お金を借りるのが初めての人に超くわしくお金の借り方を解説するサイト!

初めまして!恥ずかしながら元借金大王です。このサイトでは「やばい!お金がない・・・」というときに、どこで、どううやってお金を借りれば良いのか?を解説します。特に管理人が消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンを使ってお金を借りて得た知識・情報を中心に紹介します。キャッシングはとても便利なサービスです。ただ、後先考えずに借りるのはちょっと危険。どこで借りて、どうやって返済していくのが良いのかを管理人の体験談を交えて紹介しています。

おすすめキャッシング会社はこちらです

プロミス ←2分で申込み完了!

今日中にお金を借りたい人にオススメするのがプロミスです。申込みからお金を借りるまでの時間が最短なのは間違いなくこの会社です。また、無人契約機を使えば21:00までお金を借りることができます。金利も4.5~17.8%と他の消費者金融と比較しても低く、限度額も高い!さらに契約時にポイントサービスに登録すれば、30日間の無利息期間を利用することができるので、返済の負担も軽減することが可能です。使いやすさが抜群で、初めてお金を借りる方も安心して利用することができます。管理人イチオシの会社です!

実質年率 限度額 審査時間
4.5%~14.5% 1万円~500万円 最短即日

SMBCモビット ←バレない!

SMBCモビットの一番の魅力は「WEB完結」です。三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行の口座があれば申込みから融資までを全てネットでできます。また、会社への本人確認の電話や、書類・カードの郵送なども全部なし!バレずにお金を借りたい人にはオススメです。またWEBなら14:50まで、ローン申込機なら21:00まで契約でき、今日中にお金を借りることも可能(※)。ただし、24時間いつでも瞬時に入金される提携銀行がないため、今後もお金を借りる可能性があり、振込キャッシングを希望する人には少し不便な部分があります。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 10秒簡易審査
WEB契約 無人契約機 有人店舗
14:50まで 21:00まで ×

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。知名度の高さは抜群で、その安心感から利用している人が非常に多いのが特徴!サービス面ではプロミスに匹敵する審査スピードを誇っており、今日中にお金を借りることもできます。また、自動契約機(むじんくん)を利用すれば、こちらも22時(年中無休 ※年末年始を除く)までお金を借りることができるのも好評です。楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日リアルタイムで口座に入金が反映されるのもありがたいところ。お近くにアコムの自動契約機がある人や、楽天銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っている人にとっては、使いやすさNo.1です!確実にこの会社を選んでください。

実質年率 限度額 審査時間
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短30分
今日お金を借りたい人はこちら!

属性・職業によってキャッシング会社を探す

即日融資
絶対バレたくない
低金利で借りたい
土日に借りたい
2社以上の借金を1つにまとめる
10万円だけ借りる
アルバイト・パートでお金を借りる
専業主婦向け
学生向け

大ピンチ!今すぐお金を借りる方法を紹介

今すぐにお金を借りる方法を紹介

「今月、遊びすぎてご飯も食べられないほど、お金がない。。。」
「後輩におごったから、給料日まで生活できずヤバイ。。。」
「クレカの引き落としで、貯金のほとんどがなくなった。。どうしよう。。。」

どうしてもお金が必要になるというケースはたくさんありますよね?

このようなピンチを乗り切るために、お金を借りることを考える方も多いはず。

お金を借りること自体は悪い行為ではありません。
むしろ、世の中の多くの方が、何かしらの形で借金をしながら生活をしています。

例えば、自動車ローンや住宅ローンなども借金ですからね。

ただ、お金を借りるときには「契約内容」や「返済方法」もしっかりと確認をしておいてください。

お金を借りたは良いものの、あとになってトラブルを招くのだけは避けなければいけません。

そこで、このページではお金を借りるにはどのような方法があるのか?あなたはどうやってお金を借りれば良いのか?ということを解説します。参考にしてくださいね。

お金を借りるための6つの方法

早速、お金を借りる方法を紹介します。

お金を借りるには次の5つの方法があります。

  • 親や友だちから借りる
  • 会社から借りる
  • 自治体から借りる
  • クレジットカードのキャッシング枠を使う
  • キャッシング(カードローン)会社を使う

それぞれの方法に一長一短があるので、以下に詳しく借りる方法やメリット・デメリットを解説していきます。

親や友だちから借りる

お金を借りるときに、一番手っ取り早いのが親や友だちからお金を借りる方法です。

○メリット
信頼関係でお金を借りることになるので、基本的には利息が付きません。もちろん、審査などもありません。「必ずいつまでに返さなければいけない」というルールもないので、返済の催促に追われないこともメリットです。

×デメリット
お金を借りる(貸して欲しいと相談する)ことで信頼を失う可能性があります。また、大きな金額を借りることも難しいでしょう。返済期間は決められていないが、友だちへの返済が遅れると、関係が崩れ、周りの友だちにも噂が広まる可能性も。。。

親や友だちからお金を借りるのは、ある意味、とても簡単な方法です。

ただ、「お金を借りる」という行為だけで、相手からの信頼がなくなり、その後の関係にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。

実際に、管理人は親や友だちには「お金がない」という事実を知られたくなかったこともあり、親や友だちを含め、知り合いからは絶対お金を借りることはしませんでした。

気楽に借りられますが、借りることで失うものが大きいため、管理人は親や友だちから借りることをオススメはしません。

会社から借りる

次に「会社からお金を借りる方法」を紹介します。

あまり知られていませんが、実は会社からお金を借りることはできるんです。

会社からお金を借りるときには「貸付金制度」という制度を使うことになります。(貸付金制度は福利厚生の1つです)

借りられる限度額に法的なルールはありませんが、10〜30万円ほどの会社が多いですね。あとは勤続年数に応じて限度額が変わる会社もあるそうです。

実際の手続き方法としては、直接、担当部署(人事部や総務部)に行き、必要書類を提出してお金を借りるという流れになります。

会社はあなたの年収などを把握しているため、厳しい審査がありません。

その代わり、申込みをした日にお金を借りることもできません。

厳しい審査がないとはいえ、社内での承認を得るのには時間がかかるため、申請を出してから3日〜1週間は最低でもかかることを覚悟しておいてください。

なお、貸付金制度がない会社もあるので、お金を借りる前には制度があるかどうかを確認しておく必要があります。

ここでメリット・デメリットをまとめると、、、

○メリット
働いている会社からお金を借りるということで安心感は高いです。社員ということもあり、よっぽどのことがない限り、審査に落とされる心配もありません。金利は会社によって違いますが、クレジットカードやカードローンよりも低いことが多いです。大きな会社であれば、返済計画の相談にも乗ってもらえます。

×デメリット
そもそも、会社に貸付金制度がなければお金を借りることはできません。また、貸付金制度があったとしても大きな金額を借りることはできません。会社によっては使用目的を聞かれることがあり、使用目的以外で使えないことも。。何度も利用すると、お金の管理能力が低いと人事評価が下がることもゼロではありませんよ。福利厚生の一環のため、契約社員・派遣社員・アルバイトの方は使えないのでご注意を。

貸付金制度がある会社であれば、お金を借りやすいのは大きなメリットですね。

ただし、利用限度額、使用目的など様々な制限がある会社もあるため、お金を借りるときには、まずは貸付金制度がどのようなものかを知ることから初めてください。

・・・とはいえ、管理人は会社からお金を借りることをオススメしません。

やはり、社内でお金を借りると、いつの間にか「お金を借りた」とう噂が広まる可能性があるからです。

噂が広がると、同僚の目が気になり、会社に居づらくなる、、、ということになるかもしれません。これはかなり大きなリスクですよね。

また、貸付金制度を使うことで人事評価が下がってしまう可能性もゼロではありません。(一応、福利厚生なので使う権利はありますけどね、、、)

ですので、会社からお金を借りる方法は「最終手段」として使うことをオススメしますよ。

自治体から借りる

次に「自治体からお金を借りる方法」を紹介します。

「貸付金制度」は自治体にもあり、自治体からお金を借りられるんです。

自治体という公的な組織からお金を借りるということもあり、利息なしか、超低金利でお金を借りられることが最大の特徴です。

ただし、自治体の貸付金制度は、会社とは違ってとても複雑ですので、どのような仕組みになっているのかを知っておいてください。

まず、自治体の貸付金制度を使えるのは次のような方です。

  • 低所得者世帯(世帯収入が少ない家庭)
  • 障害者世帯(障害者がいる家庭)
  • 高齢者世帯家庭(高齢者で構成された家庭)

何かしらの理由で、社会的に生活に困っている方でなければ、自治体からお金を借りることができないということですね。

そして、自治体の貸付制度を利用する場合は、住んでいる地域の社会福祉協議会に「生活福祉資金貸付制度」の申し込みをしてください。

申し込みをするときには、総合生活支援、教育支援資金など、4種類から利用目的を選んで申請する必要があります。

そのため、決して遊びや、ほかの借金の返済に使うためにお金を借りることはできません。自治体を納得させられる目的が必要です。

ここでメリット・デメリットをまとめると、、、

○メリット
お金を借りる先が自治体ということもあり、安心感は抜群。また、利息なしor超低金利でお金を借りられるため、利息によって返済に困ることはありません。

×デメリット
貸付金制度を使える対象が限られています。そのため、普通に暮らせる方であれば、お金を借りることはできません。また、お金を借りられるまでの審査に時間がかかるため、実際にお金を手に入れられるのはかなり先になってしまいます。。。

ちなみに、自治体の貸付金制度は、必ずしも申請が通るとは限りません。

申請者の状況によっては、貸付金制度ではなく、ハローワークなどの機関を紹介され、働くことを求められることもあります。

また、失業保険をもらっていたり、多額の借金を抱えていたりする場合も、申請が却下されてしまうことがあります。

対象者も限定されていることからも、自治体からお金を借りるのは、かなりハードルが高いことを知っておいてください。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

普段からクレジットカードを使われている方は、クレジットカードからお金を借りることもできます。

具体的には、クレジットカードの「キャッシング枠」を使ってください。

クレジットカードには「キャッシング枠」というお金(現金)を借りられる枠があり、その枠内であれば、自由にお金を借りることができるんです。

キャッシング枠は、カードに申し込むときに付けることができます。

キャッシング枠を付けるためには、審査を受ける必要がありますが、審査に通りさえすれば、カード発行後は自由にお金を引き出すことができるんです。

ただし、キャッシング枠を付けることで審査に落ちてしまうこともあります。また、人によっては限度額が低く設定されることもあるのは知っておいてください。

具体的なお金の借り方は次の3通りです。

  • ATMで借りる
    クレジットカードと提携しているATMにカードを入れれば、いつでも自由にお金を引き出すことができます。ATMによっては引き出し手数料がかかります。
  • インターネット(パソコン・スマホ)から借りる
    クレジットカード会社の専用サイトにログインをして手続きを行います。手続き後には、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえます。ただし、カード会社や、申し込みをした時間によっては、すぐに振り込まれない可能性もある点は要注意です。
  • 電話で借りる
    カード会社に電話をして、必要な金額を振り込んでもらう方法です。電話番号はカード会社のホームページで確認をしてください。こちらも、カード会社や申し込み時間によって、すぐに振り込んでもらえないことがあるため、今すぐにお金を借りたい方は要注意です。

このような3つの方法でお金を手に入れることができるんです。

ちなみに、クレジットカードでお金を借りるときの金利はキャッシング会社より少し高いため、他のお金を借りる方法よりも返済の負担は大きいと言えますね。

ここでメリット・デメリットをまとめると、、、

○メリット
カード申し込み時に審査を受けているため、キャッシング枠内であれば、いつでも自由にお金を借りることができます。ATM・インターネット・電話などを使って、手軽にお金を借りることができることもメリットです。

×デメリット
カードにキャッシング枠を付けていなければ、お金を借りることはできません。また、キャッシング枠を付けることで、カードの審査に落ちやすくなります。カードの利用枠を使い切っている場合でも、お金を借りることができないため、カード決済をどれくらいしているかも大事なポイントになります。金利も高めで、返済の負担も大きいです。

このようにクレジットカードのキャッシング枠さえあれば、いつでもお金を借りられることは大きなメリットと言えますね。

ただし、1つだけ気を付けて欲しいことがあります。

クレジットカードは手軽にお金を借りられる分、借金をしているという感覚が薄くなりやすいんです。

そのため、お金がなくなると、ついつい「カードを使ってお金を引き出せば良い」と考えて、何度もお金を借りてしまうように。。。

これでは、いつまで経っても借金をしながら生活する習慣を抜け出すことができません

ですので、クレジットカードを使ってお金を借りる場合でも、きちんとお金の管理をしながら、お金を借りすぎたり、使い過ぎたりしないようにしてくださいね。

キャッシング(カードローン)会社を使う

最後にキャッシング(カードローン)会社から、お金を借りる方法があります。

これはクレジットカードのキャッシング枠を使うのとは違い「消費者金融」や「銀行」などのキャッシングをしてくれる会社からお金を借りる方法です。

消費者金融やキャッシングと聞くと、イメージとして少し不安を感じるかもしれません。

しかし、大手の消費者金融の多くは銀行のグループ会社になっており、誰でも安心してお金を借りることができるんです。

実際に消費者金融や銀行カードローンの取り扱いを管理している「日本信用情報機構(JICC)」で発表されている統計情報が次の表です。

調査年 利用人数 利用件数
平成22年度 1,379万人 2,713万件
平成23年度 1,299万人 2,336万件
平成24年度 1,258万人 2,136万件
平成25年度 1,141万人 1,826万件
平成26年度 1,089万人 1,691万件
平成27年度 1,053万人 1,603万件
平成28年度 955万人 1,483万件
平成29年度 988万人 1,468万件

このように、あまり知られていませんが、日本の10人に1人はキャッシング会社を使って、お金を借りているんです。

そして、キャッシング会社からお金を借りるためには、次の5つの申込み方法があります。

  • インターネット(パソコン・スマホ)
    お金を借りたい会社のホームページから申し込みが可能。24時間365日いつでも申し込みをすることができるのが最大のメリットです。時間によっては、今日中にお金を借りることもできます。
  • 電話
    電話で申し込みを受け付けてくれる会社もあります。パソコンやスマホの操作が苦手、、、という方にはオススメの方法です。
  • 自動契約機(無人契約機)
    アコムの自動契約機(むじんくん)が有名ですよね。なかに設置されている機械で申し込みをすることができます。その場で審査結果を聞くこともでき、今日中にお金を借りることもできます。
  • 店頭窓口
    店舗があるお店でのみ申し込むことができます。わからないことは、お店の方に聞きながら申し込むことができるので安心です。ただし、消費者金融やネット銀行などは店頭窓口がないところが多いです。
  • 郵送
    郵送でも申し込みができる会社もあります。会社から資料を取り寄せて、必要書類(身分証明書など)を同封して申し込むことになります。会社に資料到着した後、審査がおこなわれるため、即日融資はできません。

さまざまな方法で申込みができるため、あなたのやりやすい方法でお金を借りるのがベストです。

ただし、今日中にお金を借りたい場合であれば、申込みから借入までがスピーディーな「インターネット」か「自動契約期」を使って申し込みをすることをオススメしますよ。

ちなみに、キャッシング会社からお金を借りるときには審査があります。

審査ではあなたの個人情報や収入、過去・現在でどれだけお金を借りているか?などをチェックされます。

そして、ほとんどの会社では「在籍確認」と呼ばれる、申込み時に登録した勤め先でちゃんと働いているか?を確認する審査があります。

「在籍確認」では、キャッシング会社から直接勤め先に電話で確認されます。(もちろん、会社側は偽名で連絡をしてくるので、バレる心配はありません)

最近では、在籍確認を書類でやってくれる会社(プロミスSMBCモビットなど)もありますので、勤先への連絡が気になる方は、それらの会社を選ぶようにしてくださいね。

ここでメリット・デメリットをまとめると、、、

○メリット
審査スピードも早く、今日中にお金を借りることができます。また、インターネットや自動契約期などを使えば、誰にもバレずにお金を借りることもできます。他の方法と比べて、金利が低く、限度額も高いです。なかには無利息期間がある会社もあり、返済の負担を減らすことができますよ。

×デメリット
他のお金を借りる方法よりも審査が厳しいです。そのため、人によっては審査に通らず、お金を借りられない可能性があります。また、バレることはほぼありませんが、会社への在籍確認があることも気になる方は気になるはずです。

このようにキャッシング会社からお金を借りると、今日中にお金を借りられる可能性はかなり高いです。

もちろん、審査に通ることが条件ではありますが、急ぎでお金を借りたいのであれば、キャッシング会社からお金を借りると良いですよ。

5つのお金を借りる方法の特徴をまとめてみた

ここまでに紹介した5つのお金の借りる方法について、大事なポイントをまとめました。

ポイントをまとめたのが次の表です。

親・友だち 会社 自治体 クレカ キャッシング会社
借りやすさ × ×
金利の低さ × ×
限度額の高さ × ×
審査スピード × ×
今日中に借りる × ×

どの方法も一長一短であるため、必ずしも「この方法で!」とは言い切ることはできません

例えば、親や友だちとの関係が良く、1回くらいであれば、お金を借りられるのであれば、親や友だちに借りるのが良いでしょう。

また、低所得であったり、障害者がいらっしゃったりするご家庭であれば、まずは自治体にお金を借りられるか相談をしてみるべきです。

それら以外の方は、クレジットカードのキャッシング枠や、キャッシング会社を使うほうが小さいリスクでお金を借りることができるはずです。

このように、あなたの状況にあわせて、お金の借り方を決めるようにしてくださいね。

管理人のオススメはキャッシング会社

今からお金を借りようとするならキャッシング会社がオススメ!

「やっぱり、親や友だちからお金を借りるのは無理・・・」
「普通に働いているし、家庭に障害者がいるわけでもないし・・・」
「どうしても今日中にお金が必要・・・」

このように「普通にお金がない」「やばい!大ピンチ!」という場合は、どの方法でお金を借りるべきか?

管理人はキャッシング(=カードローン)会社を使うことをオススメします。

ここで「どうしてキャッシングが良いのか?」「クレジットカードのキャッシュ枠の方が良いのでは?」と考えますよね?

管理人がキャッシングをオススメするのは次の3つの理由からです。

  • リスクなくお金を借りることができる
  • 新規申し込みでも、今日中にお金を手に入れられる
  • 無利息期間を使えば、返済の負担が少なくなる

それぞれの理由を詳しく解説します。

リスクなくお金を借りることができる

キャッシング会社は、リスクなくお金を借りることができます。

逆に、会社やクレジットカードのキャッシング枠を使うときには、リスクが伴います。

例えば、会社からお金を借りるときには、会社に「貸付金制度」があることが大前提となります。貸付金制度がなければ、そもそもお金を借りることはできません。

そして、会社でお金を借りられたとしても、社内でお金を借りていることがバレてしまったり、人事評価が下がってしまったりするリスクがあります。

これでは安心してお金を借りることはできませんよね?

次にクレジットカードのキャッシング枠を使う方法ですが、こちらもカードにキャッシング枠がなければ、お金を借りることはできません。

また、キャッシング枠を使ってお金を借りる場合でも、借りた分だけカードの利用限度額は少なくなるというリスクがあります。

ですので、すでに限度額ギリギリまでカード払いをしている方は、お金を手に入れることはできないんです。

キャッシング会社には、基本的に使うことでのリスクはありません。

お金を借りるための条件は「安定した収入がある」ことだけです。

会社勤めをしている方であれば、安定した収入はあるはずですし、もし安定した収入がなければクレジットカードのキャッシング枠を付けることはできません。

このようにキャッシング会社は、使うためのリスクが少ないため、誰でも使いやすいんです。

新規申し込みでも、今日中にお金を手に入れられる

次にキャッシング会社は初めて使う方でも、今日中にお金を手に入れることができます。

というものキャッシング会社は、これまでにお金を借りた人の膨大なデータを持っており、そのデータを使って素早く審査をすることができるからです。

また、インターネット、電話、自動契約機(無人契約機)、店頭窓口など、すぐに申込みができる方法もたくさんあるため、初めて使う方でも今日中にお金を借りやすいようになっています。

一方で、会社の貸付金制度は、申込みだけはその日中にやることができますが、社内の稟議・承認を取らなければいけないため、今日中にお金を借りることはできません。

クレジットカードのキャッシング枠を使う場合でも、カードの審査&発行には、最短でも3日〜1週間ほどかかってしまうため、カードの新規発行で今日中にお金を借りることはできないんです。

これらの理由から、初めてどこかからお金を借りる場合で、今日中にお金が必要なら、キャッシング会社を使うことをオススメしますよ。

無利息期間を使えば、返済の負担が少なくなる

最後に、キャッシング会社には無利息期間(サービス)があります。

無利息期間というのは「一定期間、借りたお金に対して利息が付かない」サービスのこと。

具体的に無利息期間がある会社は「プロミス」「アコム」「アイフル」「ジャパンネット銀行」「レイクALSA」などですね。

これらの会社の多くが、借りた日から30日間は無利息になります。

つまり、30日以内に借りたお金を全額返すことができれば、利息なしでお金を借りることができるというわけです。

例えば、給料日までの1週間を暮らすために、5万円を30日間の無利息期間があるプロミスからお金を借りた場合、給料日の翌日に一括返済をすれば、返済をするお金は5万円でOKということです。

お金を借りても利息が付かないのはおトクですね!

なお、クレジットカードのキャッシング枠には無利息期間がありません。
(会社の貸付金制度は会社次第)

そのため、クレジットカードのキャッシング枠を使うと、必ず利息を支払わなければいけないため、少なからず損をしてしまうのです。

このような理由から、少額を短期間だけ借りたい場合にも、キャッシング会社を使えば、大きな損をすることなくお金を借りることができるんです。

以上の3つの理由から、お金を借りるときにはキャッシング会社を使うことをオススメしますよ。

お金を借りにくい人はどうすれば良い???

ここで「お金を借りにくい人は、どこでお金を借りるべきか?」についても解説をしておきます。

お金を借りにくい方というのは具体的には次のような方です。

  • アルバイト・フリーター
  • 学生
  • 専業主婦
  • 無職(無収入)

それぞれがどうやってお金を借りるべきなのかを簡単に解説します。

  • アルバイト・フリーター
    基本的に安定した収入があればキャッシング会社は使えます。逆にアルバイトやフリーターではクレジットカードの審査(キャッシング枠付き)は通りにくいです。ですので、キャッシング会社を使うことをオススメします。
  • 学生
    学生もアルバイトをしていればお金を借りることはできます。学生であれば学生ローンも使えますが、学生ローンは使いにくく、親バレの可能性があるため、キャッシング会社がオススメです。ただし、20歳未満はキャッシングを使えないため、その時だけ学生ローンを使うことをオススメします。
  • 専業主婦
    専業主婦は収入がないため、キャッシング会社でも銀行(カードローン)しか使えません。消費者金融には総量規制という、本人の年収の3分の1までしかお金を借りられないルールがあるため使うことができないんです。ただし、銀行でも貸してくれないところがあるため、要注意です。
  • 無職(無収入)
    無職(=安定した収入がない・無収入)の方は、キャッシング会社からお金を借りることはできません。最終手段として、生命保険に入っていれば「生命保険貸付制度」を使うか、持ち家がある方は担保にしてお金を借りることはできます。。。

急ぎで借りたい、審査が不安なら消費者金融を選ぼう

今日中にお金を借りたいなら消費者金融を使おう!

お金を借りたい方のなかには「どうしても今日中にお金が必要。。。」「今すぐお金を借りられるところなの?」と考えている方もいますよね?

そのような場合は「消費者金融」でキャッシングをすることをオススメします。

そもそも、キャッシング会社は大きく「消費者金融」と「銀行」の2種類に分けることができます。

具体的に、消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、モビット、ノーローンなどで、銀行は三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などですね。

では、どうして急ぎでお金を借りたい場合には消費者金融を使うべきなのか?

その理由は次の2つです。

  • 審査スピードが早い(最短30分)
  • 自動契約機があり、その日中にローンカード(※)を手に入れやすい
    ※ローンカードとは、お金を借りるときに使えるキャッシング専用のカードのことです。
  • 銀行と比べて、審査に通りやすい

これらの理由から、今日中にお金を借りたいのであれば、消費者金融を使うべきなんです。

もちろん、銀行の方が優れている点もあります。

例えば、銀行は消費者金融と比べて、金利が安いです。そのため、長期間お金を借りる場合は、銀行の方が返済する金額は少なくなります。(もちろん、消費者金融でもべらぼうに高金利なわけではないですが)

また、銀行は「総量規制」の対象外です。

「総量規制」とは金融庁によって決められた制度のことで「年収の3分の1までしかお金を借りることができない」というルールになっています。

消費者金融は総量規制の対象になるため、年収300万円の方は100万円までしかお金を借りられません。

一方、銀行は総量規制の対象外のため、年収300万でも100万円以上お金を借りることはルール的には可能なんです。

このように普通にサービス内容を比べると、銀行はメリットが多く、おトクと言えます。

しかし、このような銀行のサービスに対抗して、消費者金融は審査に通りやすく、かつスピーディーにお金を借りられるようになっているんです。

つまり、銀行とは違う部分でのサービスに特化しているということですね。

ポイントをまとめると次の通りです。

  • 消費者金融
    銀行と比べると高金利・低限度額だが、審査スピードが早く、今日中にお金を借りられる。また、自動契約機(無人契約機)などがあることで、平日の夜遅くや土日祝日でもお金を借りやすい。
  • 銀行
    低金利で長期間お金を借りるときの返済額は少なくて済む。総量規制対象外のため、年収の3分の1以上でもお金を借りられる。ただし、審査スピードは遅く、お金を借りるのが翌日や翌々日になることもある。平日夜遅くや土日祝日には借りられないところも多い。

このような特徴から、急ぎでお金を借りたい場合には、消費者金融を選ぶべきなんです。

ちなみに、消費者金融を使って、今日中にお金を借りたいときには、次の流れで進めるとスピーディーかつ効率的に手続きができますよ。

  1. 消費者金融のホームページから申し込みをする
  2. 必要書類をパソコンかスマホからアップロード
  3. 審査を受け、審査結果を待つ
  4. 審査結果の連絡をもらう
    ※審査結果が15:00より前にわかった場合は、銀行口座にお金を振り込んでもらえるので、自動契約機に行く必要はありません。
  5. 自動契約機に行き、ローンカードを発行する
  6. 近くのATMからお金を引き出す

ちなみに、最初にホームページで申込みをするのは、すぐに審査を受けるためです。

自動契約機に行き、そこで審査を受けても良いですが、その場で審査結果を待たなければいけません。自動契約機内は狭く、そこで長時間待つのは気持ち的にキツイですしね。。。

ですので、まずはホームページから申込みをする方が、効率的でスピーディーです。

そして、審査結果が15:00までにわかれば、あなたの銀行口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

ただし、審査結果の連絡が15:00を超えてしまう場合、銀行口座への振込だと、口座への反映が翌日となってしまい、今日中にお金を借りることができません。

ですので、お近くにある自動契約機(無人契約機)まで行き、その場でローンカードを発行すると、今日中にお金を借りることができますよ!

このような流れで、今日中にお金を借りられるようにしてくださいね。

オススメする3つの消費者金融

ここで、今日中にお金を借りたい方のためにオススメの消費者金融を3社紹介します。

プロミス

プロミス

今日中にお金を借りたい方にイチオシなのがプロミスです。

プロミスは申し込みからお金を借りるまでのスピードが一番早く、急ぎでお金を借りたい方にはぴったり!

また、審査結果の連絡が15:00を過ぎても、自動契約機を使えば22:00までお金を借りられるため、夕方以降で急に「お金が必要になった。。。」という場合でも安心です。

「WEB完結」というサービスを使えば、自宅に書類などが送られることもなくなりますし、書類での在籍確認(本人確認)もできるため、誰かにお金を借りることがバレる心配もありません。

契約時にポイントサービスを使うことで、30日間の無利息期間を利用することができるため、返済の負担も軽減することができます(期間内に全額返済をすれば、利息は0円です)。

このように申込みから借入までのスピードや、誰にもバレずにお金を借りられること、無利息期間があることなど、消費者金融のなかでは頭1つ抜けた存在です。

初めてお金を借りる方、今日中にお金を借りたい方にはオススメの会社ですよ。

実質年率 限度額 審査時間 即日融資
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

SMBCモビット

SMBCモビット

プロミスと並んでオススメなのがSMBCモビットです。

SMBCモビットは三菱UFJ銀行か三井住友銀行かゆうちょ銀行の口座があれば、申込みから融資までを全てネットで完結させることができます。

また、会社への在籍確認(本人確認)、自宅への書類の郵送などもありませんので、家族や会社の同僚にバレる心配もありません。

ネットからであれば14:50まで、ローン契約機(自動契約機)であれば21:00まで契約することができるので、夕方以降にお金を借りたい場合でも安心です。

ただし、SMBCモビットには24時間いつでも瞬時に入金してもらえる提携銀行がないため、今後もお金を借りたり、振込キャッシングを希望する方にとっては不便な部分も。。。

近くにSMBCモビットのローン契約機がある場合はオススメですが、プロミスと比べるとプロミスの方が使いやすいですよ。

実質年率 限度額 審査時間 即日融資
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

アコム

色々な芸能人の方がテレビCMに出ており、「は・じ・め・て・のアコム〜♪」というフレーズを知っている方も多いのではないでしょうか?

アコムも今日中にお金を借りやすい会社の1つです。

アコムには全国に自動契約機(むじんくん)があり、22時(年中無休  ※年末年始を除く)まで契約をすることができます。

さらに楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも入金が反映されるため、口座を持っている方にはイチオシです。

ちなみにアコムの「審査通過率」は45.92%です。
※2017年3月〜2018年3月のデータ平均(アコムのIR情報を参考に管理人が算出)

「審査通過率」というのは各消費者金融が公表している「審査にどれだけの人が通過したか?」という情報のこと。

プロミスやアイフルと比べた審査通過率は次の通りです。

会社名 2017年2018年平均
3月6月9月12月3月
アコム46.846.64645.444.845.92
アイフル43.542.947.347.346.545.5
プロミス42.444.846.444.845.644.8

※数字は各消費者金融のHPで掲載されている情報から算出
アコム:http://pdf.irpocket.com/C8572/y7if/soHq/wSdH.pdf
プロミス:http://www.smbc-cf.com/pdf/md2018_j.pdf
アイフル:https://www.ir-aiful.com/data/current/MD201803.pdf

ちなみに、アコムは一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

そのため「審査に落ちないか不安。。。」「どうしても審査に落ちるわけにはいかない。。。」という方にはオススメの会社です。

ただし、アコムは土日・祝日にはお金が借りにくいと言われています。またWEB完結や書類での在籍確認も基本的には行なっていません。

ですので「絶対バレないようにお金を借りたい。。。」「土日だけどお金を借りたい。。。」という方はプロミスを使うことをオススメしますよ。

実質年率 限度額 審査時間 即日融資
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

更新情報

2018年11月現在、鋭意更新中!!

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について