1. トップページ
  2. アコム
  3. アコムの申込み方法は5種類!手軽で早い「ネット」「むじんくん」がおすすめ

アコムの申込み方法は5種類!手軽で早い「ネット」「むじんくん」がおすすめ

アコムの申込み方法は5種類!手軽で早い「ネット」「むじんくん」がおすすめ

アコムの申し込み方法は大きく5種類。
CMの「はじめての、アコム」のイメージのとおり、誰でも手軽に申込みできます。

  • インターネット
  • むじんくん(アコムの店舗にあるATMのような機械)
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送

管理人のおすすめの申込み方法は「インターネット」か「むじんくん」です!
ネットなら自宅やスマホでスピーディに申込みできるので便利です。

プロミスの店舗にある機械「むじんくん」も、店舗に足を運べばカード・契約書発行までその場ででき、すぐに借入れできます。ただし、ネットで事前申込みをしておくと待ち時間を短縮できてスムーズです!

ここではアコムの申込み方法を詳しく解説します。

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

申込み方法は全部で5種類

アコムの申込み(契約)方法は全部で5種類の方法があります。

  • インターネット
  • むじんくん(アコムの店舗にあるATMのような機械)
  • 店頭窓口
  • 電話
  • 郵送・FAX

の5つです。
これらの営業時間と当日借入が間に合う目安の時間をまとめました。

  営業時間 当日借入の目安 特徴
インターネット 24時間受付
審査9:00~21:00
14:00まで ・ 来店不要
・ カードは郵送
・ 当日借入は早めの申込を
むじんくん 8:00~22:00
土日祝含む
21:00まで ・ 受付時間が長い
・ 店舗で全て完結できる
店頭窓口 9:30~18:00
平日のみ
17:00まで ・ 受付時間が短い
・ スタッフに相談できる
電話 9:30~18:00
平日のみ
21:00まで ・ 簡易審査ができる
・ 店頭に行く必要あり
郵送・FAX 24時間受付
審査9:00~21:00
当日不可 ・ 店舗が近くにない方向け

おすすめは「インターネット」と「むじんくん」。手軽で早い!

この中で管理人おすすめの契約方法は「インターネット」か「むじんくん」です。

ネットなら24時間申込みできる!当日借りたい方は時間の確認を

インターネットなら24時間いつでも申し込むことができます。

審査受付をしている9:00~21:00の間なら、申込後にアコムのスタッフから確認の連絡があります。

その後、本人確認書類をネットでアップするかFAXで送信すると審査が行なわれます。審査は最短30分ほどで終わり、通過するとお金を借りることができるようになります!

これまでに消費者金融で滞納などのトラブルを起こしていない方なら、30~45分ほどで借入れができるようになります。

キャッシング専用アコムカード

アコム利用者の多くは「アコムカード(ACカードともいいます)」と呼ばれるカードをアコムの店舗ATM(アコムATM)、アコムと提携している銀行・コンビニのATMに差し込んで借入をします。

ネットの場合、カードは後日郵送になります。そのため当日中に借りるなら「お持ちの銀行口座に振込」で借入れをします。

ここで気をつけたいのが銀行の営業時間です!

インターネットでの振込みの受付時間と振込み時間

お持ちの口座 振込み受付の時間 振込みしてもらえる時間
楽天銀行 0:10~23:50(土日祝含む) 約1分後
ゆうちょ銀行 平日0:10~9:00 当日正午ころ
平日9:00~14:00 当日17:00まで
平日14:00~23:50 翌営業日正午ころ
土日・祝日 翌営業日正午ころ
その他銀行
信用金庫
平日0:10~9:00 当日9:30ころ
平日9:00~14:30 約1分後
平日14:30~23:50 翌営業日9:30ころ
土日・祝日 翌営業日9:30ころ

アコムは楽天銀行と提携しており、お持ちの口座が「楽天銀行」なら、振込の依頼をすると24時間いつでも約1分後には入金してもらうことができます。審査受付時間が21:00までなので、20:00くらいまでに申込めば、当日借り入れが間に合います。

ですが、ゆうちょ銀行を含めた楽天銀行以外の銀行は平日の14:00もしくは14:30までに振込の依頼をしないと当日借入ができません。

楽天銀行は利用している方も増えていますが、まだそこまで多くの方が持っている口座ではないと思います。当日口座を作ろうとしても、1週間ほどはかかります。

また、カードが郵送されるのも家族にバレたくない方には困ると思います(契約書はネットで確認)。

そのため、当日借りる必要がある方は、ネット申込みは少し不向きです。独身でご家族にバレる心配がない方で、お昼過ぎまでに申込みできる方には良いと思います。

当日借りるのにより向いているのは「むじんくん」

当日借りたい方にはネットよりもアコムの店舗にある「むじんくん」がおすすめです。
銀行のATMのような機械で、タッチパネルが付いています。

ボタンを押して進めていくと、申込から契約、カード発行まで全て行なうことができます。

むじんくんのメリットは営業時間が長いことです。22:00まで営業しており、21:00ごろまでにむじんくんに行けば、当日お金を借りることができます!

閉店間際に行くとさすがに当日借入が間に合わなくなる可能性があるので、余裕を見て21:00までの来店をおすすめします。

むじんくんは全国にたくさん設置されており、お近くでも見つけやすいと思います。

(ポイント!)事前にネット申込みしておくことで、契約をよりスピーディに!

むじんくんに行く前にネットで事前申込をしておくと、さらにスピーディです!

むじんくんに直接行くと申込・審査・契約が順番に行なわれます。審査は回答が来るまで30分以上待つ必要があります。早く借りたいのにむじんくんの前で待っているのは、何となくムダな気がしますよね。

ここで、事前にスマホやパソコンでネットから申込みをしておくと、審査までを終わらせておくことができます!そのため、むじんくんで待たされることがなくなります。

ネットだけでも契約まで完了させることもできますが、それだとカードが郵送になり、当日借入がしにくいです。

そのため即日借りたい方は、
「ネット申込」→「むじんくんで契約・カード受け取り」
が最短でおすすめですよ!

申込みからお金を借りるまでの流れ

申込からお金を借りるまでの流れは下のようになります。

・インターネット申込み(ネットで完結)

<ネット申込み>→<アコムスタッフから確認連絡>→<書類提出>→<審査>→<契約>
契約後は振込で借入れ、カードは後日郵送

・むじんくんで申込み

<むじんくんに来店>→<申込み>→<書類提出>→<審査>→<契約>
契約後はその場でカード受け取り、併設されている「アコムATM」ですぐに借入れ
※ネットの事前申込みで、先に審査まで終わらせておくことができる。その場合むじんくんでは契約のみ。

このように、申込みのあとに「書類提出」と「審査」が必ずあります。

必要書類

必要書類は基本は「免許証のみ」でOKです。

お金を借りるというと「手続きが大変そう」と思われる方もいるかもしれません。ですが、とても手軽に申込みできます。免許証をお持ちでない方は「保険証」か「パスポート」で申込みできます。

また、

  • アコムでの借入れの希望額が50万円を超える方
  • 他の金融機関でも借入があり、アコムも合計すると借入額が100万円を超える方

これらに該当する方は、もうひとつ「収入証明書類」という書類が必要になります。

収入がしっかりあることを証明する書類で「源泉徴収票(最新のもの)・給与明細書(直近1ヶ月分)・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)・所得証明書(最新年度のもの)」のいずれか一点が必要です。

書類については別で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてほしいと思います。
>「アコム 必要書類」のページ

アコムの審査回答は最短30分

アコムに申し込むと審査があります。審査はアコムがお金を貸したときに、「きちんと返済してもらえる方かどうか」をチェックするために行なわれます。

特に問題ない方なら30分ほどで審査が終わります。契約手続きまで含めると45分ほどでお金を借りることができるようになります!

急ぎの方はまずは「ネットの3秒診断」か「電話の簡易審査」を!

「急ぎで借りたいけど審査に通るか不安。まずは通る見込みがあるかチェックしたい」
という方は、インターネットの「3秒診断」か、電話の「簡易審査」がおすすめです。

ネットの3秒診断は、「年齢」、「年収(総支給額)」、「カードローン他社お借入状況」の3項目を入力してクリックすると、借入れできるかをチェックできます。もちろん無料です。

さっと利用できるので、試しに利用してみると良いと思います。

電話の簡易審査は、アコムの電話窓口に連絡すると利用できます。スタッフの方が借入状況を簡単に聞いてくれて、借入できる可能性があるかを回答してくれます。

フリーダイヤルで無料で利用できます。

これらの診断審査はあくまでも目安です。これらの診断で借りることができると判断されても、審査に落ちる場合はあります。

ですが、スピーディにチェックできるので心配な方は利用するのもおすすめです。

審査基準について

アコムの審査基準は一般の方には明らかにされていません。

ですが、多くの方の体験から、以下のポイントで当てはまるものがないかをチェックしておくと良いです。

  • 他社で滞納を繰り返していないか
  • 借入れ金額は年収の3分の1までか
  • 3~6ヶ月以内ほどで転職や引越しをしていないか
  • 電気・水道・ガス・携帯電話などの料金に滞納がないか
  • 20~69歳の年齢に当てはまらない方
  • 水商売をしている女性・反社会的勢力の方ではないか

これらに当てはまる方は、審査に通らない可能性が高くなります。

他社の借入やクレジットカードの利用履歴・公共料金・携帯料金の滞納は、「信用情報」という情報として記録が残ります。

信用情報は信用情報機関という会社が管理しており、アコムは信用情報機関に利用登録をして、アコムに申し込む方の信用情報を照会しています。

滞納があると「アコムの借入れも返済してくれないのでは」と考えられてしまい、審査に落ちやすくなります。

また、アコムは「収入が高く、安定しているほど返済能力が高い」と考えます。転職や引越しは収入が不安定になりやすく、急な出費も多くなりやすいです。そのため審査に落ちる可能性があります。

さらに、消費者金融には「総量規制」というルールが法律で定められています。

「年収の3分の1を超える額を融資してはいけない」というルールで、他社含めての合計の借り入れ金額が、申し込んだ方の年収の3分の1を超える場合は、審査に落ちてしまいます。

長く書いてしまいましたが、基本はサラリーマンで一定の収入があり、これまでに滞納などのトラブルがなければ審査は通る可能性は高いです。

管理人も収入はそれほど高くない普通のサラリーマンで、幸い滞納などはなかったので、問題なく通りました!

会社への在籍確認は「収入証明書類」の提出で避けられる!

アコムの審査では「在籍確認」というものが行なわれます。

これは、アコムが申込した方が本当に企業に在籍しているかを確認するために行なっているものです。

申し込んだ方が山田さんだとすると、「◯◯といいますが山田さんいらっしゃいますか」という形で、アコムと名乗らず電話をしてきます。

これで、会社の人が「山田は今おりません」もしくは「はい。今おつなぎしますね」という返答をすれば、在籍の確認が取れたと見なされます。

ただ、社名は名乗らないとは言え、会社に電話されるのは上司や同僚の方にバレる可能性があり、抵抗がある方もいる思います。

社名を名乗るのが一般的ですし、社名も名乗らず「◯◯ですが」とくれば、会社の方もピンとくる方もいると思います(汗)

ですがアコムでは、実は書類提出で在籍確認の代わりにすることができます!

  • 正社員の方は「社員証」や「社会保険証」(社名が記載されている)
  • 派遣やアルバイト・パートの方は勤務先の証明になる「収入証明書類」

これらをネットでアップ、もしくはFAXすれば、在籍確認として認めてもらうことができます。

電話での在籍確認に抵抗がある方にはとても良いといえます。
希望する方は、申込みの前にアコムに電話で相談しましょう。

以下のページでも詳しく解説しています。
>「アコム 審査 在籍確認」のページ

審査が通ったら「振込」や「ATM」ですぐに借入れ!

審査が通ったら、晴れてお金を借りることがができるようになります!

ネットで契約まで全て行なった方は、まずは振込みでの借入れがおすすめです。

インターネットや電話で手続きができ、楽天銀行なら0:10~23:50のほぼ24時間、その他の銀行は14:00までなら即日の借入れができます。

むじんくんで申込みをした方はカードがその場で発行されます。

アコム店舗のアコムATMは年中無休で24時間借りることができますし、提携のコンビニや銀行のATMも便利です。

14時までに余裕を持って申込みできる方でカードの郵送に抵抗がない方は、「ネット申込み」がおすすめです。

14時までの申込みが難しく、カードをその場で受け取りたい方は「ネットで事前申込み」をしてから「むじんくんに来店」をおすすめします。審査の待ち時間などが短縮されてスピーディです。

また、アコムは初めて利用する方は契約日から30日は無利息で借入れができるというキャンペーンがあります。最初はとてもお得に借りることができるので、ぜひ活用してくださいね!

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について