1. トップページ
  2. アコム
  3. アコムは派遣社員でも申込みできる!勤続年数と審査での在籍確認に注意!

アコムは派遣社員でも申込みできる!勤続年数と審査での在籍確認に注意!

アコムは派遣社員の方でもお金を借りることができます。

アコムを含め消費者金融は、利用のために「安定収入があること」が必要です。派遣社員の方の収入も、安定収入と認めてもらうことができます。

また、アコムに申し込むと「審査」が行われます。

審査では会社に在籍しているかを確かめるための「在籍確認」が行われます。基本的に「派遣元」に連絡がくるので、連絡が来ても大丈夫かを確認しておく必要があります。

ここでは派遣社員の方のアコムの申込みについて解説します。

>>アコムの詳細についてはこちら!

アコムの公式サイト

アコムは派遣社員でも利用可能

アコムは派遣社員の方でも申込みできます。実は派遣社員は、正社員の次に審査が通過しやすいです。アコムに申し込むと「審査」が行われますが、

公務員>正社員>派遣社員>パート・アルバイト>個人事業主>専業主婦

この順で審査が通りやすいです。

派遣社員は一般的なイメージからすると、不安定な印象があるかもしれません。

ですが、消費者金融にはさまざまな方が申し込みます。

正社員の方以外にも派遣やアルバイト、中には無職や過去にトラブルがあった方なども申し込みます(汗)こうした方の中では、派遣社員は比較的良い印象なのです。

また、派遣社員は「パートやアルバイトのように簡単には辞めにくい」という特徴があります。派遣先(職場)は定期的に変わりますが、派遣会社と雇用契約をしています。

そのため仕事自体を辞めてしまう方は少なく、比較的安定した収入がある方は多いです。

派遣社員の審査でのポイントは「勤続年数」

アコムの審査は基本的に「安定した収入があり、これまでに滞納などのトラブルを起こしていない方」が通過しやすいです。

滞納はほかの消費者金融や電気・水道・ガスなどの公共料金、携帯電話の料金もチェックされます。滞納の期間が長く、回数が多くなると、審査は通過しにくくなります。

また、もうひとつポイントになるのが「勤続年数」です。派遣社員では特に重視されるポイントです。

派遣社員の方の中にはあまり長く仕事を続けず、すぐに辞めてしまう方がいます。こうした方は融資してもきちんと返済をしてくれない可能性があります。そのため、勤続年数が短いと審査に通過しにくくなります。

目安としては「半年」です。これより短くなると審査へのマイナス影響が大きくなる可能性が高いです。

ただ、半年より短くても、絶対に審査が通過しないわけではありません。

審査はほかの条件面も考慮して行われるので、その他の面で問題がなければ通ることがあります。ですが、勤続年数は長いほど有利ということは間違いありません。

また、中には急いで借りたいあまり、派遣社員になった直後から申込みをしたり、2、3日働いた時点で申込みをしたりする方もいます。

こうした方は安定収入とは認めてもらえません。

また、審査に落ちるとその履歴が残ってしまい、3ヶ月から半年は再度申込みをしても審査に通りにくくなってしまいます。やみくもに申し込むのはやめたほうが良いです。

在籍確認は基本的に「派遣元」に電話がくる

アコムを含め、消費者金融の審査には「在籍確認」というものがあります。在籍確認では職場に電話連絡があり、「仕事をしていて収入がある方かどうか」をチェックするために行われるものです。

正社員の方など、特定の場所で仕事をしている方の場合、その職場に在籍確認の連絡があります。ですが派遣社員の方の場合、「派遣元」と「派遣先」という2つの職場が関係します。このうち在籍確認の連絡があるのは、基本的に「派遣元」です。

在籍確認はアコムのスタッフから社名は出さず、個人名で連絡がきます。また、用件も本人以外には話しません。そのためすぐにアコムとバレることはありません。

ただ、会社に個人名で電話がかかってくることは、どの職場でも少ないと思います。そのため、勘の良い方は「あの人、消費者金融でも申し込んだのかな」と気付きます。

そのため、事前に根回しをしておくのがおすすめです。派遣会社の方に、「クレジットカードを申し込んだので、確認の電話が来ると思います」と伝えておくと、スムーズに対応してもらえます。

ただ最近の派遣会社は、「外部の方に派遣社員の在籍について伝えてはいけない」「私用の電話は受け付けない」というルールがあるところがあります。

こうした会社の場合、アコムが「◯◯と申しますが△△さんいらっしゃいますか」と電話をしても、派遣元は「答えられません」と対応してしまいます。

この場合、事前に派遣元に相談することで、電話に対応してくれる可能性はあります。ですが、場合によっては「私用の電話の対応はできない」と応じてもらえない可能性があります。

その際には、アコムに相談することをおすすめします。在籍確認は原則的に派遣元に連絡するのが基本ですが、特別に派遣先に連絡してくれたり、書類で対応してくれたりします。

書類は「社員証」「社会保険証」「給与明細書」のいずれかで対応してもらえることが多く、FAXやインターネットでのアップロードで提出します。アコムに相談する際に指示があるので、それに従って用意すると良いです。

こうした対応は特別なものなので、相談した方全員が対応してもらえるものではありません。ですが、まずは相談してみても良いと思います。

また、審査はそれぞれの方ごとに入念に行われます。そのため、場合によっては「派遣先」に電話がくることもあります。

派遣社員は限度額は低めになる可能性がある

派遣社員は、審査結果によっては限度額が低めになる可能性があります。

消費者金融は国で定められている「貸金業法」という法律に従っています。貸金業法には「総量規制」というルールがあります。総量規制の内容は、「消費者金融は年収の3分の1を超える金額を貸してはいけない」というものです。

消費者金融は金利が高めなので、あまり大きな金額を貸してしまうと、借りた人が返せなくなる可能性があります。

年収の3分の1以内なら多くの方が余裕を持って返済できるため、総量規制はこれが上限となっています。年収300万円の方なら100万円までが上限です。

ただ、総量規制はあくまでも「最大で借りることができる金額」です。これ以下になる可能性も十分あります。

派遣社員といっても仕事内容はさまざまです。総量規制のルールでは年収180万円の方なら60万円が上限ですが、仕事によっては20万円や30万円が利用スタート時の上限になる可能性があります。

ですが、借入れをして返済をきちんとしていけば返済の実績ができます。

3ヶ月や半年ほどすると限度額を引き上げてくれることは多いです。消費者金融を一定期間利用するなら、「良い利用実績を積むこと」は意識しておくと良いと思います。

派遣社員として「登録だけ」している場合、審査は通らない可能性が高い

派遣社員として登録しているものの仕事をしていない場合、審査が通らない可能性が高いです。これは、在籍確認が取れないためです。

派遣元に電話がくる場合
(アコム)「◯◯と申しますが、△△さんいらっしゃいますか?」
(派遣元)「△△は現在休職中です」もしくは「お答えできません」

両方の場合とも、在籍確認NGとなります。

休職中の場合、在籍はしていますが「安定収入がない」とみなされるためです。

「お答えできません」の場合、派遣先に在籍確認の連絡が行われますが、仕事をしていないと連絡ができません。そのため、この時点で審査に通過しません。

このように、派遣会社に籍だけあっても在籍確認で通らない可能性が高いです。

万が一通ったとしても、仕事をしていない状況で借りるのはとても危険です。

すぐに返済ができなくなり、アコムから督促がくるようになります。申込みを検討するなら仕事を始めてからにして、しばらく期間を置くことをおすすめします。

申込み方法・必要書類

アコムの申込み(契約)は

  • インターネット
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 頭窓口

がおすすめです。

  営業時間 当日借入の目安 当日借入の目安
インターネット 24時間受付
審査受付9:00~21:00
14:00まで ・来店不要
・カードは郵送
・当日借入は早めの申込を
自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00
土日祝含む
21:00まで ・受付時間が長い
・店舗で全て完結できる
店頭窓口 9:30~18:00
平日のみ
17:00まで ・受付時間が短い
・スタッフに相談できる

インターネットは自宅や外出先ですぐに申込みができるので、とても手軽です。

時間も幅広く対応してくれますが、契約が終わるとカードが後日送られてきます。そのため、当日は銀行振込みで借入れをします。

銀行は営業時間が午後の早めの時間に終わるため、当日振込みが間に合う時間が平日14時までと短めになっています。そのためインターネット申込み・契約は急ぎで借りたい方には不向きな面があります。

自動契約機(むじんくん)は管理人が最もおすすめの方法です。

アコムは全国に店舗がありますが、自動契約機(むじんくん)は必ず設置されています。夜21時までに向かえばカードがその場で発行されてすぐに借りることができます。

また、インターネットで事前に「申込み」だけを終えておくと、自動契約機(むじんくん)での審査の待ち時間が省けます。

そのため管理人は「インターネット(パソコン・スマホ)で【申込み】、自動契約機(むじんくん)で【契約】」が最もおすすめです!

店頭窓口はスタッフの方に相談できるので、心配なことがある方におすすめです。

ただ、営業時間が短く、店舗も全国に39店舗しかありません。電話でもある程度相談できるので、「どうしても相談したいことがある」という方向けです。

申込み方法については別ページで詳しく紹介しているので、参考にしてほしいと思います。
アコムの申込み方法は5種類!手軽で早い「ネット」「自動契約機(むじんくん)」がおすすめへ

必要書類は基本的に「本人確認書類(免許証)」のみでOK

申込みで必要になる書類は基本的に「本人確認書類」のみです。

免許証があれば1点で大丈夫です。保険証やパスポートも使えますが、場合によっては「補助書類」という書類が必要になる場合があります。

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話(携帯は不可)・NHKのいずれか)
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

のいずれかです。

また、必要に応じて「収入証明書類」という書類が必要になる場合があります。

必要な場合はアコムから連絡がありますが、「返済できる収入が本当にあるかを証明する書類」です。所得証明書・源泉徴収票・給与明細書などがあります。

こちらも必要な場合は別ページを参考にしてほしいと思います。
アコムの必要書類「本人確認書類」と「収入証明書類」について解説!へ

アコムは派遣社員でも申込みできる!勤続年数と在籍確認に特に注意を

アコムは派遣社員でも利用することができます。派遣社員の方の申込みでポイントになりやすいのが「勤続年数」と「在籍確認」です!

勤続年数は半年ほど仕事をしていると審査に通過しやすくなります。それより短いと審査に通りにくくなる可能性があります。

審査で行われる在籍確認は基本的に「派遣元」に連絡がきます。前もって確認しておかないと、派遣会社が私用の電話を受けてくれないことがあるので気をつけてくださいね。

また、派遣社員の方の収入や仕事内容によっては、限度額が低めになる可能性があります。ただ、最初に借りてから返済をしっかりしていくと利用実績ができ、限度額が引き上げてもらえます。

派遣社員の方にとって、アコムは上手く活用するととても便利です。計画を立てて借入れをして、有効活用してくださいね!

お急ぎの方へ

職業・属性による借り方

まずはここから

ちょっと、ここが気になる!

データで見るとよくわかる!

キャッシング審査について

返済について

闇金融を知っておこう

知って損はない予備知識

消費者金融一覧

学生ローンのこと

レディースローンのこと

管理人について