1. トップページ
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. 三井住友銀行カードローンからお金を借りすぎて夫に大激怒された32歳女性の体験談

三井住友銀行カードローンからお金を借りすぎて夫に大激怒された32歳女性の体験談

32歳で専業主婦をしている女性からの体験談をいただきました。この人は、生活費のために三井住友銀行カードローンでお金を借りたそうです。この人の属性は次の通り。

年齢 性別 職業 雇用形態
32歳 女性 専業主婦
年収 勤続年数 限度額 借りた金額
0円 5年 50万円 50万円
利用目的
生活費

どうしても生活が苦しくって

お金を借りたときは専業主婦として生活していました。
収入は完全に夫に頼っていて、夫の収入は手取りで月23万円ほど。

アパートに住んでいて毎月の家賃は7万円、光熱費や携帯代で3万円、
食費で5万円ほど、その他色々な細かな出費を考えると、ほぼ月収の
全てがなくなっていました。貯金なんて不可能。

また、出費の多い月は月の収入だけではまかなえないこともあり、
そうした月が続くと、昔の僅かな貯金を切り崩す、、そんな生活でした。

このままだと家計が回らなくなってしまうのでどうしようかと悩んだときに
三井住友銀行のカードローンを使うのを考えました。

大きな銀行であれば自分も使い方を誤らないだろうと、
生活費のやり繰りのためにも一時的にお金を手に入れるため
迷いなく利用の申込みを決意。

私は専業主婦で収入がないため、銀行のカードローンを使うには
安定した収入がある夫の承認が必要でした。

そこで、夫にも相談をしたところ「どうしても必要なときだけなら」
ということで承認をしてもらい、銀行に専用の資料を提出して申し込み。

夫は長期間同じ会社で勤務していたこともあり、
限度額は50万円でしたが、無事に契約はできました。

どんどん膨らんでいく借金

こうして困ったときにはお金を借りられるようになったことで、
日々の生活がとても楽になりました。

最初は5万円だけ借りたのですが、5万円あるだけで全然違いました。
毎月なけなしのお金で暮らしていたのが、心にゆとりができたのです。

しかし、これが大きな間違いでした。

5万円だけでもかなり負担が軽くなったのですが、限度額は50万円あったこともあり、
次第にもう少し余裕が欲しいと考えて10万円分借りることに。

こうして借りているうちに段々と10万円が当たり前のようになり、
また追加でお金を借りることを繰り返すようになりました。

最初は夫の収入で充分返済ができていたのですが、次第に返済することすらも
厳しい状況が続き、、、気がついたら借金が限度額の上限である50万円になっていました。

お金に余裕がない中で生活していた私たちにとって
50万円というのはとても大きな金額です。

ここまで大きくふくれあがってしまった事を誰にも言えずに過ごしていましたが
がある日ついに夫にバレてしまいました。

夫に大激怒されて離婚の危機に

借金がバレたのはふとしたことからでした。

夫ももちろん自分の給料は知っていて、あまり余裕がないことに
気が付くのは想像できました。

あまり普段は何も言わなかったんですが、ある日食事をしていた時に
「最近前よりいいもの食べる日が多くなったな」と言われました。

その時に私はどきっとして一瞬表情を曇らせてしまいました。

異変を察した夫は私を問いただし、
なぜこんなに余裕がない中で良い食事ができるのかを問いつめられました。

私はここで正直に告白して、今の現状を伝えました。
当然、夫は大激怒。

もともとは「本当にお金が必要なときだけ」という約束を破り、
自分の都合でどんどんお金を借りていたのでしょうがないことです。

とても悲しかったですが、自分の招いてしまったこと。

一時、金銭感覚の違いから離婚をするという話にもなりましたが、
夫も私が生活のためだと考えていたことに理解を示してくれたこともあり、
なんとか離婚は回避できました。

正直に最初から夫と相談すれば良かったと、
今でも心の底から反省しています。

夫にばれてからは、これまで以上に生活を節制することにして、
少しずつではありますがお金を返していっています。

銀行からお金を借りたこともあってか、取り立てが来るようなことはありませんが、
それでも借金は借金。

まだ借金はたくさん残っていますが、二度とこのような目にあわないためにも、
小さくながらも少しずつお金を返していくようにします。

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について