、銀行カードローンの審査・融資には大体2~1週間程度。銀行によっては、お金を借りるのに2週間以上かかる会社もあります。また、契約のために銀行口座を作らなければいけない会社もあるなど、とにかくお金を借りるのに時間がかかるのです。

一方、消費者金融は最短当日でお金を借りることができます。そのため、今すぐにお金を借りたいのであれば、消費者金融を選ぶことが鉄則なのです。

管理人のイチオシはプロミス!22:00まで契約ができる

では、消費者金融であれば、どの会社を選ぶべきか?

オススメはプロミス・アコム・モビットの3社です。この3社であれば、今日中にお金を借りることができます。

そのなかでも管理人のイチオシはプロミスです。

理由を説明するために、まずは3社のサービス内容を比べてみました。

  プロミス アコム モビット
金利 4.5%~17.8% 4.7%~18.0% 3.0%~18.0%
利用限度額 500万円まで 500万円まで 800万円まで
有人店舗 平日18:00まで 平日18:00まで ×
自動契約機 9:00~22:00 8:00~22:00 8:00~21:00
カードの即日発行
振込キャッシング 14:50まで 14:50まで 14:50まで
24時間対応の口座振込 三井住友銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行 ×
書類での在籍確認
WEB完結(カード郵送なし) ×
手数料無料の自社ATM ×
無利息サービス 30日間無利息 30日間無利息 ×
10万円借りた時の最低返済額 4,000円~ 5,000円~ 4,000円~

比べてもわかるように、プロミスは他の会社よりも今日中にお金を借りやすい条件が揃っています。

例えば、プロミスには22:00までやっている自動契約機や、24時間即時に入金が反映される銀行口座があります。また、自動契約機の数も全国で1,029箇所も設置されているため、ご自宅や会社の近くで探しやすいはずです。

それ以外でも、プロミスでは「WEB完結」というサービスが使えます。

「WEB完結」とは申込みから契約までの手続きを、すべてネットでできるサービスのこと。

「WEB完結」を使えば、自宅にローンカードや契約書などが郵送されてこないので、家族にお金を借りることがバレる心配もありません。バレずにお金を借りたい場合は「お金を借りる事が絶対ばれない3つのキャッシング会社」を参考にしてください。

さらに、プロミスでは「在籍確認」という審査を書類で対応してもらえます。

他のキャッシング会社では「在籍確認」をするときには、必ず勤め先に直接電話をかけてきます。しかし、プロミスなら、勤めていることがわかる書類を提出できれば、会社への電話連絡をなくすことができるのです。

このように、プロミスは今日中にお金を借りられる消費者金融なかでは、他社よりも明らかに優れた会社といえるのです。

今日中にお金を借りたいという場合には、プロミスを選ぶことをオススメしますよ。

モビットやアコムも悪くないが、プロミスには負ける・・・

次にモビットやアコムも今日中にお金を借りることができます。

しかし、この2社は次の条件にあてはまるときに選ぶことをオススメします。

モビット 自宅や会社の近くにモビットの自動契約機がある場合
アコム 自宅や会社の近くにアコムの無人契約機or有人店舗がある場合、
もしくは、楽天銀行の口座を持っている場合

この条件にあてはまらないのであれば、確実にプロミスを選んだ方が良いです。

まず、モビットについて。

モビットはプロミスと同じ三井住友銀行グループです。そのため、この2社はよく比べられます。しかし、正直なところ、モビットはプロミスよりもワンランク下の会社です。

モビットの魅力である審査・融資スピードはプロミスと変わりません。

むしろ、モビットの自動契約機は21:00まで営業していないため、プロミスよりも契約できる時間は短いです。また、自動契約機の数もプロミスのほうが圧倒的に多いので、今日中にお金を借りたいのであれば、プロミスの方が使いやすいです。

また、モビットもプロミスと同じように「WEB完結」があります。

しかし、モビットのWEB完結を使うには「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていること」「社会保険証か組合保険証を持っていること」の2つの条件を満たさなければいけません。

そのため、指定の銀行口座を持っていなかったり、アルバイトやパートで社会保険証を持っていなかったりすると、WEB完結を使うことができないのです。

プロミスでWEB完結を使う条件は「返済を口座からの自動引き落としにする」だけ。それを考えると、モビットよりもはるかにWEB完結を使いやすいと言えますね。

これらの理由から、モビットの自動契約機が身近なところにない限りは、プロミスを使う方が確実にお得だといえるのです。

次にアコムについて。

アコムは自動契約機も22:00までやっており、楽天銀行の口座があれば、24時間いつでも即時入金をしてもらえるため、今日中にお金を借りやすい会社です。

さらに、アコムは審査通過率が高く、審査に通るか心配な場合には、イチオシの会社といえます。(詳しくはこちら)

しかし、家族や同僚にお金を借りるのがバレたくないのであれば、アコムはオススメしません

というのもアコムには「WEB完結」はありません。ネット上で契約までしても、最終的には契約書が郵送されてきますので、家族にバレずにお金を借りるのが難しいです。

また、アコムでは書類での「在籍確認」を認めてくれないことも多いです。

書類で在籍確認をしてもらえないと、勤め先に直接電話がかかってきます。電話によって、会社の同僚にお金を借りるのがバレてしまうかもしれないのは大きなリスクです。

バレずにお金を借りたいのであれば、プロミスを選んだ方が確実です。

以上のことから、身近なところにアコムの自動契約機がある場合か、楽天銀行の口座を持っている場合にはアコムをオススメします。しかし、そうでなければプロミスを選んだ方が、審査もスムーズで、かつバレずにお金を借りられるのでオススメといえるのです。

ネットで検索すると、アコムやモビットをオススメしているサイトも見かけますが、冷静にサービスを比較すると、やはりプロミスがダントツでお得です。

最終的に3社から、どこを選ぶかの判断はお任せしますが、悩むというのであれば、プロミスを選ぶことをオススメします。

今日お金を借りるときに解決しておきたい4つの疑問

最後に、今日中にお金を借りるときに気になる4つの疑問について、まとめておきます。

具体的な4つの疑問点は次の内容です。

  • いくらまでお金は借りられるの?
  • 審査や契約で何か用意するものはある?
  • 土日・祝日でもお金を借りられるの?
  • 毎月の返済額はいくらになるの?

それぞれについて、簡単に解説をしていきます。

Q.いくらまでお金を借りられるの?

A.消費者金融は年収の1/3までお金を借りることができます。
ただし、初めてお金を借りるときは大体10~50万円程度です。

今日中にお金を借りたいときには消費者金融がオススメです。

その消費者金融で借りられる金額は、最大で年収の3分の1までです。これは「総量規制」というルールによって決まっています。

消費者金融と銀行カードローンのサービス比較

例えば、年収600万円の人は200万円まで。年収100万円の人は33万円まで、お金を借りることができるということです。

とはいえ、初めてお金を借りるときには大体10~50万円だと考えておいてください。(年収にもよりますが)

一番初めに年収の3分の1も借りられない理由は、いきなり多くのお金を貸して、返済ができなくなることを防ぐためです。

仲の良い友達であれば、多少はお金を貸すこともあるかもしれませんが、知り合ったばかりの人にいきなり多くのお金を貸すことはできませんよね?それと同じです。

キャッシング会社では、最初に少額のお金を貸し、その後の返済状況などを踏まえて、徐々に借りられる金額が増えていく仕組みになっているのです。

Q. 審査や契約で何か用意するものはある?

A.審査・契約に必要なのは「本人確認資料(免許証やパスポートのコピー)」です。
借りたい金額が多い場合には「収入証明書(給与明細・源泉徴収書など)」も必要です。

キャッシング会社からお金を借りるときには「本人確認資料」を提出する必要があります。

本人確認資料

本人確認資料というのは、具体的には「免許証」「パスポート」「健康保険証」です。

これらのコピーが提出できればば、審査を受けることができます。

なお、消費者金融からお金を借りる場合、次の条件にあてはまる場合は「収入証明書」の提出も必要となります。

  • 1社からの借入希望額が50万円を超える場合
  • 他社を含めて借りる金額が100万円を超える場合

このような場合は、「収入証明書(給与明細、源泉徴収書、確定申告書など)」を提出することになります。申込みをする前に準備をしておくと良いでしょう。

ちなみに、今日中にお金を借りたい場合は、次のどちらかの方法で書類を提出してください。

  • (ネットで申込みの場合)書類のスキャンデータか、写メをしたものをメールで提出。もしくは会員ページやスマホアプリからアップロードして提出。
  • (自動契約機や有人店舗で申込みの場合)必要書類を持っていくだけ。

自動契約機にはスキャン機が付いている

ちなみに、自動契約機を使う場合は、契約機内にスキャン機があります。契約機の画面の指示に従ってこのスキャン機を使えば、簡単に書類を提出することができるので、安心してください。

Q. 土日・祝日でもお金を借りられるの?

A.土日・祝日でもお金を借りることはできます。
自動契約機のある消費者金融を使えば、確実にお金を手に入れることができます。

土日祝日にお金を借りたい場合、ポイントは次の3つ。

  • 書類で在籍確認の審査をやってくれる
  • 振込を希望する場合、24時間365日すぐに口座に反映される提携銀行がある
  • 振込以外を希望する場合は、その日中にカードを発行してもらえる自動契約機がある

このページで紹介しているプロミス・アコム・モビットに照らし合わせてみると、

  プロミス アコム モビット
書類での在籍確認
24時間対応の振込先口座(銀行) ×
無人契約機(その場でのカード発行)

基本的にはどの会社も土日・祝日中にお金を借りることはできます。

しかし、アコムについては書類での在籍確認を断られる可能性もあります。また、モビットは振込キャッシングを使うことはできません。

ですので、土日・祝日にお金を借りたいのであれば、プロミスが一番融通が利くのでオススメです。

毎月の返済額はいくらになるの?

A.毎月の返済額は3,000円程度からです(借りた金額にもよります)
会社ごとに「最低返済額」が決められており、法外な返済額を支払うことはありえません。

お金を借りる前には「毎月いくらずつ返済すれば良いのか?」と心配になることもあるはず。

キャッシング会社では「毎月これだけは返してください」という金額が決められています。これを「最低返済額」と言います。

このページで紹介しているプロミス、アコム、モビットの最低返済額は次の通りです。

 プロミスアコムモビット
10,000円1,000円1,000円4,000円
50,000円2,000円3,000円4,000円
100,000円4,000円5,000円4,000円
200,000円8,000円9,000円8,000円
300,000円11,000円13,000円11,000円
500,000円13,000円22,000円13,000円

借りる金額にもよりますが、どのキャッシング会社も最低の返済額は数千円程度からとなっています。消費者金融からお金を借りたからといって、毎月数十万円の返済をしなければいけないということはありません。安心してください。

あとは、どれくらいの期間で返済していくか?がポイントです。

短期間で返そうとすれば、それだけ毎月の返済額は大きくなります。しかし、短期間で返せば支払う利息は少なくなりますので、最終的に支払う金額は少なくなります。

逆に毎月最低返済額で返し続けると、返済期間は長くなります。期間が長い分だけ、利息を支払うことになりますので、最終的に支払う金額は多くなります

たとえば、プロミスから10万円を借りて、3ヶ月(90日)と1年間(365日)で返す場合の利息は次のようになります。

3ヶ月の場合・・・100,000円×17.8%÷365日×90日=4,389円
1年の場合・・・100,000円×17.8%÷365日×365日=17,800円

このように同じ金額を借りていても、返済期間の違いによって、利息も変わってきます

ですので、お金に余裕がないときには最低返済額で返していれば良いですが、お金に余裕ができたら、できるだけ多めに返済をしていくのがポイントですよ。

まとめ

このページでは今日中にお金を借りる方法について解説をしました。おわかりになりましたでしょうか?

今日中にお金を借りるときに大事なポイントは「消費者金融を使うこと」「今日中に契約できる手続き方法をすること」の2つです。

会社選びや、手続きのやり方を間違えてしまうと、今日中にお金を借りることはできません

ですので、初めてお金を借りる場合は、基本的にはプロミスを選ぶこと。そして、ネット申込み&自動契約機で契約をするようにしてください。そうすれば、当日中にお金を手に入れることができます。

急いでいるときだからこそ、適当に会社を選ぶのではなく、確実にお金を借りれる会社を選ぶようにしてくださいね。

今日お金を借りたい人に
人気のキャッシングはこれ!

  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら
  • プロミスの詳細はこちら
  • モビットの詳細はこちら
  • アイフルの詳細はこちら

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について